好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

2010年04月

何年かぶりに体調を崩してしまった。
 
きれいな話ではないのだけれど、嘔吐と下痢の繰り返し・・・。
 
おさまったと思っても、またぶり返す。
 
昨日は一日寝ていた。
 
幸いゴールデンウィークの休みに入っているので、よかったのだが、医者も休みだった。
 
今日は、何とか復活したのだが、食欲はなし。水分が流れているので、水ものだけは体が欲してくる。
大好きなコーヒーもパンも食べたくないんだ・・・。
 
昨日いけなかったので、午前中は義父のところへいってきて帰りに、医者をのぞいたら午前の診療は終わり。午後4時半からとなっていた。
 
で、この話を同僚に話したら、なんと彼女も同じ症状に見舞われたんだって!!!
 
熱はでないが、おなかに来る風邪かと思っていたのだが・・・ひょっとしたら新種のウイルスかもよ・・・なんて笑ってしまった。というのも発症した症状も時間も同じで、しかも同じお客様の家に伺った当日だったんだよね。
 
しかもそのお客様が、お医者様と来ているからミステリーです。でもないか

公園で見かけた猫です。
 
暖かな日差しの中でみんなのんびり・・・・イメージ 1

先月の桜見物に続いて、今月は藤の花を見にでかけてきました。
場所は、名城公園です。
 
ちょっと早かった気もするけれど、まずまずでしたよ。
 
 
 
新緑の公園はとても気持ちよかったなあ
 
 
 イメージ 1
 
 
  イメージ 2
 
 
   イメージ 3藤と名古屋城です。
 
イメージ 4

中部盲導犬協会が、協会の建物内でさわれる美術展というのをやっています。
 
目の見えるものでも、普段作品を持ち上げたり触ったりする機会というのは、あまりないのではないだろうか・・・。
 
日展作家の作品などにも触れます。今日は、作家がお見えになっていたので、解説までしてもらっちゃいました
                                                                                                           
イメージ 1
 
 かわいいでしょう!その辺に似ている人がいたりして・・・
                                     イメージ 2イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 この4点は同じ作家のものです。
 
イメージ 5
 
 最後の作品は、日展作家によるもので、ウサギはブロンズ・柴犬は、石膏ですって・・。
 
 どちらもかわいい。
 
 

 入院していた父が退院できた。
 
 会計の時にもトラブルがあり、時間がかかってしまい、最後までなんとなくすっきりしないまま終わってしまった。
 
 入院した時には、奇麗だった桜もすっかり散ってしまい、今は葉桜と化している。
 
 それにしても今の医療技術というものはすごいんだなと感心してしまった。
 
 高齢の父の傷跡も、回復は早く、向かいのベッドの心臓のバイパス手術を受けた人も、術後2日で、歩き回れるのだから!!
 
 身体障害者になってしまったので、只今申請のための診断書まちです。
 
 この医師の診断書というのがまた時間がかかるのよね
 
 義父の時も頼んでから2週間以上かかったもの。診断書を添えて市役所の窓口に申請してから発行されるまでもまた時間がかかる。何やかやで1カ月半ほどかかってしまうのだ。
 
 一度に済まないのでそのたびに電車賃を使って実家のある市役所まで出向くことになり、財布にも体にも負担がかかってしまいます。
 
 

6日の夜父が救急で運ばれそのまま緊急手術。終わったのが11時過ぎ。
 
家に帰りついたのは、夜中の1時半ころだった。
 
この手術は、緊急処置で翌日夕方5時から、ペースメーカーを埋め込む手術を行うということだった。
 
 
朝早くから母が、病人につきそ建ったのだが、あまりに父がわめくのでダウン。
 
いったん私の家に連れて帰ってきた。また病院に戻り、手術を待ったのだが、5時からの予定が、ン旧手術が飛び込んだとかで遅れに遅れて、始まったのは夜の9時15分だった。
 
 
待つこと3時間、手術室から父が戻ってきたのは、日付の変わった12時半ころだった。麻酔でうつらうつらしているのか。
 
先生も一日に何度も手術で疲れているだろうけれど、待っていた家族に対するねぎらいも一切なしで、暴言を吐かれてしまった。
 
すっかり落ち込んでしまい、床に入ってもなかなか寝付かれないまま朝を迎えてしまった。
 
病院に行くと、ナースステーションの横にある、手術後の患者の部屋の中に父はいた。
 
でも、この病院週刊誌やテレビなどでよく取り上げられるだけあって、腕は確かな医者がそろっているようだし、介護師、看護師さん、もみなやさしくテキパキしていて本当に感謝してしまいます。
 
肝心の父は、今はけろっとしていて、その時のことは全く覚えていないようだ。
 
おかげさまで、順調に回復していてうまくいけば来週末には退院できそうな感じです。
 
でもこれからが大変だなあ・・・・。
 
 
 
 
 
 
 

 
 今日はオフなので、絵を見に行ってきました。
 
 で、帰りに美術館のある町のスーパーに立ち寄り、「たまには違うところでかいものしてかえろう!」
 
 安売りの目玉商品とか、ちがったお店の作った惣菜とか、買いこみレジを済ませて、買い物袋に入れようとバックの中を探った。
 
 「ない、えー!入ってないじゃん
 
 そうなんです。
 仕事のバックとは違うものを持ってきたので、マイバックが入ってなかった・・・。
 
 せっかく安いものを買ったと思ったのにこれじゃあなんだか損した気分になってしまった。
 
 とはいってもレジ袋を買わないことには、どうしようもないし・・・。
 
 結局5円でレジ袋を購入しました。
 
 タカが5円だけれど、ちゃんと用意してくれば払わなくてもすんだのにと思うと、なんだかもったいない気持ちでいっぱいになってしまった。
 
 

このページのトップヘ