カンカン照りの中、犬吠埼まで歩きます。

 時々ひんやりとした風が吹いてくれるのがうれしい。

 暑くてたまらずカキ氷を食べたお土産屋さんも、駅舎も冷房設備がなかったのは、例年なら風が通り抜けて涼しいからだろう。

 高浜虚子の句碑が立っている辺りから、海岸線を望みながら歩いてゆく。

 遊歩道が有るので降りてみた。

 
イメージ 1


 チバニアンだけではなくて、どうやら千葉県は、地層学的にいろいろ貴重な所があるようで、犬吠埼も国の天然記念物に指定されていた。
 
 
イメージ 2


 
イメージ 3


イメージ 4


 塩ができていました。

イメージ 5


 
イメージ 6


 灯台が見えて来た。

イメージ 7


 
イメージ 8


 階段を登って、岬の上へ・・・・。暑い・・・。

 犬吠埼灯台。内部が見学できる灯台は案外少ない。

 
イメージ 9


 95段だったか階段を登っていく。こうなったらもうのぼるしかありません。

 初点灯が明治7年、1874年とあるから144年も海を照らし続けていることになる。

 
イメージ 10


 登ったところで、外周をぐるりと1週できるようになっている。ここは風が吹き抜けて涼しいわあ!

 しばらく休憩です。

 
イメージ 11


 
イメージ 12


 資料室が有り、巨大なレンズが展示してあった。

イメージ 13

 横から見たところ。

イメージ 14


 登録文化財に指定されている霧笛室も見学できます。今は使われていませんが、音を聞くことができます。低いうなるような音が響き渡る。

 
イメージ 15

 これが装置なのですが、理屈がわからない。
 
イメージ 16


 
イメージ 17


 このレンズは、最初に取り付けられていたものだという。

イメージ 18



イメージ 19


 灯台の前には、白いポストが設置されていた。

イメージ 20


 12時を回っているが、ご飯より冷たいものが欲しい!