好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:北陸地方 > 砺波チューリップフェアと金沢ひがし茶屋街


  入場して、すぐ展望台に登ってみました。晴れていると、立山連峰の山々が花の背後に見られるそうだが、今日は何も見えず。
砺波ちゅりーっぷフェア

  地上に降りて来て、円形に整えられているお花畑に向かう。
DSC07230

  雨で下を向いてしまうかと思ったのだが、まだ咲き始めて日が経っていないせいか、まだまだ元気いっぱいのようです。
きれい

  最近のチューリップは、色々な形をしているのでとても楽しい。足元に植えてある花々も、チューリップの色と同じにして有るので、豪華に見える。
DSC07234

  大きなチューリップのオブジェ。
2022

  タワーにも上ってみました。
星
タワーから見たところ

  池の上にも、浮かんでいる。こういう咲かせ方も有るんですね。
池にも

  まるでバラの花のようなチューリップ。
バラの様

  このチューリップは、花が大きすぎてさすがに折れてしまっているものもあった。
ともかく大きな花

  ふわっとした見た目が愛らしい。
ボンボン

  清楚な感じチューリップ。
可憐

  同じ方向を見ている。ちょっと愉快な感じがする。
なびいて

  園内には、5連の水車も有りました。川の水量が多くてちょっと怖かった。
5連水車

 雪の大谷をもじって、花の大谷。富山県らしい。
花の大谷
白も素敵
立体的に

  隣接する砺波市美術館は、フェア中は無料で観覧できるというので入ってみた。期待していなかったのだが、これがとても素晴らしかった。

  NASAの画像を中心に観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡がとらえた美しい天体写真が紹介されていて、すっかり虜になってしまった。宇宙とは、かくも美しいものかと・・・。

  ポスターの写真は、月探査機ルナー・リコネッサンス・オービターがとらえた「地球の出」。月の表面が波の様に見えて青い地球とリンクした感じがする。アフリカ大陸の北側と南側の違いがはっきりわかる。
月から見た地球の出

  帰りは、東海北陸自動車道で帰って来た。岐阜県に入って荘川を過ぎたあたりから、土砂降りになってしまったのだが、それほどの遅れにはなりませんでした。


 今にも雨が降りそうな天気でしたが、降ったり止んだりといった感じで帰ってくることができた。 

  名神から北陸道に入り、金沢西インターを降りて、兼六園そばの料亭石亭でのどぐろ御膳というのをいただいた。

  石亭の外観。かなり大きなお店で、玄関には棟方志功の「風神雷神図」が飾ってあった。
DSC07201

 お食事をした部屋。畳敷きの床の間が豪華な感じ。
DSC07196

  すぐ近くには、金沢20世紀美術館や知事公舎もある。1926年の建築らしい。
DSC07204

  美術館は時間が無くて行くことができませんでした。

  10分ほど移動して、ひがし茶屋街に到着。散策します。ずいぶん、色々なお店ができていてびっくりだ。修学旅行も少しづつ回復しているのか、生徒さん達の姿も結構見受けられる。
DSC07213


 ひがし茶屋街は、1820年に加賀藩の政策により、この地を浅野川茶屋町として町割りしたものだ。格子戸と2階建ての建物が軒を連ねた特有の町並は、藩政時代のままに残されており、国の重要伝統的建物群保存地区となっています。
DSC07214

  お茶屋さんだった、「志摩」に入ります。この建物も重要文化財に指定されている。バッグやカメラは持ち込み禁止なので、ロッカーに預けます。スマホのカメラはOKとの事。

  創立は、1820年。典型的なお茶屋の造りをしている。2階が客間で押し入れや間仕切りなどなく、あくまでも遊芸を楽しむことを主体とした造りになっている。
20220426124421_p

  並んだ三味線。
20220426124253_p

  1階には、井戸や台所、室などがあります。
20220426125037_p

  中庭。
20220426125144_p

  浅野川大橋のたもとには、火の見櫓が残っており、国の登録有形文化財になっている。すっきりとしたおしゃれな櫓です。高さ11m、市内最古。
DSC07220

 金沢東インターから、富山県砺波市に向かいチューリップを見に行きます。雨がひどいと、チューリップは下を向いてしまうのでちょっと心配なのだが・・・。

このページのトップヘ