好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

2010年12月

 
 やっと、仕事終わったよー!
 
 今日が、年内の仕事日です。
 
 移動の途中で、デパートによってエコポイントの交換で得た百貨店カードを使って普段はとても買えないちょっと贅沢なお肉を買ってきました。
 
 我が家では、年一回大みそかのみすき焼きをします。そのお肉は、ちょっと贅沢をするのね。
今年は、義父のテレビを買った時にもらったエコポイントでもらった商品券を使わせてもらいました。
 
 今日はまだそんなに混んでいなくて、案外スムーズに買えてよかった。去年は並んだんだよね・・・。
 
 明日は、お正月らしい飾りを雰囲気飾ります。
 
 31日は、雪になるかもしれないというので、明日中にいろいろ済ませておきたいんだ。
 
 今年も何とか無事過ごせた・・・。来年は?
 
 訪ねてくださった皆様、ありがとうございました。
 

 
 リビアは、犬よりも猫が目に付いた。
 
 自論では。猫が多い場所は、穏やかなところだと思うのですが・・・
 
 トルメイタの猫・・・猫好きの仲間は、タボちゃんと命名。
イメージ 1
 
アポロニア遺跡の近くでトイレをしているところです。
イメージ 2
 
ミスラータ近くのレストランで
イメージ 3
 
 
セイリーン地方・・・ホテルの猫
イメージ 4
 
 
遺跡に居た猫
イメージ 5
 
スルタンの猫
イメージ 6
 
トリポリの街で
イメージ 7
 
人にいじめられないので逃げません。猫好きには、いい国かも(*^_^*)

 
 ドバイでは、例のトランジット客のためのフリーのレストランにて時間を過ごす。
 
ここで、成田組と関空組に別れるのだ。今回メンバーは、良い人ばかりで楽しく過ごせた。ハプニングは、それなりにあったのだが、みなゆったりと待つことができる人ばかりでした。
 
 ここで大好きなデ―ツを大量に仕入れる。やはりドバイのものは、質がいいように思える。
 
 離陸の時、雷が発生したとかで、少し遅れて飛び立ったが、順調な飛行で定刻より少し遅れただけで関空に着いた。
 
 エミレーツの無料バスの発車時間までかなり時間があったので、よほど新幹線で帰ろうかと思ったが、急いで帰ってもどうせ今日はやること無いのだからと、3時間近くを空港で過ごした。
 
 結局家に帰ったのは、夜の10時を回っていたかな・・・・。
 
 長い間お付き合いくださってありがとうございました。リビアはこれでおしまい。
猫のコーナーに、リビアで出会ったの猫の写真あります。よかったらこちらも見てください。
 
 
 今年はこれで、海外旅行は終わりです。
来年も、何とかでかけられるといいな。
 
イメージ 1

 
 レプティス・マグナの凱旋門を飾っていたレリーフです。
4つあり、そのうち2つは、「皇帝の勝利の行進」残りの2つが、「生贄」と「セウェルス帝の家族」となっている。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
他にも、勝利の女神のレリーフや、マイルストーンもありました。
イメージ 4
 
イメージ 5
 
 自由時間は、ほとんど無くて駆け足で回ることに・・・。
アラブの時代の女性の衣装です。
イメージ 6
 
イメージ 7
 
博物館の窓からは、港がよく見えました。
イメージ 8
 
 これですべての観光が終わってしまった・・・。やはりあっという間だったという感はぬぐえない。
空港に向かう途中、ちょっとだけスーパーに寄ります。
オリーブオイルを買う人、ナツメヤシクッキーを買う人、それぞれです。私は、はちみつとクッキーを買いました。
 
 液体物を買ったので、空港で荷物をスーツケースの中に入れてからチェックイン。
 
 そのあと、空港ビルの2階にあるレストランで食事をとる。といっても種類はなくてなんだか定食の感じでした。
 
 ここでお世話になったガイドさんとお別れです。
「シュクラン!!!」
 
 免税店は何もないので、乗り継ぎのドバイでお土産を買うことにする。
 
 飛行機に乗り込み、安定飛行になった。アテンダントのサービスが始まった。
「うれしいな!ワインが飲める・・・♪」
赤ワインを2本あけて、ちょっと寝たら、もうドバイの上空に来ていた。
 
 旅もいよいよ終わりが近づいてきました。
 
 

 
 現地最終日である。相変わらずの朝食を食べた後、バスにてジャマヒリーヤ博物館に向かう。
 
本来なら犠牲祭に当たるので休館日だったのだが、各国のツアーのガイドや添乗員が交渉した結果、開館だけはOKになったそうだ。
 
 でも、普段は9時が開館時間なのだが少し遅れてオープンとなってしまった。おかげで、本来ならゆっくり見られるはずだったのに、駆け足での見学になってしまったのが少し残念だ。
 
 お城の中で唯一公開されている場所である。4階建ての建物。
 
エントランス部分をはいるとすぐ飛び込んでくる変わった形をしたものは、ギルザ墳墓だ。4世紀の墓だという。
イメージ 1
 
展示物は、先史時代から革命後のリビアまでだ。カダフィ大佐に関係するものも多いが、それらはあまり興味がない。
 
見所は、やはりローマ時代の彫像やモザイクだ。
 
これは大理石とモザイクがデザインされたもの。じっくり観察して作ってある。
イメージ 2
 
こちらは、剣闘士のモザイク。
イメージ 9
 
エジプトが支配していた時期があるせいか、こんなものも。ミイラです。
イメージ 10
 
お供え物をささげる台
イメージ 11
 
セイリーンのローマ浴場で発見されたカリス三姉妹像、それぞれ、輝き・喜び・花の盛りを表しているという。思わずさわりたくなってしまう(*^_^*)
 
 
レプティス・マグナのローマ劇場で発見されたアテナ像。胸のところに斜めについているものは、ヤギ皮でできた防具。
イメージ 12
 
世界でも有数の細かさを誇るモザイク画。表面も滑らかに磨かれていてとてもきれい。
イメージ 13
 
牛の睾丸を付けたアルテミス像。小アジアやオリエントによく見られる豊穣多産を願う地母信仰と関係しているとみられる
イメージ 14
 
こちらは普段われわれが想像するヴィーナス
イメージ 3
 
一番初めに訪れたトルメイタの博物館でも見たフォーシーズンモザイク。こちらの方が圧倒的にできがいい。1世紀。上から時計まわりに、冬・春・夏・秋を象徴した女性が描かれている。
イメージ 4
 
他の博物館でもよく見るローマ時代の彫像群
イメージ 5
 
生き生きとした当時の生活が描かれたモザイク。釣り。
イメージ 6
 
船に乗って
イメージ 7
 
こちらは、ニケ像。
イメージ 8
 
レプティス・マグナの凱旋門関係の出土品は上階にあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 ローマ劇場は、コモドゥス帝によって建設された、堂々たる建築物だ。
イタリアによる修復が進みすぎたという声もあるが、それでも中に入ると圧巻されてしまう。
 
イメージ 1
 
 観客席は5000人を収容でき、舞台は幅37m、奥行き7mにもわたり、3層構造の楽屋を背後にもっている。
   舞台下には、VIPのための部屋や、着替え室などがあった。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 ここでは、仮面をつけた男優がギリシャ神話や様々な悲劇、又、パントマイムなども演じていた。
舞台正面の基部には、ヘラクレスや哲学者の彫像が描かれている。目を引くのは、この劇場で最も多く上演されたというサテュロス劇のワンシーンを描いたものは、とても生き生きとしていて素晴らしい。
イメージ 4
 
イメージ 5
 
  遅い昼食は、犠牲祭で休みの所を無理を言って開けてもらったという。焼き魚がメインのとてもおいしい料理でした。
 帰りにスーパーによってお買い物をするはずでしたが、こちらもやはり祝日のため閉まっていて残念!
 
 そこでいったんホテルに戻り、小休止の後、市内をぐるっと見せてくれるという。
 
われわれは、最初のほうの自由時間に見て回っていたのだが、もう一度いくことにしました。
 
 ホテル近くの遊園地、家族連れでにぎわっています。観覧車、メリーゴーランドなど・・・。
イメージ 6
 
 そこに遊びに来ていた子供です。綿菓子ってどこにもあるんですね
イメージ 7
 
 市の中心部
 
イメージ 8
 
 ここで、ドライバーさんとガイドさんはどうしてもお祈りしたいので時間をくれないかと希望していると添乗員から話があった。犠牲祭のお祈りは特別なので、どうしてもしたいという。
 
 われわれは、急いでいるわけでもないので「どうぞ。どうぞ。」という感じ。待っている間、モスクにでいりする人々を観察する。
 戻ってきた2人は、目に涙をためていた。聞けば、イタリア人などのヨーロッパからのお客は、時間をくれないのですって・・・。「日本人は本当にやさしい。このことは忘れません。」とのことでした。
 
 夕食は、この国で食べる最後の晩餐なのでちょっと高級なところに連れて行ってくれました。ホテルの雑な食事とは違って雰囲気のあるレストランで大満足だった。ワイン飲みたいよー!
 
 明日はいよいよお別れです。
 
 

 古代、人々が行き交った東西・南北の交差点。デクマヌスとカルド
イメージ 1
 
 そして広大なアプレイウスのバジリカ。ここの地下には巨大な貯水槽がつくられていて、今ものぞくと大きな空間が広がっています。貯水槽からは水路があちこちに伸びていた。
 エジプトの花崗岩も建材に使用されており、この地がエジプトと関係が深かったことを想像できる。
 
 バジリカの裏手には、聖水をためておく石をくりぬいたものがある。変わった形をしています。
イメージ 2
 
  広場にある頭の無い大理石の彫像がある。ここには、噴水があった場所だ。4体の彫像があったというが残っているのは1つだけである。
イメージ 7
 彫像に向かって右側にあるのが、アントニヌスの神殿だ。26段の階段が残っている。たった26段でも、平らなここではかなり見晴らしが利きます。
イメージ 9
 
 アントニヌス神殿から見た、ディオニュソス神殿の本殿跡。 
イメージ 10
 ディオニュソスとは、ギリシアの(バッカス)で、古代イタリアでは、りベル・パルテと呼ばれ豊穣の神。贅沢で広大な建物だったらしいが、365年の大地震で倒れた後は再建されることはなかった。
 
 元老院の後ろに広がっているのが、セラピス神殿。ギリシアのゼウス神とエジプトのイシス神を習合させた医療と豊穣の神だ。サブラータで最も古い神殿とされているが、現在は列柱のみが残っている。今も使われるセラピーの語源となった。ここではいろいろな文化が入り混じっていたこのがよくわかる。
 
 元老院跡。花崗岩・柱には雲母大理石の使われている。長方形に議場が広がっており、左右の階段は参加者が多い時には腰かけ変わりにされたという。
イメージ 11
 
すぐそばには海がせまっている。大地震の際沈んでしまった建物が、まだ眠っている・・・。
イメージ 12
 
 庶民の行き交った道沿いには、たくさんのオリーブ圧搾所が残されている。いくつかの小さな仕切りがあり、絞った油の質によって分けられていた。この通りには、ワインやオリーブの貯蔵庫もあります。
 
 
イメージ 13
 
 海に面した浴場では、日本でも人気のある、「海の見える露天風呂」なんてものを想像してしまった。床のモザイクがきれいです。
 
 
 本来のツアーはここから、ローマ劇場に向かって終わりになるらしいのだが、添乗員の一言で奥の方のイシス神殿まで向かうことになった。ガイド氏いわく「初めて日本人を案内します」
 
 オケアノスの浴場では、当時ローマではやっていたというモノクロのモザイクもたくさん残っています。踏んで歩く格好になるので、痛まないか心配になってくる。模様のほうも、幾何学模様でかなり斬新なものだ。
イメージ 3
 
 博物館でも見た、草履とあかすりマークのモザイクもありました。ここから奥は、サウナなので「床が熱くなっていますよ」という注意喚起のためもあるという。
イメージ 4
 
ここオケアノスの浴場は、かなり大きなもので、いくつもの浴室に分かれている。
ここでは、地中海を見ながら太陽と星の運行を眺めることができた。
素晴らしい風景を眺めながら古代の人々も、ここでおしゃべりに余念がなかったのだろうなあ・・・。
イメージ 5
イメージ 6
 
 この東側に位置している神殿が、イシス神殿だ。エジプトのイシス神殿をモデルに、10年の歳月をかけて1世紀後半に完成した。海を望む神殿は、船乗りの守護神であったイシス神にふさわしいと言えるだろう。
 
イメージ 8
 
 この後は、「直しすぎた」と一部には批判もある、ローマ劇場に向かいます。
 
 
 
 

 
 朝食は、例のフランス人ツアー客を避けて、ちょっと遅めに食堂へ向かった。
 
 人間には遭遇しなかったが、彼らの食べ散らかしのすごいこと!中国人も顔負けだ。これからはフランス人がマナーについて何か言って来ても、無視してやろうかしら・・・(笑)
 
 昨日遅かったので、今日はちょっとだけ遅めの9時半出発。サブラータ遺跡へと向かう。
1時間ほど走ったところで到着。先に博物館を見学した。
 
 圧巻は、1925年、イタリア人に寄って発見されたバジリカのモザイクだ。床に敷かれたいたものをそのまま再現したもので、左右の壁も元々は、側廊の床だったものだ。
 
 かなり大きいので、上から眺めないとピンとこない。中央にフェニックス、籠の中の鶏、ブドウと鳥、クジャクが描かれており、それぞれ不死・魂・自由・天国を表しているという。
イメージ 1
 
側廊のモザイクも素晴らしい
イメージ 2
 
こんな感じで発見されてこういう具合に展示されている
イメージ 6
 
イメージ 7
 
他の部屋にも素晴らしいモザイクが残っています。
ローマ風呂の必需品のあかすりとサンダル
イメージ 8
 
恋する2人とキューピット
イメージ 9
 
 当時の食べ物も
イメージ 10
 
 浴場を飾っていたという
イメージ 11
 
 広大な遺跡は、まだ全体の3割ほどしか調査発掘が終わっていないというが、それでもかなり広大な感じを受ける。
ビザンチンウォールと呼ばれる壁の手前には、フェニキア時代の遺跡が広がっている。紀元前12席ころに築かれたようだ。その後カルタゴの衛星都市となる。紀元前2世紀になるとギリシア人も入ってきて新しい技術を持ち込んだ。
 カルタゴが滅びると、ここもローマの支配下にはいり、ローマの穀倉と呼ばれる。
 
 2世紀から3世紀にかけて、最盛期を迎えたが、5人の皇帝が支配したのちは、陰りが見え始め、365年の例の大地震でここも壊滅的な被害を受ける。
 
 ビザンチン時代に都市を壁で覆うなどして再建されたが、7世紀のイスラムの台頭襲来によって歴史に終わりをつげ、時代の中に埋もれていってしまった。
 
イメージ 12
 
 これ何でしょうね。色違いの花が咲いていました。
イメージ 13
 
 ビザンチンウオールの向こうに・・・
イメージ 3
 
 フェニキア時代の遺物、ベスの塔。役割ははっきりしていない。高さ25mほど。
イメージ 4
 
 ウオールを超えて中心部分に入っていく。最初に目に飛び込んでくるのはこんな光景。
イメージ 5
 
 
 
 
 

このページのトップヘ