好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:西ヨーロッパの国々 > 南北アイルランド


今日も快晴。

アラン諸島の嵐や、バレン地方の霧がうその様です。

あっという間に帰国となってしまった。

先進国の旅は楽ですよね。お湯は出るかタオルは有るかなんて気にしなくてもいい。
添乗員さんも楽だったのでは、ないでしょうか?

朝早いので簡単な食事になりますと聞いていたが、ホテル側の配慮なのかちゃんとした暖かいものが提供されました。
停電も、トイレの水が流れなかったくらいで、たいしたこともなく良かった(^^♪

9時45分でアムステルダムに向かいます。

乗り継ぎの間に簡単なお昼を頂く。
焼き鳥なのどメニューもあるショップでした。日本食を意識したわけではなく一番近い場所にあったから。

こんなお酒もありました。
イメージ 1


機内は、往路ほど混んでいなかったが、シートを独り占めというわけにはいかない。

成田でも順調に荷物が出てきたので、思ったより早くに列車に乗る事が出来た。
震災の影響でまだ、間引き運転なのです。

東京に入ったとたん、いきなりこんなものが目に飛び込んできてびっくり。

本物は初めて見ました。報道なので目にするので、見た気になっていたのですが・・・。

イメージ 2

イメージ 3

でも、東京駅が近づくにつれて見えなくなってしまいました(+_+)

急に決めた旅でしたが、思ったより楽しかった。
アイルランド好きになりました。

植物は、あまり写真に収める事が出来なかったのですが・・・。

シャクナゲです。日本の物よりかなり背が高いのでツツジの様に見えました。私達が訪れた時は、季節はちょっと遅かったようです。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

10月頃に次の旅に行けるといいなと思っています。




ダブリン城は、ダブリンの歴史の中心である。
ダブリンの名前の由来は、実際城の庭にあった「黒い水たまり」に由来すると言われている。

1204年にジョン王によって建設されて以来、7世紀に渡ってアイルランドにおけるイギリス支配のシンボルであった。1864年に火災で崩落してしまい、当時の建物としては塔の一部が残っているのみである。

門を入ってすぐの広場

イメージ 1

第一次大戦の折には、赤十字病院としても使われた。現在では、大統領の就任式や、国際会議城の場としても使われている。
城内にあるベドフォードタワー
イメージ 2

いかにもといった感じの塔
イメージ 3

内部はガイドツアーのみの見学なので、できませんでした(+_+)

城の背後にあるチェスター・ビューティライブラリーも無料で見学できます。
ここは、1956年にチェスター・ビューティー氏が寄贈した図書館である。

西欧や東洋アラブ等の美術品が集められており、コーランやアルメニア・エチオピアなどの聖書日本の経典等もコレクションされていました。

宗教美術ギャラリーは様々な宗教が一堂に展示されており、なかなか興味深いものでした。

庭園と建物
イメージ 4

さてそろそろ約束の時間が・・・・。

集合場所のパブに向かいます。このパブは、ダブリンでも有名なパブです。
ディビー・バーンズパブ・・・1873年創業。スウィフトや芸術家達が集まったそうです。

イメージ 5

ビールを飲み、サンドウィッチやフライなどを頂き、お店に来ていた人々と記念写真を撮ったりした後は、リバーダンスの鑑賞が待っています。

日本にも何度か公演に来た事があるそうですが、私は初めてでした。

基本的には、タップなのでしょうが、その素晴らしさに驚いてしまいました。人間の足ってあんなに動くものなのだなって!

フラメンコやアメリカのタップも上演してその違いを見せてくれました。
公演中は写真撮影NGでした。

雰囲気だけ・・
イメージ 6


公演の行われた劇場
イメージ 7

劇場ボックス席
イメージ 8


楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまいます。

明日には、アイルランドを離れるんですよね(+_+)



トリニティカレッジは、アイルランド最古の大学である。

イメージ 1

数々の著名人を輩出している。オスカーワイルドも此処の学生であった。

1592年にエリザベス1世によって創設された。
ここを訪れたのは、有名な「ケルズの書」があるからだ。正門を抜けると中庭にでる。その中庭の右の方にオールドライブラリーがある。
カレッジの図書館は、日本の国会図書館の様に法定納本図書館であり、イングランド・イギリスで発行された本の納品が義務付けられている。
蔵書数約300万冊で8つの図書館に分かれている。その中のオールドライブラリーは最も古い建物で、1712年に建てられた。「ケルズの書は」此処におさめられているのだ。

イメージ 2

図書館の2階は、ロングルームと呼ばれる長さ25mの部屋で、両側に並んだ書庫にびっしりと本が並んでいる様子は、壮観である。だれでも許可をとれば閲覧できるのですって!本好きにはたまらないかも・・・。

他にも医学関係の実験道具や、プロフェッサーの彫像、アイルランド最古のハープ等が展示されている。

「ケルズの書」とは、豪華な装飾が施された4つの福音書の事である。アイルランド最高の宝の一つと言われている。製作者は、9世紀、ヴァイキングの襲来でケルズへ逃げてきた修道僧だ。ラテン語で書かれた4つの福音書をもとにケルズ修道院で制作された。

紙ではなく皮に、鉱物で金や様々な鮮やかな色を施している。模様は、ケルト特有の渦巻き模様や人、動物等が描かれ、文字は肉太で丸みを帯びており、アイルランドで4・5世紀に使われたアンシャル文字が使用されている。

インクは、はるか中東から運ばれてきたものが使用された。

暗い部屋に展示されているのだが、これを見るのが一苦労である。皆のぞきこんでじっくりとみたい。そうなると席取りゲームのようになってしまうのだ。展示されているのは、ほんの一部分だけなのだが、その豪華さはよくわかった。

続いて歩いて国立博物館向かう。

イメージ 10


博物館の隣がレンスターハウスと呼ばれる上院と下院のある建物だ。

国立博物館は、1880年トーマスディーンの設計で創立された。ちなみに入場料は無料である。
紀元前2000年~現代に足るまでの様々な工芸品や出土品が展示されている。

特徴のある天井が美しい。
イメージ 11

展示品の一部です。
タラのブローチと呼ばれるもの。日本でいえば国宝ですって!

イメージ 12

こちらもブローチです。とがった先は武器にもなったそうです。
イメージ 8

イメージ 9



金製品の数々
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

銀製品、これは攻めてきたヴァイキング?
イメージ 16

イメージ 17

びっくりしたのはミイラがあった事です。とてもリアルでちょっと気分が悪くなる程です。これは。薬を用いて作ったものではなくて自然にできたものだそうです。泥炭地は、空気を含んでいないので保存には良いそうです。
イメージ 3

土の間に、埋もれていたので皆ペチャンコです。
イメージ 4

ドアの飾りでしょうか。人の顔がとてもユニーク。

イメージ 5

午後からは自由行動です。まずは腹ごしらえということで目に付いたカフェに入り、ベーグルサンドで腹ごしらえ。ずっと団体行動だったので、ちょっと嬉しい。やはり一人は気楽だ。

アイルランド国立美術館は、フェルメールを所蔵している事で有名だ。作品は以前日本に来た時に見ているのだが、所蔵している美術館で見たいと思っていた。所がところがである。ここはただ今改装中なので日本に貸し出しているのだ。出発前に承知していたのだが、やはり行ってみる事にした。雰囲気だけでも味わいたいと思ったのだ。

でも、半分ほどの展示スペースしかないので、消化不良の気分です。
ピカソ・ゴッホ・ドガ・セザンヌ等もありましたが、嬉しかったのはカラバッジョに会えた事です。こんな所で彼に会えるなんて(^^♪

時間がある様であまりない。夕食はパブで皆と一緒の最後の食事をする事になっている。2時間ほどしかないのであまり遠くには行けそうもない。本当は対岸の市立美術館にも行ってみたかったのだが、閉館時間を考えると少々厳しい。

で、当てもなくぶらぶらすることにした。

今日から夏休みだというので賑やかな歩行者通りのグラフトンストリートに向かう。
イメージ 6

そのまま、リフィ川の方向に歩いてゆき、テンプル通りのはずれから、市庁舎に行ってみる。
此処は一階のホールのみだれでも入れるのだ。
1779年、王立両替所として建設されたものだ。1798年の反乱では、政府軍の兵舎および拷問部屋として使われたという。
イメージ 7

コリント式の柱と綺麗な壁画が特徴。1852年にダブリン市の物となった。

すぐ裏手には、ダブリン城があるようなのでそちらに行ってみます。 










聖パトリック大聖堂は、アイルランドで最大の教会だ。この場所では、450年頃守護聖人パトリックがキリスト教への改宗者の洗礼を行っていたと考えられる。

かっては木造の礼拝堂だったものが、1191年、現在の石造りの大聖堂に建て替えたとされる。クライストチャーチが英国国教会と関係を深くしていったのにたいし、こちらは民衆の教会として存在してきた。

現在大聖堂は、アイルランドのプロテスタントの教会のひとつになっているから事がややこしい。見学していると、カトリックの教会の様な気がしてきてしまう。

イメージ 1

1320年~1520年にかけては、アイルランド最初の大学としても使用された。ガリバー旅行記で有名なスウィフトは、18世紀教会の司祭長を務めた。頑固者として知れ渡ったという。

聖堂内には、スウィフトと彼の永遠の恋人であるステラのお墓もあります。

2度の大戦イギリス旗や慰霊碑もあり、先日エリザベス女王が訪問の折にもここを訪れたという。
イメージ 2

またアイルランドで一番古いパイプオルガンと聖歌隊を有しています。
たくさんの旗の奥にパイプオルガンがあり、この旗の下で聖歌隊が歌います。
イメージ 5

この古めかしいドアは、1492年にキルディア卿とオーモンド卿が争った時、教会に逃げ込んだオーモンド卿に対し、和解の為にキルディア側が空けたとされる。ここに手を突っ込んで双方は握手をして和解に応じたとされる。
ここから生まれた慣用句が、chance your arm なのですって!
イメージ 6

ビールで有名なギネスは、60年代にこの聖堂の修復のために莫大なお金を寄付しています。

この後バスは、フェニックス公園を目指します。公園は、市の北西に広がるヨーロッパで最大の敷地面積を誇る。日比谷公園の45倍と言われてもピンときませんが・・・・。

公園内には、1978年にパウロ2世が野外ミサを行ったという十字架や、ホワイトハウス、MGMのモデルになったライオンの居た動物園やモニュメントなどがある。


イメージ 7

こちらはアメリカ大使の公邸
イメージ 8

巨大な十字架、ポルトガルやリオにもありますが・・・。
イメージ 9

アイルランドにもホワイトハウスがありました。
イメージ 10

バスは、公園の外に出て、主な通りを車の中から見せてくれます。
ギネスの工場、リフィ川に面した所にある。
イメージ 11

川にかかっている橋はほんとに皆かたちも工法も違う。渡ってみたーい!
イメージ 12

こちらは中央郵便局。イオニア式の玄関が印象的である。1815年、フランシス・ジョンストンのデザインによって建設された。1916年のイースター蜂起の際には、アイルランド義勇軍の司令部がおかれた。ここで、「共和国宣言」が読み上げられたのだが、蜂起は鎮圧され主な人物達は、処刑されてしまった。

優雅な建物はそんな歴史を感じさせない
イメージ 3

再び川を渡り、アイルランド銀行を右手に見ながら通りを進んでいく。
アイルランド銀行は、1729年から10年間アイルランド自治議会の議事堂として建設され、1800年に大英帝国に併合されるまで使われた。
アイルランド議会は、英国議会と統一されると自ら閉会した。その後、アイルランド銀行が4万ポンドで買収して、1801年に本店としてオープンした。
イメージ 4

正面玄関側に窓が一つもない。これは、議員達が外の様子に気をとられないようにとの事らしい。外国人でも、預金が無くても中に入れます(^O^)

アイルランドの最高学府、トリニティ・カレッジに入ります。
1592年にエリザベス1世によって創設されたアイルランド最古の大学です。







ダブリンは、もともとケルトの小さな町だったが8世紀末にヴァイキングがリフィ川から攻めて来て、破壊してしまい、ここをダブリン(黒い水)と名付けたのが始まりだ。

そのリフィ川河口
イメージ 1

海賊船ではないでしょうが・・・
イメージ 2

イングランド王ヘンリー2世が此処を占拠したのが12世紀後半のことである。王は、この町を起点にしてアイルランドにおける勢力を拡大してゆき16世紀には、街は城壁を超えて拡大する。
そして、18席後半になると大英帝国第2の都市として発展した。

街には、今でもそのころのジョージア朝の建物が多く存在している。
ドアの色が違うのは、自分の家を間違えないためらしい。これらの建物は皆文化財の扱いである。
イメージ 5

中でも特に美しいこのドアは、レースのドアとしてとても有名だという。
イメージ 6

これはがっこう
イメージ 7

もっとも古い建物ばかりではなく、奇抜なものもかなり多くみられる。
イメージ 8

リフィ川の北を南北に入っている大きな通り、オコンネル通りのモニュメントもそんな奇抜なもののひとつかもしれない。

光の尖塔とよばれる
イメージ 9

19世紀後半から独立運動が盛んになり、1922年に独立して以来ダブリンは首都として発展してきた。新しさと古さとが混在した街という印象を受けた。

街には、800件を超えるパブがあるとされ、ストリートではパフォーマンスが繰り広げられる。
街のあちこちにレンタサイクルが設置されており、登録すればだれでも、どこでも乗り捨て可能である。
イメージ 10

テンプルバーと呼ばれる地域のパブ。テンプルさんがこの辺りの土地を所有してい たのでその名がついた
イメージ 11

今では若者の集う先進的な地域として、またアートの発信地区として注目されている。

石畳の続く美しい通り、近くには古めかしい大学や銀行・教会等がある。
イメージ 3

イメージ 4

街の紹介は、一旦中止して観光に出発します。
最初に訪れたのは、聖パトリック大聖堂です。







大聖堂は、ほぼ遺跡の中央にある。大聖堂というがそれほどの大きさがあるとは思えない。此処もやはり木でできていた天井は抜け落ちてしまっている。


イメージ 1

かつて、床には藁が敷かれていたという。初期石積み教会の代表的な建物である。
7世紀には建てられていたが、12世紀になってからアイリッシュ・ロマネスク様式に大改造された。

特徴もはっきり見て取れます。
イメージ 2

おびただしい墓石やケルト十字の中に聖ケヴィンの十字架と呼ばれる初期ケルト十字架がある。
十字架と太陽を合わせるとこんなかたちになる。まだ穴が開いていない。
イメージ 3

石に触るとほんのり暖かい・・・。

墓地の中に遺跡があるのか、遺跡の中に墓地があるのか・・・・
イメージ 4

十字架も様々です。
イメージ 5

大聖堂の南側にあるのが聖ケヴィンの教会。特徴的な急こう配の屋根とそこから突き出ている円塔もすべて、石積みで造られている。
これもロマネスク様式が入ってくる前のアイルランド初期教会建築である。
イメージ 6

中にも入れさせていただきました。2重構造になっており、外から見ると三角の屋根なのに内部は、半円になっている。階段で上下がつながっている。天井の石と石の間には、セメント代わりの砂・石灰の粉・牛の血・馬の毛を混ぜ込んだものが詰められている。

聖ケヴィンは此処で、祈りと瞑想の日々を送ったいう。

2つの湖のうちロウアーレイクまで足を伸ばしてみました。
離れた対岸から見るとこんな感じに見えます。


イメージ 7

イメージ 8

墓地にいると落ち着く私は、ここもかなりお気に入りになりました。

イメージ 11


夕方6時過ぎ首都ダブリンの町に戻ってきました。ホテルは、リフィ川沿いなのだが中心地からは結構離れている。

スーツケースを自分で運べば良かったのだが、ちょっとだけ外に出てこようと思ったのが間違いのもとだった。

外出から戻ってもまだ荷物が届いていない。同室の彼女の物は。もう届いているというのに・・・・。
同じフロアにあるのかと探してみたがない!!!!

違う階も探してみたがやはりない(+_+)

最後の最後になってトラブル発生か!ともかくレストランに向かい添乗員に荷物が届いていない事を告げた。
彼もかなり驚いた様子で、「僕が探しますから、ともかくお食事をしていてください」

と言われても何となく気になって、せっかくのワインも何となく美味しくない。おまけに今日は計画停電の日なので、ホテルの電気が明日の朝5時まで使えないという。

まさかこんな所で計画停電に出くわすとは思わなかった(>_<)

40分も過ぎた頃だろうか、「ありましたー!」と、元気な声が。

聞けば違う部屋に入っていたのですって。一つ一つあたってくれたみたいです。ともかく良かった。
「さあ、飲みなおすぞう!」

夜中にトイレに行って、水を流そうとしたのだが、・・・電気が無いと水道も働かないのよね。

リフイ川にかかる橋です。
ダブリンは、先鋭的な建築物が多くて歩いてビルを見ているだけでもかなり楽しいです。
イメージ 9

ガラスビル?
イメージ 10




バスは、今までのアイルランドの風景とは違い穏やかな田園風景の中を走って行きます。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

穏やかな光景に、のんびりとした気持ちになります。


ウィックロウ渓谷を見渡せる所で小休止。この辺りの丘というか山は、8月になるとヒースの花が咲き乱れピンク色に染まるのだそうです。
今の時期は、まだまだこんな感じです。
イメージ 1

この後すぐに昼食の予定だったのに、ちっともレストランに到着しない。後で添乗員に聞いたら、運転手さんが道を間違えて大回りになってしまったらしいのだ。

結局お昼にありつけたのは、2時近かった。

渓谷を流れているアボンモア川とアボンペック川の合流地点がある。ここで、トーマス・ムーアが、1807年に「the meeting of the waters」を書いたという。

「アボカの美しい谷よ!最愛の友と緑陰に抱かれてこの上なく静かに憩う。
ここでは、冷たい世の嵐が吹きすさぶこともない。
せせらぎのようにわが心は平和にひたる」・・・と。碑があります。

カトリックとプロテスタントの争い、ジャガイモ飢饉等、苦しい時代を生きた彼にとってここでのひと時は癒しになったと思われる。

イメージ 2

突然車窓の外にランドタワーが飛び込んできました。

グレンダーロッホのタワーでしょうか。
イメージ 6

まるで絵本の様な光景です。

グレンダーロッホは、2つの湖を持つ大きな渓谷の中にある。
かつて「7つの教会の町」と呼ばれた初期教会跡がひっそりと残っているのだ。

6世紀に聖ケヴィンが、ここで修業したのが始まりとされ、アイルランドにおける初期キリスト教の聖地として発展した。

9世紀には、ヨーロッパ各地からも僧や学者が集まり繁栄した。ヴァイキング襲来にもあったが、森林に守られ破壊を免れたというが、ノルマン人がやって来たり、イギリスの支配が確立すると、急速に衰退してしまう。

それでも庶民の信仰に支えられ、完全な廃墟とはならず今でも聖地として知られている。

案内は専門のガイドさんがしてくれます。

変わった作りの石の門から中に入って行く。
イメージ 7

石積みの2重の門である。平らな自然石を積み上げたもので大変古い様式持つ教会集落の門である
もともとは、2階建てで2階には鍵番の修道僧が住んだ。

入り口部分には、聖域を示す十字架が彫られている。
イメージ 8

ここでひときわ目立つのがランドタワーである。10世紀のもので高さは、やく30m。入口は地上3、5mの所にぽかんと穴があいている。造りとしてはただ石を積み上げただけの物で、先に行くにつれて細lくなっている。
地震のない国だからこそ残っているのだろう。
イメージ 9

タワーの周りにはたくさんの十字架や墓石が建っている。

ここから墓石の間の小道を進んでいくと、大聖堂に行ける。






午前中の市内観光は、ガイドについて徒歩で回る事に・・・。

抜群の天気です!

ノア川沿いの風景
イメージ 1

最初に訪れたのは、聖カニス大聖堂。
堂々たる建物です。1285年建立。建築に着手したのは1202年の事だから実に83年物月日を要した事になる。キルケニーと街の名前の語源は、聖カニスの教会を表すゲール語である。
そういった事からも、大聖堂はこの街を代表する歴史的建築物だと言えるだろう。

イメージ 2

寄り添うように建っているランドタワーは、大聖堂よりも古く、9世紀にはすでにこの地にあったようだ。見張り・敵からのシェルター、鐘楼の役割を兼ねていたとされる。アイルランドで登る事のできる塔の一つである。

敷地内にはたくさんの墓碑もあります。
中に入ります。目を引くのは天井の木材の木組みである。

イメージ 6

装飾の美しいバトラー夫妻のお墓。並んで眠っているそうです。
イメージ 7

ちなみにあのアメリカ大統領のオバマ氏の母方の祖先のお墓も大聖堂内にあり、彼は就任後に此処を訪れたそうです。そして夜にはパブでギネスビールを楽しんだという。

ステンドグラスの美しさも目を引きます。


イメージ 8

ここで一旦外に出て、あのランドタワーに登ります。
結構急で、最後の方は梯子状態になっている。でも眺望は素晴らしいです。

イメージ 9


大聖堂の屋根もこんな風にみえます。
イメージ 10

イメージ 11

次は、キルケニー城に向かいます。
この城は、12世紀に建てられバトラー家の居城として使われた。17世紀と19世紀に改築された。もともとはノルマン様式だったらしいが、度重なる改築によってさまざまな様式が混在している。装飾は、主にビクトリア朝の感じです。広いギャラリーもあり、バトラー家代々の家族の肖像が飾られている。

残念ながら内部は撮影禁止なので、外観だけです。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

敷地内は、公園になっており家族連れで賑わっています。

此処でバスに乗り、移動開始。
最初の出発地ダブリンを目指します。








このページのトップヘ