のぞみ30周年を記念して、JR東海の大井車両基地へ行くツアーに参加してきました。

 新大阪、京都、名古屋の3か所から お客をのせたのぞみ302号、特別列車です。
臨時列車で

 のぞみ302号は、のぞみデビュー時の新大阪始発の列車と同じ列車番号です。
30年前の302を意識

 パンフレット
DSC07796
日程

  今日のお弁当はこれ。
この日のお弁当

  車内販売も有り、記念グッズはとても人気が有ったようだ。途中、新幹線の指令室から直接車内放送が入り、今はこんなこともできるのだなあとびっくりです。我々の拍手する様子も社内カメラで、指令室で見ることができるという。

  東京駅に到着し少し待機。回送列車となって大井車輌基地に向かいます。ちゃんと案内表示も放送も行われるのだ。誰かが残っていたら大変ですものね。警告音も鳴り響き、もし乗っていたら1号車まで来てくださいという放送です。
回送列車の案内

 照明も落とされます。
照明も暗くする

  そして列車は反対方向に走りだします。座席の向きとは反対方向に進んでいく。車窓には、モノレールやゴミの焼却場らしき建物、レインボウブリッジも見えます。時速は30kmくらいか。
ベイブリッジが見えた

  これはドクターイエローの車庫。
ドクターイエローの車庫

 検修庫
DSC07822

  すると左手方向から何やら音がする。
  子供みたいに手を振ってしまった。何もかもが近い

  これは洗車機。後でこの中を潜り抜ける体験をします。
洗車機

  こちらも検修庫。
こういうところが2か所ある

  この中に入って行きます。ここで検査をするという。
社員さん達

 ここに新幹線の車両が停まります。線路は、7か8有った気がする。
此処で新幹線は待機する

  ドクターイエローが入って来た。
ドクターイエローが入って来た

 そして、基地の説明など行われ、社員さん達によるクイズ大会を楽しむ。右手に止まってた新幹線の行き先案内標を見ていると、停車するはずの名古屋の文字が見えない。そう始発列車は、何と名古屋とばしだったのだ。東京を出て、新横浜に停まると新大阪まで停まらなかったというわけ。
30年前の始発列車の案内
 
  そして、再び列車は動き始め、東京駅に戻って行きます。

  ゆっくりゆっくりドクターイエローを見ながら走って行き、洗車機の中に・・・。

  
同じ目線で
お別れです

  キリンと、新幹線が一緒見えている。
キリンと新幹線

  10分ちょっとで、東京駅に戻って来ました。そして我々も下車。次の目的地に向かいました。