好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ: 東南アジアの国々


 九份に移動して、バスをシャトルバスに乗り換える。
週末など多客が見込まれる日は、上まで観光バスで乗り入れることはできず、乗り合いバスに乗り換えなければならないのだ。

 歩く前に、まずは夕食。毎回変わらないメニューで少々飽きてきているが仕方がない。でもビールはおいしい。



 ここの観光は、少し長め。というのは、この後に組み入れられていた北投温泉で入浴するものが誰もいなかったからだ。それに配分されていた時間が、ここに回された結果かなりゆっくり回れます。

 前回ここを訪れた時には、まだジブリの映画も上映されておらず、しかも昼間だったので、それほどの混雑はなかったのだが・・・・。
  
  約150段の階段を一気に登ってゆく。ともかく上まで行ってあとはゆっくり降りてこよう。


九分階段を上る


  階段を登りきったところにあるのは、小学校でした。景色もそれほど美しくもなく、すぐに降りることにした。

  途中で階段を外れて左の小道に入る。何かがお祀りしてある。
廟かなあ



 テラスからの景色。

20230422_184941


 壁面に何かが描かれているが
DSC05843


  階段まで戻って、今度は少し下がり右に曲がってみる。この通りは、かなり長くて歩いても歩いても行きどまりとならないので、途中で戻ってくる。

  夜の8時を回ったころに、ごみ収集車がやってきた。トラックのようになっているので、それぞれの商店の人はごみ袋を自分で荷台に放り投げていく。
 すれすれです。
ごみ収集車 (1)


 面白いのでちょっとついて歩いてみた。
DSC05850


  ノスタルジックな建物。

ノスタルジック
20230422_190937

 左にちょっと入り、レストランに入る階段の上から見るのが一番きれいなのだが、ネットなどで使われている写真は、一番上までライトがついているが今は、消されているので、ちょっと暗い感じがする。
 でも多分ここが、映画に出て来るシーンに似ている場所だと思う。
20230422_192633

 さらに下っていきます。
 ずらっと並んだ提灯がきれい。
アトラクション

 何かのアトラクションだろうか?
こんなものも


 窓が素敵なカフェ。
素敵な小窓


 駐車場から見上げると
駐車場から


 この後は、台北まで戻り北投温泉に向かう。ここでは、水着着用で入浴もできるのだが、今回は希望者が誰もいなかったので、スーパーに入ってみただけでした。ここで、残っていたお金を使う。

 北投温泉は、明るいうちに来れば散策もできるし、図書館などもあるのだが、こう真っ暗では何もわからない。かろうじて、昔の温泉駅のホームと使われていた列車を見つけた。
旧北投温泉駅

 日本の加賀屋さんが経営している旅館もあり、日帰り入浴もできるようです。浴衣でそぞろ歩きなんてことも楽しめる。

 そして最後は、士林の夜市を歩く。こもも前回の記憶とは全く違っていてびっくり。ガイド氏によると、ここはかなり変化していて、依然歩いた場所は少し離れたところではないかとのこと。

 ゲームばかりが目立つ。奥のほうまで行くと、人気の屋台には、人々の行列ができている。
士林の夜市


 ザリガニ釣り
ザリガニ釣り


 
ゲームの屋台が集まっている


 日付が変わる少し前に、桃園空港に向かう。時間も時間なのでかなりスムーズです。ピーチが使用するターミナルは、ラウンジもなく、免税店も1か所しか開いておらず、スムーズに進みすぎた分時間を持て余す。

 おまけに、冷房の効きすぎで寒いし、修行のような時間を過ごすこととになった。


 少し遅れたが、離陸の時間となり機内に入った時、暖かくてほっとしました。

 帰りは、2時間半ほどで中部に到着。入国係官待ちで機内で待機して入国、まずはラウンジに向かい、ビールをいただきました。

 忙しかったし、つまみ食いのような観光だったが、それなりに楽しかったです。
 
 


 中正記念堂に到着。衛兵交代は、1時間ごとに行われる。
ガイド氏は、若いころ衛兵をやっていたとかで、厳しかった訓練の話などを披露してくれた。軍隊はどこでも、いじめに近いことが行われているようで す。

  瞬きも、訓練すれば、ずっとしないでいられるようになるとか、靴の中では、指を動かして運動しているとか、人のいないときに、判らないように筋肉を動かすなどの話を聞く。それなりにリラックスできるようにしているようです。

  大忠門
大忠門




  本殿に入ります。
本殿


  本殿から見ると
本殿付近からの眺め


  衛兵交代を見るために集まった人達
集まった人達


  中正とは、中華民国の初代総統であった蒋介石の本名「蒋中正」をさし、亡くなった蒋介石に対する哀悼の意を込めて建設された。1976年に着工され、1980年に一般開放された。
  本堂正面に座像が置かれています。
蒋介石

  天井には、国章。
国章


  像を守るように左右に衛兵が立っています。
衛兵

  陸・空・海軍から選ばれた兵士が努め、制服の色でわかるそうです。半年ごとに交代し今日の制服は陸軍のようです。

  まだ若い
陸海空軍とあるようですが


  交代する2人と先導役の兵隊が入場してきます。エアコンの設備がないそうですので、これからの季節はきついだろうな。

衛兵交代が始まります


  
1
2
3


  式が終わると動いている間に生じた衛兵の服装の乱れを治す係の人が整えます。
整える



 白い壁と青い屋根のコントラストがとても美しい。
青の瓦が美しい


  この後、安いツアーお約束のお土産屋さんに立ち寄り、ウーロン茶の試飲をしてから、50分ほどかけて、十份に向かいます。

  十份は、有名な九份よりもさらに奥にあり、日本統治時代に炭鉱開発のために引かれた「平溪線」という路線上にある。

  ランタン上げが有名だそうで、我々も体験します。
十分の町


  線路を挟んで両側に家が建っています。そして線路上では、願いを書いたランタンを上げるために誰もが、賢明な様子。
DSC05786


  古い町並みがそのまま残っている。
日本統治時代に開かれた (1)


  
たくさんの人が (1)


  火をつけるとすぐに浮かびます。
DSC05807
赤いランタン


  
よく燃える


  飛ばしたランタンの行方が気になるところですが、観光客の少ない月曜日などに、アルバイトを使って回収するそうです。回収されたランタンは、ごみとして焼却されるとか。

  近くには、台湾のナイアガラといわれる滝もありますが、今回は時間がないのでパス。

  列車がやってきました。
平溪線


  目の前を通り過ぎると、すぐのもとのように線路に人が入ってくる。
通り過ぎれば元に戻る


  十份は、平溪線の終点の1つ前の駅なので、10分もたたない位で、列車が戻ってきました。
十分は終点の一つ手前


  思ったよりランタン上げは楽しく、台湾に来ることがあったら是非体験してみてください。

  少し戻って九份に向かい夕食をいただきます。


 今度の台湾の旅では、台北市に観光には、定番の故宮や101タワーや、淡水は入っていない。 
でも、それらには前回行っているので問題なし。

 迪化街は、初めてなのでちょっと楽しみである。

 台北で最も歴史のある問屋街でレトロな建物が続く雰囲気のある通りです。レトロな建物を活かした、カフェやショップも有り歩いているだけでも楽しい。

 19世紀中ごろから、港に近かったことから貿易を営む商店などにより街が形成し始め、日本統治時代には、台湾全土から乾物・漢方薬・布などを扱う商店が集結し巨大なエリアとなった。

 現在でも、台湾随一の乾物や布の街となっていて、お正月前などにはものすごい混雑になり歩くのも大変なことになってしまうそうだ。

 今日のお昼はここでの自由食です。とはいっても人気のお店は混雑しているし、中心にある永楽市場前の広場でテイクアウトしたものをいただきました。
 リサーチをして、入るお店を決めていかないとどうしていいか迷ってしまう。
永楽市場前 (1)


 
たくさんの人が


 イラストマップ
イラスト地図


 赤いレンガの通り
西洋建築が並ぶ
お正月にはアメ横のようになるらしい


 おしゃれな入口何屋さん?
観光案内所


 お土産屋さんに飾ってあったもの。台湾に暮らしている民族達のようです。
台湾民族の種類


 霞海城隍廟、縁結びにご利益があるとか。日本語を話せるスタッフもいるそうです。
DSC05720

 
台北霞海城隍廟


 ゆっくり回る時間は無いので、通りを往復してみました。
洋の建物に漢字

1km以上続く

 路地
路地

 どんと置かれた乾物
売られているものは乾物が多い


 おしゃれなカフェの入り口
おしゃれなショップ


 近くに納豆劇場という面白い名前の小劇場がある。
納豆劇場


 
台北市の歴史たてものに指定されている

 日本統治時代の1918年に建てられ、当時はお茶工場だった。現在の劇場の所有者の父親は、100年以上も前医者になるため日本に渡り、納豆を売るバイトをしていた。その父親を偲んでこの名前が付いたようです。

 2007年に、隣接する博物館とともに台北市の歴史的建物認定されています。

様々な願い (2)


 
 ヤマトさんのバイク便。
クロネコヤマトのバイク便

 日本では、見かけたことがない気がするのですが・・・。

 このあとは、中正記念堂に移動して衛兵の交代を見ます。
 

  


 台中市は、台湾中部の台中盆地にある人口2800万以上の 国内2番目の大都市である。

 ホテルの窓から巨大な寺院のようなものが見える。しかもすぐ隣だ。気になって朝食の後行ってみた。

 大屋根の下に建物がすっぽり入っている。けれども勝手に入っていいものかちょっと判断しかねる雰囲気がある。

 
道教の神保正大帝に捧ぐ

 ネットで調べてみたら、道教の神、宝生大帝に捧げられている、とある。何となく雰囲気が違うのは道教になじみがないからかもしれない。


 参道といっていいのだろうか。
参道


 入り口すぐ横にあった居酒屋のようなお店。
日本の居酒屋みたい


 通り、
ヤマハとある


 8時40分ホテルを出発。市内にある臨済宗のお寺宝覚寺に向かう。1927年、日本統治時代に建てられたお寺で、ちょっと不思議な感覚がする寺である。

 臨済宗というイメージから、シンプルなイメージがするが、ここはちょっと違う。

 
宝覚寺1927年建立


 もともとの本堂を守るように石造りの大きな本堂が増築されている。狛犬とかではなくて白い象が左右にいるのも面白い。


 仏さまも日本のそれとはかなり違う。
臨済宗妙心寺派と同時に台湾仏教の寺


 右手に進んでいくと、巨大な金色の仏さまがある。これ弥勒菩薩なんだそうです。日本人のイメージするシュッとした弥勒様とはかなり違う。

 というのも、ここでは、布袋様は弥勒の化身であるというのが通説なんだそうです。足元の文字、「皆大歓喜」という文字は、皆が喜んでいられますようにという願いがあるのですって。
日本とはかなり違う弥勒菩薩

 

 またここには、日本統治時代に台湾で亡くなった方々の共同墓地があり、他にも、第2次大戦で亡くなった台湾人の日本兵慰霊碑などもある。
台湾人日本兵の慰霊碑

  
  この後は、台北に向かって走るのだが、土曜日なので行楽の渋滞が発生するかもというので、早めのトイレ休憩となったが、思ったほどではなくて、11時ころには台北市内に到着できた。

  まずは、迪化街に向かい、お昼ご飯。自由食なのでそれぞれにいただきます。


 日月潭までの道は、結構遠かった。
途中、トイレ休憩のため立ち寄ったパーキングエリアにきれいな花が咲いていました。

 遠くで見ると、桜や桃のようにも見え、とても豪華な花だ。


 ピンク・シャワー・ツリー という名前らしい。

ピンクシャワーツリー



20230421_142418


 日月潭という名前は、聞いたことがあるし美しい名前なので期待していたのだが、かすんでいてよくわかりませんでした。

日月潭の湖


 日月潭は、ダム湖を除いて、台湾でもっとも大きな湖で、北側が太陽の形、南側が月の形をしているところからこう呼ばれるそうだが、私的には地図を見てもどうやってもそうは見えないのだが・・・。

  周囲37㎞、面積7.93㎢、最大水深27m。

  人気の観光地で、遊覧船やサイクリングを楽しむこともできるようです。

  眺望が聞かないので、早々に引き上げ湖畔に建つ文武廟に移動します。


  文武廟は、日月潭の開拓と深いかかわりがある。1932年、日月潭の水をダムにひくことになったが、これによって水没してしまうことになる湖畔の龍鳳廟と益化堂が文武廟として現在の位置移設再建された。
  その後、1969年から75年にかけて全面修復が行われている。

  文武廟は台湾で唯一正門が開いている孔子廟で、参拝者に対して占いを行っているのが特徴だそうだ。

  山門
文武廟門


  狛犬ではなくて獅子、高さ6mあるという。
大きな狛犬


  正面の階段を上っていく。斜面に沿っていくつかの建物が並んでいます。
最初の建物へ


  一番手前の建物が拝殿で、主要な祭祀を行う場所。天井はこんな感じ。
天井部分


  2番目の建物の正殿との間には、竜の彫刻がある。
登り竜


  正殿の周りにたくさんかけられていたもの。おみくじみたいなもの?それとも絵馬?
おみくじみたいなもの?


  正殿には、関羽や岳飛が祀られているそうです。
文武帝?


  一番奥の建物は、後殿で孔子が祀られています。やはり建物間には竜の彫刻がある。
これも竜

  
3つ目の建物へ


  さらにその奥には、ちょっと雰囲気の違う建物があるが、これはよくわからなかった。
塔が並んでいる


  やはり竜の彫刻がある。
見事な彫刻
一番奥の廟



  山門を見下ろす。煙る湖。
門越しの湖



 今日の宿泊地である台中市に入ったのは、夕方の帰宅時間だったので、たくさんのバイクが並んでいた。これは少ないほうだそうです。
夕方のらっしゅ


  北上するにつれて雨こそ降らないが、天気が悪くなっていくきがする。明日は、カラッとした天気になりますように。


 台南市到着後最初に向かったのが、台湾を始めて統一した人物「鄭成功」にゆかりのある場所だ。

 台湾が注目されるようになってきた16世紀ころのことだ。倭寇の根拠地となっているところから、その戦略的重要性に目を付けたのが、オランダやポルトガルといったヨーロッパの国である。

 日本も軍を派遣しているが失敗に終わっている。ポルトガルに続いてやってきたオランダは、東インド会社により初めて領有に成功し、1624年には、台南市を中心とした台湾南部を占領した。
 さらに2年後、スペインが基隆を中心とした北部に進出してきて、戦火を交える。
 
 戦いに勝利したオランダは、台湾全土を掌握し、中国から、漢民族を移住させ、キリスト教への強化政策、言語教育を行った。オランダ時代は、短かったが、その後の台湾への影響は大きかったといわれる。

 中国本土では、明が陥落し、本土にいた鄭成功は清に抵抗を続ける。彼の母は、日本人でマツといい、彼も福松という日本名を持っていた。

 彼は、「反清復明」を掲げ戦うも敗退。体勢を立て直すために台湾の占領を試み、1662年には、オランダの拠点だったゼーランディア城を占領して、鄭政権を樹立した。

 しかし彼は、熱病に侵され、わずか4か月でなくなってしまう。けれども、漢民族の初めての政権として、蒋介石や孫文と並ぶ「三国神」として台湾の方々から尊敬されている。

 ガイド氏の話の端々から、彼への尊敬が伝わってきましたが、こちらはそんな昔の話は知らなかったので最初は何のことかさっぱりわかりませんでした。
 

 その鄭成功が祭られているのが、ここ延平郡王祠です。

 鳥居の上の部分が落ちてしまっている。
上の部分がない鳥居


 
延平郡王祠


 中心の建物を囲むように回廊が作られていました。
回廊



 根っこが垂れ下がり、地面に潜って、幹のようになっている。
根っこがすごいことに

  
  一角には、お土産屋さんがあり、こんなものが売られていました。でもなんか違和感あるなあ。

  オランダつながりで、フェルメール?
オランダに統治されてた時代も


  鄭成功ビール
鄭成功ビール


  続いて、そのオランダ時代の建物の一部が残っている赤嵌楼に移動する。

  
赤嵌楼、


  オランダ人によって築城され、原名は「プロヴィンティア」と称し、1652年より後に建てられた。鄭成功が、台湾を占拠すると、プロヴィンティアは、「東都承天府」と改められ、台湾全島の最高行政機関となった。現在は、文化部により国定古跡に指定されている。

  入ってみましょう。オランダ時代のものは、土台部分だけらしい。
台南市の観光スポット (1)


  正面から見ると
DSC05627


  中に模型がありました。
模型 (1)


  下を見ると
前庭


  台南市にも、日本統治時代の建物がいくつか残っていました。

  文学館と書いてある。
文学館


  旧台南測候所として利用されていた。
灯台みたいなたてもの



  台南駅
台南駅


  この後はお昼をいただき、日月潭に向かいます。


 少し早起きして、ホテルの近くを歩いてみました。 

  真ん前に中学校がありました。昨日は暗くてわからなかった。

高雄市立中学校



 少し歩いただけで、こんなオブジェが。なんだかよくわかりませんが、インパクトはある。
不思議なオブジェ



太った人


  こちらの熊は、高雄のゆるキャラらしいが、どう見てもくまもんにしか見えないのですけど・。
くまモンのパクリ?


  高雄川に行き当たった。現在は、こう呼ぶらしい。
現在の呼称


  河畔はきれいに整備されているし、ごみも落ちていなくてとても気持ちがいい。
海が向こうに
高雄川


  8時ホテルを出発、昨日行かなかった寿山公園に向かいます。結構な勾配だが、バスなので。
何となくぼんやりしているが、街が一望できる。
寿山公園から
高雄港
高層ビル群 (1)
20230421_084127


  アカザルというらしい。油断すると襲われるので気を付けてと言われた。どこでも同じだ。
アカゲサル


  革命で亡くなった人達が祭ってある忠烈祠があります。

  門
忠烈祠門


  立派だ。
革命の烈士たちが祭ってある



 ここから、北上して台南市に向かいます。

  昨日の夜はライトアップされていた美麗島駅が見えた。
昼間の美麗島駅


  高速に乗ります。


 嘉義から高雄へは、高速を利用して1時間40分ほどかかった。 パーキングエリアやサービスエリアがないのかノンストップ。

  まずは、市内からは少々外れているが開運で有名な蓮池潭を見学。

  昨日とは違って、とてもいい天気になり蓮がきれい!

高雄蓮池潭





DSC05544



 風水による開運で有名な竜虎塔。並んで建っています。
20230420_163440
DSC05533


  台湾では一番良い動物は竜で一番悪い動物は虎だという。なので竜の口から入り、寅の口から出て来ると災いが無くなるのだと信じられている。
竜の口から入ってトラの口から出る
20230420_163424


  でも個人的には虎のほうが好きだな。


  竜の口から入り、2つの塔の周りをまわって、寅の口の中に入る。壁には、こんなものが彫られている。塔の上には、残念ながら登れませんでした。
中


  後ろから見ると、
DSC05539


  横から見ると、飛び出しているー!
DSC05529



 本来ならこの後、寿山公園で港や街の様子を一望するはずだったが、視界がきかないので明日の朝に登ることにして、先に夕食をいただくことになった。

 デパートの地下にある、小籠包で有名な鼎泰堂に到着。予約をしてあっても並びました。
夕食は小籠包

  
  前回来た時に、台北の1号店で食べたことがあるし、名古屋の高島屋のお店でもいただいたことがあるが、なんだか前ほどにはおいしく感じられなかった。
  お店によって味が違うのだろうか?ともかく熱々ではなくて残念。


  スイーツのお店やパン屋さんなどをのぞいてから、フォトジェニックな駅で話題の地下鉄の「美麗島」駅に向かう。

  外観も変わっていてライトアップされていました。
美麗島駅


  中に入ります。
降りていきます


  改札に入るホールが、こんな感じになっていた。ピアノも置いてある。


20230420_192904



20230420_192159
DSC05555


 高雄は、港を囲むように街があり、大型船も停泊します。高雄川に架かる橋がきれいにライトアップされていました。
ライトアップ


  台湾の教会。
教会


 今日、台中市はすごい雨で大変だったようだ。ガイドは、我々のゆく先々が晴れるので盛んに「運がいいねえ!」連発する。確かに旅には天気のいいのが一番だものね。


  

このページのトップヘ