好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:九州 > 国東半島峯道ロングトレイル

 
土塀が続く


 大洲神社の横を通り、10分も行かないうちに、ひときわ目立つ家があった。 その外観を特徴づけているのが、この石組だ。現地周辺で切り出した石をX状に、リズミカルに積みあげた独特のものである。

  
盤泉荘外観
軽やかな石積み

 最近公開されるようになった盤泉荘は、フィリピンでの貿易で富をなした松井家の傳三郎・國五郎兄弟が、故郷の大洲に別荘を建築しようと、1926年に完成したものだ。肱川を見渡せる高台に立地しており、裏山の岩盤から染み出す水を利用していたことから「盤泉荘」とも呼ばれた。

  庭に中でもひときわ目立つこの大きなライオン像は、新やなせ焼である。やなせ焼が廃絶後、大正時代に大洲の有志が復興した焼き物だ。
縦に展開する庭

  玄関。
玄関 (2)

  鬼瓦には、施主のイニシャル「K・M」が、デザインされています。
デザイン瓦

 1階の居間。天井が高いです。
一階座敷


 廊下には、フィリピンなどを原産とし、その重さや硬さから「太平洋鉄木」と称された南洋材の「イピール 」を、丁寧に仕上げた長大な一枚板が、20枚も連続して敷かれている。客人を座敷・客間・茶室へと誘うレッドカーペットの様です。
太平洋鉄木と言われる南洋材を使った廊下。


 茶室の有る部分。
茶室がある

 浴室に隣り合って造られている化粧室。当時としては珍しい女性を意識した造りは、海外生活の影響でしょうか。
化粧室

  2階部分。
2階廊下部分、

  日本家屋には珍しいバルコニーもあり、当時は、肱川が眼下に見られたという。現在は、家がたちならんでいて川が遠くになってしまっている。

  時計を見れば、お昼をとっくに過ぎている。そろそろ戻らなければ・・・。

  登ろうという気がしなくなる大洲神社の階段。
大洲神社

  駅に向かい、岡山経由で家に戻ります。気になっていた城を2つ攻略できて満足、満足。

  大分から始まったロングトレイルでしたが、前半はひたすら歩き、1人なってからはのんびりと好きなものだけを見て歩きました。

  1人はやはり、いいな。


 臥龍山荘は、臥龍院・文庫・不老庵の3棟が、重要文化財に指定されています。 

 山荘は、貿易商河内寅次郎が余生を故郷で過ごしたいとの思いから私財を投じ、10年の構想と工期を費やして地元の棟梁に思いを託して築いたものだそうです。

  文庫。向かって左側の小さな建物。上部には、割竹が、下部には舟板が張られている。ここは公開されていません。
臥龍院、文庫

 石積みも凝っています。
流れ積み・乱れ積み・末広積み

  臥龍院は、茅葺農家風の外観を持つ。施工は、大洲・京都の名大工が行い、桂離宮や修学院離宮などを参考にした。
臥龍院。

  
丸窓の位置が絶妙

  中に入ります。
  霞月の間。農家の侘びた風情を感じさせる茶室。霞を表す違い棚、月を表現した丸窓など。
農家の侘びた風情を感じさせる茶室・霞月の間

  その奥には、清吹の間がある。別名夏の部屋とも呼ばれ、高天井、籐の敷物など夏向きに工夫されている。欄間の花筏の透かし彫りは、見た目にも涼しさを感じさせてくれる。
清吹の間・別名夏の部屋
花筏の透かし彫り

  壱是(いっし)の間。
 格調高い書院座敷で、畳を上げれば能舞台になり、音響をよくするために、床下に備前の壺が並んでいるそうです。
格調高い書院座敷・壱是の間
 松の皮がそのまま。
アカマツの肌をそのまま

 軒が深い。
軒が深い

  庭を通って、不老庵に向かいます。
院から見た庭

  違う形の灯籠が置かれている。
種類の違う灯籠が沢山
丸灯籠
傘灯籠

  井戸も有りました。
井戸

  かつて浴室だった建物を、昭和24年に茶室に改造した、知止庵。
知止庵。かつて浴室だった

  空を見上げると、紅葉が少し始まっていました。
少し色づいている

  崖の上に建つ不老庵。臥龍淵を眼下に見る数寄屋造りの庵は、建物そのものを船に見立てています。月光反射を狙った竹網代張り天井や船底の形になっている。
船底型の網代天井

  
長押の窓の形が違う

  臥龍淵
不老庵から見たところ

  舞台造り。
懸崖造り

  生きた槇の木をそのまま柱として使っている「捨て柱」など、巧妙な趣向を凝らしています。
生きた槇を使った捨て柱

 見学を終え、横の道に回ったら、清吹の間の後ろでした。このグルグルは、どういう役目を果たしているのでしょうか。
清吹の間の外側のグルグル



 列車の出発時間までを利用して、昨日見られなかった高野長英の隠れ家を見に行ってきた。 
高野長英の隠れ家

  四国といえばお遍路さん。卯之町にもお寺があるようです。
お遍路さんが

 電車の中からマンモスが見えました。よくできている!
電車の中から見たマンモス

  大洲に到着して、まずは観光案内所に駆け込み、地図を貰った。すごく親切に、ポイントなどを教えてくださいました。

  線路沿いの遊歩道を歩いていくと、ずっと大洲城を見て歩いて行けると聞いたので、そちらを目指す。
肱川の向こうに見える大洲城

 台所櫓と天守です。天守自体は、1888年に、取り壊されてしまったので2004年に木造復元されたものだが、台所櫓と高欄櫓は国の重要文化財になっています。
肘川側から見た大洲城

 
台所櫓と天守

 大洲の街は、肱川を渡った一帯が、城下町になっていたようです。
こんな感じで塀に囲まれている部分も。 
肱川側は、塀で囲まれている

  ようやく太陽が顔を出してくれた。城には青い空がよく似合う。手前の櫓が高欄櫓です。
高欄櫓と天守


重なる層

 台所、天守、高欄櫓が並んでいる。
高欄櫓、天守、台所櫓

  入場します。この城には、泊まることもできるそうです。お手洗いが無いので、そこはどうするのかなあ?
復元された天守


 高欄櫓から見た天守。
高欄櫓から見た天守

  反対に天守から見た高欄櫓。
天守から見た高欄櫓

 真下の様子。
ホテル日本

 大洲は、鵜飼いも盛んで、季節には鵜飼い船が肱川に浮かびます。
鵜飼い船

  このレンガ造りの建物は、明治34年に大洲商業銀行として建築されたもの。
大洲赤レンガ館

  金庫が置かれていた場所だそうです。
ここは銀行の金庫があった

  さらに歩いていくと、沢山のホーロー看板が飾ってあるポコペン横丁がありました。この日はお休みです。
ポコペン横丁

  大洲に来たら絶対訪れてみたい場所のもう1つ臥龍山荘に向かいます。

 特急宇和海で
宇和海で卯の町へ


 卯之町は、西予市宇和町卯之町、標高約208mに位置しています。江戸時代からの宿場町の面影か残る街並は、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

 近くに有る、内子町程には知られていないかもしれません 。内子も素敵ですが、訪れたことが有るので今回は卯之町に来てみました。

 無人駅で、駅舎も小さく、西予市役所のある町にしては小さな駅だなという感じ。駅前は工事中でわちゃわちゃしています。

 国道、商店街の通りを横切って、旧街道に入った。狭い道なのに車の通りは多くてのんびりと散策する雰囲気ではない。

 まずは、ホテルに荷物を預けて身軽になってから散歩しようと向かったホテルは、エントランスが、階段しかない2階にあった。1階を駐車場にしているのでこうなったのだろうが、8日分の荷物の入っているスーツケースを下げて登って行くのは、ちょっとがっかりでした。

 地図を貰って、いざ出発!

 まず、江戸時代後期の庄屋さんの家の門だったという鳥居門を目指す。
鳥居門

  向かいにある家が、旧武蔵。明治期に武蔵という屋号で商売をしていた。今は、昔の暮らしを体験する場として公開活用している。
旧武蔵
旧武蔵の展示品

  2階から見た通り。
武蔵の2階から

  宇和町には、かのシーボルトの娘さん楠本イネさんも住んだことが有るそうです。1882年には、町民の寄付により小学校も建設されていることなどから、新しいものや教育に関して積極的な気風の有る場所だったのかもしれない。

  鳥居門の前を真すぐ進まずに、途中で左折すると、宇和島街道です。
宇和島街道


卯之町の街並

  末光家住宅。1770年に建てられた代表的な町家。酒造業を営んでいました。
末光家住宅

  通りからお寺に向かう緩やかな階段を上って行くと、民具館があります。ここで、入場券を買うと、開明学校にも入れます。

  民具館
宇和民具館

  祭りに使ったものでしょうか
祀り

  古い大型カメラ。昔の写真館の様子が再現されていました。
昔の大型カメラ

  ロバのパン屋さん。
ロバのパン屋さん

  国の重要文化財になっている開明学校。長野県松本市の開智学校と姉妹館になっているそうです。1882年建設された擬洋風の校舎で、文明開化に近づこうとする町民の教育に対する情熱が込められている。
開明学校

 授業体験ができるという。
開明学校の中

  ドイツ製のガラスが使用されたアーチ型の窓。
アーチ型の窓にドイツ製のガラス

  同じ敷地内には、郷校としても使用された申義堂もありました。
郷校として建てられた申義堂

  元の道に戻って、宇和米博物館を目指す。
開明学校からの道

 見えてきました。
DSC04876

  昭和3年に建築された旧宇和町小学校校舎を移築使用している博物館です。移築された建物は、109mの柱の無い長い廊下の有る第一校舎と大正10年築の第二校舎、大正4年築の講堂。
宇和米博物館

 無料です。この109mの廊下を使って雑巾がけ体験ができます。
柱の無い109mの廊下

  教室は、一部がオフィスに貸し出されていました。

  講堂だった建物。奥には、第2校舎も有ります。
小学校時代の講堂

 そろそろ薄暗くなってきた。コンビニはあるのだろうか?有ったとしたら、国道まで行かないとだめだろうな・・。
  国道に面している駅前に続く道。
卯之町駅前通り

  それにしてもどうしてこんなにとばすのかしら?歩いているのは、学生だけだ。20分近く歩いてコンビニ発見。ワインとつまみ、朝食を買ってホテルに戻る。

  ホテルの近くの建物の飾り屋根。どういうコンセプトで造らせたのだろうか?
赤い家と鬼瓦

  大根だよ。
大根の飾り瓦

  明日は大洲に移動します。


  8時過ぎにホテルをチェックアウト、荷物を預かってもらいました。ホテルは、駅の真上なのですごく便利。
 宇和島駅とホテル
宇和島駅

 ちょっとした広場に復刻された古い列車が展示してありました。宇和島で、最初に走った機関車で、大正3年の5月に試運転が行われたそうです。
復元

 その横には、勇ましい闘牛の姿の像も。
闘牛の像

 バスに乗って、まずは天赦園まで行きました。狭い道を見事な運転でバスは走る。え~、こんなとこ曲れる?なんて感じです。

  天赦園入り口
天赦園入り口

 国指定の名勝天赦園は、2代藩主伊達宗利が、海を埋め立て1672年に造成をした「浜御殿」南東部を7代藩主宗紀が大改造した大名庭園である。池泉式回遊庭園で、茶室や石組、藤棚数種類の竹などが池を取り囲むように配置されている。鯉のエサも売っていたので、購入してまずは鯉と遊ぶ。

 潜淵館付属茶亭
潜淵館付属茶亭

 池に突き出している部分。
DSC04733
 
  春雨亭、宗紀は此処で書道を研鑽し多くの書を残したそうです。
春雨亭

  石を流れに見立てた枯流石組
枯れ川

  こちらは苔の道
苔道

  庭には、様々な景石があり、これは烏帽子の形をした手水石。
えびす岩

 池にかけられた橋の様にも見える藤棚。白玉藤という種類で、池に花が映り込んで素晴らしい景色を見せてくれる。
太鼓橋になっている白玉藤

 池に映り込むのは、大きな樹木も・・。
池もに

 ここを出て、2,3分のところには、伊達博物館があるのでそちらも見学する。小学生の団体とかちあってしまい、少々騒がしかったかな。

 そして、最大の目的だった宇和島城に登ります。登城口は2つあり、上り立ち門の方から攻めてみました。
登城口上り立ち門
DSC04757
 
 まずは、式部丸跡。
式部丸跡
DSC04762

  さらに登って行くと、
藤兵衛丸石垣
DSC04764

  そして、本丸の石垣。
本丸石垣

 本丸跡
DSC04772
DSC04776

  宇和島城、伊達10万石の城下町と呼ばれ、江戸時代から四国西南部の中心として栄えて来た宇和島市。城は、その最深部、現市街地のほぼ中央部に位置し、1596~1601年の藤堂高虎創建時には、大半が海に面していて地形を巧みに生かして建てられていた。
  石垣や天守、櫓は、1615年に入部した伊達家により修築されているが、基本的な構えは藤堂高虎時代のものを踏襲している。
1666年頃に再建

  本丸からの眺め
本丸からの眺め

  帰りは、もう1つの登城口から出よう。

  途中大きな井戸があった。井戸丸とある。
井戸丸の井戸


DSC04787

 これがその石。
修理を記録した石

  城山東北側の登城口に位置する桑折氏武家長屋門。家老の屋敷に残されていたものを、昭和27年譲渡を受け現在位置に移築したものだ。
桑折長屋門

  そのまま進んでいくと、ショッピングアーケードのきさいやどおりに出会います。
ショッピングロードきさいや通り

  この道を通り、駅近くの道を右に曲がって、龍光院の裏手から遊歩道を登って行くと、闘牛場へ行ける。急な坂道でしかも暑い。ふうふう言いながら登って行く。トレイルは終わったはずなのに、まだまだ歩かねばならない。

  闘牛は、行われていないが、場内は解放されていて見学できるのだ。宇和島市でもう1つ見てみたかったのが、この闘牛場なのだ。

  
闘牛場外観

  
入り口

  
競技場

  歓声が聞こえてきそうな雰囲気だ。

  ここから牛が出てくるのだな。
入場口

  駅に戻る途中、美しい宇和島城が見えた。
宇和島城かっこいい

  駅に戻り、みどりの窓口で、これからの切符と明日の特急券を買う。何しろ、無人駅が多く乗り継ぎ切符などは券売機ではめんどくさそうだもの。

  


 宿の辺りを散歩する。 島らしく猫の姿が多い。
姫島の宿の近くで

  午前のフェリーで、伊美港に戻りました。待っていてくれたタクシーで、大分空港に向かう。空港で解散した後、私は、バスで別府観光港に行き、八幡浜フェリーにて四国に渡る。

 別府の街。
別府の町
別府湾


  2時に出航して、八幡浜に着いたのが、4時40分くらいだったか。当然タクシーがいると思ったのだが、何と1台もいない。

 バス乗り場も、良くわからないし、地図を見るとJRの駅までは、歩いて30分ほどとあるが、スーツケースを転がして歩くのも気が進まない。

 どうしたものかと遠くを見ると、タクシーが1台止まっている 。予約なのかな。でもこのタクシー会社の車を呼んでもらえばいいやと、声をかけてみる。

  予約でもなく休んでいただけだということで、そのままのせてもらう。コロナ以降フェリーのお客も減ってしまい、しかも今日は、雨が降ったそうでタクシーがそっちに回ってしまったとの事。豊後水道の東側と西側では天候が違うようだ。

  八幡浜駅からは、特急しかないのでそれに乗って宇和島まで30分ほどかかった。

  八幡浜駅
八幡浜駅

  市というので、八幡浜も宇和島ももっと賑やかな街を想像していたのだが、見事に当てが外れた。ホテルも素泊まりで申し込んでいたのだが、コンビニも何と夜の8時半で閉まってしまうという。

  荷物を置いて、取り敢えずコンビニに向かい、夕食と明日の朝食を調達してきた。

  明日の午前中は、宇和島市内を観光して、午後から卯之町に移動する予定です。


 4日間お世話になった真玉温泉から、ジャンボタクシーにて伊美港へ向かう。 

 海沿いの道を走り、少し時間があるというので、夕日の美しいことで恋人たちに人気の真玉海岸に立ち寄った。
 車の走っていた道の名前も「恋叶うロード」というらしい。
真玉海岸夕日の名所

 姫島に向かうフェリーは村営で、所要時間は約20分。今日は、日曜日なので島に渡る人の数は予想していたよりずっと多い。

 姫島は、こんな形をしていて、火山によってできた島です。 
姫島の地図

  特産品は、何といっても車エビ。塩田跡を利用して始められた車エビの養殖は、村の基幹産業です。最近は、IT関連の会社などの誘致も行っているそうです。
  周囲17km、面積約7㎢、人口2000人。エコツーリズムの島としても売り出し中でレンタカーはなんと2人乗りの電気自動車でした。

 姫島が見えてきた。
姫島が見えてきた

 矢筈岳、上陸してまずこの山に登る予定です。
姫島最高峰

 フェリー港。
港

 宿の車に、大きな荷物を預け、リュックサックだけを背負って、ガイドさんと一緒に矢筈岳に登ります。0mから登っていく事になるので、案外大変です。落ち葉が足元を不安定にするので、ちょっと怖い。
 頂上から、今朝までいた国東半島が見えました。
矢筈岳から見た串崎半島

 
矢筈岳登頂

 下って来て、午後からのガイドさんを待つ間に人工ビーチでお昼をいただきました。港からこの辺りまでは埋め立て地だそうで、運動公園やフェリー広場はガイドさんが子供の頃には無かったという。
人工ビーチ

 午後からのガイドさんは、島のお土産屋さんも経営している女性でした。軽快な口調で、色々説明をしてくれる。島に伝わる7不思議を見ながらアサギマダラの休息地に着いた。春には、別の場所で休息するそうで、頭数としては圧倒的に春の方が多いそうだ。それを聞いてちょっと残念。確かに、飛来数は少なそうだ・・・。ここのところ、急激に気温が下がってきているのも影響しているとか。
アサギマダラ
フジバカマが好き

 7不思議の1つ、拍子水です。
DSC04648
拍子水

 近くには、鉱泉もあり入浴できるようになっていた。でも、7不思議より気になったのがこの地層。
金溶岩だ。金火山の一部である金溶岩が露出しているのだ。
金溶岩
 
 姫島は、約30万年前以降の火山活動によってできた4つの島が砂州でつながって1つの島になったので、随所に火山活動の形跡を見ることができるのだ。

 東の端にある姫島灯台。
姫島灯台
DSC04658

 昔使われていた水銀灯の灯り。
灯台

 わかりづらいですが、ラーメン鉢の模様のような連続した模様がみられる珍しい地層。コンボリュートラミナというそうだ。どんどん崩れてきているので、そのうち無くなってしまうのではと、心配していた。
コンボリュートラミナ

 反対側の西にあるのが、観音崎火口である。
観音崎火口

 近くでは、黒曜石がとれるのだが、普通のそれより色がかなり灰色っぽい。
黒曜石の産地です

 7不思議の1つ、千人堂。大みそかの夜、鬼に追われた善人たちを千人この小さな祠でかくまうことができるそうだ。
千人堂

 斗尺岩。
斗尺岩

 日が翳り始めて来た。秋の太陽は本当に落ちるのが早い。

 宿に向かいます。今日の夕食は、車エビ尽くしです。

 しゃぶしゃぶや天婦羅、焼き物、フライ、そして活きたエビをそのままいただくのですが、どういうわけか私の車エビは、ものすごく元気が良くて、跳ね回り、何ともずくの鉢の中にインサート!宿のお姉さんでさえてこずるほどでした。よほど食べられたくなかったのだねえ。
車エビ活きがいい

 一度食べてみたかった鯛メン。これはおいしい。
たいめん

 出汁が、車エビの頭なのだから美味しくないわけがない。最後は、エビ雑炊で〆ました。ごちそうだねえ。
 


 今日のコースはきついというので、15分ほど早くに、スタート地点の真玉温泉を出発しました。 
ほどなく右にそれて458mの猪群山への登山道口をめざす。

  
DSC04522

  山神社、仁王さんの顔がすごい。
山神社

  途中、海が一望できる平坦な場所がありました。
別府湾の反対側

 

  頂上を超えると、ストーンサークルがあった。説明書きも薄くなってしまっていて良く読み取れない部分が・・・。
DSC04537

 昔は、女性はこの石の先には入れなかったそうです。
門

 神石。上部には窪みがあって潮の満ち引きによって、水面が上下するそうです。
ストーンサークル

 海の方には、明日向かう姫島が見えた。三角の山は、姫島最高峰矢筈岳です。
姫島


 一気に下って飯牟礼神社上社の能舞台でちょっと早めのお昼をいただきました。能舞台に腰かけてお弁当を食べるなんて、めったにできない経験です。

 神社への階段。
DSC04549
 
魅力的な仁王

  車も通らない道を歩きながら中山仙境への登山道を目指す。
 こういう素朴な石に刻まれた像をみると、一瞬ほっとします。
山の中で
素敵

  登山道は、鎖場の連続ですが、角度は昨日ほどではなくてほっとした。
奇岩

  こういう景色を見る余裕も有ります。

  我々が渡った無明橋。幅は、40センチほどしかなく、左側に落ちると断崖絶壁ですが、右側はちょっとした広場になっていて、ちょっとだけ安心できる。
無明橋

  一つの石ではなくて、2つの石がくっついているようです。
かみ合っていない

 峯道も狭いところは、1メートルちょっとしかないので、少々緊張する。でも峯道を歩いているんだなあといううれしさがある。
  もう少し季節が進むと紅葉が綺麗だろうなあ。
谷が海まで続いている

 いくつもの谷が合わさって海に向かって伸びている。海底が隆起して、硬い岩だけが残ったのだろう。
大岩

 下をのぞくと、オーバーハングしていることがよくわかる。高所恐怖症の人は、だめかも・・・。

 下りも一気に降りて行きます。

 そして、豊後高田コースの最終ゴールの霊仙寺や六所社のある夷谷に到着した。


 霊仙寺
霊仙寺

 一枚の岩から刻んだ地蔵像ととしては、九州一の大きさで4.87mあるそうで、1,860年に完成した。
1つの岩から掘り出している地蔵

 両脇にいる仁王達も、市の文化財になっていました。 

  国東塔
霊仙寺の国東塔

  すぐ近くには、六所社も有ります。御神木の6本の木の内2本は虫にやられてしまい伐採されてしまいました。
6所宮


DSC04586

 本殿の横に、ちょっと変わった鳥居があった。
変わった鳥居

 今日のコースタイムは、約12kmを7時間でした。

  2日間お世話になったガイドさんとも此処でお別れです。けが人を出さなくてほっとしましたとの事。無事走破できて良かったです。

 温泉とビールとワインが美味しかったあ。明日は、姫島に渡ります。アサギマダラにあえるだろうか?

  

このページのトップヘ