好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:北ヨーロッパ > デンマーク・スウェーデン・ノルウェーの旅

 
 あー(+_+)もう帰らなくては・・・・。
 
 今回は、いろいろあっていつもよりちょっと短めの旅にならざるを得なかったのだ。
もう少し時間があれば、オスロを離れてベルゲンの方まで行ってみたかったのだが・・・・。
 まあ仕方がない。
 
 飛行機の離陸時間は、13時15分なので朝はゆっくりできる。
朝食の後、もう一度アーケシュフース城まで行ってみます。いつもならチェックアウトをして、フロントに荷物を預けてということになるのだが、機械相手ではそうもいかない。
 
 8時過ぎ、城に向かう。あいにくこの日は、曇り空・・・。美しい海面を見ることはできなかったが。
私以外誰もいない城の坂道を登って海の見える場所までやってきた。
 
 海も空気も一つになったように静かだ。
 
 
イメージ 1
 
 
 大砲台が並んでいる広場。カバーがかかっているのは、今でも使えるのかしら?
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 入ってきた時と反対側の坂道を下っていく。
 
イメージ 6
 
 
 お城にも花壇がありきれいな花が咲いていた。
 
イメージ 7
 
 
 
 ホテルに帰る途中で、充電している電気自動車を見た。環境改善のためか、オスロでは電気自動車をよく見かけた。メーカーは、三菱・ニッサン・ヒュンダイが多い気がした。スタンドもあちこちに設置されており、簡単に充電できるようでした。
 
 
イメージ 8
 
 
 
 ホテルにもどり、チェックアウト。こちらは、思ったより簡単で、画面に「チェエクアウトに成功しました」という文字が出てきて完了。もっていたカードは、籠の中に入れておけばいいようだ。
 
 列車内は、案外混んでいる。出発してすぐに検札がやってきた。3国とも検札はちゃんとおこなわれるようだ。来ない国は全然来ないんだけれど・・・。
 
 オスロの空港は、ものすごくシンプルで何もない。出国すれば、お店もあるのだが、カウンターのある出発フロアはカウンターとチェックイン機会が並んでいるだけで、カフェが一軒あるだけだ。
 
 ずらっとチェックインの機会が並んでいるのだが、なぜかフィンエアーのものはない。
フィンは、すべてカウンターで行うのだ。
 
 しかも窓口が少ないので、いくつもの出発便を同時に行うことができず、私はかなり待つことになってしまった。
 
 通路側をお願いといったのに、ヘルシンキから名古屋までは、真ん中の席だった。ほぼ満席の状態であったから、リクエストの時にはすでに通路側はなかったのかもしれないが・・・。
 
 ヘルシンキからのトランジットの時も、すごく時間がかかった。実験中とかで、韓国と日本人は違うブースを通ってゆくのだが、ここの機械の反応がよろしくない。
 以前はこんなものなかったのに・・・。
 
 写真をとられるのだが、これの反応が遅いのだ。大阪からのツアーの人が私のチケットを見て、「この人時間がないから、先に通してやって」とご自分のツアー仲間に声をかけてくれたんで助かりました。
 東京人だとこうはいかない。思っていても行動に起こしてくれないのだ。
 
 「ありがとうございます」
 
 乗ってしまえば順調で、心配していた隣人も、建築科の大学教授さんで、ストックホルムからの学会の帰りだということでした。
 建築好きの私にとっては、願ってもない話相手です。おかげで楽しい時間を過ごせ、あっという間に名古屋へ着いてしまった。
 
 時間は朝の8時を回ったところ。朝風呂に入ろう!
 
 名古屋は、銭湯のある空港なのだ。早い到着の時はいつもお風呂に入る事にしているのだ。
体の中から気持ちがよくなっていく。手足をいっぱいに伸ばす。
 
 温まったところで、デッキに出て行きのぞき窓から飛行機の離発着の様子を見ます。裸のまま飛行機を見られるなんて、ここしかないのでは(^O^)
 
 今回も無事に帰ることができた。相方に感謝です。
 
 

 オスロを後にする前に、ヴィーゲランの作品をぜひ・・・。
 自分自身とても感動したので作品を並べてみました。
 
 今までの彫刻は、女性・筋肉隆々の若者・哲学者・神・マリア・天使・名を成した人などが多かったように思えるのだが、ヴィーゲランのそれは、全く違っていた。
 
 年寄り、感情をあらわにしたもの、など美しくないものもいっぱいある。
それらをどう感じるかはこちら側の問題・・・・。
 
 
 
 たたく
イメージ 1
 
 
 投げる!
 
イメージ 2
 
 
 かわいくて
 
 
イメージ 10
 
 
 キャプションは、私が勝手に思ったもので作品には解説がないです。
 
 彫刻の森
 
イメージ 11
 
 
 魚と見る夢
 
イメージ 12
 
 
 お前も老けたな
 
イメージ 13
 
 
 かたまる
 
イメージ 14
 
 
 落ちないぞ!
 
イメージ 15
 
 
 わ!輪!ワ!
 
イメージ 16
 
 
 何も言わないで・・・。
 
イメージ 17
 
 
 つかれた・・・・。
 
イメージ 3
 
 
 よじのぼる
 
イメージ 4
 
 
幽体離脱
 
イメージ 5
 
 
蹴る!
 
イメージ 6
 
 
 オー!怖・・・。
 
イメージ 7
 
 
 振り回す
皆が子供に触るので、色が変わってしまっている。(^O^)
 
イメージ 8
 
 
これは有名な作品らしい。怒りんぼうと呼ばれて人気があるという。1992年に足を切られて持ち去られてのだが、翌朝公園内で見つかってもとにもどされた。
 
イメージ 9
 
 
一つ一つじっくり見ていくと時間を忘れてしまう。

 
 この公園は花壇も素敵だ。
色のまとめ方がとても上手だと思う。
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 バラがかろうじて残っていました。
 
イメージ 8
 
 トラムに乗って、再開発された商業地区まで戻ってきました。
ここは、船着き場でもある。対岸には、アーケシュフース場が見えている。たくさんのヨットが係留されているその奥を大型船が行き来している。
 
 10月には、ビィグドイ地区行きの船はすべて運休するのでぐっと静かになると思われる。
いまは、食事をする人やショッピングをする人々でとても賑わっていました。
 
 
イメージ 9
 
 
シンボルの時計台
 
イメージ 10
 
 
 たくさんの人が・・・
 
イメージ 11
 
 
 大砲とヨット
 
 
イメージ 12
 
 
高そうなクルーザーもあります。これで外洋に行くのでしょうね。乗ってみたい・・・。
 
イメージ 13
 
 
 いきなり話しかけられた。向かって右の人は、世界中に行ったことがある船乗りだそうです。日本にも来たことがあると言っていました。
 左のおじさんは、酔っぱらっているので誘ってきます。「こんなにいい天気の時遭遇できて良かったね。今年はスペシャルだ」と・・・。
 
 
イメージ 14
 
 
 話をしていたら、大きな船が出港していきました。
 
イメージ 3
 
 デザイン先進の北欧らしく運河に面したビルも斬新な感じだ。
この運河にはボートがずらっと係留していました。
 
 
イメージ 4
 
 ノルウェーも捕鯨国です。オブジェとしてモリが置いて有りました。
 
イメージ 5
 
 
 足元に目をやると・・・。マンホール天使とトラカライオンでしょうか?
 
 
イメージ 6
 
 
 ここからホテルまでは、歩いて15分ほどですが、トラムに乗っ駅まで行くつもり。
スーパーで食料を仕入れなければならない。
 
 駅前広場のトラのオブジェ。記念写真に人気があるようだ。背中に乗ってハイポーズ!
でもなぜトラなのだろうか?
 
 
イメージ 7
 
 背後の人の格好を見てもらうと気温が推測できるのでは・・・・。これくらいの格好でも平気なほどなのだ。長袖上着でも大丈夫です。ただしやはり暑い事は暑いが・・・・。我慢できる(^O^)
 
 
 
 

 
 国立美術館の周りは、アカデミックな雰囲気です。
 
 オスロ大学
 
 
イメージ 1
 
 
 歴史博物館
 
 
イメージ 2
 
 
 手工芸博物館。ここは、入場します。
 
イメージ 7
 
 
 2階に昇る踊り場のステンドグラス。
 
イメージ 8
 
 
 装飾品や、家具・食器などが収集されている。18世紀から20世紀のノルウェーで生産されたものを中心に、海外のものも含めて展示されている。日本のものも少しありました。
 
 20世紀に入ってからの家電の変遷なども見られる。
 
 なんとなくポップな感じのゴブラン織り
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 次は王宮に向かいます。正面の広場からは入れません。ここも工事中なのだ。
王宮の背後が応援になっているのでそちらからアクセスします。
 ここは入場できない事は、わかっていたので木陰で休むつもりでやってきたのだ。
 
 ちょっと興味深い人達に遭遇。王宮の庭ではちみつを採取している人です。
この日は、何かイベントがあったようで、高校生の質問に答えていました。私も後ろの方でちょっと見学です。
 
イメージ 11
 
 王宮の建物。
 
 
イメージ 12
 
 元気になったところで、郊外のヴィーゲラン公園へとやってきました。
人造湖がありピクニックエリアや菩提樹の並木があり、ヴィーゲランの彫刻が多数設置してある。
その数、650体以上だとか・・・・。
 
 とても素敵な場所なので、オスロを訪問するさいにはじへ訪れてみてほしいところです。
私も期待していなかったのですが、行ってよかったなととても記憶に残る場所になりました。
 
 樹木の影が濃くてすずしい。
 
イメージ 13
 
 
 人造湖に架けられた橋の欄干にもびっしりと彫刻が、行きは右側の作品を帰りは左側の作品を見ながら歩く。
 
 
イメージ 14
 
 
 まっすぐ歩いて行く。
 
イメージ 3
 
 
 鉄製の扉も素敵です。
 
イメージ 4
 
 こんな感じに展示されている。真ん中の塔は、シンボルのモノリッテン。高さ17m、総重量260トンのも及ぶ。老若男女121体が刻まれているという。
 
イメージ 6
 
公園の端からは、スキーのジャンプ台が見えます。ノルウェーは、冬のオリンピックリレハンメルが開催された事がある。これがその時のものかはわかりません。
 
イメージ 5
 
 
ここから、引き返していきます。うーん広い!
 
 

 
 今日も快晴。一体どうなってるのというくらいの良いお天気で、気温もどんどん上昇していく気配がする。
まずは、開発中の駅裏、海に面している方に行ってみた。
 
 目を引くのは、海面に浮かんでいるガラスの船だ。
 
イメージ 1
 
 
 埋め立てた土地に建っている大きな建物がオペラハウスだ。オペラという優雅な響きとは反対に、建物はとてもアグレッシブな感じを受ける。何かに挑戦しているのか・・・・。
 
 オペラハウスの壁面
 
 
イメージ 2
 
 
 空に向かってのぼって行く感じの屋根を歩いててっぺんまで行きます。
この斬新な建物は、ヨーロッパの現代建築の賞を受賞しているとのこと。 
 
 登りきったところ。壁面のガラス部分に注目。写り込んだ部分が本物の風景とうまくつながってまるで中に浮かんでいるように見える。
 
 
イメージ 9
 
 上から眺めた風景。先ほどのガラスの船が眼下に見える。
 
イメージ 10
 
 
 大聖堂や王宮のある方面には高いビルはないが、駅のこのあたりには、ビルが並んでいました。
 
 
イメージ 11
 
 ホームから直接駅に入ります。明日の空港行きのホームを確認しておく。エクスプレスもあるのだが、ユーレイルパスは使えないので、普通の列車で向かいます。
 
 
イメージ 12
 
 
 ようやく1日乗車券を購入する。これもスムーズにいかなくて助けてもらった。英語表記があってもやはり悩む・・・。
 
 これからムンク美術館に行くのだ。こちらに来てから知ったのだが、今年はムンク生誕150周年らしい。で、いつもなら展示していない作品も出てきているようだ。ここの美術館とナショナルギャラリーの2つの美術館共通のチケットも販売されていました。
 
 地下鉄を降りると、親切な看板が出ていて誰でもたどり着くことができる。この日は大勢の子どもたちも一緒でした。ムンクを見に行くのかなと思ったらそうでは無くて、隣接の敷地にサーカスが来ていて、今日は招待日だったようです。
 
 
イメージ 13
 
 今日も少々早かったようです。外にあるカフェの椅子に腰かけて開館を待つ。
それほど大きく見えないが、結構展示スペースは広い。大きな荷物は持ち込めません。作品が盗まれるという事があったので、セキュリティは厳しい。
 
イメージ 14
 
 美術館は、1963年ムンク生誕100周年を記念して開館とあるから今年でちょうど50年にあたる。
ムンク自身が市に寄付した膨大な作品が収められている。全作品を展示する事は物理的に不可能だという。
 ムンクの絵は、変化している。闇の作風から光のある明るいものへと・・・。
私は、今まで暗い作品しか見てこなかったのだと思った。かれは、一生懸命生きたのだなと感じる。
81歳で亡くなるまで、油彩・版画・水彩・スケッチなど2万5千にも及ぶ作品を残したという。
 これほどの大量の作品を残していたということも今回初めて知った。
 日本にやってきたものは、叫びとかマドンナのような孤独な中で生み出された作品が多かった。これはこの方が人を呼べるという主催者側の意図もあったかもしれないが・・・。
 
 
 パンフレットです。自画像が描かれている。
 
イメージ 15
 
 国立美術館に行く前に大聖堂に寄っていきます。
 
 中に入ると、何人かの信者を前に神父さまが何かお話をされていました。邪魔をしないようにそっと座ります。今まで何度かお祈りの場に居合わせることはあったのだが・・・。
 
 ちょっとどことなく違う気がする・・・・。
 
イメージ 16
 
 2回ほど起立して賛美歌を歌った。私以外の方は、神父さまから何かつぶやかれている。
最後は、このように入口の方に歩いて行かれる。
 
 
イメージ 3
 
 祭壇と説教台とパイプオルガン
 
イメージ 4
 
 フレスコ画は、今までに見た事のない新しい雰囲気でした。1936年~50年にかけて制作されたとある。軟らかな雰囲気で教会内部よどこかのホールの壁画のようだ。
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
お祈りに参加したおかげでなんとなくきれいになれたような気がする。
花がいっぱいのカールヨハンどおりを王宮に向かって歩いて行く。
 
イメージ 7
 
 
国立美術館までやってきました。ここもムンクの絵画が盗難に遭っているのでセキュリティは厳重だ。ある1枚の絵は、金庫のような鍵のかかる入れ物に入って展示されていました。
 
 
イメージ 8
 
 
たくさんのムンクと常設展示のゴーギャン・ピカソ・セザンヌなど堪能する。
 
 

 
 アーケシュフース城は、1815年以降軍事色のない城になり、国の公式行事に使用されるようになった。
また王室に連なる人が亡くなると、ここに埋葬されるという。
 
 軍事色がなくなっても、大砲の周りを衛兵が警備している光景は残っているようです。
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 8
 
 
 ここはとても気に入ったので、最終日にもう一度来よう!
 
 入ってきた門とは反対側から出ると、オスロ市庁舎の裏手に出た。海側に向かって広場となっている。左手に見えるのは、ノーベル平和センターだ。
 
 ノーベル平和賞だけは、ここの市庁舎で授与式が行われるのだ。
 
 海側から見た市庁舎
 
 
イメージ 9
 
 
 ノーベル平和センター。入場しないで外観だけ見ます。1872年から1989年まで使われていた旧オスロ西駅として使用されていた。ノルウェー独立100年を記念して2005年にオープンした。
 
 
イメージ 10
 
 市庁舎の正面に向かいます。6時までは開いているはずなのだが・・・。
 
 離れてみるとこんな感じです。オスロ市900年を記念して建てられた。全国の建築家から作品を募集して、2人の案を採用し1931年に着工された。
 大戦中は、中断したものの1950年に完成した。
 
 
イメージ 11
 
 近づいて行くと
 
 
イメージ 12
 
 
 両側に見えている柱の内側の通路壁には、見事な彫刻が施してある。
 
 
イメージ 13
 
 
 内部には、ヨーロッパ最大の油絵があるという。また2階にはムンクの「人生」という絵も掲げられている。
 で中に入ろうとしたら、とめられた。「うんなんで?」「エレクション」とのこと。
ここで部屋で見ていたテレビの映像がよみがえってきた。あれはオスロの市長選だったのか。
女性候補が圧倒的だと報道されていた。
 
 「今週いっぱいは公開禁止」とのこと。うーんついていない。年中無休で無料の施設なのに、よりによって選挙に引っかかるとは・・・・。
 
 のぞくだけといっても頑として「ノン」
 
 がっかりしていても仕方がない。気を取り直して歩き始める。ここから遠くないところに現在の宮殿があるのだが、ここの公開は夏の間だけなので、明日あらためてくることにした。
 
 狭い道路をトラムがひっきりなしに通っている。これに乗ればどこにでも行けそうだ。
中央駅に向かって真っすぐ伸びている通りが、一番賑やかなカール・ヨハンどおりだ。
国立劇場から国会議事堂の辺りまでは、広い公園もある。
 
 とても装飾的で軽やかな議事堂だ。
 
イメージ 14
 
 一本通りを北側に抜けると大聖堂がある。1967年創建されたノルウェー国教ルーテル派の総本山だという。
 
 聖堂はもうしまっていたのでここも明日きます。
 
 塔
 
 
イメージ 3
 
 聖堂の裏手に回り込むと、カフェはまだ営業中です。教会の庭に、カフェやショップがありお酒も飲めるなんて以外。
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 聖堂を取り囲むようにして半円形のアーチのアーケードがあります。中側も外側もショップが入っている。
こういう作りも初めて見ました。
 
  外側、道路に面したほうです。
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
 ショップをのぞいていたら1人の男性が、やってきました。手には大きなペットボトルを持っています。
見ると、建物横に噴水がある。
 彼は、そこからペットボトルに水を入れ、私が見ているのを意識したように、「うまいんだぞう」と言わんばかりに、その場で水を飲んで見せたのだった。
 
 ストックホルムの森のカフェといい、ここといい、びっくりしてしまった。ホテルの水も飲んでも平気とは聞いていたが、街中にがぶがぶ飲める場所があるとは・・・。
 
 
イメージ 15
 
 
 ここから駅までは、ひとまたぎといった感じだ。駅中のスーパーで今晩の食料と明日の朝食の分を購入してからホテルに戻ってきた。
 
 部屋にはテレビもないので、今晩は退屈かも・・・なんて思っていたのだが、日本から持ってきたワインを飲んでガイドブックを見ていたら、全然退屈しないうちに眠りについてしまっていた。
 
 
 

 
 オスロ行きの列車は、8時29分発だ。
念のため少々早いかなと思ったが7時過ぎにはホテルを後にした。
 
 オスロまでは、約6時間の旅だ。途中ヨーテボリ乗り換えのというてもあるが、乗り換えは荷物を持っておこなうのは面倒なので、直通にした。こちらは本数があまり無い。
 
 やってきたのは、黒い車体の列車だ。それにしてもヨーロッパの長距離列車ってどうしてこうも乗りにくいのだろう。ホームが低いせいなのか、狭い階段をスーツケースを持ってのぼるのは毎回ドキドキしてしまう。
 
 
イメージ 1
 
 
  せっかく窓側を指定したのに、まぶしくてまぶしくて・・・。太陽の当たる方向を考慮しなかったのが失敗でした。
 
 時間は優秀でしたよ。6時間も乗っていたの遅れは15分程度で無事にオスロに到着。
ストックホルムとは違い、オスロは一国の首都としてはとてもこじんまりとしている。
 駅も大きくないので、わかりやすい。
 
 ホテルは、歩いても8分くらいでいけそうだったのでそのまま歩き始めた。ところが有るはずの番地にはそれらしきものがない。
 代替看板がないのだ。道行く人に聞いても「番地はあっているんだけど、なんでだろう?」というし・・・。
 するとその様子を見ていたのか、一人の女性が「そのホテルなら隣よ」という。「え!???」
言われてのぞいてみると、中の扉にホテルの名前が書いてあった。
 「なんだこれか。」「ありがとう。たすかりました」
 
 入ってさらにびっくり。フロントがない???
 
 どうしたらいいのだろう。周りを見渡すと、機会が2台置いてある。これでチェックインしろという。
しばらくヨーロッパを旅行していないうちにこんなホテルが出現していたのだ・・。
 
 一体どうやって、英語表記もある。予約ナンバーを打ちこみ、カード決済すると、カード。がいちまい出てきた。部屋番号が書いてある。
 
 
イメージ 2
 
 チェックアウトもこれを相手に行います。究極のサービス業と思われるホテルもここまで来たんだ。
今でも飛行機も列車もかざすだけで旅できるのだから、一言も口をきかなくても世界中に行けるかも。
 
 部屋の中には、ブラスチックのコップが1つ、バスタオルが1枚、あるだけです。テレビも電話もない。
不都合があった時お客はどうやってどこに訴えたらいいのだろうか。
 
 自分の携帯から連絡するのだろうか?徹底したコストカット。これでも日本円で12000円位してしまう。朝食なんてもちろん付いていません。北欧のホテルは、超高い。
 
 気を取り直して、早速まちにくりだします。
 
 オスロは、外海から100kmほど奥まったフィヨルドの奥に位置する。緑が多くて静かな港町だ。お城のすぐ下まで大型船がやってきている。
 
 1050年、ノルウェーの最後のヴァイキング王ハ―ラル・ホールローデ王によって開かれた。
王は、1066年イギリスへ遠征を試み戦死。これを機に約200年も続いたヴァイキングの活動が終わったとされる。
 
 1299年、ノルウェーの首都になり順調に発展するかと思えたが、1624年8月17日から3日も続いた大火事で街の大半は焼けてしまった。
 これをきっかけに、デンマーク王クリスチャン4世は、当時支配下にあったオスロを造り変えてしまった。
 
  そして中心をアーケシュフース城の近くに移してしまう。道路幅をひろげ、ついでに名前もクリスチャニアと変えてしまった。この名は、1925年ふたたびオスロに戻るまで約300年も続いたそうだ。
 
 ホテルは、この近くなので早速行ってみようと思う。
 
 でも、美術館が目に入ってしまい、お城に行く前に現代美術館を訪れることにする。オスロは滞在が短いのでカードは買わないで、一日乗車券を購入するだけにした。なので今日は乗り物には乗らないで歩く。
 
  元銀行だった建物を利用してある。
 
イメージ 10
 
 現代アートの作品です。よくわからなかった・・・というより、隙と思える作品がなかった。( 一一)
 
 
イメージ 11
 
 要塞としても役目もあるようでいかにも強固な感じを受ける。
 
イメージ 12
 
 
 陸橋を渡ってここから入ります。城への入り口はいくつかあり、それぞれ開門、閉門の時間が違う。
 
イメージ 13
 
 
 全体はこんな感じ。城の本体は坂道を登った上にあります。
オスロフィヨルドを見守るようにアーケシュフース城は、1299年マグヌソン王によって岩の上に建てられた。1527年の火災で大部分が焼失してしまい、長い間見捨てられたいたのを再建したのは、デンマーク王クリスチャン4世だ。
 彼は、ルネサンス様式の宮殿として1600年代前半に改築しその後城壁も造られた。
 
 城なので、衛兵もいます。もちろんだれも住んでいませんが・・・。
 
イメージ 14
 
 
 1308年から1716年の間には、9回も包囲されたが明け渡されることもなく要塞としての役目を果たした。
 
イメージ 15
 
 
 城の土手に座って、オスロフィヨルドを見ていたら、「ここを訪ねてきてよかった」としみじみ思いました。静かで穏やかな海は、見ているとスーッとした。
 
 
イメージ 16
 
 
 
イメージ 3
 
 
 対岸には近代的な商業施設の入るビルも見える。明日は、あそこにもいってみようかな。
 
イメージ 4
 
 
 門をくぐって城の一番奥に入っていきます。
 
 
イメージ 5
 
 
 このような大型客船がすぐ下に見えている。船着き場になっているのだ。
 
 
イメージ 6
 
 
 まるで船を狙っているように見える。大型船がいかにでかいかわかる。要塞部分とほぼ高さが同じなのだ。
 
 
イメージ 7
 
 
 背後から宮殿部分を見たところ。中はガイドツアーでしか見学できない。
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 もう少し歩いてみよう。

 
 ノルウェーに行く前にデンマークとスウェーデンで興味を引いたものや面白いなと思ったものを。
私自身の好みなので、つまらなかったらごめんなさい。
 
 デンマークのポスト・・・王冠が
 
  
イメージ 1
 
 
 ユーモアたっぷりのバイキングの顔が楽しい。いたるところで見る。
 
 
イメージ 2
 
 みていると目が回りそうなミキサー車。カラフルで楽しい。日本も楽しい模様をつけたらいいのに。
 
イメージ 8
 
 整備中の消防車。知らないうちに消防署の敷地内に入っていたみたいです。
 
イメージ 13
 
 チボリ公園のかわいすぎるパンフレット。捨てるのが惜しくなってしまうほどだ。
 
イメージ 14
 
 公園の鴨の親子。あちこちでたくさん生まれていました。
 
イメージ 15
 
 
 コペンハーゲンカード。地図はずいぶん活用しました。
 
イメージ 16
 
 
 トイレマーク。ここにも王冠が・・・。
 
イメージ 17
 
 
 ここからは、ストックホルムです。鉄の広場の片隅で。最初びっくりしたがもう一度見たら銅像でした。
詩人だそうです。
 
イメージ 18
 
 
 古い公衆電話。なんだろうと思っていたら使う人がいた。
 
イメージ 19
 
 国立美術館でケーキを頼んだら、お皿で無くてトレイに乗って出てきました。洗わなくてもいいからでしょうか?
 
 
イメージ 3
 
 
 ストックホルムの地下鉄の駅は、アート感満載。駅を回って鑑賞するのも楽しいかも・・。
さすが北欧デザインの国?
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
ショーウィンドウ。何屋さん?
 
イメージ 6
 
 
博物館のロッカー。ここまで展示が・・・。昔の女性の衣装が描いてある。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
奇抜なファッション。
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
時々博物館で出会う小人。案内や説明をしてくれる。
 
イメージ 12
 
 
 

このページのトップヘ