好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

2010年09月

 
 マザック美術館に行った後、少し足を延ばして、今開催中のあいちトリエンナーレの長者町会場をのぞいてきました。
 
 地下鉄の1番出口を出た辺りが会場になっている。
 
 街中が会場となっているので、地図を片手に進んでいく。
 
 お金を払わなくても済むところが多いのがうれしいよね。
 
 最初に入ったのが、旧玉木ビルの5階フロア全体を使って、子供たちの作品などが紹介されているところ。
 
 イメージ 1
 
 これは子供達がそれぞれを地獄をイメージして作った作品。
 
 さらに進んでいくと、突然目の前にこんな建物が飛び込んできた。とてもシュール!!!
来年オープンの科学館である。なんだかとてもカッコイイ
 
 イメージ 2
 
 完成したら必ず行くんだ。
 
 長者町は繊維問屋が多い。以前は業者しか買うことができなかったというが、今は一般の人の姿もあるようです。
 街の雰囲気はとても懐かしい感じがする。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
 次は、ウサギのエアー人形が特徴的なナタリア・リボヴィッチ&藤田さんのブースだ。
 
 ウサギがいろんな格好で表現されていて、なんだかそこに居るだけでうれしくなってしまうな・・・。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
 作品は、建物の壁にもある。中に入らなくても、歩いているだけで目を楽しませてくれるものも・・。
 
イメージ 10
 
 
 
 大好きな猫の顔もアートになっています。
 
 これは招き猫の顔かな?
 
 この会場は、古い家を利用してあったのですが、京都の町屋見たいに奥が深くて、
住居部分と商売をする部分が、真ん中あたりで分かれているみたいだった。作りも複雑で家の中を拝見するだけでも、興味深かったです。
 
 今時珍しい3畳間なんて部屋もありました。
 
 イメージ 11
 
 帰りは、名古屋で一番古いのではないかと思われる伏見の地下街を通って地下鉄に向かう。
冷房がないのか暖かい風が吹き上げてくる。今年の猛暑はさぞかしきつかっただろうなあ!
 
 イメージ 3
 
 湖の地下街の一角にも作品がありました。竜の尻尾の当たりに金属が触れるといっせいに電気が灯るというもの・・・。中々きれい。
 
イメージ 4
 
 なんだか、オリエンテーションやっているみたいで楽しかったです。
 
 

 
 すこし前まで猛暑で暑いと騒いでいたのがウソのような今日でした。
 
 雨がたくさん降っているせいか、3枚着ていても寒いほどでした。
 
 雨が止んだら少し、マシになってきた感じですが・・・。
 
 変温動物の私には、急激な気温のへんかがつらい。
 
 明日は、久しぶりに旅仲間とランチです。楽しみだな。

 
 今日は、今までと比べると格段に過ごしやすかった。
 
 暑いうちはなんとなく飲みたくなかったのだけれど、今日はワインを開けました
 
 円高セールで買った安物のチリワインです。
 
 ちょっと甘口でやはり値段相応だなと・・・
 
 でも、オフの午後、日が沈むのを待って飲むお酒はやはり格別です。
 
 お日様があるうちはなんとなく気が引けるんですよね。
 
 旅だと平気なのに・・・(>_<)
 
 イメージ 1
 
 これ
で、3日は楽しめます。テレビのニュースでは、民主党の代表選挙の結果を放映しているけれど、少々酔っぱらっているわが身には、あまりピンとこないです。
  
 暑さと忙しさでへばっていたけれど、明日からまた頑張るぞう!!!!!

 
 昨年は忙しくて一度も花火を見に行けなかったのだが、今年はバンザーイ!
 
 早めの昼食をとり、トイレに向かうとそこは長蛇の列だ。集合時間を気にしつつも並ぶ。何とか集合時間5分前にチェックインできてほっと一安心。
 
 なんと4台のバス、総勢168人の大所帯だという
 
 途中1度のトイレ休憩をはさんで、4時前には諏訪のインターに到着。ところが渋滞が始まっていて、降りるのに時間がかかり夕食場所には遅れて到着となった。でも時間はたっぷりあるので遅れ気味のほうが現場での待ち時間が少なくて済むからいいかも・・・。
 
 メニューは、食べ放題のうどんとそばに、炊き込みご飯・てんぷら・味噌汁がついたもの。前もってゆでてあるせいか、味のほうはNGでした団体専門のお店らしく、次から次へとバスが到着するのをさばくのだからこうなってしまうのだろうなー。
 
 バスの駐車場からは、桟敷席までは歩いて20分ほどかかった。距離はないのだが、人が多くてゆっくりとしか歩けない。桟敷といっても、席が決められているわけでは無くて、ロープで仕切ってあるだけだ。
 早いもの順に勝手にシートを引いて座っているので、後から来たものは割を食う羽目になる。われわれも、後になってしまったので、空いているスペースをなんとかみつけて、小さくなってシートの上に座った。
 
 前後の人たちは、足を延ばして座っているのにね、おかげで足と首が痛くなってしまったわ!
 
 イメージ 1
 
でも打ち上げ場所のまん前だったので、花火はきれいに見えました。
 
 だんだん日が落ちてきて、もうすぐ打ち上げが始まります。この大会は、競技大会なので採点をする審査員たちがいます。実行委員長は諏訪の市長さん。打ち上げの前にありがたい(?)お話がありました。
 そして、御柱祭の掛け声共に大会が始まった。
 
イメージ 2
 
 イメージ 3
 
 競技者の名前とスポンサー、そして花火のコンセプトなどがアナウンスされた後に、工夫を凝らした花火が打ちあがる。4名ほど終わったところで、スターマインの打ち上げを入れるといった繰り返しが何度か行われていく。
 
 湖の周りは山なので、打ち上げの音がこだまして音好きにはこたえられない!周りのホテルからも見られるので、当日券ありますなんて看板もあったが、やはり湖に面した席のほうが迫力があるよね。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
 13分連続で打ち上げるスターマインもあり、気分は満点!
 
 そしてすべての競技者が打ち上げた後には、諏訪湖名物のキッスオブファイヤ(水上スターマイン)の打ち上げが始まる。これは湖の両サイドから船によって打ち上げられたスターマインが、だんだん近寄ってきて、最後はドッキングするといった趣向のものだ。
 
 話には聞いていたのだが、本当に素晴らしくて見とれてしまい映像はありません。へたくそな私の写真よりぜひ現場で見てください。
 
 すべての打ち上げが終わったところで、審査の発表。そしてまだまだ続きます。湖上に居る打ち上げし
師達に向かって、エールを送るとそれにこたえるように花火師が返答をくれるのです。それがなんと花火なんだな。なかなかの演出だと思いませんか?こんなの初めてで、なんだか舞台のカーテンコールのようだなと思ってしまった。
 
 楽しい花火も終わると、後は帰るのみです。駐車場にはたくさんのバスが並んでいるので、出るのも大変。
それでも添乗員の話では案外すいていてスムーズに出られたとのこと。
 
 高速に乗って、諏訪湖サービスエリアで休憩をとったのは11時半でした。ここで季節外れのイルミネーションがありました。光のトンネルです。トイレに向かう道に燦然と輝いていたよ。
 
 イメージ 9
 
 あまり早くに名古屋についても連絡する交通機関がないので、バスはゆっくりと走る。
 
 絵なのサービスエリアで、3時間ほど時間調整をして戻ってきたのが、5時を少し回った時間だった。
 
 まだ始発列車には時間があるので、ずっと気になっていた朝マックを食べようとマックに入る。ほかの店があいてないのでここも長蛇の列。なんだか、最後まで行列・行列になってしまったよう。
 
 始発に乗るのは初体験でしたが、案外乗っている人って多いんだなと・・・。
 
 それにしても早朝だというのに、この暑さは一体何だろう。今日も猛暑日になるのだろうなあ(>_<)
 
 家に着いたらシャワーをあびよう!
 

このページのトップヘ