好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

2024年01月




 今年の初海外の旅は、カリブ海の島々に行きます。

 キューバだけは行ったことがあるのですが、ほかの島々は初めて。

 寒い日本を避けて暑い場所というのはうれしいのですが、明日の新幹線が心配。
日本海側が大雪だと、東海道新幹線は大幅な遅延が生じることが多いのだ。


 夜便だのだが、明日の昼くらいには羽田に出発しようかと思っています。


  楽しみは、ビーチの上を飛ぶ飛行機を見られること。


  たくさん写真を撮ってこようと思っています。



 いつもの高架下の猫達とは違う場所で暮らしている高架下の猫だいちゃん。 


  彼は毎日、ここの居酒屋さんに通ってきます。


  今朝は、中々開けてもらえないようです。


20240110_093832





 高架下の猫達。


 それぞれ何かに乗っていました。


 塀乗り、かなり不安定。

20240110_092152






 プランター乗り。こちらも不安定だが、抜けませんように・・・。

20240110_092202



  
20240110_092142



  安定度抜群の板乗り。


20240110_092227







 明石城の本丸跡を歩いていたら、気配を感じます。

 藪の方に近寄っていくと、猫がいました。


 
櫓と猫 (1)



 ちょっと警戒しているけれど、呼ぶと近寄ってくる。持っていた猫が食べられそうなおやつを差し出すと、食べた。

 耳も桜になっているし、この子達も地域猫で、毎日ご飯を届けてくれる方がいるのでしょう。

 櫓をバックに

櫓と猫 (3)



 するともう1匹・・・。

うん?誰?


 あなたたち誰?とでも言ってる顔だ。


 
  


 たつの市の室津の港で待ったりしていた猫2匹。

  
室津の港で (1)




  
室津の港で (3)



  サクラ耳になっているので、地域猫でしょうか。
 触っても逃げないし、もっと触ってという感じ。


  
室津の港で (4)



  なんか風格あるなあ!


室津の港で (5)



  今日は猫日和。


 空き時間を利用して、加古川市にも蓋を探しに出かけてみました。


 マンホールカードを配布している、まち案内所はお正月休みで閉まっていてゲットできず。残念!


 駅の近くを歩いてみました。

 加古川市・下水道と文字が入り、中央に市章。市の花さつきがデザインされている。

加古川市下水。デザインマンホールのノンカラー版。

  


  同じデザインですが、地色が青。


加古川市げすい。市の花さつきのデザイン。地色が青。




  そしてカラーマンホールがこれ。



加古川市。カラーマンホール。市の花さつき




 同じデザインですが、全体がベージュ色のようなものも。


加古川市下水。ベージュのような色がついている。



 加古川市公共下水道と漢字でしっかり説明が入っている。合流ふた。


加古川市げすい合流。市章入り




 仕切弁。市章入り。

加古川市仕切弁




 同じく仕切弁。

加古川市仕切弁。市章入り







 消火栓。

加古川市消火栓






 防火水槽。

加古川市防火水槽




 明石市の魚棚通には、明石のお魚が、マンホールの蓋で紹介されていました。 

 コウイカ
  

明石市魚棚町で、魚シリーズコウイカ


アカメバル

明石市。赤メバル




 アオベラ・アカベラ
  
明石市。魚シリーズ




 明石といえばタコ。マダコ

明石市。マダコ




 タイも有名かな。マダイ

明石市。マダイ




 マアナゴ

明石市。マアナゴ



 ブリもあがるんですね

明石市。ぶり





 シロギス

明石市。シロギス




 ゴマサバ

明石市。ゴマサバ




 キジハタ

明石市。キジハタ




 カワハギ

明石市。カワハギ



 イカナゴ。

明石市。いかなご



 以上でした。


 子午線の街、明石ということで、マンホールもそれらに関連したものがデザインされていました。 

 あかし・おすいの文字と、明石市市章入り

明石市。デザインマンホール。天文台。子午線のもじ。日本列島。東経135度の数字入り

 

 同じデザインですが、ノンカラーです。

明石市。デザインは同じで汚水ふた

  

 同じデザインのうすい。ノンカラー。

明石市。同じデザインのノンカラー版。うすい

  

 やはり同じデザインのノンカラーで、ごりゅう。


明石市。同じデザインのノンカラー版。合流




 小型版になると、上部のしごせんのまちの文字が入っていません。合流小型のノンカラー版。

明石市合流蓋、小型版。デザインは同じ。




 マンホールカードは、天文科学館で配布しています。入場券を買うときにお願いしました。


明石市マンホールカード



 科学館には、展示マンホールもあります。


明石市展示マンホール





 2色のカラーバージョン。


明石市。同じデザインで色違い。うすい





 汚水規格蓋。市章が中央に入っています。

明石市汚水ふた。市章入り




 あかし・ごうりゅうの文字。縁には葉っぱがデザインされているが、中央には何もない。

明石市。合流。周りに植物





 仕切弁。明石市の文字と市章が入っている。

明石市仕切弁。水道局章入り。





 明石城内のみのマンホールです。電気施設の埋設のためでしょうか。
 アルファベットと漢字で、明石公園と記されています。

  サクラの花と櫓がデザインされていてとても素敵。

明石市。明石城址の中で。巽櫓と桜の花。



 消火栓。明石海峡大橋と天文科学館のタワー部分がデザインされています


明石市消火栓。天文科学館、明石海峡大橋のデザインに水道局章入り。丸形。



  同じデザインの長方形縦型。


明石市消火栓。丸形と同じデザインだが、縦型。



  さらに同じデザインで、横型長方形のものも。


明石市消火栓。やはり同じデザインだが、横長型。



  

このページのトップヘ