好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:瀬戸内の島々 > 瀬戸内海 直島、犬島


 次は、S邸。コンタクトレンズという名前の作品は、荒神明香氏の作品で、透明の緩やかにカーブしたアクリル板に、大きさや焦点の異なるレンズがたくさん嵌め込まれている。

 水玉のように見えるのがレンズだ。

 
イメージ 1



イメージ 2


 さやかな人目を引くこの作品は、S邸と同じアーティストによるものだ。
やはり透明のカーブしたアクリル板を使っていて、中に造花の花びらが対称に貼り付けられている。

 A邸。リフレクトゥ。

イメージ 3

 
 中から見ると

イメージ 4


 坂道を登っていくと、小さな神社が有りその先に有るのが中の谷東屋だ。この作品は、休憩所にもなっています。

 ちょうど外国の方が腰かけられていた。妹島和世氏の設計です。


イメージ 5

 
 この前の道を、かなり歩いていきこの道で合っているんかしらと不安になるころに予約到着したのが、犬島暮らしの植物園だ。

 畑の真ん中に温室が有り、取り囲むように花畑が拵えられている。ここではピザを約体験ができるようだ。立派な鶏が放し飼いになっていて、お茶でも飲みながらのんびり過ごすのが良さそうな感じだ。

 暮らしの植物園。こちらも妹島和世氏の設計です。

イメージ 6


 移動中、ユニークな家を発見。犬島だからこういう作品になったんかな。わんこは、様々な形や大きさの陶板を張り合わせたもの。

 個人のお宅ではなくて、公共のものかな・・・。

 
イメージ 7


 家も残り2邸となりました。

 坂道を下ったところにあるのがC邸。かなり大きな家で、築約200年の家を改修したものだ。
中には、水糸が縦横無尽に張り巡らされている。ハンモックのようにも見えるので、一寸乗ってみたくなる。

 C邸。アーティストは、下平千夏氏。
 
イメージ 8



 
 すぐ下にある家が、最後となるI邸です。
中には、向かい合うようにして3つの鏡が置かれていて。真ん中に立つと面白い空間が映し出される。

 アーティストは、オラファー・エリアソン氏です。

 I邸。

 
イメージ 9


 再集合場所のチケットセンターまでは、海沿いを歩いていく。

 道にもこんな絵が描かれていました。アートと落書きの差は?

 
イメージ 10


 海岸沿いにたくさんの巨石がごろごろしている。そういえばここは花崗岩の搬出が盛んだったな、想像の鬼ヶ島もこんなふんいきなんだが・・・。
 岡山には、桃太郎伝説が有るけれど、鬼ヶ島ってどこのことなんだろう?

 
イメージ 11

 
 島民の姿を見ることは無く、会うのは、ツアー仲間か、観光の関係者ばかりです。

 面白いもの発見。犬ガチャだって!しかも移動式だ。

 
イメージ 12

 
 お昼は、海を見ながらお弁当をいただき、3時過ぎには高松へ戻って来ました。
この後マリンライナーに乗り、岡山からは新幹線、名古屋へは夜の8時半頃に到着する予定だ。

 待ち時間に、駅近くをちょっと探検です。

 遠くからも目立っているこの着ぐるみは、「ヤドン」。ポケモンシリーズに登場していて、プロフィールによると分類:まぬけポケモン、タイプ:みず・エスパー、特製:鈍感・マイペース、重さ36kg、高さ120センチとある。
 いつもボーっとしていて、何を考えているかわからない。尻尾の先から甘みがにじみでていて、栄養は無いがかんでいると幸せな気分になれる。まぬけで動きが鈍くあくびをすると雨が降るという言い伝えがある。

 2018年、4月1日(エイプリール)・・・・うどん県がヤドン県に改名し、それを記念してヤドンのコラボ商品が発表されるといった、嘘のようにも見える動画が配信されたのですって。
 改名はもちろん嘘ですが、コラボ商品の話は嘘ではなくて販売が始まったということらしい。

 何も知らない私が見ても、可愛い!!!!
撮影会らしく、みなポーズをとってヤドンと一緒にカメラに納まっていました。

 
イメージ 13


 この建物はユニークでしょ。中に入ってみましょう。

 
イメージ 14


 隣のビルの屋上に、庭園があり解放されている様なのでそちらにも行ってみました。

 階段状の屋上庭園。

 
イメージ 15


 サンポート地区が一望できた。

イメージ 16


 真ん中にある、不思議な形の物体は、リン・シュロン氏の作品「国境を越えて・海」です。種の漂流をイメージした「種の船」ですって。

 
イメージ 17

   
 ヨットがたくさん集まっていました。

イメージ 18


 平氏と源氏の戦いでも有名な屋島が見えている。

イメージ 19


 自由席だというので、ちょっと早めにホームに向かい、席を確保する。
マリンライナー。瀬戸大橋開通30周年のヘッドマークがついている。

 
イメージ 20


 瀬戸大橋を渡るのも久しぶりです。窓にかぶりついて、「え!こんなんだっけ?」なんて思ってしまった。

 


 朝食の前に歩いて10分ほどの玉藻城まで行ってみる。
門はすでに開いていたが、中を見て回るほどの時間は無い。

 前回訪れたことも有るので、今回は外から見ただけで戻って来ました。

 艮櫓

イメージ 1


 海水を引き込んでいる濠

イメージ 2



イメージ 3


 犬島に渡る航路は少ない。今回は、高松港から海上タクシーをチャーターしていくのだ。団体だとこういう裏技が使える。
 犬島は、岡山市に属し人口は、現在50人ほど、面積約0.54㎢、周囲約3.6㎞。
江戸時代より、良質な花崗岩の産出地として知られ近年まで続いていた。

 1909年、煙害対策原料の輸送の利便性から精錬所が建設されたが、銅価格の大暴落により、わずか10年で操業を中止した。
 犬島も、瀬戸内アートの島の1つで、家プロジェクトが展開されている。

 高松港のアート作品

イメージ 4


 直島行きのフェリー。草間作品の水玉を意識しているのかな、可愛い。

イメージ 5


 タクシーに乗ること1時間あまり、小さな港に到着。
チケットセンターに立ち寄り、トイレなどをすます。

 
イメージ 6


 この後はチケット片手に各々で島を巡ります。
まずは、中核になる犬島精練所美術館へ向かう。

 銅の精錬過程で発生する鉱滓からなるカラミレンガ造りの工場跡や煙突などかつての精錬所の姿を思い起こさせる遺構が多く残されていて、日本の産業発展の役割を果たした遺構として、平成19年に「近代化産業遺産群33」に認定された。

 入り口までは、5分もかかりません。

イメージ 7


 美術館の建物前までやって来た。係りの人の案内が有るまでここで待ちます。内部はやはり撮影できません。
外観はこんな感じ。石積みの部分を見学し、最後にガラスの建物で終わる。

イメージ 8


 
イメージ 9


 美術館は、精錬所の遺構をうまく活用したもので、自然のエネルギーを利用して環境に負担を与えないように設計された三分一博の建築と、日本の近代化の有り方に警鐘を鳴らした、三島由紀夫をモチーフにした柳幸典のアートワークで構成されている。
 
 外光の取り入れ方の面白が堪能できるし、三島の小説の世界観を感じることができた。

 中にある、木組みも作品の1つです。

 
イメージ 10


 ここから海を見たところ

イメージ 11


 美術館の上から煙突を見る。4本あるようだ。

イメージ 13


 窯跡かな。

 
イメージ 12


 小さな仕切りがいっぱい。

イメージ 14


 右の煙突は、半分崩れかけて斜めに立っている。この辺りが敷地内で一番高いところだ。

イメージ 15


 
イメージ 16



 海に近いところには大きな建物が残っていました。 確かに海が近いとモノを運ぶのには便利そうだ。

イメージ 17


 海沿いに、レンガが敷かれています。普通のレンガより重厚感がある。

 
イメージ 18


 遠くにチケットセンターが見えている。

イメージ 19


 これは、家プロジェクトの作品です。
犬島の家プロジェクトは、アーティスティックディレクターの長谷川裕子氏と建築家の妹島和世氏が、2010年集落にて企画展示を目的とした3つのギャラリー「F邸」「S邸」「I邸」等を公開。2013年に、新たに2つのギャラリー「A邸」「C邸」が加わった。
 そしてアーティストの作品とギャラリーを公開している。

 F邸。中の作品は、名和晃平氏による。

イメージ 20


 
イメージ 21


 続いて、こちらは石職人の家跡。

浅井祐介氏の作品。ゴム素材を地面に焼き付ける手法で絵を描いている。

イメージ 22

まだまだ続きます。




 島の東側に位置する本村地区には「、家プロジェクト」という、アートプロジェクトが展開されている。

 本村は、戦国時代から現在に至るまで様々な場面で志摩の中心的役割をになって来た地区で、古い家屋には400年を超すものもあるという。

 ここに点在していた空き家を、改修してアーティストが空間そのものを作品化したものが「家プロジェクト」だ。

 それらは、①角屋 ②南寺 ③護王神社 ④石橋 ⑤碁会所 ⑥はいしゃの ⑦きんざ(完全予約制)である。

 他にも、建築家西沢立衛が空間デザインした本村ラウンジや安藤忠雄設計のANDO MUSEUMなどがある。

 それらを歩いて回ります。
島は狭く我々の尺度で歩いているとあっという間に抜けてしまったりするので、慣れないうちは行ったり来たりを繰り返す。

 まずは、南寺。名前からもわかるように、この地にはかつて寺が有った。安藤忠雄設計の木造建築内に有るタレルの作品は、暗闇の中に目が慣れてくると光を感じるという体験そのものを作品としている。
 家プロジェクトは、外観の撮影はOKなのだが、内部はNGでした。

 定員制で、中に入ると、真っ暗闇の世界が広がっている。闇は本当に怖い。
 壁づたいに歩いていき、突き当ったら腰掛けてひたすら闇になれる。
 すると、今まで見えていなかったものがぼんやりと浮かんできた。それはわずかな光。
そして言われるがままに、闇の中を前方に歩いていく。そこには、わずかな光源が出ていた。
 最初は何も見えなかったのに・・・明かりはあったのだ。

 ただこれだけの体験なのだが・・・・。

 南寺の外観。闇を演出するので窓も何もない。

 
イメージ 1


 行きつ戻りつして、やって来たのが角屋。
築約200年の家屋を改修したもので、宮島達男氏の作品。

 
イメージ 2


 角屋の前の道を進んで丘の上に行くと護王神社が有る。

 江戸時代から祀られている神社の改築に合わせて杉本博司氏が設計したものだ。石室と本殿は、ガラスの階段で結ばれていて、地下と地上が1つの世界を形成している。

 護王神社

 
イメージ 3


 本殿

イメージ 4


 回りこんで石室。
本殿に続く階段。

イメージ 5


 外に続く道。

イメージ 6


 降りてきて、角屋の横の道を進み、タバコ屋を左折する。

イメージ 7


 道なりに進んでいくと、碁会所ときんざが隣り合って建っている。

 碁会所という名称は、かつてここに島の若者たちが集まって、碁を楽しんでいたことに由来している。
中に入ると、シンプルな庭が有り、両手に和室が2つある。

 碁会所。
 
イメージ 8

 
 島の家は、潮から守るためなのか焼杉が多用されている。

イメージ 13


さらに進むと、町役場が有る。これも面白い形をしている。
 直島は、香川県香川郡に属し、人口3139人(2015)とある。近年アートな町として海外にも知られています。
 1672年頃から天領となり幕末を迎える。1917年に三菱合資会社が操業を開始すると、企業城下町として急速に発展し人口の流出に歯止めがかかるとともに税収も確保された。

 
イメージ 9


 地区外れにあるのが、はいしゃ。名前の通りかつて歯医者が営まれていた。住居兼診療所だった所を、大竹伸郎が丸ごと作品化した。 

 入り口部分は、面影が残っているが、診察室の天井は取り払われ、1つの空間になっていた。びっくりしたのは。狭い空間に窮屈そうに自由の女神が鎮座していたことで、クレーンで吊り上げて入れたそうだが、何ともユニークだ。でも女神さまは、自由とは程遠い環境になってしまったね。

 はいしゃ

イメージ 10

 

イメージ 11


 もどって、海沿いに歩いていく。小路には、民家を改装したお店が並ぶ。

イメージ 12


 さいごは、石橋。とても大きなお宅で、かつて製塩業を営んでいたという。
画家の千住博氏が、2つの空間に「空の庭」「ザ、フォールズ」の襖絵を描いている。

 石橋

イメージ 14

 
 駐車場まで戻ります。何でもない、曲がりくねった道を歩くのはとても楽しい。

 
イメージ 15


 ANDOミュージアムの前まで来て時計を見ると、集合時間まで20分ほどしかない。中にいられるのは10分くらいだが、逃したら多分もう来れないと思い、入場することにした。

 ミュージアム外観。
築約100年の木造民家の中にコンクリートを嵌め込んだ感じでした。元あるものを損なわず過去と現在、木造とコンクリート、対立した要素が重なる空間となっていました。

 
イメージ 16


 パンフレットから

イメージ 17


 大急ぎで見て回り、走って駐車場に向かう。

 宮浦港まで戻り、バスは岡山に戻り我々は、高松に向かった。
 1時間ほどで、フェリーターミナルに到着。

 それこそ何年ぶりだろうか・・・・。港も綺麗になって、新しい建物がたくさんできていた。

 送迎バスで、ホテルに向かう。

 

 


 気になって仕方がなく、何度か計画を立てても見たのだが、両方の島を個人で短期間巡るのは案外難しい犬島と直島。

 ツアーが出ていました。でもこちらも、第一希望日は、人数が集まらなくてキャンセル。

 仕方なく第2希望日で、ゴールデンウィークにかかるもようやく行って来ました。

 名古屋を、7時25分の早い新幹線に乗り、岡山に向かう。岡山で、地元のバスに乗り換え、宇野港へと向かった。

 そして宇野港からは、フェリーでバスごと直島に向かいます。
新造船で快適。トイレもきれいで感激だ!

 
イメージ 1



イメージ 10



 20分ほどの乗船で、直島に到着。あら、近いわ。ちなみにお客さんは、欧米の方々が多かった。何でも、直島を含むアートな島々は、海外の方達に人気があるそうだ。

 この日も、家族で自転車に乗って島内を回る親子連れの姿をたくさん見かけました。

 フェリーが到着したのは、宮浦地区で、草間彌生さんの赤かぼちゃが出迎えてくれます。

 
イメージ 2


 中に入れるようになっている。

イメージ 3


 でこんな感じでした。

イメージ 4


 外を見るとこんな感じで、絵画の様な雰囲気だ。

イメージ 5


 近くには、直島パヴィリオンもある。これは、建築家藤本壮介氏によるもので、27の島々からなる直島諸島の28番目の島というコンセプトで誕生した。約250枚のステンレス製の網でできています。

 
イメージ 6


 小さな神社に、応神天皇が腰かけたという石が・・・。4世紀、瀬戸内海を回った天皇がこの石に腰掛けて平安を祈ったそうです。

イメージ 7


 近くにある、直島銭湯には、時間がなくて行けず。
バスで、地中美術館に向かいます。道路から少し外れた空間に、様々な作品が展示されていて、これらを歩いてみて回ったら楽しいだろうなと思う。ここを訪れる方々は、1泊して、歩きか自転車で島を巡るのがいいと思います。

 
イメージ 8


 黄色のかぼちゃも有ります。

イメージ 9


 地中美術館は、規則がとても厳しいです。時間にならないとチケット販売を行わないというので、バスの中で待たされた。個人ならそんな事も無いのかもしれませんが・・・・。

 館内はもちろん、建物自体が作品なので写真を撮ることもできない。なんとなく宗教的な雰囲気に満ちていて、不思議な空間でした。

 美術館に向かう小路には、モネが愛したとという草花や樹木が植えられていました。
地中の庭

 
 
イメージ 11



イメージ 12


 入り口の所。

イメージ 13


 地中美術館には、モネ、ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレルの作品を、安藤忠雄設計の建築に恒久設置してある。
 その建築は、瀬戸内海の景観を損なわないように、大半が地下に埋没している。素材は、コンクリート・鉄・ガラス・木が使われていて、光はすべて天然の光だ。

 パンフレットには、上空から撮った写真が載せられているが、これを見ると地中美術館ということがよくわかる。

 
イメージ 14



 内部は、迷路にも似た上下、左右を斜めに水平にと移動して回る仕組みになっている。
  
 パンフレットの写真の左側から入る。


 高いコンクリートの壁で、外界と遮断されたような雰囲気になる。3つの部屋は、どういう順番に見て行ってもくるりと回ってこられる。

 途中、と草の生えている四角い空間とか、岩石が敷き詰められた三角の空間などが有る。これらは中庭の様な雰囲気だ。
 写真の吹き抜けになっている部分である。

 マリアの部屋は、階段のある長方形の部屋で、大きな丸い磨き上げられた石が中央に据えられていて、神殿の様な雰囲気がして、素敵。周りには、金箔を施した木製の彫刻が置かれている。

 この部屋は、写真の長方形の部分。

 スリットの入ったいかにも安藤氏の設計いう感じのスロープを登って、上のモネの部屋へ・・・。

 パンフレットの一番右、ピラミッドの様な形をしている部屋。
正面に大作「睡蓮の池」が置かれていて、我々を迎えてくれる。感心するくらい光の入り具合が気持ちいい。

 係りの人達が各部屋にいるのだが、彼らは白い服を着ているので、何となく宗教者の様に見えてしまう。これは多分目立たないようにと言う配慮だろうがかえって目立つ。

 最後は、同じフロアにあるタレルの部屋だ。ここは光そのものがアートだという考え。四角いはやの上が切り取られていて、空が見える。壁にもたれて、じっと空を見ている。音の無い世界で、ウグイスの声が時折耳に入ってくるだけだ。

 
イメージ 15


 もう一つの部屋は、明かりがない。現代人は、闇になれていないのでちょっと怖い。

 最上階には、カフェも有り外に出られるようになっていて、瀬戸内海が一望できる。
パンフレットの右側、平らに見えている部分が建物の外だ。
 
ビールの小瓶を片手に、外の階段に座り、けしきをつまみにぐいっといく。
 
 のどにしみわたり、ああしあわせだあ・・・。
 
 
イメージ 16


 この後は、家プロジェクトのある本村地区に移動します。
 


 

このページのトップヘ