好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ: 京都府


 赤レンガは、洋風の雰囲気を持ち、日本の近代化の象徴としても重視され、ここ舞鶴だけではなく、呉や佐世保などの旧海軍の港にも造られた。

 また赤レンガは、耐火性や耐久性に優れており、軍需品や兵器などを補完するための施設に使われた。



 当時は、港から線路が敷かれており、赤レンガ倉庫間も結ばれていた。線路は、建物内まで引き込まれて物資を運んでいた。

 3号棟、明治35年の建設。
レンガ倉庫

 

 真ん中の敷石のところが線路だった。3号棟と4号棟
線路が敷かれていた (1)


  舞鶴レンガパークには、明治時代から大正時代に造られた建物が残されています。時間の都合でゆっくりとみることができなかったのは残念ですが・・・。

重要文化財になっています



  5号棟の中。いろいろなイベントが開催されるという。5号棟は、少し新しくて大正時代の建設です。外観がシンプルになっている。
5号館内部


  少し離れたところにあるので、普段は公開されていない建物。映画のロケにはよく使われるそうです。3棟並んでいて、明治時代の建設。
当時のままのレンガ倉庫




 赤レンガロード。
左手は大正時代の倉庫 (1)



 少し離れて、こちらの建物は、現在も海上自衛隊が使用しています。
DSC08397



 この建物を見ながら27号線に沿って少し歩き、左折して山に登っていくと、旧北吸浄水場に行ける。
旧北吸浄水場排水池跡 (1)


DSC08381


 鎮守府に時代に大量の飲料水を確保するために造られたもので、当時は屋根がなかったらしい。


 入ります。
入ります (1)



 上から見るとこんな感じ。水がよどむのを防ぐため、こういう形になったという。
こうして水を通した


 降りてみます。以前は、歩いて反対側の出口まで行けたらしいが、今現在は、途中までしか行けなくなっていた。
 
20230820_161414


 結構な高さに圧倒される。


 ここからの眺めも良いですが、今日は艦影がないのでちょっと残念。
大きな木


20230820_155554


 もう少し、ゆっくり倉庫群を回ってみたかったが、日帰りバスツアーだとこんなものかもしれない。




 この日は、いつもより停泊している護衛艦などが少なくて、1kmもあるという桟橋には、船は一隻もいなかった。自衛隊の船は、前もって運航などを知らせることがないので、運が悪いとこういう日に出会ってしまうのだ。 

  掃海艇2隻。はつしまとあいしま。はつしまは木造船ですが、たぶん木造船としては最後の船になる。
掃海艇はつしま


  ゆうらんせん。
遊覧船


  湾内を反時計回りに回ってゆきます。


  軍港につきものの、赤レンガ倉庫が見えてきた。
赤レンガ倉庫群を見ながら


  クレインブリッジ。2羽のつるをイメージしているという。
クレインブリッジ



  補給艦ましゅう。
補給艦ましゅう

DSC08335


  ドックには、護衛艦あたごのすがたがある。
護衛艦あたご


  
あたごの船尾


  うしろにはひうちの姿も見えている。
ひうち


  海上保安庁の船えちご。
海上保安庁えちご



  あたとごひうち
あたごとひうち



 ミサイル艇うみたか
ミサイル艇うみたか



 後ろの方に、速射砲が搭載してある。
速射砲が搭載


 YT02とある。
20230820_143229
 



掃海艇はつしままで戻ってきたところで、終了。30分ほどのコースです。
はつしま船尾


 


 


 ツアーバスに乗ること、3時間余りで、舞鶴市内に到着。

 早速お昼をいただきます。今日のメニューは、海軍カレーです。 

  松栄館は、明治37年開業の旅館「松栄館」の別館として建設されたもので、初代鎮守府長官の東郷平八郎などの海軍関係者が利用していた。

 建物のある舞鶴市東地区は、日本近代化の躍動を体験できる町として「日本遺産」に登録されている明治の面影が残っている場所でもある。


 
松栄館


 一階部分に能舞台のある大広間があり、そこがレストランになっていました。
能舞台のある広間


 カレーライスは、カレー粉を使わないで8種類のスパイスで作られているという。
海軍記念館にあったレシピ。

DSC08316


 おなかが空いていたので、写真を撮るのを忘れ食べてしまいました。これは松栄館の
HPから引用したものです。






   食事の後は、館内を見学させていただきます。資料もありますが、建物内のレトロな感じが素敵だ。

 玄関近くのドアのステンドグラス。
上がってすぐのスタンドグラス


 福助さんはガラス製です。
福助さん


 2階の和室
2階個室


 障子欄間
障子欄間


書院障子


 ガラス窓も格子が素敵だ。
2階窓


  ここからバスで少し移動して、海上自衛隊の敷地内にある「海軍記念館」を見学した。

  
海上自衛隊舞鶴地方管区 (1)

海上自衛隊舞鶴地方管区 (2)


  記念館は、大講堂の一部に設立されたものです。
海軍記念館外観


  明治34年、東郷平八郎を初代の司令長官として、舞鶴に鎮守府が置かれ、日本海に面した唯一の軍港として変遷を重ねてきた。それらの資料などが、展示されています。

  旭日旗。軍艦秋津洲のもの。昭和19年、フィリピンコロン湾にて米軍の攻撃により沈没したが、その際乗組員が持ち出したものと説明があった。
 銅像は、東郷平八郎。
旭日旗



 東郷ビールなるものもあった。
東郷ビール
DSC08302


  恩賜の短剣、という言葉は知っていたが、実物は初めて見た。
恩賜の短剣

DSC08309


  訓示棒ですって。どういう使い方をするのかわまりません。
訓示棒



 講堂。
大講堂 (1)


  昭和天皇も、戦後、ここでお話されたことがあるという。
大講堂舞台


  マスコットかな?
マスコットも



  こちらの建物内にも入れました。
別館


 ともかく暑くて、何もしなくても汗が出て来る。迎えのバスに乗るとホッとする。そのまま移動して、舞鶴港に向かいました。


 朝食をいただき、何となく春日大社に行ってみたくなった。

  今朝は、結構冷え込んでいるので、着ぶくれして出発。

  途中、鹿の角を切る場所のあたりが、真っ白になっていてびっくり。まるで雪が降ったようだ。霜も美しいものだなあと思う。

  
20230103_080049
20230103_080028
DSC03518


 カメラを構えた人が幾人か撮影していました。
雪のよう (1)


  春日大社への道は、緩やかな登りが続く。屋台がそろそろ支度を始めている。

  春日大社に到着。
春日大社 (1)


  灯篭
灯篭

  帰りに、興福寺にも寄ってみた。おなじみの東金堂と五重塔。
東金堂



興福寺五重塔


  新しく創建された中金堂。
中金堂


  9時半、なら町の散策に出かけました。

  猿沢の池
猿沢の池 (1)

  伊勢街道にかかる率川の地蔵尊。船に乗っているのは初めて見た。
率川地蔵尊 伊勢街道


  恵比寿様の通り
恵比寿通り


  商店街に続く道
なら町辺り


  奈良漬の店
奈良漬の店


  資料館、大きなさるぼぼがぶら下がっている。
奈良町資料館


  中には、仏像が。
DSC03548


  正月飾り
正月飾り

  最後は元興寺に立ち寄りました。
元興寺


  帰りは、近鉄ではなくて、みやこ路快速で京都まで向かい、新幹線のこだまで帰ってきました。時間が早かったせいか、空席もあり、昨年の3日のことを思うとずいぶん楽に変えることができた。

  3日間おいしいものを食べていたので、体重が、500g増えていました。


 今日の朝食は、1階のバイキング。 

 今朝も出発までの時間を利用して、東寺まで行ってきました。ここも歩いて15分ほどか。

  御影堂
東寺


 美しいお庭
東寺。

 金堂
金堂。


 東寺は、唯一残る平安京の遺構だという。平安遷都とともに建立された寺は、官寺、国立の寺院でした。その寺院を、嵯峨天皇は、唐で新しい仏教を学んできた弘法大師に託したのだ。

 五重塔の高さは、55m。新幹線の中からもよく見えるのでおなじみです。普段は、非公開ですが、特別公開時には中に入れます。
五重塔


  9時にバスはホテルを出た。今日はなんとバスガイドさんが、同行してくれました。

  宇治市に入り、平等院を見学。今日は、鳳凰堂の中にも入場することができた。前回は残念ながら時間の関係で、外観と鳳翔館を見て帰ったのだ。

20230102_094906



平等院鳳凰堂


阿字池


 阿弥陀如来
阿弥陀如来


  宇治といえば抹茶、福寿園で、ソフトクリームを買う。

  夏には鵜飼いでにぎわう宇治川。
宇治川


  昼過ぎには、奈良に到着。奈良市内は、結構人出があり、バスはスムーズに進めない。ホテルに入り、チェックインしてから、歩いて、今日のお昼をいただく「うな菊」さんへ向かった。

  ここも登録文化財の建物でした。
うな菊


  相のせ重。白焼きとかば焼きが入っていました。私は、ウナギが得意ではない。それでも、白焼きは、いけた。
20230102_135047

 全員でそろって食事をするのは、この食事が最後というので、旅行社から、ドリンクがサービスされた。このクラフトビールは、コリアンダーが入っていて、とてもすっきりとおいしかったです。
20230102_134519~2

  食事が終われば、解散。我々は、奈良国立博物館に行ってみた。

 
奈良国立博bjつ間


  企画展、「春日大社 若宮国宝展」を見たのだが、広いので2時間以上かかり、最後の方は、くたびれてしまった。

  この金剛力士像は、唯一写真撮影が許されていたものです。阿吽。
金剛力士像


  阿のほうですかね。
阿像


DSC03494


  出てきたころには薄暗くなっていたが、東大寺まで行ってみた。鹿もすっかりいなくなっていて、急に寂しくなってきて、何となく急ぎ足になってしまう。

  今日の夕食は、ずーっと、贅沢なものをいただいてきたので、コンビニで買ってきたもので済ませるつもり。

  近鉄奈良駅のローソンで買い物して戻ってきました。

  


 お東さんまで、ホテルから歩いて10分ほど。 

 時間があるので、今度はちゃんと建物内にも入ります。
京都タワーが見えている。

 
お東さんから見た京都タワー






 
お東さんへ

 鐘楼
東の鐘楼


 阿弥陀堂と御影堂。靴をもって上がります。今朝、西本願寺で、自分の靴をくたくたのサンダルと替えられてしまったと訴えている男性がいたのを思い出したからだ。
阿弥陀堂と御影堂


  木造建築の山門としては、世界最大級。木造建築の2重門しては、日本一の高さがあるという。
御影堂門


  お東さんから、まっすぐ東に進んだところに、国の名勝に措定されている「渉成園」があるので行ってみた。
  門の前に建つと、なんだかここも既視感がある。

  入場券を購入するときに、係の人に、「閉門まであと45分しかないですけれど、よろしいですか」と聞かれた。あ!ここやっぱり来たことがある。あの時も同じことを聞かれたわあ。
  とは言われても、今更やめるのも変だし覚えていなかったのだから、「はい大丈夫です」と答える。

  立派なパンフレットを片手にいざ園内へ。

渉成園


 高石垣。様々な形の石を組み合わせてある。
高石垣


  檜垣の灯篭。どうしてこの名がついたかは、判っていないそうです。
檜垣の灯篭


  傍花閣。階上には、四畳半の部屋があるそうです。ここから桜を眺めるといいだろうな。
傍花閣


  素人には、よくわからないのですが、これは、「塩釜の手水鉢」と呼ばれるもので、手水鉢の一形式として全国の庭園にある「塩釜の手水鉢」の手本となっているものだとのこと。渉成園の景物として最も重要なものなのだという。石造宝塔の塔身を転用したもので、鎌倉時代のものだと思われるとある。
塩釜の手水鉢


  印月池と侵雪橋。後ろのビルがなんとも残念ではある。
印月池と侵雪橋

  冬の日没は早いので、薄暗くなってきた。京都タワーのシルエットが池に映り込んでいた。
20230101_152825


 夕食は、祇園にある「花咲」という料亭です。
20230101_175917

 奥へ奥へと入っていく。
20230101_175905


 新年懐石をいただきます。紹介した以外にも、色々出てきて、すっかり満腹になってしまいました。
20230101_180251

 イセエビ付きです。
20230101_180848


 明日は、宇治の平等院を見学してから奈良へ向かいます。
  


 元旦の朝。ホテルの朝食会場は、4か所。どこに行こうか迷ったけれど、京都たん熊北店のお節料理にしました。 

  
20230101_073300



  お雑煮は丸餅の中に、小豆をゆでたものが3粒ほど入っています。

20230101_073719


  ツアーは、9時半出発なので、時間がありました。で、歩いてすぐの西本願寺へ行ってみることに。

  西本願寺手前の興正寺。本願寺さんには、何度も来ているのだけれど、ここのお寺さんにお参りするのは初めてでした。
興正寺


  経蔵
興正寺経蔵


  西本願寺さんの門。お正月気分が盛り上がります。
西本願寺


  重要文化財の鐘楼。
鐘楼


  唐門。国宝だそうです。桃山時代の装飾彫刻を施した、檜皮葺の唐破風門。
唐門


  同じく国宝の御影堂と阿弥陀堂。いつ来てもここの屋根には、圧倒されてしまう。
御影堂

 なんて見ていたら、そろそろ時間が無くなってきたので、急いで戻ります。

 バスで、下賀茂神社までやってきました。ここもそれほどの混雑はない。

 楼門。
楼門


 ここもお伊勢さん同様、21年1度の式年遷宮があるそうですが、建物が国宝のため、建て替えることはできず、本来の式年遷宮ではなくて、修理をするという形態になっているという。

 
神楽殿

  中門を通って、本殿前へ進む。西本殿の端がちらっと見える。
本殿がちらり


 特別公開の大飯殿へも行ってみたのですが、既視感がある。家に帰ってきて調べたら、5年ほど前にも見学していて、自分の頭がかなりさび付いてきたことを実感。

 でも、氷室は新しくできたものです。
氷室
下賀茂神社 (2)


 中はこんな感じ。
氷室の中


 今年のお正月は暖かくて、焚火はあまり人気はありません。でも火を見るとなぜか吸い寄せられてしまう。
暖かい


 ここからは、バスに乗って八坂の塔の近くに移動します。

 さすがに、八坂のあたりは人が多い。
八坂のあたり


  塔が目の前に。
八坂の塔が

  この辺りは、本当に風情がある。
町や


  今日のお昼は、昨日の鮒鶴さん同様、登録文化財の建物で営業している、「アカガネリゾート京都東山」さんでいただきました。

  どこをとってもおしゃれな雰囲気です。
 
20230101_130706



  お庭
20230101_113743

 カフェもあるようです。
20230101_130644

 入り口の天井。クジャクの織物。
20230101_113838


 
20230101_130556

20230101_130509

 お正月ランチコースとある。

20230101_120119
20230101_122417




20230101_123724


  この後は、いったんホテルに帰り、夕食までの時間は自由時間です。

  相方は、プールで初泳ぎをするというので、私は、お東さんと渉成園に行ってみることにした。
  


 今年の大みそかは、パートナーと一緒に、京都、奈良での年越にしました。
おいしいものとちょっといいホテルに泊まりたかったので、現地集合現地解散のツアーに申し込んだ。 

  京都集合で、シャトルバスでホテルへ行くはずだったのだが、なんとバスが事故にあってしまい、徒歩での移動となった。

  ホテルの到着後、すぐに、建仁寺へ専用バスで向かうはずだったが、
かなり出発が遅れ、現地に到着したのは、閉館まで1時間ちょっとという時間。建仁寺は初めてではないし、まあいいかという感じだが、せっかくならもう少しじっくりと回りたかったのが本音です。
建仁寺へ

建仁寺


 京都最古の禅寺で、祇園の近くにある臨済宗建仁寺派の本山で、栄西によって開山された。建仁2年(1202年)創建なので、寺名が建仁寺。
 栄西は、中国からお茶の種を持ち帰り、日本で栽培することを推奨し、茶祖としても知られている。


 俵屋宗達の傑作として知られている、「風神・雷神図」はこの寺のものではあるが、現在は国立博物館にあるので復元されたものが飾ってありました。
 
宗達の風神雷神


 潮音庭
潮音庭

 京都は、とても外国の方が多いが、着物姿の2人。じっとお庭を見ています。
正月らしい


 方丈をぐるっと回るように進んでいく。こちらのふすまは、型染のふすまです。
型染めのふすま


 金澤翔子氏の書がありました。この人の字好きだな。
金澤翔子氏の書


  方丈前の庭園。枯山水の大雄園。
枯山水大雄園


  海北友松によって桃山時代に描かれたふすま絵も、方丈にはあります。
  竹林七賢図
竹林七賢図

  最後は、法堂で、天井いっぱいに描かれた双竜図を見上げる。
20221231_160556


  建仁寺を出て、歩いて六波羅蜜寺へむかう。このお寺さんは、初めてだし空也上人が口から6体の阿弥陀を出している姿の像をぜひ見たいと思っていた。けれど、ここも閉館間際ということで、ちょっとせわしなくて残念。

  六波羅蜜寺。951年、上人によって開創された。当時京都に流行していた悪疫退治のため自ら11面観音を刻み市中を引き回したという。観音像は、秘仏なので見ることはできません。
六波羅蜜寺

  平家時代には、栄えたからということか、平清盛の塔頭がありました。
平家清盛塔頭


  本堂は、1363年の建物を修理したものである。
本堂南北朝時代


 空也上人のほかにも、清盛像など素晴らしい像がたくさん所蔵されています。どれもとてもリアルで、鎌倉時代の仏師運慶たちの腕の見事さを感じられます。

  川端通に戻って、歴史のある建物の「鮒鶴」さんで、今日の夕食をいただきます。

  登録有形文化財だそうです。
登録有形文化財の鮒鶴

  屋上からはこんな感じ。
鮒鶴の屋上から


  塔の部分。
塔の部分


  宴会場の仕切りの格子とシャンデリア
シャンデリア

 おなかがいっぱいになったところで、まずは平安神宮に向かった。ガラガラの境内です。
年の明けない平安神宮

20221231_202051


20221231_202124


  大みそかの締めは、八坂神社。おけら参りというものを一度してみたかったのだ。新年まではまだ少し時間があるので、それほどの混雑もない。
20221231_205608
20221231_210714

  縄を打っている人から1本買って、自分で、決められた場所で火をつけます。くるくると回すのだが、コートに火の粉が付きそうでちょっと怖い。
20221231_211316
おけらまいりしました

  外に出るときには、火を消すようになっていた。昔は、家に持ち帰った火で雑煮を作ったりしたという。

  市バスで、京都駅まで戻り、そこから歩きでホテルに戻ってきました。火の消えた縄は、家に持ち帰ってどこかに飾っておこうかな。
縄

このページのトップヘ