好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:岐阜県 > 木曽川昼鵜飼い


 城の近くにバスを止める、100分ほどの自由散策です。この時間になると、かなり暑い。


 犬山には、何度も来ているので、今回は犬山祭りの山車を展示しているどんでん館を目指す。

  平日の昼間でも結構にぎわってます。
城下町

  食べ歩きがここの人気なのですが、こう暑いと食べ歩きよりも、店内で涼む方がよさそうだ。

  古い建物を利用したお店と、きれいな新しい店舗が混在している。
古い家屋を利用して

  
  本町通の旧磯部住宅。江戸期の町屋で、このような膨らんだ屋根は珍しいそうです。市内では、1軒だけで、「起り屋根」という。
磯部家住宅

  店先から奥までは、50mもあるという。
江戸期の町屋



  ここが目的のどんでん館。どんでんとは、犬山祭りの時、町の辻で豪快に方向転換する様。

どんでん館

 入場料、100円でした。中には、畳敷きの無料休憩所も有りますが、飲食は禁止です。犬山祭りに使う13輌の山車のうち、3輌が展示されていました。

  犬山祭りは、1635年頃から始まる針綱神社の祭礼で、毎年4月の第一土日に行われます。13の山車が豪華絢爛な水引刺繍の幕をゆらして市中を練り歩く。山車には、それぞれからくり人形があり、笛や太鼓に合わせて演舞を披露する。ユネスコの無形文化遺産になっている。

  夜になると、山車は一変して365個もの提灯がともされる。
犬山祭りに使う車山

 
  この豪華な衣装は、金襦袢と言われるものだ。山車の一番下で小太鼓を演奏する子供の衣装で、昔は普通の柄の襦袢を着ていたが、昭和初期には、現在のような緋縮緬に金銀の刺繍や差し込みなどが施された金襦袢が主流となってきた。
  子供がこの襦袢を着る時の費用は、嫁型の家が負担する習わしになっていたそうだが、現在は?

  どの家にとっても、家宝の1つといわれているとか・・・・。
豪華な金襦袢
下山子供連の衣装

  どんでん館の前に、昭和横丁なるものが出来ていたので、入ってみました。
昭和横丁

  一番奥の休憩所には、ものすごく大きな織物が展示されていた。絨毯や幕のような感じがするが、これほど大きいと重さも相当だろうなあ。
 ライン下りの様子でしょうか?
ライン下りの様子

 何度訪ねても、何かしらの発見がって楽しい犬山。次回は、あの「若い太陽の塔」を見に行きたい。


 先週に引き続き、愛知県の補助付きの日帰り旅行に参加してきました。
今回は、木曽川の昼鵜飼いと犬山城下町歩きです。

 夜の鵜飼いは、かなり前になるが長良川の鵜飼いを見学したことが有り、その雰囲気を多いに楽しんだのだが、鵜の動きがイマイチわかりづらかったので、今回は昼の鵜飼いに参加してみた。

 鵜飼いをやっている川は、国内に何か所も有るが昼鵜飼いを行っている川は、此処木曽川だけらしい。

 長良川や小瀬鵜飼いの鵜匠さん達は、宮内庁の職員ですが、木曽川鵜飼いの場合は、市の職員だそうです。公務員なので、時間にはシビアですよと笑いをとる。


 食事つきなので、前半は、屋形船の中で、お弁当を食べながら景色を見る。もちろん、細かく解説してくれます。
DSC09425


 犬山モンキーパークに有るこの塔は、かの「岡本太郎氏」の作品で、昔行われた大阪万博の「太陽の塔」の前身として造られたもので、「若い太陽の塔」
岡本太郎、太陽の塔の前身、若い太陽の塔

 反対側には、ちゃんと顔が有ります。

 途中でUターンして下流に向かいます。見えてきたのは、犬山橋とその上を走る電車、犬山城です。
奥の方には、堰も見えている。
犬山城と犬山橋と電車

   海底が隆起したという岩山には、昔は鵜沼城があったという。
鵜沼城が有った

 一時アメリカ軍に接収されたらしいが、その後は、旅館として営業していた時期もあり、その時にダンスホールとして使われていた場所が、船からも見えました。
ダンスホール

 国宝犬山城です。シンプルで好きなお城の1つだ。
20220713_133827



DSC09419

 犬山橋は、ツインブリッジとも呼ばれている。昔は、電車の走る橋しかなくて、その橋の上を人も自動車も走っていた。現在は、車と人は隣の新しい橋の上を通行していますが、今考えるとどうやって1本の橋を使っていたのだろうと考えてしまう。
ツインブリッジと電車

  ここで一旦、乗船場に戻ってきてトイレをすませます。船にはトイレがないからだ。鵜と鵜匠さんがウオームアップをしています。
準備中

  そして乗船前には、鵜飼いの説明が有ります。

  鵜飼いに使う鵜は、ウミウで茨城県で捕獲しているという。鵜匠さん達でも、オスとメスの区別がいまだにわからない事、鵜には、名前がない事、昼の鵜飼いは、餌を獲らないので、鵜匠さんが船上から魚を投げ入れて魚を獲る様子を見てもらう事などを聞いた。

  ウミウは、かなりでかい。この2羽は、とても仲良しなんだという。
仲良し

 籠の中には、2羽づつ仲良し同士の鵜が入っているという。相性はとても大事で、仲が悪いとお互いを傷つけあうまで喧嘩をするそうだ。全部で、10羽を使って鵜飼いをします。
籠の中に2羽づつ入っている

  鵜は通常、人になれないのですが、この鵜だけは特別で、手乗り鵜ができる。ただし体重が3kgもあるので、こうして掲げ続けるのは、つらいそうだ。
手乗り鵜

  最初は、下流に向かって行きます。その間に鵜飼い船は、上流に向かいスタンバイ。そして、屋形船が戻って来たところで、並行しながら鵜飼いを見せてくれます。
DSC09459

  この日は、3艘の遊覧船が出ました。
DSC09462

  堰の手前でユータンをし、川をさかのぼって行きます。さあいよいよ始まりです。
昼鵜飼いの始まり

  
海鵜です

  時々上空にトンビがとんできて、投げ入れた魚をさらっていくそうだ。この日も、何度かあらわれました。
昼は魚を放ります


  1羽を船の上に上げて、餌をどのようにして飲み込むかの実演。あっという間に1匹丸ごと飲み込んでしまう。立て続けに4匹ほど飲み込むと、さすがにのどの所が倍くらいの太さになってしまった。
  吐かせるために、喉の所を抑えると瞬時に吐き出したのにはびっくり。
はかせたところ

  喉を締める具合は難しくゆるいと外れるし、きつすぎるのも良くないそうです。飲み込まなくても、消化されてしまうので、いかに早く吐かせるかが腕の見せ所と言ったところかもしれない。

  紐が見えている。
のどの閉め加減が難しい

 いやあ楽しかったよう!あっという間の時間でした。


  下船して、犬山の街に向かいます。

このページのトップヘ