好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:東南アジアの国々 > フィリピン


 ゆっくり起きて、レストランへと向かった。

 お昼が、日程に含まれていなかったので、機内食が出るまで少し間が有るので遅めの朝食にした。

 朝の景色はこんな感じ。

 

イメージ 1


 ホテルのロビー。ここも多分、オーナーは中国系だと思う。

 
イメージ 2


 11時半ホテルを出て空港へと向かう。
今日は思ったほど渋滞がなくてほっとする。昨日はスーパーの駐車場に入るだけで1時間ほどかかってしまった。後で聞いたらセールの最終日だったそうだ。

 セブには、アメリカ系のコールセンターが有るという。ここは、そういう会社が集まっているらしい。

 
イメージ 3


 ダウンタウンでは、外で髪を切る人が多くみられた。

イメージ 4



イメージ 5


 昨年の台風で、住まいを失った他の島の人達がセブにやって来ていて、社会問題になっているという。
そこでおかねを要求すると罰せられるので、食べ物をねだるのだという。

 国内難民でも、教育や住まいは保障されているそうだが、十分ではなく、お腹を空かせている子供が多いのだ。
ガイドのテレサは、レストランで食べきれなかったものなどは、持ち帰り、渡しているという。

 よくみると彼らは口に手を持って行く。それは食べ物をくれということらしい。

 ストリートチルドレンではなくて、ストリートファミリーだ。

 
イメージ 6


イメージ 7


 
 セブは、国際港が有るので船の出入りは多い。豪華客船も立ち寄るという。

 貨物ヤードが広がっていました。空港はセブ島ではなくて、マクタン島にある。今は新しい建物が建設中です。

 
イメージ 8


 空港にはたくさんの日本人がいてびっくり。さすがセブ島だ。

 少し時間があったので、ラウンジでワインと軽食をいただく。ラーメンとも違いフォーのような感じでした。

 アジアは近いので4時間半ほどで成田に着いた。とはいってももう飛行機は無く、新幹線にも間に合わないので近くのホテルに泊まる。

 ところがこのホテルが・・・・。

 以前問題があったホテルではなく、何度か使って悪くはないなあと思っていたのだが、シーツには髪の毛が残っており、しわが寄っている。明らかに取り換えていないか誰かが昼寝をしたような感じがした。

 気持ち悪いなあと思いつつも、海外モードがまだ残っているのか仕方がないわなんて思いながら、お風呂に入る。

 久しぶりの湯船につかり、泡だらけになった体をシャワーで流そうとお湯を抜いた。
ところが、これがスムーズに流れなくてあっという間に水浸しになってしまったではないか!

 慌ててフロントに連絡を入れると、何だかてきぱきと対処をしてくれない。
相手の言っていることが、何となく理解がしにくいのだ。でも係りの者が修理に向かうということで、しばし待機。

 そして、それほど時間もかからずにやって来て、治してくれ代わりのバスタオルも補充してくれた。で、ついでにベッドのシーツのことを伝えると、ではフロントにそのように申し付けますとの事。

 少し経つと、ノックが有った。シーツを取り換えに来ましたという。私はてっきり、専門のメイドさんかと思ったら、何と大きな体の黒人の方でした。先ほど何となく、話が理解できにくかった事を納得。

 えー、絶対私の方が上手にシーツ交換できるなとは思ったが、そういう事はかえって失礼かなと思い、お任せしました。

 慣れていないらしく、悪戦苦闘すること数分、ピンとはなっていないけれど、真新しいシーツに交換ができていました。
 ありがとうございました。お疲れさまでした。

 おかげで気持ちよく眠れました。

 最近、日本の旅館、ホテル、料亭では、外国人が増えていて温泉旅館でも、仲居さんやウェイター・メイドさんぐらいは当たり前になっているのですが、夜間の1人体制にも活躍されるようになっているのだなと少々驚いた。

 日本のホテルも海外なみに水回りが良くなくなってきているのだろうかと考えてしまう。人手の無さが、いろんなところに弊害をきたしている気がする。

 これで成田で、使いたくないホテルがまた増えてしまった。
 結局安くていいホテルは絶滅危惧種になってきているのだろうか・・・。

 地方にいると、前泊後泊、移動費と色々掛かるので、少しでも安いところを探してしまうのだが・・・。


 もうすこし食べ物を紹介します。

 蟹の春巻き 甘辛酢で
 
イメージ 1


 デザート。バナナのフリッター

イメージ 2


 スパイシーなスープ。冬瓜は冬の文字が入っているのに、暑いところの食べ物だろうか・・・。

イメージ 3


 春雨サラダ
 
イメージ 4


 ステーキ、ライス添え。
 
イメージ 5


 これは食べませんでしたが、スーパーでみけかたもの。ブタの丸焼きをかたどったパン。
わたしは、本物よりもこちらの方がいいな。
 
イメージ 6


 こちらは本物。

イメージ 7

 
 チャーハン。混ざり切っていなくて白い部分がところどころに見えている。

イメージ 8


 牛肉の煮込み

イメージ 9


 何故かクリームシチューも、具は魚介でした。日本のハウスやエスビーの箱入りクリームシチュウの味です。

イメージ 10


 これは、ちまき風にした鶏肉。たれをつけて。

イメージ 11


 蟹の詰め物を揚げたもの。

イメージ 12


 そしてデザートは、ハロハロ。私は、ハロハロはカキ氷をさすものだと思っていたのだが、ごちゃまぜという意味なのですって。アイスや氷、ナタデココなどを混ぜて食べる。

 ものすごーく甘ーい。

 
イメージ 13




 サントニーニョ教会に入ります。

 祭壇。真ん中部分にあるサントニーニョ人形はレプリカ。

 
イメージ 1


 黄金色に光っている部屋が・・・。

イメージ 2


 天井部分。

イメージ 3


 左の女性が寄進した方だとか・・・。
 
イメージ 4


 マリア様の手が・・・・。皆が触っていくのでこのようになってしまった。

イメージ 5

 
 そしてこちらがオリジナルの人形。外からなら写真を撮ってもいいと言われました。中には誰でも入れます。

イメージ 6


 近くのカンボンマーケットに行きます。最近は、こういう市場が減って、大きなスーパーやショッピングセンターに変わっているのだそうだ。市場では、1本、1枚、10gから買えるのだが、新しいお店ではそうもいかず、貧しい人にとっては深刻な問題なのだという。

 ガイドのテレサが、沖縄から戻って来た時に、消しゴムを1個ではなくて、等分して売っているのにカルチャーショックを受けたと言っていた。そういう売り方が有るから、物資が皆の手に渡るのだなあと子供心に思ったそうです。

 ココナッツ売り、中の実を取りだしている。ココナッツは捨てるところが無いそうだ。食べたり飲んだりはもちろん、オイル、入れ物に使えるし、葉は屋根に、木は建築材にとつかう

イメージ 7


 この中には蒸したお米が入っています。携帯食でしょうか。

イメージ 8


 爪を切ってもらう人。何でも商売になる。

イメージ 9


 そこら辺を売り物の鳥が飛んでいる。

イメージ 10


 手前は干し魚かな。
 
イメージ 11


 交差点。アジア的な光景だ。

 
イメージ 12


 中心地に入ると渋滞が始まり、お腹は空くし、車は進まない。

イメージ 13


 私達は、エアコンの効いた車内だが、この人たちは大変だろうな。

イメージ 14


 暇なので電線を見たらとんでも無いことになっている。こういう光景も途上国ではよく見かけるが、電気は通っていないので外したいところだが、膨大な費用がかかるのでそのままになっているそうだ。
 地元では、スパゲッティと呼んでいるそうです。日本だったら、そばかそうめんといったところでしょうか。
 

 
イメージ 15


 
イメージ 16


 2時半頃、ようやくお昼にありつけた。中華だったので、これでもかこれでもかとばかりに料理が並び、残してしまうことに・・・。なんだか複雑です。

 お腹が膨れた後は、きれいなスーパーに連れて行ってもらい、ドライマンゴーやマンゴーを使ったチョコレートなどを買う。マンゴーは、相方にも好評でした。最近の海外のお土産ナンバーワンかもしれません。

 暗くなりかけた頃に、州庁舎に到着。観光はここが最後です。
最初に州庁舎が置かれたのは、1900年頃でアメリカの指導のもとだった。場所はダウンタウンだったが、1938年、アップタウンに移り現在のものが建てられた。

 
イメージ 17


 そしてようやくホテルにチェックイン。5つ星の素敵なホテルなのに、滞在時間があまりない。
明日の朝、ゆっくりなのがすくいかな。

 荷物を入れただけで、再びバスに乗り、夕食のレストランへとむかう。お昼を食べてから間がないので、お腹は空かないが、仕方がない。

 今日のメインは、ブタの丸焼きです。

 こちらの言葉では、レチョン。

 切り分けてくれます。どう考えても、我々の人数で食べきれるわけがない。

 
イメージ 18


 最後の晩餐をすませ部屋に入るとほっとした。あわただしい1日だったなあ・・・。

 ホテルは丘の上に有るので、きれいな夜景が見えました。
大都会だねえ。
 
イメージ 19


 明日は、帰国日です。アジアは、近いので目いっぱい観光した気がする。
南米やアフリカだとこうはいかない。


 


 フィリピンの旅も、セブ島で終わりとなります。

 ボホールからは、船で2時間もかかりませんでした。
我々の船室は、1階でしたが2階は、上客室になっていました。デッキに行こうと階段を登ろうとしたら、スタッフに「この階段はだめ、後ろのをどうぞ」と言われてしまった。

 船着場までは、ホテルを出てから50分ほどですかね。

 橋の上から
 
イメージ 1


 この船に乗ります。

イメージ 2


 11時過ぎセブの港に接岸。ガイドのテレサさんの迎えを受けた。
彼女、ものすごく日本語がうまくて、日本人かと思ってしまった。聞けば、小さなころ嘉手納基地に暮らしていたそうだ。

 上手な日本語はストレスなく耳に入ってくる。

 セブ島の渋滞は半端ないので、お昼ごはんを後ろ倒しにして、近くの観光地を先に見て行くという。

 太陽が容赦ない。同じフィリピンの島でも太陽の暑さが全然違う。

 公園では、地元の方達が体操をしていました。

 
イメージ 3


 屋台で何買うのかな

イメージ 5


 ここ、セブ島も町はきれいで掃除が行き届いている。

 公園。

イメージ 6


セブ島は、南北225kmに渡る細長い島で、セブ島全体の人口は300万人を超える。想像していたよりずっと都会でマニラに続く大都市圏なのだという。沢山の高層ビルが立ち並んでいた。

 スペイン人が最初にたどり着いたのがセブで、1521年マゼランがやって来た。そして、植民地化の拠点としてサン・ペドロ要塞を築いた。
 1565年の創建当時は、現在の様な石ではなくて木造でした。
現在の要塞は、イスラム勢力の侵攻に備えて1738年に造られたもので、サンゴの石が材料になっている。足元の石をよく見ると、貝の化石がたくさん見つけることができる。

 外壁

イメージ 4

 入り口

イメージ 7


 アメリカ時代には、兵舎として、大戦中は日本軍の捕虜収容所として使用された。

 上を歩くこともできます。

イメージ 8


 博物館のようになっていて、様々なものが展示されているが、興味をひかれたものは3点でした。

 マゼランが立てたという十字架。この瞬間からアジアに置けるキリスト教の布教が始まったとされる。
今でも残っているのですって!

 想像図。ぼけていてすみません。

イメージ 9


 マゼランが、セブの女王に送ったというサントニーニョ人形。これも残っているそうです。
 

イメージ 10


 そして、抵抗したというセブの英雄マクタン島のラプ・ラプ王。マニラでは、リサールが英雄でしたが、セブ州では少し違うようで、抵抗の象徴は、ラプ・ラプのようで、マゼランは戦死してしまう。
 マクタン島には、マゼランの布教をたたえた記念碑と、ラプ・ラプ王の抵抗をたたえた記念碑が並んで立っているそうだ。

 左上の人物が想像図。 

イメージ 11


 マゼランクロスと、サントニーニョ教会に向かいます。

 バスを止めるとさっそく物売りがやって来ました。ウクレレが有名だそうです。

 
イメージ 12


 これは、市庁舎。

イメージ 13

 
 向かい合うようにある八角形の建物が、マゼランクロスが納められている建物だ。

 
イメージ 14


 1521年、マゼランと同行してきた修道士によって、セブ島の領主とその妻、臣下など800人が、洗礼を受けた。それを記念してこの地に建てられたのがマゼラン十字架である。
 フィリピンカトリック発祥の地を象徴している。

 マゼランクロスは、煎じて飲むと病気が治ると言われ、どんどん削られてしまったので、十字架を保護するために木製の十字架で覆われている。
 本物はこのさやの十字架の中にあるのだ。

 
イメージ 15


 沢山の蝋燭が置かれていて、願い事によって色が違う。

イメージ 16

 
 専門の願い人がたくさんいて、本人に代わり願ってくれます。

イメージ 17


 教会のそばにあったこれは水の販売機。1ペソで買えるので、お金の無い学生たちに人気があるという。

イメージ 18


 このカラフルな風船も願い事を書いてとばすと叶うとされている。でも値段が高いので、最近は誰も飛ばさないそうだ。

 
イメージ 19


 そしてこの仏教的な蝋燭も、願い事をする時に灯すのだそうです。お金は強制ではなくて寄付。

イメージ 20


 教会の向かいにある閑散とした広場は、セレモニーが行われる場所だ。

イメージ 21


 サントニーニョ教会。2013年のボホール島の地震で、ベルタワーが壊れてしまった。

イメージ 22


 


 全般的にいうと、食べ物は日本人には美味しかった。

 魚もよく出てきますし、新鮮だし、魚醤の味付けが多いせいか何となくなじみのある感じがしました。

 とはいっても、丸焼きとか内臓系は、ちょっと苦手ですね。こちらは、中国の影響でしょうか・・・。

 スペイン、アメリカ、中国、日本、そしてフィリピンの多種な民族などがまじりあって、現在も進化しつつあるのかもしれません。

 フィリピンでの最初の昼食は、これでした。世界遺産の町ビガンのレストランで。
テーブルの上にずらっと並べられて、びっくり。

 
イメージ 1


 この干物は、「バゴス」という魚で、国の魚だそうです。御味は、普通の干物の味でした。

イメージ 2


 バギオのホテルの夕食。天婦羅は美味しかった。

イメージ 3


 魚と鶏肉も

イメージ 4


 
イメージ 5


 バギオ名物のシニガンスープ。酸っぱい!

イメージ 6


 ボントックでは、ホテルの設備は良くないが、食事はままあでした。

スープ。ピニックピカン、鶏肉ですが臓物と冬瓜なども入っている。冬瓜だけをひたすらいただく。

 
イメージ 7


 
イメージ 8

 まるっと魚。

イメージ 9


 個人的にはこれが一番でした。春巻き。すごくあっさりしている。

イメージ 10


 ボントックのお昼は、レストランの庭にテーブルを並べていただきました。
手前の青いものは焼きなすです。鶏肉や春巻き、魚、蕨などもある。

イメージ 11


 ボホール島のホテルでのシーフードの夕食。どれもおいしくいただきました。

イメージ 12


 リゾット。
 
イメージ 13

 白身魚のグリル。美味しい、塩がいいのかな。
 
イメージ 14


 エビ、無口になります。エビが多くて、好きな人には大満足だったのでは・・・。

イメージ 15


 


 パキスタンのデコトラなどもきれいにペイントされているが、ここフィリピンでも人間を乗せる乗り物はとてもカラフルでした。

 皆手作りで、既成のものをうまく利用して自分だけの個性あふれる完成品にしています。

 ジプニーは、アメリカ軍の払い下げのジープが基本になって造られた。

 現在は、日本のトラックが基本になっているようです。

 
イメージ 2



イメージ 3


 バギオは、坂道だらけなのでジプニーをたくさん見かけた。

イメージ 4


 地味目のものもあります。
 
イメージ 5

 うわ!トラが疾走していく。

イメージ 6


 
イメージ 7


 オーナーと運転手さんは違うらしい。運転手さんは、オーナーに使用料を払い、残った分が取り分となる。

イメージ 8


 このジプニーは、人間の代わりに白菜をつんでいた。乗せる物は何でもいいらしい。

イメージ 9


オーナーが船を好きなのだろうか?車体には船や舵輪が描かれている。


イメージ 10



イメージ 11


 この形はアメリカのスクールバスが基本かも。

イメージ 12



イメージ 14

 
 このジプニーは、年季が入っている。 

イメージ 13


 バイクも、改造してあります。運転手さんにも日除けは必要だ。

 どちらもビガンで

イメージ 1


 
イメージ 15


 こちらのものはボントックで見かけたもの。やりすぎな気も・・・・。重くなって燃費悪くない?

イメージ 16


 交通状態の悪いセブ島では、基本が日本の軽自動車になっているものも・・・、ともかく小さい。

イメージ 17



イメージ 18



イメージ 19


 いかがでしたでしょうか?


 世界最小のメガネザルが、ここにはいます。

 ストレスに弱く、今は絶滅危惧種になってしまっているという。

 ターシャという、成長したオスでも体長12センチ、体重120グラム程しかないちいさなサルだ。夜行性で、普通では見ることができないが、保護センターに行けば眠っている所をそっとのぞくことができる。

 お大きな目が特徴だが、目が大きすぎて、動かすことができないので首ごとまわして360度見るという。
ストレスたたまると、頭をぶっつけて自殺してしまうとか・・・。

 声を出さない、フラッシュをたかないようにと注意をうける。

 いました、いました。

 そっと近寄る。


 
イメージ 1


 尻尾はネズミのように長い。脳の重さは、眼球1つとほとんど同じらしい。

 目を覚ましたようです。ごめんねえ・・・。

 
イメージ 2


 これが赤ちゃん。何だかずいぶん違う。

イメージ 3


 餌は昆虫などで、自分の体と比べるとずいぶん大食漢。

イメージ 4


 町に戻り、バクラヨン教会にやって来ました。ボホール島最古の教会だが、2013年の地震で大破し、先月からようやく公開が再開されたところでした。

 鐘楼部分

 
イメージ 5


 2階部分は博物館ですが、整理が進んでいなくてこれからといった感じがした。

 1階部分が教会。

イメージ 6

 
天井部分

イメージ 7


 西日が聖堂内にそそいで美しい。

イメージ 8



イメージ 9


 お祈りにいらしていた地元の方々。フィリピンの人達は、本当にフレンドリーで、優しい。目が合うと必ず、にっこりしてくれます。
 
 
イメージ 10


 ボホール島に泊まる日本人は少ないという。ほとんどの人がセブに泊まりここにはフェリーで来て半日ほどの滞在ということが多いそうだ。ガイドさんから、「2泊もしてくれてありがとう」と・・・。

 そういえば、全然会わないね。


 5時20分ロビー集合。

 契約書に署名をします。海外では、何を行うにも署名がいる。

 なんと今日のスタッフは、2人の日本の女子学生でした。休みを使っての研修だという。将来は、スポーツインストラクターになるそうです。

 彼女達はビキニの上にTシャツを羽織っただけの格好ですが、我々は下半身はショートパンツや水着ですが、上半身は日焼け止め用に長袖、帽子、パーカーとリゾートからは程遠い格好だ。

 今は、干潮の時期なので小舟は沖合に泊まっていた。私は、ウオーターシューズを履いていたので平気だったのだが、サンダルの人は泥に足をとられて歩くことができず、結局裸足にならなければならなかった。

 干潮の海を、喘ぎ喘ぎ、沖の方に進んでいき、大きな船に乗り換える。大きな船と言っても、ボートの上に土台をかぶせて床面積を増やし、屋根をかけただけの簡単なものだ。

 シルエットだと雰囲気が有るが、明るいところで見ると何とも心もとない。

 
イメージ 1



イメージ 2

 
 イルカを探して1時間ほど海をさまよう。

 海でもこんな感じの色になるのですね。幽玄な雰囲気がする。

 
イメージ 3


 太陽が昇り始める。

イメージ 4


 波も美しい。

 
イメージ 5


 イルカは姿を現すと、果てることが無い。ジャンプをしたりくるくると回転したりまるで水族館でショーを見ていいるみたいだった。
 水族館での彼らのショーが強制されたものではなくて、遊ぶ事をうまく利用したものなんだなと認識をする。
それにしても彼らは本当によく遊ぶ。

 生まれて初めてこんなにたくさんのイルカを見ました。

 
イメージ 6


 いったんホテルに戻り、着替え、朝食をいただき再びバスで観光に出かける。

 まずは、不思議な光景が見られるというチョコレートヒルズへ・・・。
もっとも今は緑色になってるので、チョコレート色をしていない。

 1時間半ほどで到着。展望台まではこの階段を登っていく。

イメージ 7


 1268個以上の小山が連なっている。たカサも大体30mほどで一定の様です。サンゴや石灰岩でできているので昔は海底だったものが隆起した考えられている、隆起した土地は塩分が含まれているので木々が大きく育たない。
 
 乾季になると、チョコレート色になるそうですが・・・。

 
イメージ 8


 
イメージ 9


 つづいて、ハビタット・ボホールへ。沢山の蝶が集まってくるそうだ。

イメージ 10


 敷地内には、蝶だけでなく美しい花も・・・。

 
イメージ 11


おなじみのジンジャー。

 
イメージ 12


 日本のカタツムリとはちょっと違う。海にいる貝みたいだ。

イメージ 13


 雌雄一体の蝶。何でこんなことになってしまうのか?

 
イメージ 14


 赤い色の蝶。でも鱗粉が怖い。

 
イメージ 15


 本日のお昼は、船の中でいただく。ロボク川をクルーズするのだ。しかも我々の貸し切りなのでゆったりとしていてうれしい。

 まずはココナッツジュースを飲んでのどを潤す。

 料理はビュッフェタイプで、フィリピン料理が並んでいる。ものすごく良い声の男性の生歌つきです。

 こんな感じで進んでいく。

 
イメージ 16


 この船もボートの上に板を乗せただけのもので、後ろからおしている。

 
イメージ 17


 途中で引き返してくるのだが、生活感満載でとても楽しかった。

 
イメージ 18


 ここには立ち寄りました。

イメージ 19

 
 一緒にダンスしたり演奏を聞いたりした。

 
イメージ 20


 上を見上げると、こんな乗り物が。これに乗るアトラクションもあるそうで、楽しそう乗ってみたい。

イメージ 21


 緑が濃くてむせかえりそうな気分だ。

イメージ 22


 子供達はここで泳ぐ。高いところかた飛び降りるのだが、チップがないと飛び降りてくれないのかな・・・。

 
イメージ 23


 こんな乗り物でそんでいる人も。

イメージ 24


 船から降りたら、どっと熱風が襲って来ました。


このページのトップヘ