好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:国内旅行 > 伊豆へ 


 6月は、湯河原の温泉だったが、今回は伊豆の伊東市に行ってきた。GOTOの一時停止が27日からだったが、25日発の1泊2日 でした。
 新幹線で熱海まで行き、レンタカーを借りて出発。トラベルクーポンは、未だもらっていなかったので、返却の時に適用できることを確認する。

 伊豆は、何度も来ているのに、何故か城ケ崎海岸は訪れたことが無かったので、宿に向かう前に立ち寄ることにした。

 新幹線のこだまは、ガラガラで1車輌に乗客は10人未満だったが、熱海は結構にぎわっていたし、途中の道の駅マリンパークも混んでいて意外な気がする。皆、駆け込みで利用しているのかなあ・・・。
 すれ違う車の数も多くて、道路幅が狭くカーブも多いのでちょっと嫌な感じだ。

 1時間ちょっとで目的地に到着。駐車場は、8割くらい埋まっているかなという感じでした。

 城ヶ崎海岸は、大室山の噴火により、噴出した溶岩が海岸まで流れ出た先端にあたる。
溶岩の流れた様子
 本来なら灯台に登り、より遠くまでの景色を楽しみたいところだが、新型コロナの影響で、のぼることができず残念!
灯台
 門脇崎から見えた風景。
城ヶ崎海岸
門脇崎
 そして、2時間ドラマなどでよく出て来た門脇の吊り橋を渡る。
門脇の吊り橋
岩
離れている
 対面には、伊豆大島が見える。
伊豆大島です
 少し歩いて奥の方にも行ってみた。岩の色が、グレーで何かが流れた様に見えた。
ここだけグレイ
 吊り橋のベストアングルは、駐車場横の展望台かも・・。
吊り橋
 この後は、何処にも寄らずホテルにチェックインです。少し高いホテルを予約したので、そちらを楽しみたいと思ったのだ。
 エントランス
エントランス
 ロビーからの眺め
ロビーから
20201226083348_p

 部屋はすべてコテージになっていて、部屋には露天風呂がついています。
 外風呂は、少し大きめの露天風呂で、伊豆では珍しい透明なのに硫黄の匂いのする温泉でした。
朝の露天風呂
 食事は、個室で他のお客さんと別れているので、ゆっくりといただけました。
 少し消化してみます。金目のしゃぶしゃぶは、私の好物の一つです。
20201226_220809
 手の込んだ一皿。
20201225175310_p
 伊勢エビはちょっと小さかった。
20201225181813_p
 明日は、伊豆高原の方に行ってみるつもりです。

 少しゆっくりめの10時過ぎにチェックアウトして、昨日チェックしておいた猫博物館へ向かう。ネコ科の剥製の展示と、生きている猫にも触れあうことができるとある。

 
猫博物館
 トラは場所によって大きさが違っているようだ。
 
色んな種類の虎
 こんなにたくさんの剥製を見たのは初めてでした。
 他にもネコ科の剥製がたくさんあります。
ネコ科の剥製
 このはく製は、古代のライオンで絶滅してしまっていますが、骨格をもとに複製してありました。
何だか、迫力にかけて可愛く見える。
絶滅したライオンの骨格と復元体
 出発が遅かったので、車に戻って来たころにはお昼近くなっていた。で、スペイン料理屋さんでパエリヤをいただきました。
 
 続いて、前にも来たことのある大室山だが、登ってみたくなったので途中下車。
大室山へ
 頂上は、以前来た時よりも整備されていた綺麗なトイレもできていた。頂上にあるトイレの中では、抜群に素敵だと思った。
 御鉢回りします。噴火口の直径は300m、噴火口の円周は1000mとある。御鉢の中は、アーチェリー場になっています。
御鉢めぐり
 
溶岩の流れたあたり
 昨日は、城ヶ崎海岸で溶岩の先端に接し、今日は溶岩の流れ出たもとから麓を見るという事になる。
大室山から
てっぺん
 大室山の標高は、579.64mです。富士山も、雲の上に頭を出しています。昨日は拝むことが出来ませんでしたが・・・。
DSC08220
 頂上で御団子をいただき、降りてきました。リフトは、ちょっと寒いな。
リフト
 少し移動して、前から尋ねてみたかった池田20世紀美術館に立ち寄る。
池田20世紀美術館
 これも作品です。
作品です
 時計を見ると、3時を回っている。これから向かうステンドグラス美術館が最後の見学になりそうだ。
 ここはトラベルクーポンで支払います。
DSC08230
 館内には、セント・ミシェル教会とセント・マリーズ礼拝堂があり、それぞれパイプオルガンとオルゴールの演奏が時間を決めて行われていました。コロナの影響で、閉館時間が早まっていて、演奏を聞いて作品を楽しもうとするとかなり忙しくて、もう少し早く来ればよかったと後悔してしまいました。作品も演奏も素晴らしく楽しい時間を過ごせました。
 セント・ミシェル教会の外観。
教会外観
 内部
セント。ミシェル教会
祭壇のステンドグラス
 天使
天使
天使達
レースの様
レースみたい
 セント・マリーズ礼拝堂
オルゴールの演奏が行われた
セントマリーズ礼拝堂のステンドグラス
 祈る
祈る
 ここには、レストランもあるし庭も素敵なのでゆっくりとできますし、結婚式も挙げられます。この日もドレス姿の花嫁さんと
すれ違いました。
庭
素敵
 熱海に向かう頃には、真っ暗になっていたが、時間はまだ17時ちょっと過ぎです。営業所で、いったん支払った料金を原戻してもらい、トラベルクーポンで精算をしました。
 
 来年は、普通に旅ができるといいなあと思いながら新幹線の中でお弁当をいただきました。

このページのトップヘ