好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:沖縄県 > 本島北から南へ


 浦添市は、沖縄本島南部、那覇市の北に位置する。
市の東側は丘陵地で西に向かって緩やかに傾斜して行き、東シナ海に続いている。

 1200~1400年ころには、首里以前の琉球王都として栄え、貿易や文化の中心地であったと伝えられている。

 残念ながら、その遺構は、薩摩の攻撃や太平洋戦争によって多くが失われてしまったが、再建整備が進んでいる。

 仲間樋川。
日常の飲料水としての利用がされていた。1731年の「琉球国旧記」にはすでに樋がかけられていたことが記されている。
 昭和10年に大規模改修が行われタンクが設置され、現在に至る。


 
イメージ 1


 御嶽もあちこちで見られます。これは、クバサーヌ御嶽。

イメージ 2


イメージ 3


 浦添ようどれ館で、ようどれの西室の内部を再現しているのを見て、浦添城址までやって来ました。
 ようどれとは、琉球言葉で、「夕凪」を意味しており、その静かで穏やかなイメージから「墓」の意味に用いられていると言われている。

 普天間の滑走路でしょうか?すぐ隣に位置している。

イメージ 4


 何となく大陸的な雰囲気がする浦添ようどれ。
別名を極楽陵という。13世紀に造られた英祖王の墓と言われており、1620年に尚寧王によって改修された。向かって右の西室が英祖王と言われ、東室が尚寧王と一族が葬られている。

 崖にある2つの横穴を石積みでふさいで墓室にして有る。骨を納めた石製の厨子は、中国でとれる石で彫刻が施してある。この彫刻が日本で施されたものなのか、向こうで施してから持ってこられたのかはわかっていないらしい。


 
イメージ 6



イメージ 7


 入り口部分。

イメージ 8


 ようどれへと続く道。

イメージ 9


 外観。この上に浦添城が有ります。
 
イメージ 5


 いったん戻って、坂道を登っていくと、再現された石積みが見えて来た。ここが、浦添城跡だ。

イメージ 10


 振り返ると、

イメージ 11


 13世紀に造られたグスクで本島中部を勢力下におくための拠点と考えられている。14世紀後半から15世紀前半には、大規模なグスクになった。
 政権が首里城に移った16世紀には、尚維衡が住み、それ以降は彼の子孫が屋敷を構えていたが、1609年の薩摩侵攻によって焼け落ちてしまった。
 1945年には、沖縄戦の前田高地と呼ばれる日本軍の陣地となったことから激戦地となり、残っていた石垣も失われてしまった。

 登り切った広場。

イメージ 12


 手前には、ディーグ・ガマがあった。

イメージ 13


イメージ 14


 急な崖の上に有るので、端まで行ってみると此処からも浦添市が一望できます。

 
イメージ 15


 そしてこんな看板が立っていました。

 
イメージ 16

 
 ハクソー・リッジは、映画にもなったそうです。詳しい事は、市のHPで見ることができる。
とてもわかりやすいのでぜひ。



 少し進んでいくと、前田高地の碑が立っている場所が有る。
ここは、第32連隊第2大体が保守していました。
 
 
イメージ 17


 来た時と違う道で降りて行くと、「浦添城前の碑」というのがたっている。こちらも、再現したものです。

 
イメージ 18



イメージ 19

 
 近くには、首里まで続いていたという石畳も復元されていました。

 
イメージ 20


イメージ 21


 そして、クチグワー・ガマを見ながら、シーマ御嶽へ進む。

 
イメージ 22


 
イメージ 23


 シーマ御嶽、ハブに注意の看板を見ながら藪の中を進んでいく。

イメージ 24


 他にも、まだまだ史跡が有るようですが今回はここまで。



  彼がキャンプを見ている間に、浦添市の美術館と歴史散策をしてみました。

 美術館では、田中達也氏の見立展が開催されていて、以前テレビで紹介されていたのを見て興味がわいたので行ってみたのだが、何と長蛇の列。

 「え、こんなはずでは?」あわてて、職員さんに聞くと、この列は後援会の列だとの事。

 でも、展覧会自体も結構混んでいましたよ。人口から行ったら盛況だという事だと思う。

 ミニチュア写真家と紹介が有るから、専門は写真か何だろうか?
周りにある小さなものを使って、様々な事柄に見たたた写真を撮りSNSにアップする。毎日毎日続けていて、8年間とか、それ自体すごい事だと思う。

 少し紹介してみますね。


 回転ずし
 
イメージ 1


 チャーハンでサーフィン。
 
イメージ 2


 スマホの地図アプリ。
 
イメージ 3


 基盤の田んぼで田植え。
 
イメージ 4


 ブロッコリーの木の下で。
 
イメージ 5


 マフィンのおうち。
 
イメージ 6


 計算された設計のお風呂。
 
イメージ 7


 茶碗の池で釣り三昧。
 
イメージ 8


 海に沈む夕日。

 
イメージ 9


 


 今年は、首里城の大奥ともいえる御内原が完成しました。
それに伴い、31日まで、無料開放になっていましたので、行って来ました。

 有料区域は、今回は入りません。

 まず守礼門をくぐり、右掖門を進みます。

 
イメージ 1


 さらにそのまま進み、淑順門までやって来ました。 この門をくぐると正殿の後ろに広がる御内原と呼ばれる区域が有ります。御内原は、多くの様なもので男子禁制です。おきてを破ったものは厳しく罰せられます。

 淑順門

イメージ 2


 世誇殿

 未婚の王女の居室になっているが、即位の礼が行われる建物でもあった。

 
イメージ 3


 内部。

イメージ 4


 東のアザナへと向かいます。首里城の東側は、神聖な場所で、国王が死去した後に安置される建物や物見台が有り遠く久高島が見えます。


イメージ 5


 井戸。

イメージ 6


 寝廟殿に向かう白銀門。この門をくぐるのは国王だけで、他の人は脇門をくぐったようだ。

イメージ 7


イメージ 8


 展望台。向かって左の奥に久高島が見えていました。

イメージ 9



イメージ 10


 正殿の背後に連なる御内原。

 
イメージ 11


 
イメージ 12


 
イメージ 13


 ここは、御嶽の有った場所です。

イメージ 14


イメージ 15


はっきりとはいえないが、炭化したものが出て来たので湯屋ではないかとされている場所。

イメージ 16


 ここまで来たところで、ちょうど郷土舞踊が行われていたので見学します。

イメージ 17



イメージ 18



イメージ 19


 城内には、こんな人工のガマも有りました。

イメージ 20


 反対側に向かうと、修理中の美福門が有ります。内門だが、継世門ができるまでは東門として使われた。

イメージ 21


 首里城の裏門ともいえる継世門。倭寇に備えて1544年に建てられたと記録が有る。

 
イメージ 22


 帰りはここから出ます。

イメージ 23


 


 






 今日は、本部町に向かい、備瀬のフクギと八重岳の桜を見て、帰りは西側の岬巡りをしてみます。
美ら海水族館までは、何度か言ったことが有るのだが、今回はそちらはパスして、備瀬のフクギを見にゆきます。

 許田で高速を降りて本部町に向かっている途中、こんな光景に出会いました。
昨年は、太平洋側の辺野古の入り口で埋め立て反対の人達を見かけましたが、その時はまだ埋め立てが始まっていなかったのだが、途中から埋め立てにゴーサインが出て今はトラックが行き来をしている。

 まさか西側、東シナ海でこういう光景を見るとは思っていなかったのでびっくりしてしまった。
砂利採取業者のトラックが港に出入りするのを阻止しようとしているらしい。
 こちらで採取された砂利が船で東側に運ばれているようだ。

 昨日見た、コザの資料館の話を思い出しながら複雑な気持ちになってしまう。1年で、辺野古の問題は、ずいぶん変わってしまったようだ。
 
 
イメージ 1


 本島は、何だかどこもかしこもダンプが走っている。これでは相当の人出がいるだろうに、お昼に入ったレストランも、フロアには2人しかいなくて中々注文ができなかったし、ここも深刻な人手不足になっているのかもしれない。 

 備瀬のフクギは、防潮・防風・防火・防砂などの他にもフクギの性質上びっしりと生えているのでその下はすごく涼しいのだ。

 碁盤目状に集落ができていて、その筋にはびっしりとフクギの木が植えてある。

 上を向きながら歩きたくなります!

 
イメージ 2


 

イメージ 3

 
 
イメージ 4


 歩いていくと海に出る。備瀬岬だ。

イメージ 5


 沖の方に見えているのは
伊江島だ。来年は行ってみたい。

イメージ 6


 再びフクギを通って、駐車場まで戻っていきます。

イメージ 7


 フクギ越の伊江島。

イメージ 16


 八重岳に向かいます。今、琉球寒緋桜の桜祭りが開催されているのだ。
かなり前に今帰仁城の桜まつりは行ったことが有るのだが、こちらの方が本数が多いので・・・・。

サクラというよりは、ももかうめの様で派手さは無い。頂上の方から咲いていくので、本土の桜とは桜前線が反対だ。寒い方から咲き始める。前線は北上するのではなくて南下するのだ。

 協力金、500円を入り口で徴収される。

 頂上まで車で行けます。大明神と書かれてあった。

 
イメージ 8


 ここから下りながら桜を見てゆきます。

ヘゴの木と桜が咲いているのは南国らしいですよね。

 
イメージ 9


 全体で20000本が植えられているという。

イメージ 10


 
イメージ 11


 
イメージ 12


 お昼を食べたガストの駐車場。何と冬なのに、コスモスとヒマワリが咲いていてびっくりでした。
今年の沖縄は、いつもより暖かいというか暑い。今も車の中はエアコンをかけたり、窓を開けて走っています。

 
イメージ 13


 ここからは、岬巡りです。
まずは、万座毛。15年ぶりくらいなのだが、何だかつまんなかった。以前は、もっと広大なイメージが有ったのだが・・・。

 
イメージ 14



イメージ 15


 続いて真栄田岬。ここは、青の洞窟で有名なのでシュノーケリングをする人たちが集まってきていますが、観光客はいない。

 シュノーケリング銀座?
 
イメージ 17


 
イメージ 18


 
イメージ 19

イメージ 21

下まで、降りていけるので行ってみます。トギトギの石灰岩の上を歩いて海辺に向かう。転んだら、毛がすること必至である。

イメージ 20


 続いて、残波岬に。灯台は閉まっていてはいることができなかった。

イメージ 22


  下をのぞくとこんな感じです。


イメージ 23


 岩の上に祠が有りました。


イメージ 24


余裕を持って出発したのに、事故渋滞に巻き込まれ、2時間ほどかかって帰宅。渋滞疲れになってしまった。



 今日は、バスに乗って沖縄市、昔のコザ市に行って来ました。
那覇からは、1時間弱で到着です。

 沖縄市は、音楽の町ということで色々な音楽に関係した行事やお店が多く見受けられる。
これは、基地の影響もあるのかもしれない。

 バスのシートには、県民投票を呼び掛けるカバーがかかっている。すったもんだしているが、準備は着々と進んでいるようです。

 
イメージ 1


 エイサー会館が有ったので、入ってみます。こんなポストが有りました。

イメージ 2



 そして、嘉手納基地に向かうコザ・ゲート通りを歩いて第2ゲート前まで行ってみました。

イメージ 3


歩道にはこんな文字が・・・・。

 
イメージ 4


 これ以上は行けません。

 嘉手納第2ゲート。

 
イメージ 5


 コザの歴史をしている資料館に入り、戦争が終わった辺りから返還されるくらいまでの歴史を知りました。
コザ騒動とか、コザの町が黒人街と白人街に別れていて、アメリカ本国と同様に交わることがなかったことなど初めて知ることが多く考えさせられました。
 資料館内部は、カメラに写せないのですが、沖縄の人々は民主主義を自分達の手で奪い取ったのだという言葉が見にしみた。
 

 続いて、パークアベニューに向かいお昼ごはんをいただきました。

 元祖タコスのお店らしい。美味しかったです。

 
イメージ 6


 広島のキャンプ地らしい。

イメージ 7


 この通りは、地元の人向けの商店街かなあ・・・。

イメージ 8


 
イメージ 10



イメージ 9


 胡屋十字路から、1.6kmほど歩いて、黒人街の有ったコザ十字路まで向かう。

 目的は、壁画です。

 コザ十字路の辺りの歴史を年代順に描いてある。

 
イメージ 11


 
イメージ 12



イメージ 13


イメージ 14


 続いて、

イメージ 15



イメージ 16



イメージ 17


 次は、戦後に

イメージ 18


 
イメージ 19


 そして最後の絵巻は、

イメージ 20


 
イメージ 21



イメージ 22



イメージ 23


 ついでに、越来グスク跡まで行ってみました。

 小高い丘の上に鳥居が有りました。

 
 
イメージ 24


 そのグスク跡から見た沖縄市。

  
イメージ 25


 那覇まで戻る途中に浦添市の港川で途中下車して、外国人住宅地に立ち寄りました。
かつての外国人の住宅地を今は、おしゃれなカフェやショップに活用しています。

 

イメージ 26




イメージ 27


 通りには、アメリカの州の名がついています。アリゾナ、ミシガン、ここはバージニア。

イメージ 28




 本島南部の以前行けなかったところへ行ってきました。

 ガンガラーの谷は、洞窟のある谷で、先人たちが暮らしていた場所なのだが、今でもタイムスリップしてしまったような雰囲気を味わえる場所である。

 那覇から、レンタカーで40分もかからずに着いてしまったので、八重瀬町の道の駅に行ってみました。
此処もまだ開店していなくてV字ガジュマルだけが迎えてくれました。

イメージ 1


 この八重瀬町で、港川人の完全な骨格が見つかったのです。
日本人はどこからやって来たのかというのは、今でも謎らしいですが、沖縄で見つかっている港川人は約2万年前にこの辺りで暮らしていたといわれていて、今も発掘が進んでいます。

 洞窟が多い地なのか、幾つかの大規模なガマも残っていて、ガイド付きで見学できるようです。次回は、ガマも見学してみたいなあと思った。

 ガンガラーの谷は、完全予約制で森の中を1時間ほど歩きます。
まずは、ケイブカフェで受付をすませる。

 このケイブカフェは、サキタリ洞といい、2016年ここで世界最古の約23000年前の釣り針が発見されたのだ。

 今も発掘中です。

 
イメージ 2


 出発前に、ガンガラーの谷の説明を聞く。数十万年前の時が造り上げた鍾乳洞が崩壊してできた谷で、豊かな自然がそのまま残っているとのこと。

 先人が住んでいた洞窟や、祈りの場を回って行きます。

 黒いシートがかかっている所が発掘調査をしている所。
 
イメージ 3


 この穴も、祈りの場である。
女性の象徴のイナグ洞。

 
イメージ 4


 男性を象徴するイキガ洞。ここにはランプを持って入りました。

イメージ 5



イメージ 6


 
イメージ 7



 一番楽しみにしていた大主(ウシュフ)ガジュマルは圧巻です。

 
イメージ 8


 どこまでも伸びて行きそうな気根。

イメージ 9


 昔のお墓も残っていました。今も子孫の方はいてお参りに来るとの事。


 
イメージ 10


 振り返ると、

イメージ 11


 ツリーハウスで、周りの景色を見て、古代人の居住跡である武芸洞にやって来ました。此処は数千年前くらい前の住人達が暮らしていたらしい。
なんと、地層の調査結果から、古代人が暮らしていた当時から今までたったの15センチほどしか土が堆積していなかったとの事。

 私達が、今建っている地面はほゞ当時と同じ位置にあることになる。彼らと同じ景色を見ているのかもしれないのだ!!!

 武芸洞

 
イメージ 12


 先人が葬られていた場所。石のふたも有り、手前を頭にして眠ったいたという。浅い。

イメージ 13


 
イメージ 14


 道の駅の有った八重瀬町では、探検ツアーがあって港川人の見つかった岩の割れ目みたいなところを見ることができるツアーが有る。
 次回はそちらも見てみよう。

 そして、出口はなんと沖縄王国の敷地内でした。

 此処には玉泉洞が有るので、先ほどの洞窟が壊れる前の姿を見ることができる。

 玉泉洞は、上下に展開していなくて、ほぼ水平なので体力に自信がなくても回れますよ。

 変化にとんだ鍾乳洞で楽しかったです。

 
イメージ 15



イメージ 16

 

イメージ 17


 続いて、海中道路へ向かう。昔橋がなかったころには、引き潮の時に歩いて渡ったという。その道は、満潮時には沈んでしまうので、海中道路と言われるていた。その上に橋がかけられたので海中道路となずけられたらしい。
 平安座島、宮城島を通って先端の伊計島まで行ってみたのだが、何とビーチには入れず、金網越しに伊計ビーチを眺めることになってしまった。有料のビーチで、時間制限が有るからだ。

イメージ 19


 引き潮です。
 
イメージ 20


 海の駅辺りで。

イメージ 21


 もどって、宮城島にあるぬちまーすというちょっと変わった製塩所に立ち寄った。
海水をくみ上げ噴霧して「常温瞬間空中結晶製法」という特許技術で塩をつくるのだが、その様子はまるで雪の様でした。

 ガラス越しで見るのですが曇っていて何も写らない・・・。
これはポスター。

 
イメージ 18


 幸せ岬と呼ばれる果報バンタが目の前にある。

 
イメージ 22


 海。綺麗すぎる。

イメージ 23


 本土では見たことも無い花が・・・。
キダチベンケイソウといい、原産地は南アフリカ。赤っぽく見えますが、もう少し紫です。

 
イメージ 24

 
 せっかくなので、浜比嘉島へ通じる橋も渡ってみました。

 遠くに海中道路の赤い橋が見えている。


 
イメージ 25


 


 寒い、愛知を避けて沖縄にやって来ています。

 暖かいのを越して、暑いほど。上着がいらないほど・・・・。

 昨年は、こちらも寒くて雨が多かったのだが、これからはどうなるのでしょうか?

 暖かい那覇で、北国の国のなまはげに会いました。


 
イメージ 1


 反対に白いテラスが、リゾート気分満載のウミカジテラス。

イメージ 2


 マグロバーガーを食べながら、テラス席でまったり。
空港の裏手に広がっている海とは思えないほど綺麗だ。
 埋め立て工事が始まっていて、沢山のトラックが行き来をしてました。


 
イメージ 3


 海側から見た空港。

イメージ 4


 ウィンドサーフィンも飛行機を見ながら・・・。

イメージ 5


 壺屋通りの沖縄っぽい家。

イメージ 6


 泊大橋、これ歩いて渡れます。渡れることを知らなかったのですが、今回は偶然歩道への道を見つけて行ってみました。

 
イメージ 8


 その橋からみたとまりん、旅客ターミナルです。
来年は、ここから久米島や小さな島に行ってみたいな。

イメージ 7


 絶滅危惧種と聞けば、やはり会ってみたい。
自然界でしか会えないものもあれば、保護されていてそこに行けば会えるものもいる。

 トキやツシマヤマネコ、丹頂などだ。

 ヤンバルクイナも、保護されている個体がいると知って、この目で見たくなった。

 で沖縄滞在中に行って来ました。

 生息地は、沖縄県の北部で、存在は地元の人にはなじみが有ったが、正式に発見されたのは1981年の事だ。

 飛べない鳥で、大きさは、鶏よりはかなり小さいが、全長35センチくらいだ。

 近年は交通事故で、数を減らしているらしく、あちこちに交通事故注意と看板や負傷しているのを見かけたら電話してほしいという看板が設置してある。

 公開されているのは、たったの1羽。これは佐渡のトキセンターなどとは大きく違う。

 名前は、キョンキョンでメス。とても他人とは思えない名前である。

 
イメージ 1


 ガラスケースの中は、落ち葉が敷き詰められていて快適そうだ。寝床は、八丈で見てきたヘゴの木。
落ちたことが有るそうで、滑り止めが巻いてありました。

 係りの女性によると、過保護なので・・・・。

 でも野生の動物にしては、人間に対してストレスが溜まらないタイプなのだという。これは珍しいそうだ。公開できているのもそういう性格に寄るのだそうだ。

 
イメージ 2


イメージ 3


 沖縄北部地方は、全く植生が南の方とは違うし、東シナ海側は風も強い。気温は低く、森はうっそうとしていた。
 サクラは北から咲き始め、もう散ってしまっている木も有った。

 本島最北端の辺戸岬。

イメージ 4


 カルスト台地です。

イメージ 5


 東側の断崖。

イメージ 6


 途中までは、自動車道が有るので思ったより近かった。

このページのトップヘ