好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

2020年01月

27日から、宮古島にいるのですが、天気がよくない。
 それでも、毎日レンタカーで動いています。歴史が、案外面白くて楽しい。
 海も綺麗で、潜るのが好きな人には、ピッタリだと思いました。
IMG_20200127_163752

 日常では、最近食べなくなった舟盛りなんて食べて見ました。近海の地魚とセイイカ、おいしかったです。
IMG_20200127_184649

 暖かだった昨日。
普段通らない道を通ってみた。
 空き家になってしまった、2棟続きのアパート。その下の繋がっている部分に居たにゃんこ。
 じっと、したまま動かない。何考えてるの?野良なの?
空き家で
 こっち見て!
筒井町の猫
 あ!向いてくれたよ。
 

 この美術展、東京で開催されていたのだが、東京の展覧会は半端なく混むんでどうしようか迷っていたのだが、次回愛知県美で巡回と記載があり、待つことにした。
 で、行って来ました。絵によっては、ちょっと混んでいるものもあったが、ゆっくり見られてうれしかった。
 常設展も、ムンクの版画が充実していた。
20200123095750_p
 昔、ロンドンに行ったときに、この美術館を堪能したことを思い出しました。
20200123095806_p
 

 名古屋ドーム近くのお宅にノルウェー・ジャン・フォレストキャットを飼っておられるお宅があって、時々顔を見に行っていた。
 今回も、会いに行ったのだが肝心のお宅がどうしても見つからない。ここだと思うところに行っても家が無いのだ。
 そんなうろうろしていた時に偶然出会ったにゃんこです。耳がサクラ耳になっていたので、地域猫かもしれません。触らせてくれてすりすりまで・・・。
 帰りにもう一度寄ったのですが、もう影も有りませんでした。
しっぽを挟んで、手はしっかりそろえて、お行儀の良い事。
車の上が好き
しっぽを挟んで
 違う日、やはり近所を歩いていたら、こんな標識が以前は無かったので、飼い主さんが置いたのかもしれません。
ネコの横断注意

 猫に会いたくなると、出かけるところがある。一番よく出かけるのは名城公園だが、休日だと、警戒していて出て来ない。
 で、久しぶりに市政資料館に行ってみた。以前は、結構たくさんの猫がいたのだが、餌やり禁止の看板が出ていて、野良たちには厳しい環境に変わったのかもしれない。
 探したが、見つからない。帰ろうかなと思っていたら、日向ぼっこをしているにゃんこ発見!
目つきが悪いよ(*^-^*)
市政資料館の猫2020
 後ろから見ると模様がなんとなく左右対称に見えるような・・・。首の所の点々が変わっている。
市政資料館の猫2020-1
 もう1匹は、眩しいのか顔は隠しています。
市政資料館の猫2020-2
 どちらも触らせてはくれなかった。

 あま市も、旧美和町、七宝町、甚目寺町の3町が合併してできた新しい市である。駅の外に出ると太陽は沈んでしまっているので、写真を撮るには暗い。
 旧美和町の町の花パンジーと、町の木であるカシの葉と実がデザインされている。

あま市の汚水だが、旧美和町の町の花パンジーと町の木かしとどんぐり
 あま市の市章のついた雨水。テトラポット模様です。
あま市の市章の雨水

 甚目寺の駅を降りたところで、いい状態で写真を撮れないので帰ることにしました。日の長い夏だったらもっと行けたのですが、残念。
 甚目寺観音が描かれています。
あま市・甚目寺観音
 甚目寺観音は行ったことが無いので、次回は行ってみたいな。

 愛西市は、近隣の町村が2005年に合併してできた市ですが、マンホールには旧佐織町の町の花と町の木に新しい市章がデザインされていた。
愛西市の市章に、旧佐織町の町の木マツと町の花菊のデザイン
 西尾市は雨水と汚水が同じデザインでした。市の木クスノキ。
市の木クスノキと井桁の市章
西尾市雨水

 河和線に入って、美浜町と阿久比町で降りようと考えていた。美浜町の方が遠いので先にそこに行くことにしたのだが、どこで下車したらいいのかわからない。
 車窓の風景を見ていて、美浜緑苑で降りたのだが、規格品しか見つけられず。仕方がないので戻って終点の河和で降りて探してみたが、師崎灯台がデザインされたものは見つけることができなかった。
 やはり灯台まで行かないとだめなのかしら。
気を取り直して、阿久比町まで戻る。
 花かつみとヘイケボタルがデザインされている。はなかつみは、万葉集などにも歌われているのだが幻の花とされていた。それが、この町で見つかり保存活動をして増やしていているのだそうです。私はショウブやカキツバタ、あやめとよくわかりませんが・・・。
阿久比町・幻の花と言われた、花かつみとゲンジボタル
 こちらは、町の花ウメをデザインしたもの。
阿久比町・町の花ウメ
 時計は、もうじき4時になりそうだ。津島線のあま市や愛西市を目指して電車に乗りました。

このページのトップヘ