国立博物館の中で、まだ一度も行ったことがなかったのが平成館だ。

コロナ後、古墳巡りをしたことでがぜん興味がわいてぃた。今回は、エゴン・シーレ の予約時間までの空き時間を利用して入ってみました。

 1時間半ちょっとの短い時間だったが、実ごたえがあり満足・満足だった。


 まずは埴輪を見る。
埴輪

 盛装女子。着物の模様まで再現されている。
盛装した女性の埴輪

 道具類。釣り針や石斧など。氷河期の日本列島で、人々は石や骨などの道具で狩猟を行った。
石の斧など


釣り針など

 土偶もあります。

 ハート形土偶。デフォルメされた顔や体の表現と渦巻文を中心とした模様の表現が組み合わさっており、ハード型土偶の中でもっとも有名だそうです。
ハート形埴輪1
違う角度から


 
DSC05045


 遮光器土偶
遮光土偶

 みみずく土偶
みみずく型土偶

 河童型土偶
河童型土偶

 
DSC05044

 顔面付き壺型土偶
顔面付き坪型土偶

 

 円錐形の土器
円錐の器

 模様が美しい。
DSC05039

 長い首が特徴的なツボ
長首型ツボ

 赤い色の器
赤い器


 鋳型らしい
鋳型

DSC05047

 銅鏡
銅鏡


 銅鐸
銅鐸


 武器
DSC05058


 武人の石像
DSC05063


 5世紀の太刀。鳥、魚、馬型模様と長大な銘文が施されており、当時の世界観を伝えている。
DSC05069


 
20230228_113132~2


 
20230228_113057

 
DSC05070


 石を使って様々なものを模造している。これは下駄。
石型模造品 (1)


 家型飾環頭太刀。4世紀のもので天理市の東大寺山古墳から出土された。大和王権は権力を表わす宝器や儀器を作り出した。
家型飾りの太刀


 古墳時代中期には、鉄製武器がたくさん生産された。
盾

 ひのし。アイロンみたいな使われ方をした。
ヒノシ

 家型埴輪
家型

 
 椅子型埴輪
椅子型埴輪 (1)

 子供を背負った女性の埴輪。表情がいいなあ。
子を背負った埴輪


 獣の足の骨器
骨壺


 経文をが書かれている
DSC05093


 こちらは瓦経。平安時代のもの。経塚に埋納されたものには、様々なものがあったようです。
経が書いてある


  愛知県の渥美窯で焼かれたもので国宝です、工事中に偶然発見されたもので中には火葬された人骨がわずか残っていた。「秋草文壺」
渥美ヨウデ

 この後休みなしで、都立美術館に移動しエゴンシーレを見たのだが、さすが最後の方はくたびれた。