好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

2011年04月

 
二日目は、8時にホテルを出発。
鯖江市に向かう。
 
鯖江は眼鏡のつるで有名なところだが、訪問するのは初めてだ。
 
天気は、曇り。何とか持ってくれるといいのだが・・・。
 
着いたところは、西山公園。
全然聞いたことがないのだけれど、桜百選の公園に指定はされているようだ・・・。
期待していなかったのだが、ここはとてもよかった。
 
イメージ 3
 
イメージ 1
 
イメージ 4
桜の他にも、小さな動物園があり、レっサーパンダやお猿さん、丹頂鶴などが飼育されている。
イメージ 5
 
頂上の展望台に向かう道には、お地蔵さまも鎮座している。誰かが奉納したのだろうな・・・。
 
イメージ 6
 
陸橋を渡った向こうの山には、庭園があり池もある。花びらが・・・
イメージ 7
 
 この公園は、つつじもきれいだという。機会があったらまた来てみたいな。
 
続いてバスは、花筐公園に向かう。ここの山頂には、薄墨桜があり、福井県の天然記念物になっているという。薄墨桜は、根尾のものが有名でそちらは訪れたことがあるのだが、ここにもあるなんて知らなかったな。
 
 ところがまるで登山のような感じでした。山を30分ほど登ってやっとご対面でした。時期が遅いのか、あまりきれいでは無くてちょっと残念。
 孫桜というのもありこちらは、樹齢400年ほどです。
 
イメージ 8
 
ふもとの公園の桜もなかなかきれいでした。
 
イメージ 9
 
 花より団子というわけではないですが、そばの里に行き越前そばの試食をします。他にも水ようかんも試食しました。
 
 昼食は、自由食なので日本海魚街でいただきました。何度も訪れているので、ここはちょっとあきたな・・・。
 
さらに定番のタカハシ昆布館に行き、こぶやお菓子の試食をする。海藻は大好きなのでいろいろ試して歩く。
2種類のおぼろこぶを買いました。
 
ここから、海沿いの金崎宮に向かい、戦国時代に思いを巡らす。
 
海岸の際まで線路があり、敦賀港駅とある。貨物専用の線路のようだ。
イメージ 10
金崎宮は、金崎城のあった場所につくられたお宮で、花替え祭りで有名である。
残念ながら、祭りの期間は過ぎていたので見物はできませんでした。
 
ここで、信長は朝倉軍と浅井長政の軍勢に挟まれてしまい、秀吉の機転で何とか京まで戻ることができたのだという。
イメージ 2
背後の山には戦いで焼けた焼米の出土した場所などが残されている。
 
そして、最後はやはりお約束の小牧のかまぼこ店での試食タイムです。
何種類かのかまぼこが、試食できるのだ。
 
これですべての工程は終わりです。
後は一路、名古屋に向かう。
 
土曜日だというのに道はすいており、予定よりかなり早くつくことができた。
 
 
 

イメージ 6
 
上の写真は、西光寺にある勝家とお市の墓です。
思ったより小さくて質素、逆族だからですかね(徳川から見て)
 
ホテルからすぐのところに足羽川が流れている。
 
橋の上に立って、眺めるとずっと遠くまで並木が続いていいる。
曇りなのが本当に残念(>_<)
 
トンネルのなっている堤防を、どこまでも歩いていく。
 
ここでも震災の影響か、ライトアップは例年に比べると控えめになっているそうです。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 5
暗くなってきたので、ダイニングバーに入って夕食をいただく。
ここでも話題は、震災での自粛の話に及ぶ。
官公庁の歓送迎会は、100%キャンセルになったそうだ・・・。
ワインと焼酎を飲みながら、春野菜の炊き合わせと、たこの軟らか煮、ホタルイカのてんぷらなどをいただく。
 
ホロ酔い加減で、福井城の夜桜見物に行くことにした。
 
火照った顔には夜風が気持ちいいです。
 
福井城は、天守はなく石垣と堀のみが残っていました・・・。
 
イメージ 4
 
 
 

 
 昨年は、近場での桜見物だったので今年はちょっと遠出をしました。
 
震災の影響で、どこの観光地も例年に比べて随分すいているそうです。
 
1泊2日の旅は、30人のお客を乗せて名古屋駅を出発した。
 
名神から北陸道に入り、最初に着いたのは一乗谷遺跡だ。
ここは、かなり以前に訪れたことがあったのだが、そのころと比べるとかなり整備された感じです。
 
かのソフトバンクのお父さんのCMでも有名になったところです。
 
復元された町並みや、庭園跡などを見学した。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
電線がないので、時代劇の撮影によくつかわれるらしいです。
 
一乗谷川をはさんで反対側には、庭園の遺跡や朝倉義景の墓などもある。
庭園入口の唐門が美しい。
イメージ 4
 
こんな恰好のお年寄り達が働いていました。なんだか時代をタイムトリップしたような錯覚を覚えました。
イメージ 5
 
続いて桜を求めて向かったのは、現存する天守閣の中では一番古いという丸岡城だ。
この城は、別名霞が城とも呼ばれ、屋根が全部石瓦で葺かれているのが特徴である。
 
もちろん入場します。別料金300円なり。
 
高さはあまりないので、素晴らしい景色というわけでは無くてちょっとがっかりです。
 
でも桜は満開でした。(*^_^*)
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
しだれ桜がきれいでした。
イメージ 8
 
バスは福井市に入っていきます。
北の庄城址公園は、最近発掘されたとか・・・それまでは文献での記述のみでしたが、さっ屈調査の結果その存在が確認されたとのこと。
 
柴田勝家にちなんで、今大河ドラマで話題の3姉妹の銅像もありました。
 
そして柴田勝家のお墓のある西光寺をお参りして本日の宿に到着。
 
荷物を置いたら、早速出かけましょ!
 
 
 

 
知り合いの人が今度、バーニーの子犬を飼うことになった。
 
チャンスとばかり、見せてもらいに行ってきたのだが・・・・。
 
2か月ということでやんちゃで一時もじっとしていない。
 
 
大人になると、50kgくらいにはなるらしいから楽しみ。
 
一緒に写っているのは、ゴールデンの13歳メスです。
 
太り気味なので、歩くのは大変そうでした・・・。(*^_^*)
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6

 
街を歩いていて、街が霞んでいるように思えた。
 
良く見ると、欅の芽がいっせいに芽吹き始めていた。
 
モクレンは散り、桜は満開を迎え、シデコブシ、雪ヤナギ、いっせいに花をつけていた。
 
震災・原発事故と続き、なんとなくしたばかり向いて歩いていたのだろう。
そのうちにも、季節はちゃんと移っていたのだ(*^_^*)
 
下を向かないでまっすぐ前を向いてあるいていないと、周りの状況さえ見えなくなってしまうんだなと・・・。
 
それにしても、テレビなどで助かった命を喜び合っている人々が映し出されているのに、
なぜ人殺しが起きてしまうのだろうか・・・・。
 
義捐金を泥棒したり、灯油を盗んだり、ガソリンを抜いたり、被災したお宅から物を盗んだり、
理解に苦しみます。
 
人って、どんな場合でも悪人になれるのですね。
 

このページのトップヘ