好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:北海道 > 道南と青森北東部の旅

 今日は、最終日。車で奥入瀬渓谷の石ヶ戸まで向かいます。
石ヶ戸で、ガイドさんと合流して、歩き始めます。渓流を歩く時は、下流から上流に向かって歩くのが景色を楽しめていいのですって。
 ここの所の雨によって、あまり水も濁らず増水もしないという流れだが、さすがに水かさが多く透明度も低い。
石ヶ戸から子ノ口までの8kmちょっとを3時間ほど掛けて楽しみながら歩く。
 渓流に沿ってほぼ同じ高さに歩道があり、高いところから渓谷を眺めながら歩くのとはまた違った感じだ。
 私も今回で3度目になるのだが、車やバスだとスポットの歩きになってしまい、長い距離を歩く今回は楽しみにしていた。
 案内所のある石ヶ戸辺りの流れ
石ヶ戸
 ヤグルマソウ。
ヤグルマソウ
 メディアやポスターなどでも人気のスポット阿修羅の流れ。名前のセンスがひかる。
阿修羅の流れ

水量が多い
 おいらせは、流れが一定なので、川の中の樹々も流されることなく育ち、苔もつく。
緑だけ
 緑一色の中でとても目立っていた紫陽花。
ピンクのアジサイ
 オオウバユリの蕾も
オオウバユリ
 渓流沿いにはたくさんの滝が有り、歩いてこそ見ることができるものもある。
千筋の滝
千筋の滝
 雲井の滝は、滝のそばまで行くことができる。高さ20mで3段になって落下しています。
雲井の滝
 白布の滝。
白布の滝。
支流から本流に流れ込む多くの滝は、長い年月の間に本流の川底が浸食され、本流と支流の川床の間に大きな落差が生じてできたものなのですって!元々は同じような高さだったなんて、自然てすごい。
 途中で、おにぎりをほおばり小休止。こういうところで食べると本当に美味しい。
緑の谷と呼ばれている奥入瀬の森の主な樹木は、トチ、カツラ、サワグルミの3種で、川より高い河岸段丘沿いにはブナ、ミズナラなどが目立つ。
 この辺りは、カエデや紅葉が目立っていた。秋になると全く違う様相を見せてくれるのだ。
オゾンを吸って
 9段の滝
九段の滝
 異様なほどコブが発達した木。
異様な木
 本流大滝は、本流にかかる滝で高さ7m、幅20m。十和田湖への魚の遡上を妨げ、魚止めの滝とも呼ばれてる。
銚子大滝
 ここを過ぎると、ちょっと雰囲気が変わりました。
 歩いて来たところを振り返る。
DSC04249
 そしてゴールで有り、十和田湖からの水の流れ出る子ノ口。
子ノ口から見ると
 何時もにぎわっている十和田湖も、ほとんど人がいませんでした。
  ガイド氏と別れ、青森空港へ向かう。酸ヶ湯や八甲田ロープウェイのそばを通ってゆく。
 
 17時ちょうどの伊丹行きに乗りました。
 自粛明けの本格的な旅としては、人がいないところを回ったので良かった気がする。
 そんなことを思っていたら、大阪上空に来ていました。
大阪上空
 

 ネギの仲間だというアサツキ。ネギより薄い「あさぎ色」の葉が、名前の由来です。
アサツキ
 この岩は、ウミウの繁殖地です。時期になるともっと真っ白になるので白岩と名前がついているが、今の時期はそれほどでもない気がする。
DSC04171
 ところが角度が変わると白さが増していった。
DSC04174
 ルートは、海岸線から淀の松原と言う松林の中に進んでいく。樹齢100年を超えるものもあり、風の辺りが全然違っていて、防風林の役目があるなあと感じた。
 そこを過ぎるといきなり視界が開け、広大な芝生の広場が現れた。
DSC04179
種差海岸です。天然の芝生が海岸線まで接している景観は、我々の気持ちを壮大なゆったりとした気分にさせてくれる。ここには、環境省の管轄のインフォメーションセンターもあり、トイレや休憩所もあるので我々も立ち寄りました。
種差海岸
 鮫駅からここまで歩いて来ました。目的地はすぐそこに見えますが・・。
DSC04184
 左に海を見ながら再び歩き始める。本来なら海岸線を歩く予定だったのだが、昨日の雨であちこちに川ができてしまい大事をとって、道路を歩くことになった。
種差海岸、
 高岩展望台に上り、ウミネコの繁殖地である弁天島までやって来た。ここも元々島だったのだが、現在は漁港と陸続きになってしまった。ここの鳥居は、東日本大震災の時に流失してしまったが、約7000㎞離れたアメリカのオレゴン州の海岸に一部が流れ着いた。平成27年、返還され、翌年に再建されたのだという。
弁天島の鳥居
 ここからは、大久喜の駅まで戻ります。途中にあった浜小屋。
浜小屋
DSC04199
 残念ながら中には入れませんでした。
 そして、大久喜駅に到着。ここでガイド氏と別れ八戸に戻りました。
DSC04201
 天気も良く、楽しく歩けて良かったです。夜には、美味しい食事とお酒で、ささやかな打ち上げパーティを・・・。3人だけのツアーという贅沢な旅に感謝!
 明日は、奥入瀬渓谷を歩居た後空港に向かい解散です。


 晴れ!朝食前に、八戸城址まで散歩してきた。
 タクシーで、本八戸まで向かい、列車で鮫駅に向かう。ここでガイド氏と待ち合わせをしているのだ。
合流後、熱を測り、体調に関する簡単な質問を受けいざ出発です。これから歩くみちのく潮風トレイルは、環境省の関係なので中々慎重です。

 トレイルの出発点は、ウミネコの繁殖地で有名な蕪島だ。途中、市場や倉庫街を抜けて歩く。やがて前方に蕪島が見えて来た。
DSC04121
 フン除けの傘が無料貸し出しされてますが、まともな形をしたものはあまりない。フンにあたると、運がいいということで証明書がもらえるらしいのだが、当たりたくはない。
 蕪島は、今は陸続きになっているが元々は島で、ウミネコの繁殖地として天然記念物に指定されている。毎年飛来するウミネコは、3万から4万羽と言われている。
 この茶色いのが、ヒナです。
ヒナだらけ
 本殿は、3.11の大震災にも耐えたのに、その後火災で焼失してしまい、今は新しい建物になっていた。
再建された本殿
 いたるところにウミネコが・・・。
しめ縄
DSC04131
 そして、ここがトレイルのスタート地点だ。蕪島から福島県の相馬市までの海岸線をつなぐロングトレイルだ。風景、歴史、植物、野生動物など様々な自然を体で感じながら歩くことができる
今回はそのうちの2ルートを歩く予定だったのだが、階上ルートは無しになってしまったので、今日は蕪島から大久喜までの約13kmを歩きます。
みちのくトレイル出発点
 この石は何に見えるかな?鯨です。鯨の八戸太郎といい、海の神様として祀られていました。
鯨岩
 三陸海岸は、宮古より南はリアス式海岸だが、この辺り北部の方は海成段丘になっているのだという。
鮫門あたり
鮫門
鮫門灯台。
鮫門灯台
 ツリガネニンジン
ツリガネソウ
 イタコマイマイイシ
DSC04152
 葦毛崎展望台。太平洋戦争時には、海軍の監視所になっていたというが、この辺りは花の名所でもあり、ニッコウキスゲなどが斜面を覆い尽くすのだという。今回は、ちょっと時期がずれていたのでそこまでの群生は見ることができなかった。
葦毛崎
かまの口
DSC04156
 ノハナショウブ
ノハナショウブ
 ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲ
 ホタルブクロ
ホタルブクロ (2)
ギボウシに見えるのだが・・・。
ギボウシに似ているが
 スカシユリは、咲いている土壌によって茎の長さが違う。風で折れないように工夫をしているのだ。
スカシユリ
 唯一の砂浜である大須賀海岸。約2、3㎞あるそうで、鳴き砂の浜としても有名なのだが、今回は昨日の豪雨で固まってしまっていました。この先には、海水浴場である白浜がありキャンプなども楽しめるようだ。
白浜
 ハマボウフウ
ハマボウフウ
 ガイド氏も初めて見たという、川の出現。昨日の雨であちこちにこういう川が出現していた。
川ができていた
 浅いところを見つけて渡ります。海水浴場にある小屋でお昼ごはんをいただき小休止をとった。

 字体が気に入ってしまった。
是川縄文館
 建物はこんな感じです。
IMG_20200712_143754
 看板にあるように、北海道・北東北の縄文遺跡群で世界遺産登録を目指しており、是川遺跡も含まれているのだ。
DSC04038
 中井遺跡からは、弓、櫛、腕輪、籃胎漆器など、赤漆塗りの木製品類が良好な状態で発掘されており、工芸的にも優れたもので縄文時代の技術を代表する遺物だという。
 弓
弓

漆を塗ってある

装飾品 (2)
 こちらは、復刻したもの
復元
DSC04047
DSC04053

DSC04054
 土偶もたくさん出土していますが、小ぶりなものが多い気がする。
DSC04067

出土品 (2)
展示室の最後は、国宝の合掌土偶でした。空いているので1人占めしてみることができる。
合掌土偶
DSC04092
 こんな具合に埋まっていた。
こんな状態で
 展示品の8割が重要文化財だという。凡人なので、そう聞くと何だかありがたいような気になってしまう。
 市内に戻り、一旦チェックインしてから歩いてポータルミュージアム・はっちに向かいます。
到着した後は、それぞれ好きなように動く。私は、外に出てとりあえずマンホールを探した後、はっちにもどった。
 この建物は、登録有形文化財になっている旧河内屋橋本合名会社の社屋だ。大正13年の大火で、市内中心街が焼失してしまったとき、いち早くこの社屋を再建して、復興のシンボル的な存在になったらしい。アールデコ調で、昭和初期の建築様式を伝えている。
IMG_20200712_160258
 はっちの中は、夕方になってしまったのでちょっと閑散としていて、人がいない。2,3,4階と回ってみましたが、寂しい感じでした。
 ミニチュアの食べ物紹介ですかね。詳細にできていてびっくり。
IMG_20200712_161227
IMG_20200712_161300
 お祭りで使われるものの様だ。
IMG_20200712_161323
 ホテルに戻りながら、八戸の文化ともいえる横町を見てゆく。もう少し暗くならないと、賑やかにはならないのだろうな。
 れんさ横丁
IMG_20200712_163232
 焼肉屋さんのダクトがすごいことになっていました。
IMG_20200712_164525
 雨も止んだので、明日は歩けるでしょう。思いがけず楽しい1日になりました。

 今日は、みちのくトレイルを歩く日なので、ホテルの朝食も特別に早く用意をしてもらい、8時前に出発。むつ市を後にして南下していくとだんだん雨脚が強くなってきた。
 ラジオでは、八戸市の上流の方で警報が出たと言っている。
慌ててネットを見てみると、八戸市そのものには、未だ警報は出ていないようだが馬淵川上流域は、氾濫の恐れがあるので早めの非難をとある。
 急遽、コンビニで車を止め、待ち合わせの現地ガイドさんに連絡を取り、様子を聞くことにした。
 長い間、電話で話していたが、結論から言うと、警報が出ている中アウトドアをするのは好ましくないということで、今日の歩きは中止。そして、明日に持ち越すこととなった。ということは明日の予定は無くなるという事だが、こういう場合は、仕方がない。
 で代わりに今日は何をするかという相談。添乗員さんの持っていたガイドブックを見ながら、それぞれ希望を伝える。車は、今日一旦返却する予定だったのだが、1日借りることとなったので、足の方は確保できているので安心だ。協議の結果、博物館・是川縄文館・ポータルミュージアムハッチそして昼食は、美味しいものが集まっている八食センターでということに落ち着いた。
 八戸も初めてではないのだが、全く記憶が無くて、食べたものしか覚えていないのが情けない・・。
 
 まずは、八戸市博物館に向かった。途中、馬淵川を渡ったのだが、確かに水かさが増えていて、国土省や市役所、消防関係と思われる人達が、堤防や橋の上から川の様子を見ている姿が目立った。
 
 八戸市博物館。隣接する根城は中世の城跡で国の史跡になっている。江戸時代以降の城もあるので、ここには2つの城跡があるという事だ。
八戸市博物館
 展示室は、2階です。
市内には多くの遺跡が確認されており、素晴らしい発掘品があってびっくりした。
 古墳時代から飛鳥時代の発掘品、金で装飾された大刀の柄頭。
大刀柄頭
 文字のある土師器
出土品
 奈良時代の蕨手の大刀
出土品の刀
DSC03977
 副葬品の装飾品
装飾品
 小さな毘沙門天
毘沙門天
 肥料の油かすを造る道具。
DSC03987
 おしらすさまと言えば、遠野地方を連想するが、この地域にも会ったようだ。
おしらすさま
 八戸の郷土芸能であるえんぶりの烏帽子
ながえんぶり烏帽子
 一通り見終わったところで、一旦外に出て中世の城である根城に向かいます。
 この門は、旧八戸城の東門。
八戸城東門
 入ってすぐ右には、薬草園がある。これは初めて見た。
ナガボノワレモコウといい、湿疹や火傷に効くとある。
ナガボノワレモコウ
 きれいな芝生の中を歩いていく。
DSC03998
 濠の跡
濠跡
 本丸跡の復元模型
本丸模型全体図
 根城は、建武元年(1334)に、南部師行によって築かれた。彼は、はるばる甲斐の国から国代として赴き、北奥羽の支配拠点としようとしたのだ。根城は、師行の子孫が、寛永4年(1627)に岩手県遠野市へ移住するまでの約300年間続いた。
 本丸には、主殿・工房・納屋・馬屋・野鍛冶場・奥御殿などがあり、幾つかは復元されている。
 入り口部分にあるのが納屋。
納屋
 主殿は、お客とあったり、大事な行事を行うところで、8割が青森ヒバでできている。
主殿
DSC04008
 こんな感じで
DSC04014
 裏手には、馬屋が幾つかあった。
中馬屋は、客人の馬をつないでいた。
 
中馬屋
下馬屋跡
下馬屋跡
工房、武器や鎧の制作や修理を行った。
鍛冶工房
常御殿、殿さまが普段いたところ。
常御殿
 奥御殿は、家族が住んでいた場所だ。
奥御殿
DSC04031
 この後、いったん市内に戻り八食センターでお昼をいただく。自分の好きなものを購入して、お休み場でいただくこともできる。魚介も網焼きにして食べられるコーナーも有り、此処ばかりはコロナも関係ないようだ。
 午後は、是川縄文館に向かいます。





 佐井村から、再びぐるっと大間を経由して向かう。途中からは、くねくねと曲がる山道が続く。
恐山は、古くは宇曽利山と呼ばれていたが、下北なまりでおそれやまに、そして恐山となったという。
 下北半島の北部中央に位置し、カルデラ湖である宇曽利山湖を囲む外輪山を囲む八峰は、蓮華に例えられる。その湖畔には、現在も活動が続く賽の河原があり、恐山菩提寺と共に霊場の中心となっている。
 菩提寺は、今から1200年前、慈覚大師によって開かれた。
 人もほとんどいなくて、ガイドさんは今季初ガイドらしい。
総門から入ります。
総門
 この赤い屋根の建物が本堂です。
本堂とガイドさん
 山門
山門
 ここには、宿坊が有り、温泉に入ることもできるのだが、コロナにより休業中だとの事。
正面の建物が、地蔵殿。
地蔵殿
 塔婆堂
塔婆
 地蔵殿の左から、火山ガスの噴出している地獄地域に入って行く。
お山へ
賽の河原
DSC03921
 振り返ると
お山から山門を
 積み重ねた小石の山。子供は、6歳以下で亡くなると親不孝ということで極楽に行けないらしい。我が子の不憫を親は、悲しむ。
賽の河原
 温泉です。
温泉
 宇曽利湖畔までやって来ました。この浜は極楽浜と呼ばれ、お山には地獄と極楽の両方があるのだ。
極楽浜と宇曽利湖
 これは、東日本大震災供養塔です。
東日本大震災供養塔
 太ったカラスが・・・・。お供え物を食べるので太っているのだそうだ。
カラスが
 この草を縛ったものは、鬼をひっかけるため。転んだすきに逃げ延びるのだ。
鬼をひっかけるための草の輪
重罪地獄、地獄もいろいろ種類があるようだ。
重罪地獄
 6地蔵の背中。
宇曽利湖と6地蔵
 恐山は、私には明るくて救いの場のような気がした。ここにやって来ると、心がスッキリして元気になれるのではないだろうか?
 さあ、尻屋崎に向かいましょう!ゲートが閉まる時間が決まっているので、少し急ぎます。
 尻屋崎で楽しみにしていたのが、これ。
IMG_20200711_161412
 寒立馬です。南部藩時代から、寒さに強く粗食に耐え、自給力に優れた馬が放牧されていた。外来種との交配によって改良されて来た田名部馬をブルトン種と交配して独自の農用馬としてきた。一時は、数を減らしてきたが、現在は増えてきているという。厳冬の中、動かずじっとたたずんでいる様子が見られることもあり、寒立馬と呼ばれるようになった。
 足が太くずんぐりとしていて、尾っぽもたてがみも密集している気がする。
IMG_20200711_161346
IMG_20200711_161056
 人懐こくて、撫でても嫌がらない。
DSC03960
 ずっと見ていたいが、そうもいかない・・・。
 尻屋崎灯台。
本州最北端にある灯台だ。明治9年10月20日、東北地方初の洋式灯台として完成した。イギリス人が設計し、尻屋崎で焼いたレンガで造られた。レンガ造りの灯台としては、日本一の高さで、33mある。
尻屋岬
 天気が良くないのと、時間も遅いのでこうしてみるとものすごく暗い写真になってしまっている。

 明日は、八戸に移動して、みちのくトレイルを歩くのだが、果たして天気は???

 雨はやまない。
皮の水も増えている気がする。せめて観光している間だけでも、止んでくれているといいのだが・・・。
 昨日、夕食の帰りに気になっていた神社に行ってみる。田名部神社とある。
田名部神社
昨日ぼやっとライトアップされていたものはこれでした。
DSC03843
 この辺りは、むつ市の飲み屋さん街で、いくつもの横丁が集まっている。
横丁
 まずは、仏が浦に向かう。元々観光船に乗る予定はなかったのだが、海から見た方が綺麗と言うので予定を変更してくれたのだ。
 下北半島は、道路の整備が整っていないので、何処に行くのもぐるっと半島を回っていかねばならず、時間がかかる。
 遊覧船の出る村佐井村に着いた。雨はかなり止んできてこの分なら多分大丈夫。遊覧船も便数を減らしていて、1日1便だけだ。待っている間に、ターミナルの2階を見て回った。
DSC03857
佐井村の山車
DSC03856
 観光船が見える。
遊覧船乗り場
 往復1時間半ほどの行程で、そのうち30分くらいが上陸時間となる。
仏が浦
 青い空でないのがちょっと残念ですが・・・。
ガイドさんの話を聞きながら回ります。どこでも岩の形を何かに例えるのはお約束だ。
 龍に見えますかねえ?
岩龍岩
 フクロウ
フクロウ
帆かけ岩
帆かけ岩
 今から約2000万年前、日本列島がユーラシア大陸から分離した。その頃の青森県は海底に有り、活発に活動していた火山活動による噴出物が堆積し、一部緑色凝灰岩の層を形成した。その後、1000万年前頃から海底が隆起し始め、長い時間をかけて青森県の台地が形成された。仏が浦の原型もこの時期に形づくられたと考えられる。凝灰岩の表面はもろく、海流や風雨で浸食され、このような形になった。手で触るとぼろぼろと砂の様にはがれる。
蓮華岩
蓮華岩
如来の首
如来の首
 人が立っているように見える。
DSC03882
 ハマベンケイソウ
ハマベンケイソウ
 ハマヒルガオ
ハマヒルガオ
 船に乗って、海からの景観も楽しむ。
DSC03895
斜めに亀裂が
DSC03903
 港に戻り、大急ぎで車の中でお昼をいただき、恐山を目指します。


 

 引き続き歩きます。可愛い線香花火のようなエゾアジサイ。
エゾアジサイ
 ここからは登山道をちょっと外れて要塞跡を見にゆきます。廃墟好きなので、ワクワク。こんな説明板が立っていました。
DSC03799
 デートの場所や散歩、観光地としても有名な函館山にもこういう歴史が有ったのですね。
DSC03801
DSC03802
DSC03805
 要塞という言葉とは似つかわしくない可愛らしいカワラナデシコ。
エゾカワラナデシコ
 品のあるノハナショウブ。
ノハナショウブ
 ヒロハクサフジ???
ヒロハクサフジ
エゾフウロ
エゾフウロ
 そして御殿山では、お約束の風景。前回来た時には、夜景を見に来たので周りはカップルだらけでした、昼間の風景は初めてです。
DSC03824
 午前中に登った駒ケ岳がかすんで見えた。
駒ケ岳が見える
 この後は、フェリー乗り場に向かう。津軽半島を船で超えるのは初めてだし、下北半島も初めてなので楽しみ。大間までは90分だそうだ。
DSC03826
 16時半、出航。フェリーターミナルが新しくてきれいだ。
ターミナル
デッキに出て、函館山をみる。
横から見た函館山
 お尻の方はこんな感じでした。
函館山のお尻の部分
 マグロで有名な大間には6時頃に到着。ここからは、ジャンボタクシーで、2泊するむつ市へと向かう。運転手さんは、スーツ姿なのに足元は何故か長靴といういでたち。体全体から人の好さがにじみ出ていて、とても素敵な方でした。半島の先っぽから、陸奥湾の上の方に位置するむつ市までは1時間ちょっとくらい掛かったが、初めての土地なので普通の風景も新鮮で、あっという間でした。
 ホテルにチェックインして、歩いて近くの割烹料理屋さんに向かう。
今日の夕食は豪華です。
豪華な夕食
 本場の帆立は美味しいの一言。

このページのトップヘ