好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:北アフリカの国々 > チュニジア


 ここからは多分、ビザンチン時代だと思います。
ローマ時代と比べるとかなりモザイクのピースが大きくなっている。

 緻密さはローマの時代にははるかに及ばない・・・。
でも、親しみやすい。

 死んだ人を納める棺。大理石のようだ。

イメージ 1


 これらはお棺の蓋らしい。どのように使用するのかは聞きそびれてしまった。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


 状態のとても良い洗礼槽。スベイトラの遺跡でも幾つか見ました。

イメージ 5


 鏡を召使に持たせて化粧をする女性。鏡に映った顔までちゃんと描いてある。当時のプライベートな部分をのぞき見する様な不思議な気分になる。

イメージ 6



 これも、 この博物館の有名な展示物の1つである。古代のローマの詩人ウェルギリウスと神。

イメージ 7


 此処まで見て来た所で、自由時間になりました。気になっている物やもう一度見たいもの、違う部屋に行ってみたい人等それぞれの過ごし方をします。

 私は、戻って気になっていた部屋に向かいました。

 このドアは、公的な部分と私的な部分を分けていた扉、この向こうが長官のプライベート部分だと言う。

イメージ 8



 私には、日本の焼き物の織部にしか見えないのだが・・・。何なのかしら?

イメージ 9


 これも何だかわからないのですが、人物がユーモラス。バッハの様な頭は多分かつらでしょう。
顔はお地蔵さまの様だ。

イメージ 10


 先ほどの大ホールの横にあった小部屋。これが見たかったのだ。どういう部屋かわからないがとても凝った作りになっています。

 向かい合う様にして室内バルコニーがある。

イメージ 11


 オーバルの天井。

イメージ 12


 向かい合うバルコニー、どちらも素敵。

イメージ 13



イメージ 14


 女性が現れて楽器を奏で始めた。

イメージ 15


 博物館の裏手の方は、外観もオスマン時代の様子が残っている。

イメージ 16


 玄関ホールの正面に掲げてあるとても大きなモザイク。中心にはポセイドンがいます。

イメージ 17


 2時間以上も見学できて、一同大満足で空港に向かったのでした。
チュニスの空港は、お水のセキュリティがゆるくてそのまま持ち込めました。もっともこれも係官次第なので、たまたまなのかもしれませんが・・・・。

 モザイク三昧の旅でした!
 

 
 天使がいっぱい!
 
イメージ 1
 
 
 
 戦うくま。自然界では無くて円形闘技場などの見世物かも・・・。
 
イメージ 2
 
 
 こちらはライオン。
 
イメージ 3
 
 
 ダチョウまで・・・。こうしてみると動物達がとても近い存在だったことが分かる。
 
イメージ 4
 
 
 ライオンと戦う戦士。
 
イメージ 5
 
 
 このひょうの生き生きとしている事。おしりなんかさわってみたくなってしまうほどだ。
 
イメージ 6
 
 
 トラ。毛皮に加工していたのだね。何だかユーモラスに見えてしまう。
 
イメージ 7
 
 
 建物の中心にあるホールです。吹き抜けになっていて1階には生贄台やモザイクがある。
オスマン時代の宮殿の特徴がよくわかる。
 
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 
 上から見たモザイクの1つ。
 
イメージ 10
 
 一回に降りてゆきます。階段ホールの天井。
 
イメージ 11
 
 1階には、吹き抜けホールの横に女性(複数の夫人)達の部屋がある。
いかにもイスラムという、モスクなどでよく見かける透かし彫りの壁と天井。床にはモザイクが嵌め込まれている。
 
 
イメージ 12
 
 
イメージ 13
 
 
カレンダーになっているらしいです。
 
イメージ 14
 
 ホール部分に進みます。生贄を置いた台だと説明をうけましたが・・・・。
 
イメージ 15
 
 狩猟だけではなく、農耕の場面もモザイクに描かれている。
牛や馬も描かれている。
 
 
イメージ 16
 
 時代は少しづつ下って行きます。
綺麗なタイルの部屋を抜けて違う建物へと移動する。
 
 
イメージ 17
 
 
 お棺や洗礼槽が展示してある部屋に来た。
 
 

 
 最終日。朝1時間ほど散歩。教会や市場などを楽しむ。
 
 アフリカのルーブルと称されるバルドー美術館は、圧倒的なモザイクのコレクションで有名だという。
 
 今まで見てきた遺跡からの出土品もここに展示されているのだ。
 
 建物は、オスマン時代の統治者の宮殿を利用している。外観の愛想なしの雰囲気からは想像できないようなエキゾチックな部屋もいくつかあります。
 
 入場してすぐのところにあるモザイク。ボクシングってこんなに昔から有ったんですね。ちゃんとグラブもはめている。
 
 
イメージ 1
 
 
 最初に、2階に向かった。部屋の天井が素晴らしい。4方の壁には絵画と見紛うほど細やかや色使いのモザイクが展示してある。
 
 
イメージ 2
 
 
 四季を表したビーナスと真ん中のポセイドン。
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 春
 
イメージ 5
 
 
 
 額縁のようなモザイク画とても効果的だ。
 
イメージ 6
 
 
 絵画でもこれほど肉体を表現するのは難しいのでは・・・。
 
イメージ 7
 
 ブラレジアの遺跡でも見かけた狩猟図。
 
イメージ 8
 
 
 動物のモザイクが多いのは、猟や漁の成功を祈願しているのだろうか?
 
 長い魚はウナギ?ローマ人もウナギを食べていたのかしら?
 
イメージ 9
 
 
 追う犬、逃げるイノシシ。
 
イメージ 10
 
 
 
  当時の一般の家だろうか。
 
イメージ 11
 
 
 
 静物画だってこの通り。
 
イメージ 12
 
 
 
 この美術館の目玉の1つ。古代ギリシャの詩人ホメロスの叙事詩「オデッセイア」の1場面絵を描いたものがある。
 
 ユリシーズとセイレーンの場面。マストに己をくくりつけてセイレーンに対抗しようとするユリシーズと右手にはセイレーンの姿も。座っている戦士達は、耳栓をして彼女の声が聞こえないようにしている。
 
 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
 海に落ちたものは、下半身がイルカに変身しつつある。船の上のはげた人物はバッカスだそうです。
右手の方にタコも描かれている。
 
イメージ 15
 
 この奇怪な人物(?)もバッカス。
 
イメージ 16
 
こちらは仕留めた獲物を運んでいる。寄り添うように犬が描かれているので、ローマの人にとっても犬は大事な家族の一員だったのだろうか?
 
イメージ 17
 
 
 エジプトの象形文字や壁画を見ていくような楽しさがある。大きな絵本を見ているようだ。
 
 絵本を最初のページをめくったばかりです。
 


 乾燥した遺跡の中でも色々な花が見られました。

 水を必要としないように葉っぱは、とんがって小さくなっており、
はなびらも水の蒸発を防ぐ様な形に進化しているきがした。

 あざみの類が多い気がしました。

イメージ 1



イメージ 2


イメージ 3



 
イメージ 4



 
イメージ 5



 これは花ではなくて実の様ですが・・・・。

イメージ 6


 これは、シャラシャラ音が出そうな感じ。

イメージ 7


 色は、何故か紫と黄が目に付く。

イメージ 8


 おなじみサボテンの花。実も紫色でこの後実ります。

イメージ 9




 奴隷市場の入り口の辺りで振り返るとこんな感じに神殿が見えていました。

イメージ 1

  

 奴隷市場の跡

イメージ 2


 此処からの眺め。石積みの建物は浴場です。

イメージ 3



 記念写真のスポットです。我々も此処で集合写真を撮りました。

イメージ 4


 浴場跡に入ります。

イメージ 6


イメージ 5


 床面には少しモザイクが残っています。ここのモザイクも良いものは博物館に収められている。


 塔の様に見えているのは、ベルベル人のお墓だそうです。集合墓なのかしら?

イメージ 7


 坂道には滑り止めがちゃんとあります。この道の先には、トイレや娼婦宿がありました。

イメージ 8


 トリフォウムの家。食堂のように見せかけた実は売春宿でした。小部屋に別れている。

イメージ 9

 
 12人が座れるトイレ。ローマ人のトイレはこのように大勢が座れるものが多いのだが、トイレ談義が好きだったのだろうか?

 
イメージ 10


 こちらのトイレには、ちゃんと手洗いもあります。これは珍しいんじゃないだろうか。

 大満足の帰路、神様がおまけを下さった。きれいな花の群生です。

イメージ 11

 
 明日は、バルドー美術館で素晴らしいモザイクの数々を見ます。

 
 ドウッガは、アフリカにおけるローマ遺跡の中でも最高クラスに位置するという。標高600mの丘の上にあり、広大な敷地の中に劇場・神殿・市場・浴場から下水システムまで、紀元2世紀から4世紀ころのローマ都市の面影が反映されている。
 
 
イメージ 1
 
 
 劇場は、3500人を収容できたという。まずは舞台の上から客席を見上げる。
 
イメージ 2
 
 
 客席の一番上まで上っていく。ここからの眺めは絶景かなあでした。
 
イメージ 3
 
 
 水場を抜けて神殿の方へと向かっていく。石畳には轍の跡が残っていたりする。
 
 
イメージ 4
 
 横から見たジュピター神殿。
 
イメージ 5
 
 このあたり市場があり、隣には商売の神様マーキュリー神殿があります。
 
イメージ 6
 
 これはモスクだそうです。ローマ時代より後に建てられたのだろう。
 
イメージ 7
 
 オリーブ畑の手前。門の辺りが奴隷市場です。
 
イメージ 8
 
 ここでとても珍しいものを見た。円形に溝が彫ってあってそれぞれの方向に12種類の風の名前が記してある。
風がどの方向から吹いてきたかによって季節の到来をしるのだという。
 
 
イメージ 9
 
 
 風の広場の横一段高い場所にあるのが、ジュピター神殿だ。
 
イメージ 10
 
 
 中に入ります。
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
 フォーラムは、一段だがった右手にあります。なにものこっていない。切り取られた柱とか、頭の無い象などが残されていた。
 
 
イメージ 13
 
 
 何か文字が刻まれていますが・・・。
 
イメージ 14
 
 
 この道を歩いて奴隷市場に向かう。
 
イメージ 15
 
 
 
 

 
 新狩猟の家のモザイク。当時の狩りの様子がわかる。
 
イメージ 1
 
 
 描かれている動物は、ライオンなどの大物からウサギのような小動物まで。犬が描かれているので、犬を使っての狩りだったのだろう。
 
 
イメージ 2
 
 
 イノシシ。濡れているのは、ガイドさんがペットボトルの水をかけて見やすいようにしてくれたからだ。
 
イメージ 3
 
 
 多分犬。
 
イメージ 4
 
 
 多種多様な鳥が描かれた床。
 
イメージ 5
 
  狩猟の家。穴があいている部分は明り取りの窓だそうです。
 
イメージ 6
 
 
 石は近くの山から持って来るにしても大理石は、ローマから運んできたのだと思われる。ここでは大理石は採れないからだ。
 
 
イメージ 7
 
 
 こちらの遺跡では、定番のオリーブの絞り機。ここにもありました。
 
イメージ 8
 
 
 昼食をとった後、チュニジア最大の遺跡といってもいいドウッガ遺跡に向かう。
この途中の景色の素晴らしいこと。
 アフリカでこれほどの田園風景を見られるなんて思ってもいませんでした。
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 下の2枚は、ドウッガの駐車場からの景色です。思わず深呼吸がしたくなる。
  
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
 高台にあるので眺めが素晴らしい。いろいろな遺跡を訪ねているが、砂漠や岩山といった緑とは縁遠い場所に建設されている。こういう景色と一体の遺跡は、歩いていてもとても気分がよく、すがすがしいものでした。
 
 

 
 今日は、チュニス近郊の2つの遺跡に出かけます。
郊外に出ると両側には収穫間近の麦畑が広がっている。
 
 ローマ帝国時代には、「ローマの穀倉」と言われていたというチュニジアは、今でも農業が盛んなようです。オリーブは世界第3位の生産量があるし、アーモンド・小麦なども輸出をしている。
 ブドウやアンズ・オレンジなどの果物も収穫でき、砂漠地帯があっても農業国というイメージを受けました。
 
 
イメージ 1
 
 
 ルーマニア・ブルガリアでも見かけたコウノトリをここでも見ることができた。
コウノトリというのは何を基準にして、巣をつくるのだろうねえ・・・。
 
 全く巣の無い村とたくさんある村、どこが違うのだろうか?
 
イメージ 2
 
 
 すぐ近くには、赤いポピーの花と黄色の花が綺麗にに咲いていた。
 
イメージ 3
 
 
 ブラレジアの遺跡は、ベルベル人が建国したヌミディア王国の都があったところだ。
ローマ時代になると、夏場の暑さに対抗するため人々は地階に住むようになりった。夏場は涼しい地下で過ごし、冬場になると地上で過ごすようになった。こういう構造は大変珍しいそうです。
 
 この日も太陽が昇り気温が上がってきたので、夏場の暑さをちょっとだけ体験しました。
 
 遺跡の背後には、オリーブ畑が広がっていました。
 
 浴場の有った場所
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 小さいけれど円形劇場もあります。舞台にはモザイクが残されていました。ここには、素晴らしいモザイクがたくさんありましたが、多くは明日訪問するバルド博物館へ移されました。
 
 
イメージ 6
 
 
 神殿があったあたり。小川が流れている。
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
 昔の人もあるいただろう道。
 
イメージ 9
 
 
 VIP専用の浴場。
 
イメージ 10
 
 
 この遺跡でもっとも有名な家にやってきました。アンフィトリテの家だ。地下にアンフィトリテとビーナスのモザイクがきれいに残っていたのでこう呼ばれている。
 
 上からのぞいたところ。階段を使って降りていく。
 
イメージ 11
 
 
 ネプチューンの妻アンフィトリテのモザイク。床にある。
 
イメージ 12
 
 
 ビーナス(もしくはビーナスの格好をしたアンフィトリテ)光の方向が難しくて写真が撮れません。
 
 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
 魚のモザイクも生き生きと。
 
イメージ 15
 
 
 地下の家の様子がよくわかる。
 
イメージ 16
 
 もうひとつ、ここには有名なモザイクがあります。狩猟の家だ。これからそちらに向かう。
 
 

このページのトップヘ