好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

2013年01月

 
 今回は、関西発発だ。集合が9時と自宅から当日だと何かが起こった時に対処できない時間なので大事を取って、前泊することにした。
 
 最寄りの駅まで迎えに来てくれ、空港までの送りもあるホテルをチョイスした。大阪の難波まで高速バスで向かい新幹線代を浮かす。バスだと2900円とかなり安い。時間も思ったほどかからず急ぎの場合以外は案外利用できそうだ。
 
 難波からは、南海に乗り継ぐ。久しぶりなのでちょっとまよってしまったが、大阪の人は親切なので道を聞けばだれでも丁寧に教えてくれる。
 
 出国当日は、雨の朝でした。
 
 風もかなり吹いているので、飛行機の運航に影響がないかすこし不安が頭をよぎる。
カードラゥンジが開くのを待って、朝食を頂きます。
 
 今回は、大阪からは2人参加で、残りは成田からだと聞いていた。それぞれ出発してバンコクで顔を合わせることになっている。
 
 チェックインに向かうと、通路側の席が空いていないという。学生が団体で乗り込んだせいで満席になってしまったようだ。5時間余りなのだからまあ我慢できるかな・・・。
 
 ボーディングの時間が来てもゲートは開かない。どうしたのだろうと思っていると、「機体の整備が遅れているのでもう少しお待ちください」とのこと。
 
 搭乗時間が遅れると、お昼にかかるのでレストランが混むかも知れない。早めに何かおなかに入れておこうとそばをたべる。
 
 待合室に向かうとふたたびアナウンスが入る。「機体の整備がまだ整わない。つきましては、2時間後にあらためて出発時間をお知らせいたします。航空会社から昼食券をお渡しいたします」
 
 「エー!そんなあ・・・。今食べたばかりだよう」
 
 ここに居てもやることがない。トラムに乗って本館に移動する。ご飯は食べたので、千円の金券でワインを頂くことにした。
 
 結局4時間ほど遅れての離陸となった。とはいってもバンコクの乗り継ぎは、9時間近くあったのでフライトそのものには影響がなく、バンコクで東京組を待つ間にジプチまでのチェックインを済ませる。
 
 その時カウンターに、張り紙がしてあった。「成田の空港が悪天候のためバンコクからの出発便に遅れが出ます」とある。東京組の出発が急に心配になってきた。
 
 添乗員は、われわれに同行しているので、いざという時対処できないかもしれない。
 
 タイ航空の職員に問い合わせると、やはり大幅に遅れての離陸になったらしい。乗り継ぎは絶望な時間にしかバンコクに着けないという。
 
 1日に1便しかないので、これを逃すともう明日の便しかない。
 
 私達2人を空港ホテルに送り届けた後、彼女は本社との連絡に走ることになった。
 
 いまどき電話もあるし、何故旅行社のオフィスに遅れるという連絡が入らなかったのだろうか?
疑問はいろいろ頭をめぐるがいろいろな不運が重なってしまったのだろうな。
 
 ともかく私達は日付の変わった頃アジスアベバに向けて飛び立ったのでした。
 
 関西は雨だったが、成田の方は大雪だったらしい。よりによってこの日でなくてもいいのになあ。
 
 ハプニングは起きない方がいいに決まっている。
 
 今回のコースは、空からジプチに入って陸路で大地溝帯に沿うようにしてエチオピアの東北部を回るというものだ。世界で一番熱いといわれる地を巡っていきます。
 
 
イメージ 3
 
 
 
 ジプチの国旗とナンバープレートです。
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2

 
 無事帰国しました。
 
今回は、初日からハプニングが起きてツアーの先行きが不安でしたが。
 
 苦労のかいがあり素晴らしい火口を見ることができました。
 でも、旅というよりなんだか修行をしている気分になることもしばしば・・・。
 
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
 とりあえず火口の一部を・・・。

 
 例年になく寒い日が続いていますが、日本を少しだけ脱出します。
 
14日から、昨年ドイツ人観光客が殺されるという事件が起き、直前でキャンセルとなってしまったエチオピアとジプチに行きます。
 
 朝の集合時間が早いので明日の午後自宅を出ます。
新幹線では無くてバスで大阪まで行き、そこから南海に乗って泉佐野まで行き、前泊することにした。
 
 新幹線だと6000円以上だが、バスだと2900円で行けるのだ。
 
 今回は、テント泊や野天での泊まりもあるというちょっと厳しい旅になります。
 
 でも地球の鼓動を見られるというのでとても楽しみです。
 
 帰りは、30日のよていですが・・・。
 
 
イメージ 1
 
 
 この猫のフックは、後ろ姿が気に行って衝動買いしてしまった。

 
 
 あけましておめでとうございます。
 
遊びにも行かないし、初もうでにも行かないし、福袋にも興味のない我が家の2人。
相方と、散歩がてら元旦の街を歩いてみました。
 
 自宅から15分ほど歩いて名古屋城正門へ。
今日は閉まっています。中国からの観光客の姿がありました。
 
 
イメージ 1
 
 
 能楽堂と加藤清正公の銅像。後ろに名古屋城が見える。
 
 
イメージ 2
 
 
 天気がいいので鯱鉾も輝いている。
 
イメージ 3
 
 護国神社にはたくさんの初もうでの人が。
 
イメージ 4
 
 
 われわれは近くの那古野神社でお参りしました。
 
イメージ 5
 
 
 テレビ塔も冬枯れのケヤキ並木の向こうに見えます。なんとなくさびしそう。
 
イメージ 6
 
 近所の神明神社。マンションに挟まれてなんだか窮屈そうです。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
 
 家に帰って時計を見たら、3時間以上歩いたことになりました。
夜の鍋がおいしくいただけそうだ!
 
 
 今年もよろしくお願いいたします。

このページのトップヘ