好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ: 動物大好き


 花で有名な森吉山のリフトのチケット売り場にいた秋田犬の北斗。


 ご主人にブラッシングしてもらってた後のんびりしているところです。

 おとなしくて、頭をなでさせてくれましたよ。


20210722084629_p



20210722084634_p


 いつもの様に朝のウオーキング。トラにも会えずがっかりしながらの帰り道。

 エアコンの室外機のそばに、何かがいる。


 近づくと、「すずめだ!」


 2羽いるのだが、逃げない。かなり小さい、普通の雀の3分の2くらいしかない。 

 あまり動かないので、スマホで写真を撮ってみた。
20210505085253_p

 シャッター音がしても逃げない。


 もう少し近づいてみる。
20210505085303_p

 体の割に足が大きくて、必死に握っている感じがする。まだ逃げない。

 もう少し寄ってみた。目が合った。近い。
こんなに近くて正面から雀を見るのは初めてだ。

 可愛い!!!!!

20210505085314_p
 

 さすがにここまで近くなると逃げた。残念。

 可愛いかったなあ。何していたんだろう? 

 民家がなくて、休暇村とうさぎしかない大久野島に来ています。

20210410140744_p


 送迎バスも、うさぎ模様でした。  

20210410135034_p


 至る所にうさぎがいます。皆、キャベツや人参を手にして散策していますよ
20210410144539_p
20210410140758_p


 公園に行く途中、陸橋を歩いていたら木の中に針金ハンガーを器用に使ったカラスの巣を見つけました。話には聞いていたのですが、本物を見るのは初めて。
 葉っぱに隠れて全容は見えず、しかも持っていたカメラは望遠が効かず、こんなぼけた写真しか撮れなかった、残念。次回また通ることが有ったら再チャレンジしてみよう。 
DSC06181

 で公園に着き、途中で買ったお弁当を食べていたら、1羽のカラスが足元に・・・。トビがお弁当を襲うというのを聞いたことが有ったので、警戒したのだが、そんなことはなくてひたすら私達を見ている。よく見ると可愛い。首を傾げたりして健気にさえ見えてきてしまう。ひたすらみられているのは、相手がカラスでも何となく落ち着かないものだ。お弁当の分け前が欲しいのは伝わってくる。
 で、キャベツの千切りがお箸から落ちて地面に、それを投げてやると器用に食べる。豆もサラダに入っていたので投げてやると何とキャッチするではないか!5個か6個ほどそういうことを繰り返すと、最後の豆を口にはさんで林の中に歩いていってしまった。これくらいではお腹も膨れないと思うので、遊んでほしかった?何らかのきっけかで誰かに遊んでもらってそれが楽しかったので、暇そうな人を見かけるとやってくるのだろうか?などと想像する。
 カラスがあんなにかわいいとは思わなかった。これからは彼らに対する見方が変わるかもしれないななんて・・・・。
キャベツをつまんだところです。
CIMG0645


 アドヴェンチャーワールドでの目的は、パンダとラッコ。

 この2者は外せない。

 赤ちゃんは、奥の方の建物なので入り口近くのパンダラブにいる大人のパンダに会いに行きます。

 上野のように過保護ではなくて、ここのは中国の飼いかたに近い。よって、毛が茶色くなっている。

 外にいて、柵も無いので手を伸ばせば届きそうだ。人間なぞ気にもならない感じでこのポーズ。

 
イメージ 1


 もう一頭は、笹を食べるのに忙しい。葉をしごいて食べるんですよねえ。
牙が案外怖い。


イメージ 2

 
 赤ちゃんの彩浜を見るのには、並ばなくてはならない。この日は、60分待ちでした。あまり寒くなくて助かりました。

 ちょっとだけ動いたけれど、ほぼ寝ています。この時期の赤ちゃんは、1日の大半を眠って過ごすそうです。

 
イメージ 3


 隣のパンダ舎では、母は眠っており外では父の永明が笹を食べています。英明の活発な事。

 
イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7


 腰掛けて笹を食べます。

イメージ 8


 パンダを見たので、ここからはウオーキングサファリに出かけます。歩いて園内を回る。無料の乗り物で回ることもできます。

 
イメージ 9


 フクロウ。顔はむこうがわ。

イメージ 10


 チーター。
 
イメージ 11


 ホワイトタイガーもHPには紹介されていたのですが、私達は見逃してしまいました。どこにいたのでしょうか?

 エランド

イメージ 12


 白オリックス。

イメージ 13


 キリンは、お客さんの手からおやつを貰っていました。このように、あちこちで餌を買って食べてもらうことができるようになっていました。

 
イメージ 14


 ライオンは、歩道橋みたいなものから見ます。
大あくびだねえ。

 
イメージ 15


 白さい。

イメージ 16


 寒いので、ミーアキャットは太陽の方を向いている。

イメージ 17


 チンパンジーも羽織物を水から探して。

イメージ 18


 反対にコツメカワウソは、お水も平気です。

イメージ 19


 そしてもう一度、パンダラブに向かう。

 何という格好で寝ているのだ。横にある緑の物体はパンダのうんちです。

 
イメージ 20


 木登りパンダ。こんなに大きくなっても登るんですね。

イメージ 21


 登ったまま方向転換。

イメージ 22


 外の水飲み場のパンダは、この時は起きていて笹を食べていた。食っちゃ寝ですね。

イメージ 23


 白浜には、全部で6頭のパンダがいます。英明夫婦は、子だくさんで双子も生んでいます。

 白クマ、ペンギンを見て最後にラッコに会いに行く。昔は結構いろいろな所で飼育されていたが、今は全国で8頭しかいないそうです。
 白浜でも、1頭しかいなくて寂しそう・・・。

 私もラッコに会えたのは、本当に久しぶりでうれしかった。

 ガラスが曇っているので、綺麗に写らなくてこんな写真ばかりです。

 
イメージ 24



イメージ 25


 餌の時間が始まると、お姉さんとの掛け合いが始まった。

イメージ 26


 ハイタッチでさようなら。動きが早くてカメラでは追えません。

イメージ 27


 最後にわんこの晴れ着。
お正月なので飼い主さん頑張りました。

イメージ 28


 


 マンホールを探すために豊橋まで行って来ました。
のんほいパークの中には、変わったマンホールが有るので行ってみましょう。

 JRの1日乗車券で、二川駅で降ります。

 駅前の道をまっすぐ進んでいくと、10分もかからないで到着。

イメージ 6


 ここに来るのは、3回目かなあ・・・。でもものすごく久しぶりで、改修中ということも有り大きく変わっていて迷う。

 今人気のコツメカワウソ、たくさん飼われていましたよ。


 
イメージ 1


 
 

 目が合ってうれしいな・・・。

イメージ 2



 全員集合!
 
イメージ 4


 毛づやもよくて光っている。
 
イメージ 3


 キリンのご飯は、ここでは、高い場所に置いてあるので首を下げなくてもよくこんな食べ方でした。

イメージ 5


 いじけた感じのマンドリル。ガラスにくっついている。

イメージ 7


 フクロウも、ゲージの中ではなくて、ガラスの無い茂みの中での自然に近い展示だ。

イメージ 8



イメージ 9


 オランウータン、表情がいい。


イメージ 10


 ポストも面白いものでした。サイとカバかな。

イメージ 11


 


 曽爾高原のススキを、人間だけでなく沢山のわんこが一緒に見に来ていた。

 とはいっても、遊んでもらえるのが嬉しいだけで、人間のようにススキをめでているのではない。


 ほとんどが、小型犬だったのだが、何と秋田犬が・・・・・。

 もう触りたくて仕方がない。



 で、お願いして触らせていただきついでに写真も撮らせてもらいました。

 毛は、密集していて深い。


 
イメージ 1



 こちらの子は、背中に西日を受けて何だか哀愁漂っている感じがします。


 
イメージ 2

無事、花火大会もおわりましたが、昨日会場へむかう途中立ち寄った、田沢湖のドライブインで、本場の秋田犬が飼われていました。

三頭いたのですが、我々の相手をしてくれたのは、このこだけでした。

名前を呼ぶと、ちゃんとこちらを見てくれて、嬉しかったです。


名前は、ナナちゃんです。


イメージ 1

このページのトップヘ