好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

2006年07月

イメージ 1

前からとても気になっていることがある。
それはシーツをどのくらいの割合で洗濯するかということだ。
枕カバー・タオルなどは小さいからそんなに干すのに面積とらないからいいけれど、シーツとなるとちょっと大変だ。
家族の人数や庭のあるなしでも違うとは思うのだけれど・・・。
私の知っている人で、家族全員のシーツや枕カバーを一年近く洗っていない人がいます。
布団はこまめに干すし、他の洗濯物はちゃんと毎日洗います。
けれど・・・・。その家は、一戸建てで充分すぎるくらいの広さの干し場もあるんだけれど、何故か洗った形跡がない。枕カバーなんぞ黒光りしているし、布団カバーも穴の空いたままだ。
そのお宅は、整理整頓も苦手みたいで掃除は、はっきり言ってしない。
でも、タオルや着ている者はこまめに洗うしねえ?
お金もあるし、面倒だったらクリーニングに出しても家計に響くといったお宅ではないのだけれどなあ。
シーツって、洗うのが大変なのでしょっちゅうは洗わないけれど、普通のお宅は毎日洗うのかなあ?
私の今とても気になっていることのひとつです。
今日の猫は、以前飼っていたミー助という猫にとても似ている。あいつは家出をしてしまったけれど・・。

イメージ 1

水牛も暑い時は、すっぽりと水につかってしまいます。
今日は、昨日と比べると多少は涼しかったけれど・・・。
そういえばもう何年も水着になったことが無い!

海へ行くことさえも面倒になってきている。行くまでといっている最中は楽しいけれど、くたびれ果てて帰ってくるのがつらい。
道は混むし、眠くなるしかといって眠ってはドライバーに悪いしで懸命に眠気と戦う羽目になる。
そういえばスキーの帰りもこれと同じだな・・・。
道は渋滞、暖房の効いている車内では、疲れた身体にムチ打って起きている(笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

7月17日に雨の中、美濃赤坂線に大垣から乗って行ってきました。
中山道は、姫街道とも言われ皇女和宮もここを通って行きました。
当時の面影はほとんどなく、いまは石灰の町となっていました。
お昼にちゃんこ料理を食べました。お店屋さんがほとんどなくてどうしようと思っていたら、
鄙には珍しくちゃんこやさんがあったので、それにしたんだけど味噌味だった。
ちゃんこというと澄んだスープのイメージがあったけれど、大鵬親方の手形があったから、お相撲さんの経営なのかも・・・?
赤坂の駅で列車の入れ替えなんか見られた。西濃鉄道が石灰を積んだ列車を、東海道に入れて新日鉄まで運んでいるんだって。1日2本だけだといっていたから、運がよかったかもね。

イメージ 1

お金を必要とすることがあったので、通帳とキャッシュカードを持って家をでた。UFJ銀行へ行ってまずおろした。一日の限度額いっぱいを使ってもまだ必要だったので、三井住友銀行へ行った。ATMに何度チャレンジしてもお金を下ろせない。不思議に思って、機械の横に目をやると「一日の利用限度額は50万までです」とあるではないか。いつからこんなことになってのだろうか?自分が設定したわけでもないのに・・と思いながらも仕方がないから50万だけおろす。まだ足りない。次に向かったのは、郵便きょくである。といっても、郵貯のカードを持って来てないので、シティのカードを使って50万おろそうとしたのだが、ここでも「限度額オーバーです」と表示が出て自分のお金なのに、おろせない!こちらは自分で設定したものなので諦めがついたのだが、20万をおろした。まだ足りない。他にはカードもって来ていないし・・・其処で思いついたのが、カードではなくて窓口でおろすことだった。通帳を持っていたのだから最初からそうすればよかったのだが、ATMにこんなにセキュリティがかかっているとは思わなかった。窓口は待たされるので敬遠したかったのだが、この際そうも言っていられない・・。またUFJに戻って、窓口へ行ってみると案外すいていて、すんなりとおろすことが出来た。こんなことなら最初から窓口で全部やればよかったと思ったしだい。防犯上のこととはいえ、自分の口座からお金をおろすのにこんなにATMが大変なものだとは思わなかった。いつでも必要な時におろせるから便利だと思っていたATMがいつの間にか変っているよう!!!
今日の猫は、マレーの猫です。野良猫でお寺に住んでいました。

イメージ 1

今日せみの鳴いているのを聞きました。私が「あ!せみが鳴いてる。もう、梅雨明けるよね」って言ったら、友達が「なに言ってん。もう大分前から鳴いてるよ」だって。
私は、梅雨の晴れ間には、どんなに気温が上がってもせみは鳴かないと思っていたのよね。それでもって、梅雨明けになると、気象庁の発表より前に一斉に鳴き始めると信じていたんだけれど・・・
実際家の近辺では、毎年ちゃんとあたるんだけどなあ!
これって単なる偶然かしら?

今日の猫は、生きていません(^。^)
イギリスのコッツウオルズで買って来ました。身長2・5cmくらいです。
色が気に入っているんだけど・・・。
旅行したら、できるだけ猫に関係したものを買ってきます。

イメージ 1

私の泊まっていた屋根裏部屋からの向かいにいたわんちゃんです。
窓をあけると、必ず顔を出して「何だあ?」という風に、見てました。

イメージ 1

過去の写真を整理していたら、猫だけでなく変なものも撮っていたので、書庫を追加しました。
猫は好きだけど、動物全般なんでも好きです。
黒い牛・羊・犬・猫科の動物全般・ラッコなどの海獣全般・ぺんぎん・猛禽類などなど
嫌いなものは、脚のないへび・毛虫・足のたくさんある虫・かたつむり・かえる・貝など

ゴキブリは、割と平気です。蚊のほうがいやかなあ!耳元でぶーんとされると、きいーってなっちゃいます。
アロワナという大きな魚も好きです。ノターっと泳いでいるのを見ると、こちらも何だかノターってなってしまう。

今日の猫は、マレーシアのマラッカというところの猫です。夕日を見るためにせっせとおかのうえまで登っていったのに、曇っていて夕日は見られずその辺にいた猫達と遊んでました。

イメージ 1

昨日お年寄りの一人暮らしのお宅へお掃除に行ってきました。
今年の3月くらいから入院されているみたいで、部屋の中はぐちゃぐちゃで足の踏み場もない様子だった。普段から、きれいにされていれば埃くらいは積もるし、かび臭い臭いもするとは思うけれど、見た限りでは、もともとお掃除なんてしてないのだろうなあと想像される感じでした。床には、あぶらに混じって髪の毛や、ビニールといったものがこびりついているし、トイレは茶色くなってしまっていて、元の色が何だかわからない。
一人暮らしといっても、お身内がいれば定期的にお部屋をお掃除に来られたと思うので、全くのお一人なのかもしれない・・・。お年よりもご夫婦で暮らしているうちは、きれいにされているのだけれど、どちらかお一人になった途端荒れてしまうのは、誰でも誰かのために何かをしてあげるということが、大事なことなのかもしれないなあ等と思う。
ともかく普通に入れる雰囲気ではないので、スリッパ・ゴム手袋・マスクをして中に入る。整理整頓をしてからでないと掃除に取り掛かれないので、春・冬物になったままになっている衣類を整理し、本屋冷蔵庫を整理してから、掃除に取り掛かった。トイレや浴室洗面所などは汚いので、雨合羽のズボンをはいての作業となる。この3箇所だけで3時間以上かかった。床は、あぶらがこびりついているので、普通のお掃除では落ちない。金だわしをぬらして、浮かしてから水拭きするのだが、拭いても拭いても、切がない。おかげで今日は肩が痛くて仕方がない。
大量のごみは、環境事業所に電話して、取りに来てもらうことにして、お宅をあとにしたのだった。
誰でも年をとり、一人暮らしを始めるとは思うのだけれど、こんな風になりたくない!!!
けれど、いつ倒れるかわからないし・・・。お習字に堪能と見え、よろれきった部屋の中で、薄墨で書かれた、見事な書だけが、壁に掲げられているのが印象的でした。
ともかく、年を重ねていくに連れて身の回りのものはどんどん捨てていこうとあらためて思ってしまった一日でした。それにしても疲れたわあ。
今日の猫も、マルケンの猫です。マルケンの港は、大きくはないけれどヨットなんかも停泊していて、フランスなんかからセーヌを下ってやってくる人もいるようでした。

このページのトップヘ