好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:北陸地方 > 越前サクラの旅

チェックアウトして、荷物を預けてから、歩いて1分の駅まで向かう。
 
観光案内所で、虹の松原への行き方を聞く。
 
市内循環バスに乗り10分ほどで、シーサイドホテルというバス停で降りると、そこが松原の西の端っこに当たる。初代藩主が慶長年間に植樹したもので約100万本のクロマツは、潮風を防いでいる。
 
 全部を歩きとおすことは、しんどいのですこしだけ歩いてみたが、誰もいない松林の中というのは案外恐ろしく早々と引きかえす。
 
イメージ 1
  
ここから城までは、600mほどの距離である。
舞鶴橋から見た唐津城はとても優美である。
イメージ 2
 
唐津城は、豊臣秀吉の家臣、寺沢志摩広高が、1602年から7年の歳月を費やして完成させた。
別名舞鶴城。現代の城閣は、昭和41年に観光施設として完成したものである。
 
城からは、玄界灘が一望できる。
イメージ 11
 
参拝すると、宝くじが当たることで有名な宝当神社は、城下から出ている船ですぐである。
 
イメージ 12
 
天守に入ったところで、ゆるキャラで人気の出ている、からわんくんの出迎えを受けた。かわいいな!
イメージ 13
 
城を降りて海沿いの石垣の散歩道を進んで行くと、旧高取邸に行ける。
この屋敷は絶対に見逃せない。
 
約2300坪という広大な敷地に、大きな2棟の建物が建っている。それは、居室棟と大広間棟と呼ばれ、大正・明治期に建てられた。
 
和風を基調としながらも、そこそこに意匠を凝らしたつくりが見られ、輸入の製品もたくさん使われている。光の遊びをふんだんに取り入れてあり、そこに居るものをゆったりとさせてくれる。
 
見事な杉戸絵は、1人の画家によるものだという。
 
大広間棟には、何と能舞台もしつらえてあるのだが、今は使われることがないという。なんだかもったいない話であるが・・・・。
 
内部は、撮影禁止なので、外観の写真しかないのが残念であります。
イメージ 14
 
唯一の洋間、これ実は木造です。
イメージ 15
 
大広間棟外観
イメージ 16
 
 母屋の周りには、使用人のふろや家族のふろ食糧庫・貯蔵庫・土蔵などがあり、何とワインセラーまであったのには驚き。中身はみなからでしたが・・・(>_<)
 
手前の黄色の壁の建物がお風呂です。
イメージ 17
 
いいものを見させていただいたなと足取りも軽い。
 
次に向かったのは、河村美術館だ。
全然知らなかったのだが、青木繁の作品が18点もあるのだ。青木は九州出身なのでその縁で収集したのだろうか。
 
続いて、唐津っ子の心のふるさと、唐津くんちの曳山を展示してある曳き山展示場に、入った。
写真などでよく見る鯛の曳山が目に飛び込んでくる。
 
くんちは、毎年11月の3・4日の行われ、市中を曳山が競い合いながら引き回される。
くんちは、重さ2~4トン。一閑張工法で作られていて、完成までには2年ほどようするという。
全部で14基あり、曳き台にて曳かれていく。
 
  源義経
イメージ 3
 
イメージ 4
 
この後は、大名小路から、旧唐津銀行に向かいます。
 
あの有名な建築家、辰野金吾は、ここ唐津藩の出身だという。その縁で、唐津銀行の設計を同級生から頼まれるのだが、当時金吾は「東京駅」の設計工事の真っ最中であったため、愛弟子の田中実にここの設計を委ねた。
 
 田中は、師匠の故郷であることをかんがみ、建築全体のデザインには「辰野式」を採用した。
 
平成22年に修復を終え、公開されるようになった。
イメージ 5
 
一階は、営業のためのスペースで、カウンターや金庫室などがあり、吹き抜けになっている。
階段室から2階に上がると、マントルピースのある部屋があり、展示室になっている。
 
イメージ 6
 
吹き抜け部分
イメージ 7
 
ここまで、休憩も取らないで歩いてきたので、さすがに少々疲れてきた。
が、もうひと踏ん張り。
 
最後は、近松寺だ。といっても何も知識はなく、地図に記されていたので行ってみるといったところか。
観覧料は無料で、本堂の後ろには、舞鶴園という、庭がある。これは、豊臣秀吉に随行した曽呂利新座衛門が、唐津湾の風景を写して造園したと伝えれれている。
 
京都のお寺のような感じです。
イメージ 8
 
びっくりしたのは、近松門左衛門のお墓があったことだ。
イメージ 9
 
イメージ 10
 
 近松って大阪生まれだと思っていた(>_<)
 
唐津は思いのほか深く楽しかった。
ここでやっと、お昼をいただく。佐賀牛のカレーです。
 
帰りは、JRと地下鉄を乗り継いで、福岡空港から帰るのだ。
 
1時間すこしで、空港に着いたのだが、機体の到着が遅れているとかで出発時間が遅れるとある。
早く家に帰りたいのだが、仕方がない。
 
当初は、10分ほどの遅延の予定だったのが結局30分遅れの搭乗となってしまった。
しかもだ、あわて者が1人いた。彼は、お粗末にも自分の頭をトランクの収納部分にぶっつけたのだ。案外強く打ったのか少し血が出ていた。
 
心配した地上職員やアテンダントは、世話をする。名古屋への最終便は、この後なので、上空で気圧の変化で出血がひどくなってもまずいということになり、急きょ彼は降機ということになった。
手荷物だけならよかったのだが、預け荷物があったから厄介である。いったん積み込んだ手荷物の中から探し出すということになったので、ますます遅れることとなってしまったのだ(+_+)
 
そんなこんなで、大幅に遅れての離陸となったのだ。
 
中部に着いてから、私は走ったよう!連絡の列車の運行間隔がこの時間はかなりあるのだ。この列車を逃すと30分は待たねばならない。
 
走れ!走れ!
 
幸い荷物はないので身軽なものだ。でも息は切れた・・・・。
 
切符は、ともかく1区間を買う。後で精算すればいいのだもの・・・。
 
おかげで何とか間に合いました!(^^)!あー、よかった。
 
 
 
 
 
 

 
二日目は、8時にホテルを出発。
鯖江市に向かう。
 
鯖江は眼鏡のつるで有名なところだが、訪問するのは初めてだ。
 
天気は、曇り。何とか持ってくれるといいのだが・・・。
 
着いたところは、西山公園。
全然聞いたことがないのだけれど、桜百選の公園に指定はされているようだ・・・。
期待していなかったのだが、ここはとてもよかった。
 
イメージ 3
 
イメージ 1
 
イメージ 4
桜の他にも、小さな動物園があり、レっサーパンダやお猿さん、丹頂鶴などが飼育されている。
イメージ 5
 
頂上の展望台に向かう道には、お地蔵さまも鎮座している。誰かが奉納したのだろうな・・・。
 
イメージ 6
 
陸橋を渡った向こうの山には、庭園があり池もある。花びらが・・・
イメージ 7
 
 この公園は、つつじもきれいだという。機会があったらまた来てみたいな。
 
続いてバスは、花筐公園に向かう。ここの山頂には、薄墨桜があり、福井県の天然記念物になっているという。薄墨桜は、根尾のものが有名でそちらは訪れたことがあるのだが、ここにもあるなんて知らなかったな。
 
 ところがまるで登山のような感じでした。山を30分ほど登ってやっとご対面でした。時期が遅いのか、あまりきれいでは無くてちょっと残念。
 孫桜というのもありこちらは、樹齢400年ほどです。
 
イメージ 8
 
ふもとの公園の桜もなかなかきれいでした。
 
イメージ 9
 
 花より団子というわけではないですが、そばの里に行き越前そばの試食をします。他にも水ようかんも試食しました。
 
 昼食は、自由食なので日本海魚街でいただきました。何度も訪れているので、ここはちょっとあきたな・・・。
 
さらに定番のタカハシ昆布館に行き、こぶやお菓子の試食をする。海藻は大好きなのでいろいろ試して歩く。
2種類のおぼろこぶを買いました。
 
ここから、海沿いの金崎宮に向かい、戦国時代に思いを巡らす。
 
海岸の際まで線路があり、敦賀港駅とある。貨物専用の線路のようだ。
イメージ 10
金崎宮は、金崎城のあった場所につくられたお宮で、花替え祭りで有名である。
残念ながら、祭りの期間は過ぎていたので見物はできませんでした。
 
ここで、信長は朝倉軍と浅井長政の軍勢に挟まれてしまい、秀吉の機転で何とか京まで戻ることができたのだという。
イメージ 2
背後の山には戦いで焼けた焼米の出土した場所などが残されている。
 
そして、最後はやはりお約束の小牧のかまぼこ店での試食タイムです。
何種類かのかまぼこが、試食できるのだ。
 
これですべての工程は終わりです。
後は一路、名古屋に向かう。
 
土曜日だというのに道はすいており、予定よりかなり早くつくことができた。
 
 
 

イメージ 6
 
上の写真は、西光寺にある勝家とお市の墓です。
思ったより小さくて質素、逆族だからですかね(徳川から見て)
 
ホテルからすぐのところに足羽川が流れている。
 
橋の上に立って、眺めるとずっと遠くまで並木が続いていいる。
曇りなのが本当に残念(>_<)
 
トンネルのなっている堤防を、どこまでも歩いていく。
 
ここでも震災の影響か、ライトアップは例年に比べると控えめになっているそうです。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 5
暗くなってきたので、ダイニングバーに入って夕食をいただく。
ここでも話題は、震災での自粛の話に及ぶ。
官公庁の歓送迎会は、100%キャンセルになったそうだ・・・。
ワインと焼酎を飲みながら、春野菜の炊き合わせと、たこの軟らか煮、ホタルイカのてんぷらなどをいただく。
 
ホロ酔い加減で、福井城の夜桜見物に行くことにした。
 
火照った顔には夜風が気持ちいいです。
 
福井城は、天守はなく石垣と堀のみが残っていました・・・。
 
イメージ 4
 
 
 

 
 昨年は、近場での桜見物だったので今年はちょっと遠出をしました。
 
震災の影響で、どこの観光地も例年に比べて随分すいているそうです。
 
1泊2日の旅は、30人のお客を乗せて名古屋駅を出発した。
 
名神から北陸道に入り、最初に着いたのは一乗谷遺跡だ。
ここは、かなり以前に訪れたことがあったのだが、そのころと比べるとかなり整備された感じです。
 
かのソフトバンクのお父さんのCMでも有名になったところです。
 
復元された町並みや、庭園跡などを見学した。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
電線がないので、時代劇の撮影によくつかわれるらしいです。
 
一乗谷川をはさんで反対側には、庭園の遺跡や朝倉義景の墓などもある。
庭園入口の唐門が美しい。
イメージ 4
 
こんな恰好のお年寄り達が働いていました。なんだか時代をタイムトリップしたような錯覚を覚えました。
イメージ 5
 
続いて桜を求めて向かったのは、現存する天守閣の中では一番古いという丸岡城だ。
この城は、別名霞が城とも呼ばれ、屋根が全部石瓦で葺かれているのが特徴である。
 
もちろん入場します。別料金300円なり。
 
高さはあまりないので、素晴らしい景色というわけでは無くてちょっとがっかりです。
 
でも桜は満開でした。(*^_^*)
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
しだれ桜がきれいでした。
イメージ 8
 
バスは福井市に入っていきます。
北の庄城址公園は、最近発掘されたとか・・・それまでは文献での記述のみでしたが、さっ屈調査の結果その存在が確認されたとのこと。
 
柴田勝家にちなんで、今大河ドラマで話題の3姉妹の銅像もありました。
 
そして柴田勝家のお墓のある西光寺をお参りして本日の宿に到着。
 
荷物を置いたら、早速出かけましょ!
 
 
 

このページのトップヘ