好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:九州 > 長崎ハウステンボスと佐賀県


 一度行ってみたかった祐徳稲荷神社へと向かいます。
元旦は混んだでしょが、6日となるとそれほどでもなく、参道のお土産屋さんは暇そうです。

 遠望、朱色が鮮やかです。鎮西日光と称されていて、3大稲荷の1つでもあります。

 
イメージ 1


 鳥居

イメージ 2


 楼門

イメージ 3


 下から見上げた本殿

イメージ 4


 階段を登って向かいます。

イメージ 5


 さらに山を登って奥の院方向へ。

イメージ 6


 
イメージ 7


 続いてお昼をいただくためにポーセリンパークへ。ここもすごい久しぶりだ。以前来た時よりも建物が増えている。今日は中国人の方々が、バス30台くらいやってくるというのでかちわせ無いように早めのお昼ごはんとなりました。

 中心の建物。

イメージ 8


 有田に戻って、少し散策します。前回行けなかったところを歩く。陶器市の時には、大勢の人で賑わうが・・・。

 有名な深川製磁の本店です。雰囲気が有りますよね。

 
イメージ 9


 陶山神社へ。灯籠や狛犬も焼き物です。

イメージ 10



イメージ 11


 古い建物が並ぶ道を歩いて、磁石場へと向かう。これが案外遠い。

 
イメージ 12


 ようやく到着。今はもう使われていません。泉山磁石場です。

イメージ 13


 この後は、柳川に向かって舟下りをする。こちらもはるか昔に乗ったことが有るのだが、全然変わっていなかった。炬燵が有ったので靴を脱いでぬくぬくと・・・。

 船頭さんの歌や説明を聞きながらの30分ほど乗ります。

 
イメージ 14


 終点の御花御殿。和洋折衷の屋敷です。お雛飾りと庭園が見事です。

 正門から見たところ。

 
イメージ 15


 これで観光は終わり。博多駅を目指す。夕食は、それぞれでの自由食。我々は、玄界灘のフグとイカの活き造りをいただいた。ちり鍋は無かったが、刺身とから揚げと雑炊がついて2000円しません。博多は、食べ物が本当に安くてうまい!イカの方は、最初は刺身でいただき、残りは天婦羅にしてもらった。こちらも甘くて最高だ。

 綺麗になった博多駅に来るのは初めてなので、反対側にも行ってみよう。いわゆる表の方です。

すると、こんなにきれいなイルミネーションが!

 
イメージ 16


 
イメージ 17



イメージ 18


 帰りは新幹線の中で、ビールをいただきました。列車の中のお酒はことさら美味しいのです。
名古屋到着は、22時50分とかなり遅くになったが初旅としては楽しい3日間でした。


 2日目最初の訪問地は、音浴博物館でした。
字面だけだと何のことかよくわかりませんが、アナログの音に関するもの、レコードコレクション・プレーヤー・スピーカーなどなどものすごい数のコレクションで、自分でレコードを選んで聴くこともできます。

 貴重なものは、係りの人がかけてくれます。世代別で、聞きたい音楽が違ったていて面白いそうです。
廃校を利用していますが、この廃校は、ベトナム難民の一時滞在所にもなっていたそうです。

 ものすごい山の中にあるので、難民の方々はここに来る途中不安になったのではと想像してしまった。

 
イメージ 1


 コレクションの数々。

イメージ 2


 この後は長崎に入って、中華街で自由食。そして、自由時間になった。グラバー邸や大浦天主堂は、もういいので、中華街から唐人屋敷跡を回り、べっ甲博物館と旧香港上海銀行長崎支店などを回った。

 湊公園

イメージ 3


 中華街入り口

イメージ 4


 その横にあった釣鐘薬局。看板が面白い。

イメージ 5


 緩やかな坂道を上って行くと、唐人屋敷跡に出ます。

イメージ 8



イメージ 6


 それぞれ回ってみました。

 土神堂

イメージ 7

 天后堂

イメージ 9


 アーチが素敵な観音堂

イメージ 10


 福建会館は、閉まっていたのでこんな感じです。

イメージ 11


  香港上海銀行長崎支店

イメージ 13


 山手地区には、小さな西洋館も残っている。

イメージ 14


 そしてこの後は、平和公園に向かった。
原爆で半分になってしまった石の鳥居。

 
イメージ 12


 今日の宿泊は、夜景のきれいに見えるホテルでした。でも9時半以降になると300名上の学生団体が来るのでお風呂は早めにと言われた。何でも合宿だそうです。
 最近は高校生でも、こういうホテルで合宿するのですねえ。

 
イメージ 15



イメージ 16


 


 どうして、イルミネーションを見ると気分がワクワクするのでしょうか!

 光のロボットショー。
ロボットの上には登れるようになっていて、選ばれたお客さんが乗っていました。私も乗りたい・・・。
 
イメージ 1


 先ほどの光の滝は、虹色にへんかしています。


 
イメージ 2


 橋が眼鏡のようだ。

イメージ 3


 パレードの出発地点に向かう途中で、パレードに遭遇してしまった。
光のアンブレラストリートを行進しています。

 
イメージ 4


 
イメージ 5


 黒猫を見て思わず手を振ってしまう。踊り子さんたちにも・・・。

 
イメージ 6


 ここでひとまずパレードから離れて、天空のツリーを見に行く。人工雪が造られていて子供達が遊んでいる。私も触ってみる。今年の初雪だ。

 天空のツリーは、きれいでしたあ!シンプルで素敵だ。

 
イメージ 7


 
イメージ 8


 再びパレードを見にゆく。水上ショーも開かれていた。船に乗って参加もできます。

イメージ 9


 パレードの終わりの方はちょっと暗くてよく見えなくなってしまった。
馬車だろうか・・・。

 
イメージ 10


 
イメージ 11



 終点は、ここアムステルダムシティの広場だ。昼間とは全く違います。

イメージ 12


 最初に行った、パレスハウステンボスに向かう。再入場券でイルミネーションを見るのだ。

 船着場だったところ。光の化粧でものすごくきれいになっていた。

 
イメージ 13


 
イメージ 14


 パレスハウステンボスでのジュエルイルミネーション。オーケストラに合わせて光が踊る。
これも素敵でした。光と音楽って相性がいいのでしょうか・・・。

 
イメージ 15


 一番高いドムトールンも光の衣装をまとって一段と素敵に。
プロジェクションマッピングも行われました。高さでは日本で一番のマッピングだそうです。

 
イメージ 16



イメージ 17


 こんなロマンチックな光の道を通って帰ります。恋人同士だったら、胸キュンものですよね!

イメージ 18


 最後は、フラワーロード。春になるとここはチューリップで埋め尽くされているに違いない。今は、光の花だ。


イメージ 19


 ホテルまでは、出口を出て2分ほどで到着。これから後は温泉が混むというので大急ぎで向かった。
風呂を上がって外に出たら、今入ってきた人達で、脱衣場は満員電車のようになっていた。

 ビールを買い忘れたのを後悔するも、着替えて行くのも面倒である。旅館だったら、スリッパと浴衣で行けるのだが・・・。

 まあいいや。おやすみなさーい。今日はたくさん歩いたよ。


 名古屋を7時6分ののぞみに乗って3時間20分で博多に到着。
ずいぶん早くなった気がする。

 ここからはバスに乗り換えて、佐世保へと向かいます。

 途中、展海峰というところで九十九島を眺める。以前平戸に行ったとき以来の光景だ。

 
イメージ 1


 ここからはハウステンボスは、すぐだった。佐世保の軍港を見ながらバスは走って行き、2時半前にはホテルについた。

 チェックインをして、ホテルから出ている船に乗って運河からハウステンボスに入りました。
テンボスは、分譲住宅もあり普通に暮らしていらっしゃるかたもいて、そういう方の家がずらっと並んでいる。
 ボートを係留した家もあり、「お金持ちもいるのだなあ」と改めて思う。

 
イメージ 2


 風車と我々が宿泊したホテル。このホテルは温泉が有ります。

イメージ 3


 跳ね橋もちゃんとあります。

イメージ 4


 見上げるタワーは、ここで一番高いドムトールンだ。

イメージ 5


 ここで下船して、まずは一番奥にあるパレスハウステンボスに向かった。
企画展の1つ胡蝶蘭の展覧会が開かれていて、珍しい種類の物もたくさんあった。

 
イメージ 6


 青い胡蝶蘭。

イメージ 7


 金箔をあしらってある。

イメージ 8


 こちらは、レインボウカラーだ。

イメージ 9


花を使ったオブジェ。

イメージ 10


 庭にも出てみました。此処は何処?といったかじです。

イメージ 11


 夜にはこの庭園で光のショーが有るので、もう一度訪れる予定です。

 一旦ここを離れて、ハーバータウンに向かい、陶器の美術館に入った。

 磁器の間。ベルリンのシャルロッテンブルク城の磁器の間をもしたものらしい。本物もみているが、よくできていると思う。

 
イメージ 12


 アムステルダムシティまで戻って来ました。そろそろ日が傾き始めてきている。 
お腹もすいていきたし、光のショーが始まる前にお腹に何かを入れておきたいな。

 
イメージ 13


 花時計が綺麗です。

イメージ 14

 
 イタリアレストランで、ピザとワインをいただいて外に出てきたらこんな光景になっていました。

 
イメージ 15


 慌ててアトラクション会場に向かった。

 
イメージ 16

 

このページのトップヘ