好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:静岡県 > 静岡市へ


 バス停からは、少し距離が有りました。 

 この動物園は、レッサーパンダの聖地といわれているそうです。
世界のシセンレッサーパンダの飼育数の内7割が日本でい飼育されており、世界一だそうです。そんな日本の中で、「シセンレッサーパンダ」の繁殖管理を行っているのがこの動物園なのです。

 入場するとすぐ、パンダ舎は有りますが、あいにく西日があたって中の様子がわかりません。運動場も有るのですが、思うようにそこにとどまってくれない。向かいのパンダ館に行ってみたのですが、ここの2頭は高いところでお昼寝中で、姿が見えない。

 けれどここには、シロオオカミの剥製が有ります。近くで見るとオオカミの大きさがよくわかり、犬とは別物だと認識できます。
DSC07095

 こんな動物の剥製も・・・。
DSC07097

 つづいて、地元の動物園にはいなくなってしまったシロクマに会いに行きます。
この日も暑かったので、彼らはぐったり。時々頭を動かすも、お腹をコンクリートにくっつけて涼をとっている様子。ならば、水の中に入ればいいのにと思うのだが・・・・。それはしたくないらしい。

 ここでは、ロッシーとバニラの2頭が飼育されていますが、どちらがどちらかわかりません。
手前のこは、全然動いてくれない。
DSC07104
DSC07105
DSC07112
DSC07114

 ごまふあざらしなどもいて、こちらは活発に動いてくれる。ずっと見ていられる感じがするが、2階に移動して、ネコ科の動物に会いに行く。

 トラ、すごく近くで見られます。アムールトラで、一時もじっとしていない。
DSC07115
DSC07118

 反対に、全然動かないのがライオン。オスの方は、岩の上に座りっぱなし。
DSC07125

 メスの方は、もらったご飯のお肉には見向きもしないでうつらうつら。ガラスに顔を近づけてじっと見ても、何の反応もなし。
DSC07122
DSC07121

 ガラス越しに大きな肉球に触ってみた。
DSC07129

 そして、双子のジャガーが生まれたことで、ニュースになったジャガーに会いに行く。

 お父さんの小助。母親は、子供達と違う部屋にいるようで、人だかりができている。
DSC07131

 双子の赤ちゃん。名前はまだない。模様の有る子と黒い子。親に隠れてなかなか見られなかったのですが、公開時間終了直前で、姿が見えた。焦ってしまい、ピントが合わず。
DSC07133
DSC07134
DSC07137

 名前募集中だそうです。
DSC07143
 
  オオアリクイ、サイ、オランウータンやチンパンなどを見て、再びシロクマ舎に戻ってきたのだが、相変わらず眠っていた。ただし、手前の子は起きている。
DSC07147

  じっと見ていたら動くところ見られたんだな、残念!

  バイソン、象、キリンなどの大型動物を見て帰りのバスに乗りました。


  動物との距離が近い展示で楽しく、おすすめの動物園です。彼らも、観客がそれほど多く無いせいかのんびりとしていて良いな。


 早朝、5時前に目覚めた。カーテンを閉めないで寝た部屋のなかが何となく赤くなっている。 

 慌ててベランダに出る。夜明けだ。 
夜明けの富士

 海もほんのり染まっていて、そこに灯が落ち込んでいる。
夜景と朝日と富士

 しらんでくると
明け方の富士山

 富士山と太陽。
太陽と富士山

  手前に横たわっている半島みたいな所が三保の松原です。
朝日


  ざっと身支度をして、庭に出る。庭から見たホテル。
庭園から見たホテル

  霞がたなびいているようにも見える。
庭園と清水港と富士山

 サクラ越しの富士山。
富士と桜

  遠くに白くてっぺんが見えているのが、南アルプスの聖岳です。
白いのが聖岳

  朝食をいただき、少し休み、荷物を預けて日本平夢テラスまで歩いて向かう。夢テラスは、隈健吾氏の設計事務所が手掛けたものですって。

  そこからも富士を眺めてロープウェイ乗り場に移動。久能山東照宮に向かう。もうずいぶん前にいちご狩りの時に訪れた記憶が有るが、詳細は全然覚えていない。

  チケット売り場の売店に、蛇口から出るミカンジュースが売られていました。
蛇口からミカンジュース


  日本平ロープウェイは、昭和32年開通で全長1065mあり、5分ほどで東照宮に行けます。往復料金と拝観券のセットで、1人1750円也。

  海抜270mの所に有り、2代徳川家将軍秀忠によって1617年に建立された。権現造、総漆塗、極彩色の社殿は、日光東照宮より19年前に造営されている。
  家康は、晩年を駿府城で過ごし1616年死去。遺言により、その夜に久能山に葬られたという。その後、東照宮神として崇められ、全国東照宮の根本大社として知られている。

 いくつかの建物が散在しているが、どれも階段を登っていかねばならない。諸建造物は、重要文化財に指定されており、本殿・石の間・拝殿は国宝である。

 鼓楼、奥は神楽殿。
鼓楼

  青銅でできた唐灯籠と唐門。
階段下から見る唐門

 極彩色の唐門
唐門

極彩色

  本殿と石の間
拝殿

  拝殿
拝殿 (2)

  さらにこの奥の階段を登って行くと、遺体を埋葬した墓所が有る。
家康公廟

  帰りは、ロープウェイ乗り場からバスに乗ってホテルに戻って来ました。お昼ごはんは、アッパーレストランで富士山を見ながらいただきましょう。
アッパーレストランから

  こんなに、長い間富士山を見ていたのは、初めてかもしれない。

  なんだか、幸せなきぶんだ。

  そして、再びバスに乗って、日本平動物園に向かいます。


 7.8日の両日で静岡市へ行って来ました。伊豆とか熱海などの温泉地はわりと出かけるのだが 、静岡市内は、久しぶりです。

  今回の目的は、日本平ホテルに泊まること。風景美術館のキャッチフレーズが売りの、富士山と清水港の夜景が眼下に広がっているホテルです。

  少々張り込んで、コーナースイートにしました。

  せっかくなので、市内観光も入れてみた。浅間神社はまだ行ったことがなかったので、まず向かう。

  タクシーを赤門で降りて、まず大歳祖御社神社にお参り。神門を入ります。
大歳御祖社神門

 拝殿。本殿はこの背後にあり、天保7年の建設。
大歳御祖社拝殿

  浅間神社境内には、いくつものお社が有るようですが、どれも極彩色で日光の東照宮を連想させる。静岡は、家康が晩年を過ごし、亡くなった地であるので、どうしても頭がそっちを向いてしまう。

 急な階段の上には、史跡賤機山古墳跡と麓山神社神社が有りました。はやまじんじゃと読むようで、葉山姓の方の寄進した灯籠が幾つか立っていた。
麓山神社への階段

賤機山古墳跡


  麓山神社
麓山神社

 八千戈神社。浅間神社に次ぐ大きさだという。
八千戈神社

  ご本殿は、浅間神社・神戸神社の2つの神様を祀った比翼三間社流造りという建築で、楼閣建築の大拝殿の背後に有ります。

  大拝殿。ものすごく大きい。
浅間神社と神戸神社大拝殿

  文化2年起工、同11年竣工とあるから、9年かかったことになる。楼閣造りで浅間作りの代表的なものらしい。高さ25m、内部は約132畳敷きの広さとある。
  
大拝殿、楼閣造り

  拝殿の前にあるのが、舞殿。
舞殿と大拝殿

  天井は、
舞殿天井

  帰りは、楼門を通って石鳥居から帰ります。

  楼門は、修理が終わったばかり。文化12年起工、13年竣工。総漆塗りです。
楼門
楼門から見たところ

  青銅製の大きな灯籠、立派です。
青銅灯籠

  ここから、ゆっくり歩いても15分ほどで駿府城公園に行けます。

  発掘調査の現場。天正時代の天守と慶長の天守跡が発掘されていました。慶長になるとかなり大きくなっていることがわかる。
天正時代の天守跡
発掘調査ちゅう

  辰巳櫓と東御門が復元されているので、入ってみました。かなり立派なもので、現代でもこんなに大きい材が有るのだなあと感心する。
駿府城楼門南面

  竹千代時代に勉強をした部屋が、再現されています。
竹千代の学び部屋

  サクラもまだまだ残っている。辰巳櫓と。
サクラ

  中堀から見たところ。駿府城は、外堀・中堀、内堀と3つの堀があった。
駿府城辰巳櫓と東御門

  駅まで歩いて戻り、ホテルの送迎バスに乗って40分くらいで、日本平ホテルに到着。ところがあいにくの霞空で、有るはずの富士山が見えない。
清水地区

  
日本平ホテル庭園

 夜景。清水港です。ちょっとぼけてしまいましたが・・・。
清水港

  明日は、富士山が見えますように・・・・。

このページのトップヘ