好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:東南アジアの国々 > ミャンマー

 
 短い間でも、やはり食べ物は重要です。
いただいたものを紹介してみます。
 
 カレーは、よく食べるそうで、我々のテーブルにも何度も並んだ。
 
 ヤンゴンは、海に近いせいかお魚もいただきました。
どれも割と薄味でおいしくいただくことができた。地元の人の食べ物とは違い、観光客向けにアレンジしれあるかもしれませんが、個人的にはかなり気に入りました。
 
 お魚のすり身の入ったスープ。
 
イメージ 1
 
 
 ピンク色のものはお菓子です。蒸してある。米粉だと思う。
 
イメージ 2
  
 
 夕食でいただいたものです。インド・中華・ミャンマーが混じっています。
 
 春巻き。
 
イメージ 3
 
 
 魚の頭のスープ。全然なまぐさくなく上手に調理がしてあった。
 
イメージ 4
 
 
 白きくらげの酢の物といった感じかな。こちらの人も、きくらげは食べるんですね。
 
イメージ 5
 
 
 チキンとジャガイモのカレー。この組み合わせは何度か出てきました。他の国のカレーよりは辛さが控えめかな・・・。
 
イメージ 6
 
 
 
 魚の甘酢あんかけ。魚を揚げたものに甘酢あんをかけてある。日本でも比較的おなじみだと思う。おいしいです。
 
イメージ 7
 
 
 空心菜の炒め物。ニンニクが効いている。とてもおいしく好物なので毎回たいらげました。
 
 
イメージ 8
 
 
 
 飲茶レストランで。昼食にいただいたものの中から一部を・・・。生ビールとともにいただきました。
これも絶品で、みなさん完食でした。
 
イメージ 9
 
 このスープは、餃子が入っているのですが、お汁のしみ具合ちょうどよくてまた食べたいな。
 
イメージ 10
 
 
 最後の晩餐で出されたものです。
 
甘くて酸っぱいスープ。と言ってもトムヤンクンとは全く違う。酸っぱさのもとは葉っぱなのですが、レモンブラスのようにとんがった葉っぱでは無くて、平べったい。
 
 
イメージ 11
 
 
トマトの胡麻和えサラダとチキンとポテトのカレー
 
イメージ 12
 
 
 これは、小松菜のような食感です。ちょっと甘めのたれでした。
 
イメージ 13
 
 
 こちらもカレー。牛肉とポテトです。
 
イメージ 14
 
 
 ミャンマーも主食は、ごはんです。案外いけます。パカッとお皿にひっくり返して食べる。
 
 
イメージ 15
 
 
 ベトナムほど、香草は使われていないし、インドほど辛いカレーでは無いし、タイ米よりはずっとおいしくミャンマーって案外食べ物おいしいじゃん!っていうかんじでした。
 
 

 
 ミャンマー人の心のよりどころシュエダゴン・パゴダ。
東西南北4つの参道があり、100段以上の階段があり、金箔・花などを売るお店がある。
 この長い参道を登ってお参りすることによって功徳を授かるというのだが、我々はずるをしてエレベーターでいくという。私は、歩いてみたいのだが、そこはツアーなので・・・。
 
 エレベーター。ここで裸足になります。
 
イメージ 1
 
 
 2500年前に建てられたパゴダは、最初は23mほどの高さだったが、建て直しを重ねるうちに100m近くになってしまった。内部は煉瓦造りだが、外はすべて純金でできており重さ16トン以上あるという。
 
 パゴダの中には、8本の聖髪が安置されている。
むかし、ある兄弟の商人が仏陀に出会い、8本の髪の毛を譲り受けた。そして紀元前585年、兄弟はこの場所に髪の毛を奉納したことが起源だ。
 最初は1つの仏塔しかなかったのだが、次々に銀・銅・大理石・鉛・レンガなどの仏塔が建てられてゆく。
 
 
イメージ 2
 
 
 ミャンマーの人々は、ここに来ると落ち着くと言って1日に何度もやってくる事は珍しくないそうだ。
もちろん大勢の観光客でも賑わっている。
 仏塔の先端部分には、大きなダイヤモンドが嵌め込まれていて、望遠鏡を使って見ることができる。
 
 ここでも自分の生まれた曜日のところでお参りしている人が多い。
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 こちらでは、このように横座りでお参りします。
 
 
イメージ 6
 
 
 何気に見上げたらお坊様が仏塔を登っていく。一体何をしているのだろうか?
下の階段の部分にいたのだが、
 
イメージ 7
 
 ついには、円形のところにまで到達。
 
イメージ 8
 
 
 
 日が傾き、夕日がパコダを染め始めた。
 
イメージ 15
 
 
イメージ 9
 
 
 人々はその夕日の方向を見ながら静かに座っている。
 
イメージ 10
 
 
天に向かって燃え立つ火炎のようにも見える。
 
イメージ 11
 
 
 塔の見本市みたいにさまざまな塔が集まっている。
 
イメージ 12
 
 
 ろうそくの代わりの油をさして歩く人。
 
イメージ 13
 
 夕日、南国の夕日ってなんとなくかったるい気がしてしまう。
 
イメージ 14
 
 
イメージ 16
 
 
 さあ、最後の晩餐に向かおう。
 
 レストランは、英国コロニアル風の建物だ。食事が住めば空港に向かうだけです。
うーん、さびしい。

 
 スーレーパゴダは、地元の人にとっては憩いの場でもある。
イギリスの植民地になった時、このパゴダを中心に碁盤の目のように道路を造り建物を建てた。
 
 なので、このあたりにはコロニアルの建物が今も多く残っているのだ。
 
 光背の光は、電気で光ります。どこのパゴダでも仏さまの光背はこうして光っていた。
 
 
イメージ 1
 
 
 スーレーパゴダは、円形では無くて8角形です。スーレーとは、パーリー語で「聖髪」という意味だそうで、仏塔内におさめられているそうです。
 
 高さは、46m。時計回りに回って行きます。
 
イメージ 2
 
 
 これは何だろう?ガイドさんに聞くと、金箔を運ぶものだという。女性がこれを操って仏塔の方まで移動させる。
そのあとは、専門の人が貼るのだろう。
 
イメージ 3
 
 
 金箔はもちろん購入して寄付するのだ。
 
 このだるまのようなものが面白い。ロシアのマトリョ―シカのようにも見えるし・・・。
ここでお願い事をします。お供え物はなぜかバナナ。
 茶色っぽいバナナは、お金を貯めたい人がお供えしたものだそうです。
 
 
イメージ 4
 
 
 見学を終えて、外に出てきました。独立広場に建つ記念碑。アドバルーンも上がっている。でも公園には人がいない。
 
イメージ 5
 
 
 市庁舎
 
イメージ 6
 
 
これもお役所かな、堂々とした建物だ。イギリスが栄華を誇っていた時代なのだろう。
 
イメージ 7
 
 
 
 お昼は、飲茶だそうでレストランのあるカンドージ湖というところまで移動する。
水槽には、巨大なシャコや伊勢エビが泳いでいた。
 
 とても静かな場所で近くには、日本大使館、大使公邸もある。結構大きな建物でした。
 
 緑も多く、高級住宅街なのだろう。
 
 
イメージ 8
 
 うれしかったのは、ガイドさんがスーチーさんの家の前を通ってくれるように配慮してくれたことだ。
もちろん、中に入れるわけではないが、ニュースの現場に立つということはとてもエキサイトな事なのだ。
 
 これがスーチーさんの家の前です。厳重な塀に囲まれた家です。警備の人は誰もいなかったので、今はここにいないのかも。
 この前の通りはそれほど広くもなく、かといって広場もないので、スーチーさんの解放を求めて集まって来ていた人達は、道路上にあふれていたことが分かる。
 
 閉まった扉の中を小さな窓からのぞいたらマジックミラーになっていた。
ひょっとしたら向こう側からのぞかれていたかも・・・なんて(^^♪
 
 写真は、スーチーさんのお父さんです。
 
イメージ 9
 
 
 
 
イメージ 10
 
 日の高い時間だと、パゴダの足元の石が熱くなり歩けないそうなので、夕方近くにシュエダゴン・パゴダへ行くことにして、それまでの時間ショッピングモールに行くことになりました。
 マーケットは、今日はお休みなのだ。残念(>_<)
 
 ジャンションスクエア(名前がちょっと自信がないです。違っていたらごめんなさい。)と思われる、2011年にできた比較的新しい場所で、若者が中心らしい。
 3階にはフードコートがあり、映画館も入っている。
 
 フードコートのケーキ屋さんで売られていたマヨネーズケーキ。「うそでしょ?」と何度も聞いたのだが、クリームの代わりにマヨネーズでコーティングしてあるのだ。
 人気あるそうです。
 
イメージ 13
 
 日本のダイソーも出店しており、日本語で書かれた製品が並んでいた。なぜか写真を撮るなと言われてしまった。
 ガイドさんは、うれしそうに自分のお買い物に余念がない。楽しんでいるのは彼女かも(*^_^*)
 
 シャネルやヴィトンといったブランド物のバッタ製品が堂々と売られている。
 
 
イメージ 11
 
 
 値段は全然安くなく、日本で買うのと同じくらいする。ここには、外国人やお金持ちが来るので大丈夫なのだという。そういえば、周りの人々を見ると民族衣装の人は誰もいない。ミニスカートやジーンズだったりする。
 
 
 この暑い国でブーツなんているの?パゴダに行く時面倒でしょうに・・・なんて突っ込みたくなります。
 
 
イメージ 12
 
 
 スーパーものぞいてみます。
 
 生野菜はあまり無かった。生野菜の葉物の帯の文字は、日本語表記です。日本人しか買わないのか?
 
 
イメージ 14
 
 太陽が落ち着いてきたところで、最後の観光場所のシュエダゴン・パゴダへ向かいます。
 
 
 

 
 ここからはのどかな田園風景の中を走ります。ほとんどの田んぼでは刈り取りが終っているようでした。
大きな牛が体に泥をぬって草を食んでいる姿があちこちでみられる。
 
イメージ 1
 
 
 驚いたのは水路の設備が行き届いている事だ。どこかの国の援助で行ったのだとは思うのだが、満々と水をたたえいた水路が機能しているのを見ると、なんだか嬉しい。
 
 10代、20代の若者の姿を多く見かける。子供よりも若者層のほうが多いように思えるほどだ。女性も運転手や公務員にといった職業についており、社会進出がある程度都市部では進んでいるように思える年寄りだらけの日本から来たわれわれには、この若さは驚きである。
 
 発展途上の国では、子供たちの姿を見かけるのが普通なのだが、ここでは子供より圧倒的に若い層が多いような気がする。田舎では違うかもしれませんが・・・。
 
イメージ 2
 
 
 2時過ぎ、やっとお昼です。早速ミャンマービルを注文します。日本円で200円くらいかな。アルコール分が控えめな気がしました。
 
イメージ 3
 
 
 ちなみに紙幣はこちら。通貨の換算は日本円から0を1つとればおおよそです。
 
 
イメージ 4
 
 
 レストラン全景。従業員の人達は、裸足でした。我々も脱ぐのかなと思ったらそのままでもいいと言われた。
 
イメージ 5
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 昼食の後は、いよいよゴールデンロックのある山に向かいます。ふもとのまちまでやってきました。ここでバスからトラックに乗り換えます。
 トラックに乗り換えて1時間ほどひたすら山を登って行く。以前は途中から歩いたそうですが、今回は山頂までの道が開通したのでトラックで行けるとのこと。ラッキー!
 
 正真正銘のトラックです。荷台が改造してありベンチシートがあります。
 
 今は、巡礼シーズンなので何台ものトラックが山頂を目指す。
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
 1列、6人。太っていようが子供であろうが、きっちり詰めてのせます。満員になるまで出発しません。通常ツアーは、貸切で向かうのだそうですが、我々はあまりに人数が少ないので一般の人と一緒のトラックでぎゅうぎゅう詰めで向かいました。
 これが、大変だけれど楽しい。めったにできない体験なのでキャアキャアいいながらも楽しい。
荷台のストッパーもいつ外れるかわからないような代物である。私は、たまたま一番はしだったので、外れないかとひやひやものです。
 
 別名ジェットコースタートラックというのだそうです。さもありなん!
 
 途中一方通行の部分やチェックポイントを抜けていく。
 
 これはお参りを済ませて降りてきたトラックです。
 
イメージ 9
 
 
 背もたれのある新しいトラックもあるのですが、今回われわれの乗ったトラックは、そんなものはなく、捕まるところもありません。ぎゅうぎゅう詰めるのは動かないようにということもあるのかも・・・。
 
 ともかく、すごい坂道、まるでスキー場のコースのようである。登りになると体はつんのめり、下りになると反対に頭が下がってしまう。
 
 おしりは痛くなるし、どこかにつかまろうとするので指は痛くなり、もう限界かなあと思ったころにやっと到着したのだった。
 
 いったんホテルに入り荷物を置いて早速、お目当てのチャーティーヨパゴダへ向かいます。
 
 夕方だというのに大勢の人でにぎわっている。
 
 入り口部分。ここから裸足になります。
もう少しで日が沈んでしまう。
 
イメージ 10
 
 遠く、靄の中にゴールデンロックが見えてきた。
 
イメージ 11
 
 
 あまりにたくさんの人がいるので、ガイドさんに「こんなに暗くなってどうするのかしら?」と聞いたら、「ここで泊るんです」と答えが返ってきた。「え?ここで?」
 みれば、敷物・毛布食料持参の人ばかりだ。中にはこんな人々も・・・。
 
イメージ 12
 
 
 パコダの近くはこんな有様です。掃除する人もいるのですが、人々の食い散らかしたもので床はちょっと危ない。しあとぉ見て歩かないと何を踏むかわかりませんよう(+_+)
 
 
イメージ 13
 
 ゴールデンロックは、女性は触れることができない。岩を取り囲むようにしてお祈りの人々が祈りをささげている。
 
イメージ 14
 
 
 
 ゴールデンロックは、巡礼者の寄付によって貼り付けられた金箔のよって輝いているが、もとは花崗岩である。その上部部分には、高さ7mあまりの小さなパコダが載っている。
 
イメージ 15
 
 
 落ちそうで落ちないのは、中に安置されたお釈迦様の髪の毛のおかげだと信じられています。ミャンマーの人々にとって、ここは石のパゴダでは無くて、生きているお釈迦様に会える場所なのだという。
 
 
イメージ 16
 
 石を下から見上げる場所もあります。
 
イメージ 17
 
 
 帰りは、巡礼の人達の間を縫うようにして帰ってきました。冷えてきたので風邪をひかないようにね。
 
 
 

このページのトップヘ