好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ: 南極


 スタッフの見送りを受けて下船します。

 彼らは、我々と入れ替わりのお客を乗せてまた航海に出るようだ。

 講座の先生や、日本から同行してくれたカメラマン・板前さんは私達と一緒に帰国します。
帰りの便も、往路と同様航空会社が別れていますが、さらに2つのコースが増えている。

 イグアスとウユニ塩湖の向かうチームが有るからだ。それぞれ追加料金を払って寄り道をして帰る。

 私は、幸いどちらも訪問済みでしたのでパス・・・。

 大勢が一度に向かうと混乱するので、回る場所の順番を調整しているようで、我々のグループは、最初に世界最南端を走る列車に乗るという。

 別名「世界の果て号」といい、1909年の開業し、ウシュアイアにあった刑務所の人員移動や木材運搬を行った。
 この過酷な地で、囚人たちは、材木を切りだす任務を担った。軌道は、600mmで25kmの営業距離、最盛期には町まで伸びていたというが、現在は約7kmの営業となっている。
 しかし、1949年のフエゴ島の噴火により被害を受け、1952年一旦廃業された。

 その後、1994年「世界最南端の列車」として営業を再開、軌道500mm、非電化路線として最後の約7km区間を、蒸気もしくはディーゼルで動いている。

 列車大好き人間なので、かねてから乗ってみたいと思ってたのでテンション上がります。

 中心地を抜けると住宅地に変わる。

 
イメージ 1


 その名も「世界の果て駅」ですって。

イメージ 2


 中に入ります。

イメージ 3

 
 我々の列車は、チャーターなのでほかの乗客はいません。
出発前の短い時間を楽しむ。

 機関車は、3種類ほどあるようだ。

 これは、L・D・ポルタ号。1994年製造とある。

イメージ 4


 こちらが我々ののるH・R・スビエタ号だ。2006年の10月運行の一番新しい列車だという。

 
イメージ 5



 駅に展示してあるこれや、ウシュアイアの博物館にあったものは、もっと古い。

イメージ 6


 この建物は、指令室かしら?

イメージ 7

 
マーク。

イメージ 8



 客席はかなり小さく狭い。4人掛けになっているがそれは、小さな我々でもちと苦しいくらいだ。

 こんな感じで、ゆっくり走っていく。アナウンスは、日本語。

 
イメージ 9


 途中で一か所止まる。「マカレナの滝」駅だ。この辺りには先住民が住んでいたようです。
車掌がホイッスルを吹くまでは、降りていても大丈夫。

 
イメージ 10


ここでは囚人服を着たスタッフが出迎えてくれた。

イメージ 11


 滝を見に行きましたが、滝という程のものではなくてがっかり。
上から見下ろすと

 
イメージ 12


ここからさきは、世界的にも貴重な森に入っていくのだ。
国立公園との境界を越えて、進んでゆく。
 手前はピポ川。
 
イメージ 13

 
 公墓樹木という説明。囚人たちが切り倒した大木の切り株が延々と続く。見ていると空恐ろしくさえなってくる。ほとんど燃料として燃やされたのだ。

 
イメージ 14


 ここは、有機生物とミネラルが密集してできた泥炭地帯でもある。それはフエゴ特有のものでもあるらしい。

イメージ 15


 しばらくすると、今度は森の中に入って行き土も赤くなった。
あ!馬だ。

 
イメージ 16


 終点の国立公園駅で、先に行って待っていてくれたバスに乗り換え公園内を少し見て回ります。

 我々も通ったビーグル水道をみる。
看板

 
イメージ 17



イメージ 18

 
 これは世界最南端にあるポスト。投函もできますが、すごい人でかなり時間を費やし、回るはずだった所がカットされた。興味のないものには、ちょっと残念でした。

 
イメージ 19


 バスの中で見た、チケットに描かれている鳥。名前も聞いたのだが…うーん思い出せません。

イメージ 20

 
 これは国道3号線の終点を表したもの。
アラスカからの距離が描いてある。ビーグル水道のもっとも北にあるラパタイア湾から近いところにありました。

 
イメージ 21


 アンデスの山々に囲まれたラパタイア湾。遠くには、チリの山々も見えていたりする。

 ビーグル水道の真ん中に国境があるようです。そもそも地図を見るとフエゴ島自体が、チリとアルゼンチンに別れているのだ。しかもその境界線は、直線になっている。湾は、長い間両国間の領土問題になっていたが、1984年にアルゼンチン領ということで決着がついた。

 
イメージ 22



イメージ 23


 これで本当にすべての観光がおわり、ウシュアイアの空港へと向かう。

 ここはスムーズにいったのだが、ブエノスアイレスでものすごく時間がかかった。ユナイテッドのチェックインに長蛇の列。南米から、アメリカに入る時には必ず幾つかの質問にこたえなければならない。

 その後にようやくチェックインができる。

 チェックインが終わってからも、まだまだ油断はできない。

 出国にものすごく手間がかかるのだ。どうしてこれほど時間がかかるのかわからないのだが、ともかくずらっと並ぶ。

 それでも、私は早い方だったのだが、ツアーの中には、待たされているうちに気分が悪くなってしまった人もいたらしい。多分船のダメージが残っていたのかも・・・。

 ヒューストンまで10時間ちょっと、ヒューストンから成田まで14時間ちょっと。やはり遠いわあ!
でもこれで、アルゼンチンはもう訪ねることも無いと思う。

 
    南極は、本当にきれいでした。

 
 
 




 手すりにつかまっていないと、うまく歩けないほど揺れていたのが、揺れなくなった。
どうやらドレークを抜けたらしい。

 図書館に行って本を読もうとしても、下を向いていると酔うのではと何だか心配になって来て、写真の入ったものばかりを見ていたのだ。

 明日には下船なのだと思うと、なんだか寂しい。

 朝食の後、全員集合で下船説明が有った。下船は。乗船の時と同じくバス単位で行われるということや、船内チップのことや、スーツケースの出し方、などの細かな話があった。

 支払いがすまないと、パスポートは返してもらえない仕組みになっている。

 その後は、講座、お昼を挟んで2つの講座と続き、旅のスライドを見せてもらい楽しかった日々をもう一度反芻します。

 これは講座の時に触らせてもらった鯨のひげだ。

 
イメージ 1


 行程をスライドで確認しました。

イメージ 2



イメージ 3


 航海距離は、3256kmになる見込み、総燃料は、ディーゼルで92トン、アデリーペンギン誰が数えたのか240006羽、ゼンツーペンギン126002羽、ひげペンギンは、4188羽、ザトウクジラ10頭、ミンククジラ3頭、シャチ9頭、ゾウアザラシ2頭、豹アザラシ7頭、カニクイアザラシ37頭、ウェッデルアザラシ11頭、他にもオットセイや沢山の鳥たち、などと説明を受けた。

 夕方近くに陸地が見えて来た。

イメージ 4


 ここまで来れば安心なのか船長主催のさよならカクテルパーティが開催された。
安全な航海ありがとうございました。

 深夜近くにウシュアイアの港の沖合に停泊したようでした。

 
イメージ 5


 目覚めたら、もう入港して桟橋に横付けされていました。

 朝のウシュアイア

 
イメージ 6


 
イメージ 7


 この後は、朝食をいただき、スーツケースを運んでもらい、フエゴ島の観光に向かいます。


 揺れ強し。船内中に嘔吐袋が設置してある。

 シャワーを浴びようとすると、船が傾きシャワーのお湯が一方に傾いてしまい、洗面所中が水浸しになってしまった。
客室係は、1日3階ほど部屋に入って清掃やタオル交換をしてくれるので安心だ。

 9時半から講座が始まるも、酔い止めの薬のせいか、眠くて仕方がない。
話の3分の1は、うとうとしている。

 続いて、旅行社から北極点への勧誘ビデオを見る。興味はあるが、その値段の高さは、南極の比ではない。
ここで申し込んでもらえれば、割引が有りますよと言われても、おいそれとは腰の上がる値段ではなかった。
 ロシアの原始力船を使うのだそうだ。

 座礁などして、汚染されたらどうなるのだろうかと、複雑な気持ちである。

 外の景色も、海原だけになってしまい、御機嫌伺をしてくれるのは鳥だけになってしまった。

 午後の講座が終わった後に、会話を交わす様になっていた女性が、お茶をたてるからどうぞと誘ってくれた。
聞けば、長い間師範をなさっていて、今回記念にと御点前一式を持ち込んでいらしたのだ。もちろん重量制限が有るので、釜等は無理ですが・・・。

 これもまた日本から持ってこられた羊羹をいただき濃茶を楽しませてもらった。

 皆それぞれの楽しみ方をしようと、こころ掛けていらっしゃるのだなあと感心してしまう。

 夕方の講座の後は、南極大陸上陸を祝って皆で乾杯!
続いて、チャリティーオークションが行われた。売上金はすべて、オックスフォード大学主催のペンギンウオッチに寄付されるのだという。
 出品されるものは、すべて航海に関係したものばかりの非売品だという。

 これが思いのほか盛況でしたよ。

 
イメージ 1


 ハンサムで、一番人気のディビット。席を回って紹介してゆきます。

イメージ 7



イメージ 2



イメージ 3


 
航海図

 
イメージ 4

 これは、10万円以上の値がついて、主催者側もびっくり。「こんなに盛り上がったのは初めてです」との事。



 ブランケット。 

イメージ 5


 落札したのは、講師で、もと南極観測隊長だった福地先生。

イメージ 6


 航海旗、各国の基地のワッペンをあしらったリュックなども10万円越です。

 あしたは、いよいよ最後の航海日となります。
 


 捕鯨業者たちが、錨を降ろすのに最も楽で「まるで天国のようだ」と言ったことからこう呼ばれるようになったという。

 南緯64度51分に位置しており、南極半島で最も美しいと言われている。

 そんな湾内には、氷河が流れ込み、無数の氷は、アザラシにとって格好の昼寝の場所となっているようだ。

 
イメージ 1


 こちらは、1頭、1氷になっている。

イメージ 2

 
 チラ見です。

イメージ 3


 こちらはガン見。

イメージ 4


 湾内には、チリの基地もあるのですが、我々は目視できませんでした。
後方の山に光が当たって美しい。

 
イメージ 5


 ようやく泳いでいる所をカメラに撮れた。

イメージ 6


 この幸せそうな顔!

イメージ 7


 氷に触れるくらいに近づいても、こんな感じです。何々?といったかんじかな。

イメージ 8

 
 今どういうことになっているかというと・・・。
アザラシを見るために、ボートが集まってきています。

 
イメージ 9


 何という贅沢なベッドだこと。

イメージ 10


 上部が平らになっていて、ビル群のようになっている。

イメージ 11


 これももうじき離れるのだろうか?それともどこかが崩落する方が早いか?
 
 
 
イメージ 12



 トンネルに入ってみたいものである。 

イメージ 13


 不思議な事に、同じ湾内でも氷山が浮いている所と全然氷の無い部分に別れている。海流や風向きのせいなのだろうが・・・。

イメージ 14


 ガイドのウラジミール。船長と同じウクライナ出身である。

イメージ 15


 先ほど上ったブラウン基地のある入り江の崖には、銅がむき出しになっていた。

 
イメージ 16

 
 他にもいろいろな地下資源が有るのかもしれないが、採掘することは出来ない。

 同じ崖の切り立った斜面に(、ほとんど垂直です)キバナウ達が、巣を作っていました。

 
イメージ 17


イメージ 18


 これをもってすべての船外活動が終わったことになる。
昼食の後は、講座が有ります。

 これから、ウシュアイアに入港するまでの2日半は、講座やチャリティーオークション、さよならパーティなどが行われる。

 お昼を食べて、休んでいたら、この航海でまだ一度も見ていないシャチの群れがいると放送が入った。


 え!行かなくちゃ!!!

 6頭ほどのシャチが、船の前方を横切るようにゆっくり左から右へと移動していった。

 その姿は、堂々としていて私のコンパクトデジカメでは追えなかったが、記憶にはちゃんと残りました。

 夕方のおさらいで、講師の先生が見せてくれたのはこれ。ペンギンに装着していたものだそうです。

 
イメージ 19


 手のひらにすっぽり入って余裕があるほど小さく軽かった。

 早めの酔い止めを飲む。

 
 
 


 前日の案内で、明日の早朝ルメール海峡を通過するので、絶対に起きてくださいと言われていた。
目覚ましをかけて眠り、4時半頃には準備万端整えていた。

 すると5時前に大きな放送が入った。船前面に出て海峡を通過する様子をご覧くださいという。

 ルメール海峡通過は、ハイライトの1つで、南緯はついに65度を超えました。
長さ11km、幅は1600mだが、最も狭いところでは450mしかなく、両側には黒い断崖が迫ってきている。

 また幅が狭いので、次々と流れくる氷山でふさがれてしまうこともたびたびだという。
我々の船も、氷山を避け、ゆっくりと進んでいくのだが、時々ドスンと氷にぶつかる音がして、衝撃が走る。

 空気は、冷たく、凍えそうなのだがこの美しさを前に釘付けになってしまう。

 今日ばかりは、レストラン部門の人達も早くから起きて、ホットチョコレートをサービスしてくれた。

 
イメージ 1


 
イメージ 2



イメージ 3


 断崖を見上げる


イメージ 4


 皆で、通過する景色を楽しむ。

イメージ 5


 ようやく広い場所に出ました。四方から氷河が流れ込んでいて、海に次々と氷山を提供している様子がわかる。

 
イメージ 6


 ここでUタンをして、パラダイス湾まで戻ります。

イメージ 7


  船首部分に全員が集まって、記念写真を撮りました。
ここで、船長からの連絡が入り、帰りのドレーク海峡が、日程通りに進むとかなり荒れて遅れそうなので、早めに帰路につきたいということだった。

 よって、予定をしていた「ポートロック」には、行けなくなってしまった。ここには、郵便局や売店が有り、博物館もあるのだが仕方がない。
 はがきは、船が預かって、天気のいい時に立ち寄れたら投函してくれることになった。もっとも、いつ日本に届くのかわかりません。

 朝食の後は、アルゼンチンの基地ブラウン基地へ上陸します。
ここは、同国の主力基地だったが、1984年、2回連続越冬を嫌った医師の放火によって全焼してしまい、本国の厳しい財政の為、再建が進んでいない。

 今回同行された講師の福地先生は、若いころここに滞在していたことが有り、燃えてしまう前ん基地をご存知でした。

 
イメージ 8



イメージ 9



イメージ 19


 基地の背後の急斜面を登て行くと、湾の全体が見渡せます。この日は、早い組だったので雪も深く、歩くのが少々大変で、下山の時は、誰も通っていない雪を踏みしてて歩くのは、長靴だけにすごく歩きづらかった。

イメージ 11



 上で迎えてくれたのはトウゾクカモメだった。置物の様に動きません。

イメージ 12


イメージ 10

 
東京までの距離。

 
イメージ 13


 これもサヤハシチドリだ。中々ユキ鳥には会えません。

 
イメージ 14



  クルージングにと、ボートに乗り込んですぐ、クジラが跳ねた。
両方の尾びれが・・・。

イメージ 15


 この後は、姿はあるのだがなかなかカメラには捕らえられず、次の場所へと移動パラダイス湾内を動きます。

 今度は水の中から、ひょこっとアザラシが顔を出した。
寝ている姿は、お腹いっぱいなのだが、動いている姿は中々見られないのだ。

 
イメージ 16


 これでは我々の方が見られているのかもしれないな・・・。

イメージ 17


 カニクイアザラシばかりなのだが、豹アザラシが見たいものだ。
夕方のおさらいの時に、先生がこんな写真を見せてくれた。

 
イメージ 18

 
 次のポイントに移動します。

 


 昼食の後は、ダンコ島へのクルージングと上陸です。
南緯64度44分に位置する高さ160mほどの小さな島でだ。

 斜面には、1600羽ほどのゼンツーペンギンが営巣している。

 絶好のクルージング日和です。上陸したら汗をかくだろう。

 
イメージ 1


 上陸地点では、サヤハシチドリがお出迎え。ユキ鳥と間違えてしまう・・・。サヤハシチドリは、ペンギンを襲う。

 
イメージ 2


 坂道を登って高いところから下を見ると、素晴らしい景色が広がっていた。もう暑くてたまらない。パルカを脱いで、もまだ暑い。

 ヒッチハイクの男性達は、上半身裸になっている。もっともこれは後から注意をされたようだが・・・。

 
イメージ 3

 南極の色は、岩とペンギン、クジラやシャチアザラシなどの動物の黒と、雪・氷の白、そして海と空の青の3色に大きくわかれるのだなあ・・・、と景色を見ていて思った。
 なので我々の着ているパルカは本当に目立つ。

イメージ 4

 このように氷河が流れ込んでいる所が多いので、浮いている氷の数がとてもたくさんである。
 
イメージ 5


 ペンギンと空。こういう空を見たら彼らも飛んでみたくならないだろうか?崖から羽をばたつかせてひそかに練習しているものもいたりして・・・。

イメージ 6


 鏡のようだ。

イメージ 7


 ペンギンも、雪を食べるのか!それとも暑くてたまらないので冷やしているのか?

イメージ 8


 下って行き海岸線に沿って歩いていくと、第2次大戦直後に英国が設置した基地の跡がある。

イメージ 9


 1959年まで、使用されていたのだが、南極条約に基づく環境保護の取り決めにより、使用していない基地は、更地にして原状に戻さなけらばならないので、解体され、今は土台だけになっていた。

イメージ 10


 この日のクルージングは、いつもよりちょっとスリリングだった。流れのはやい部分に行くと、氷山もかなりのスピードで動いているのがはっきりとわかり、油断していると巨大氷山に接近してしまう。

 これ相当大きいです。下の方が、不思議な模様になっている。

イメージ 11


 カニクイアザラシが何頭もぷかぷか浮かんでいる氷の上で休んでいた。
カニクイと言っても蟹は食べない。豹アザラシの餌になるそうです。

 
イメージ 12


 うん、目が合った。

イメージ 13

 
 
イメージ 14


 これだけ氷が有ると、ボートも乗り上げて進んでいきます。おまけに今日のガイドは、ノリがいいのでターンも高速で行う。その度にボートが跳ねて何とも楽しい。

 
イメージ 15


 狭い場所では氷の間を縫って・・・。

イメージ 16


 上の部分が、家屋の屋根のようにも見える。

イメージ 17


 このこは傷だらけだ、多分なんどもシャチや豹アザラシに襲われているのだろう。頭数はもっとも多くて、しかも近年鯨の減少により、餌のオキアミが豊富に食べられるようになり、個体数を増やしているそうです。

イメージ 18


 お腹を太陽が照らしていて、ぴかぴか光っている。このこも傷跡が見て取れる。

イメージ 19

 
 このように、上部がぼこぼこしているものはひっくり返った氷山だ。頭でっかちになってくると、風や波でひっくり返るようです。

 
イメージ 20


  ひっくり返って時間が経った氷の上で、3頭のアザラシが休んでいました。彼らにとっては、人間がいてくれる方が襲われなくて安心なのかも・・・。

イメージ 21


 今日は横から、乗船するようです。この階段は少々心もとなく、最初はおそるおそるでした。

イメージ 22


 船に戻り、いつものようにおさらいと明日の案内を聞く。今日の夕食は、なんと外でバーベキューですって。
気候がいいので、南極バーベキュー開催なのだ。

 航海中、幾つか探検船に出会った。この船は、我々と反対方向に進んでいるので、たぶん帰りなのだろう。

 
イメージ 23


 7時、バーべキューの始まりです。温かい恰好でとの事なのでパルカ着用だ。
まさか南極で、バーベキューするとは思わなかったわ。

 シェフの力作も、雰囲気を盛り上げる。

イメージ 24


 料理をとってくる前に、仲良くなった人たちとカンパーイ!

イメージ 25


 さあいただきましょう!!!


 午前中の、クルージングは無くなり、上陸観光だけになった。
波が高いのかもしれない。

 目的の、クーバービル島は、お椀をかぶせたような小さな島で1897年~99年に発見された。
南緯は、64度40分を超えてきました。

 北側の斜面には、太陽光線を浴びてこけがぞうしょくしている。また南極一と言われるゼンツーペンギンの営巣地でもあり、ちょこちょこと忙しそうに動き回っています。

 昨日は、希望者だけ、船外で眠るというキャンプが催され結構な人が参加しました。-16度とかで寒くて眠れなかったそうです。

 好奇心は人一倍の私ですが、寒がりなので参加はしなかったのですが・・・・。

 その彼らが、朝食前に戻って来ました。


 
イメージ 1


 人間を降ろした後ボートは引き揚げられます。ちょっとの間でもちゃんと収納をする。こうしたスタッフさん達のおかげで我々は快適な旅を過ごせるのだなあと改めて実感する。

イメージ 2


 9時前には、クーバービル島に上陸した。
遠くからでも、ペンギンハイウェイがはっきり見える。

 
イメージ 3

 このハイウェイの付近では、立ち止まらないようにと指導される。

まずは左手に進みます。

 
イメージ 4


 クジラの骨がここにもあった。まるで流木のようだ。

イメージ 5


 この辺りの氷山は座礁しているものも多くて、その上にはアザラシやオットセイの姿がよくみられるそうだ。

イメージ 6


 氷の上ではなくて岩場にオットセイが休んでいた。まるまるしているなあ。

イメージ 7


 山側に目を向けるとたくさんのゼンツーペンギンが…見られているきがする。

イメージ 8


 高いところに登る。

イメージ 9


 太陽を浴びて、苔類の緑も鮮やかだ。びっしりと岩に張り付いている。

イメージ 10


 ペンギンはオットセイを無視している。

イメージ 11


 大きく口を開けて何やら話しているのか威嚇しているのか・・・。


イメージ 12


 我々には、くるぶしのちょっと上くらいの壁でもペンギンにとっては、深雪になってしまう。

イメージ 13


 ここを通って山の上の巣に戻って行く。

イメージ 14

 右手側の海に近いこんもりした部分や平らな部分にもたくさんの巣がある。
 
ここでもペンギンの敵は、トウゾクカモメのようだ。

イメージ 15


 集合住宅だ。
 
イメージ 16


 我が家は、

イメージ 17


 油断して歩いていると蹴っ飛ばしてしまいそうになる。必ず2羽の子供がいるようだ。

イメージ 18


 
イメージ 19


 集めた小石は、かなりの数なので大変だったろうなあ。

イメージ 20


 船に戻って、11時頃から、これもまた物好きとしか言いようがないのですが、飛び込み大会が有ります。
命綱をつけて飛び込むのだが、考えただけでも身震いがする。

 ほんの一瞬で上がってくる人もいれば、クロール・平泳ぎ・背泳と泳いで戻ってくるつわものもいました。
見ているのも疲れてしまう。

 
イメージ 21


イメージ 22


 立派です!



 午後、2時半頃からクルージングに出かけその後、上陸します。
南極半島中部のウィルヘルミナ湾の北隣シャーロッテ湾の入り口、レクラス半島の先端の小さな岬が、ポータル・ポイントだ。
 南緯64度30分。

 ここは、半島高原への数少ない登り口となる。捕鯨時代には、よく使われた海域だという。

 温暖化の影響で、クレバスが発生し、旗のあるところ以外には絶対近づかないようにと注意された。

 海に出てすぐに鯨発見。それも6頭ほどもいる。ザトウクジラで、気持ちよく海面上で遊んでいるようだ。

 ザトウ、歌も歌うし、ジャンプしてくれるし、人間をとても喜ばせてくれる。イルカとも仲が良く、シャチに追われたアザラシなども助けることが有ると聞いた。

 日本近海でも、よく見かける鯨だ。


 
イメージ 1


 


 
イメージ 2


 いったん潜って次に浮いてくるときに、思いがけないところから浮いてくることが有る。
あれは我々をからかっているようにも思える。

イメージ 3



イメージ 4


 背中が、ぼこぼこしているのがわかる。鯨はゆっくり泳ぐのでフジツボが付いてしまうのですって。

イメージ 5


 この2頭は、ボートのすぐ前を横切って行き、そのまま近くを泳いでくれた。もう何という幸せ!物干しざおで触れそうな距離に鯨がいるんだよ。

 
イメージ 6


 ひれにある白い模様は、個体差が有り指紋のようにすべてが違うのだという。これを見て、研究者は個体識別をするのだそうです。

 
イメージ 7



イメージ 8


 
イメージ 9



 1時間ほどクルージングをして、ポータル・ポイントに上陸です。近くに停まっていた船。ヨットに見えるが、これでドレークを超えてきたのだろうか?


イメージ 10


 上陸地点すぐの所にオットセイが眠っていた。我々の声がしてもぜんぜん起きる気配なし。

イメージ 11


 これは、ここにあった避難小屋の基礎部分だろう。本体は、フォークランド博物館に移されている。

イメージ 12


 膝くらいまで雪をかき分けて登って行く。船やボートなどが見える。


イメージ 13


 反対側の景色。湖のようになっていた。

イメージ 14



イメージ 15

 
 氷山が崩れ落ちたのがわかる。

イメージ 16


 船に戻り夕食前の、氷山の水割りは美味しかった。皆さん、お代わりして楽しそうだ。
 

このページのトップヘ