好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:国内旅行 > 呉市


 ヤマトミュージアムの前の道を歩くこと15分ほどで、入船山記念館入り口に到着した。
呉市立美術館が隣接しているので、帰りに立ち寄ってみました。 

船記念館入り口
 門を通ってすぐ左に小さな家屋があります。
東郷平八郎の離れ
 説明文によると
DSC00285
 石の坂を上って行きます。ここに使われている敷石は、日本で6番目に開通した市内電車に使われていたものだそうだ。
石畳
右に見えている時計は、旧呉海軍工廠塔時計で、1921年に呉海軍工廠造機部庁舎屋上に設置されたもので、1981年に整備復元されここに置かれた。

 番兵塔
番兵塔

 旧高鳥砲台火薬庫
旧高鳥砲台火薬庫
DSC00292
 さらに進んでいくと正面に旧呉鎮守府司令長官の住んでいた官舎が見えて来た。手前の郷土館でチケットを購入、ヤマトのチケットを見せると割引がありました。
旧呉鎮守府司令長官感謝
 鎮守府とは、海軍の地方軍政機関で横須賀・呉・佐世保・舞鶴に設置され、呉鎮守府は、造船と造兵部門の最重要地点としての役割を果たしていた。
 左右に飾破風の屋根を持ち中央の大屋根の下部に屋根窓がある、イギリス風ハーフティンバー様式を取り入れた外観で、設計者は櫻井小太郎。
 屋根は、雄勝産の天然スレートを魚のウロコの様に葺いてある。雄勝は、昨年の秋猫島の旅の時に金華山に登る前に訪れていたので、ちょっとびっくりしました。
雄勝のスレート石

 玄関のガラスには、桜と海軍錨のマークがデザインされている。
玄関ドア
 背後には、日本家屋があり、長官と家族の住居として使用された。洋館部とは。畳廊下でつながっています。座敷は、奥と表に別れていて、表は家の主人が仕事をおこない、奥は家族の生活空間でした。
庭から見たt頃
 まずは、洋館部から見学していきます。壁は、すべて金唐紙が貼って有り豪華で重厚な感じがします。
金唐紙
 応接間
応接室
 客間
客室
 
草花と昆虫

 食堂の金唐紙。入船の森と名前がついています。
金唐紙入船の森
 
にのりかえにのりかえにのりかえ食堂
 和室の奥に畳廊下が見えています。
和館部分
 離れ座敷
離れ座敷
 隣の資料館では、金唐紙展が行われていましたので、のぞいてみました。金唐紙は、金属箔を貼った和紙に凸凹の加工を施し、上からワニスを塗って金色に仕上げた加工紙です。起源は、ヨーロッパからもたらされた「金唐革」を、和紙で模したところから始まった。
 金唐紙の屏風
金唐紙の屏風
 この彫刻を施した道具を金属箔を貼った和紙の上に押し付けて模様をつける。
型押しの道具
 美術館では、日本近代洋画への道と言う企画展が開催されていた。昨晩は、何だか眠れなかったので途中でものすごく眠くなってしまい、半分眠りながらの鑑賞となってしまった。
20210417111604_p
 美術館前の通りは、様々な彫刻が設置されていて、並木の下を鑑賞しながら歩くのはとても気持ちが良かった。大好きな籔内左斗司氏の作品があり、思わず顔がほころぶ。
籔内さとし
 ここから呉の駅まで、15分くらいかけて戻り、広島でのぞみに乗り換えて家に帰って来た。
 


 しまなみ、かきしま、とびしま街道の旅を終えた後、足を延ばして呉に行って来ました。以前から訪れてみたくて仕方がなかったのだが、中々機会が無かったのだが、今回はまたとないチャンスでした。 

 ホテルの車で広島駅まで送ってもらい、快速電車に乗ること38分で呉の町に到着だ。

 駅を出て、ロータリーと反対側の道をまっすぐ歩いていくと5分ほどでヤマトミュージアムの建物が見えてくる。
ヤマトミュージアム
 入館する前に、熱を測り、手指の消毒をして入館します。

 大きな、10分の1の大和が迎えてくれる。が、まずは呉の歴史から見てゆく。呉は、造船の町であり海軍の町でもあったので、軍艦の建造をたくさん担ってきている。
 金剛に使われていたものと同じボイラーがまずは我々を出迎えてくれる。
軍艦金剛のボイラー
 こちらは、電気カバーですって。町を暗くして戦闘機から見えないようにしたのだ。
電球カバー
この大きなガラスの塊は、探照灯ですって。
探照灯
 
DSC00236
 このように大和に使われた技術は、色々な所に応用されて日本の産業の発展に貢献しているという。

 設計図。ちんぷんかんぷんです。
設計図
 当時は、秘密は厳重に守られ、大和建造に携わった人でさえ、隣が何を作っているのかわからず、線路も運ぶ資材が見えないようにと壁で仕切りを作ったという。

 10分の1の大きさ、26.3mある。
10分の1の大きさ
 色々な角度から楽しめます。
正面下
スクリューは4つ。
スクリュー

 上から、46㎝砲をみると。
46㎝砲
 砲弾
46センチ主砲弾
 左にゼロ戦が載っています。
ゼロ戦が載っている
 
ゼロ式戦闘機

 艦橋部分。最大の照準装置が搭載されている。
上から艦橋を見たところ
 人間魚雷と言われた回天。
回天
 こちらは魚雷
魚雷
 そして海龍。
海龍
DSC00252
 3階から見た大和。乗員3332名のうち生還できたのは、276名でした。昨年の薩南諸島の旅で徳之島に建立された慰霊碑を見てきました。
全長26.3m
 この潜水艦は、展示潜水艦であきしおです。これからこのてつのくじら館に向かいます。
展示潜水艦あきしお
 館外展示の41㎝砲。びっくりするほど大きい。
41㎝砲

 コロナの影響で、入館は入れ替え制になっています。ここは、入場は無料で、自衛官が迎えてくれます。2階は、掃海艇に関するもの、3階は潜水艦に関するものが展示してあり、最後にあきしおに入り潜望鏡をのぞかせてもらう。

 日本の掃海技術は世界一で、色々な方法で、海の機雷を爆発させて処理をしてきた。
掃海に使う
 時には、直接攻撃して爆発させたことも有ったというが、最近は使われなくなったそうだ。
直接狙い場合もあった
 機雷も様々な種類があり、海に沈んでいるもの浮いているもの、ひものついているもの、振動で爆発するもの、金属を感じて爆発するもの等がある。
機雷
機雷。
  
 この後は、入船山に向かい旧呉鎮守府長官の官舎を見にゆきます。 

このページのトップヘ