好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:京都府 > 舞鶴港界隈 舞鶴湾遊覧船と赤レンガ倉庫などなど


 赤レンガは、洋風の雰囲気を持ち、日本の近代化の象徴としても重視され、ここ舞鶴だけではなく、呉や佐世保などの旧海軍の港にも造られた。

 また赤レンガは、耐火性や耐久性に優れており、軍需品や兵器などを補完するための施設に使われた。



 当時は、港から線路が敷かれており、赤レンガ倉庫間も結ばれていた。線路は、建物内まで引き込まれて物資を運んでいた。

 3号棟、明治35年の建設。
レンガ倉庫

 

 真ん中の敷石のところが線路だった。3号棟と4号棟
線路が敷かれていた (1)


  舞鶴レンガパークには、明治時代から大正時代に造られた建物が残されています。時間の都合でゆっくりとみることができなかったのは残念ですが・・・。

重要文化財になっています



  5号棟の中。いろいろなイベントが開催されるという。5号棟は、少し新しくて大正時代の建設です。外観がシンプルになっている。
5号館内部


  少し離れたところにあるので、普段は公開されていない建物。映画のロケにはよく使われるそうです。3棟並んでいて、明治時代の建設。
当時のままのレンガ倉庫




 赤レンガロード。
左手は大正時代の倉庫 (1)



 少し離れて、こちらの建物は、現在も海上自衛隊が使用しています。
DSC08397



 この建物を見ながら27号線に沿って少し歩き、左折して山に登っていくと、旧北吸浄水場に行ける。
旧北吸浄水場排水池跡 (1)


DSC08381


 鎮守府に時代に大量の飲料水を確保するために造られたもので、当時は屋根がなかったらしい。


 入ります。
入ります (1)



 上から見るとこんな感じ。水がよどむのを防ぐため、こういう形になったという。
こうして水を通した


 降りてみます。以前は、歩いて反対側の出口まで行けたらしいが、今現在は、途中までしか行けなくなっていた。
 
20230820_161414


 結構な高さに圧倒される。


 ここからの眺めも良いですが、今日は艦影がないのでちょっと残念。
大きな木


20230820_155554


 もう少し、ゆっくり倉庫群を回ってみたかったが、日帰りバスツアーだとこんなものかもしれない。




 この日は、いつもより停泊している護衛艦などが少なくて、1kmもあるという桟橋には、船は一隻もいなかった。自衛隊の船は、前もって運航などを知らせることがないので、運が悪いとこういう日に出会ってしまうのだ。 

  掃海艇2隻。はつしまとあいしま。はつしまは木造船ですが、たぶん木造船としては最後の船になる。
掃海艇はつしま


  ゆうらんせん。
遊覧船


  湾内を反時計回りに回ってゆきます。


  軍港につきものの、赤レンガ倉庫が見えてきた。
赤レンガ倉庫群を見ながら


  クレインブリッジ。2羽のつるをイメージしているという。
クレインブリッジ



  補給艦ましゅう。
補給艦ましゅう

DSC08335


  ドックには、護衛艦あたごのすがたがある。
護衛艦あたご


  
あたごの船尾


  うしろにはひうちの姿も見えている。
ひうち


  海上保安庁の船えちご。
海上保安庁えちご



  あたとごひうち
あたごとひうち



 ミサイル艇うみたか
ミサイル艇うみたか



 後ろの方に、速射砲が搭載してある。
速射砲が搭載


 YT02とある。
20230820_143229
 



掃海艇はつしままで戻ってきたところで、終了。30分ほどのコースです。
はつしま船尾


 


 


 ツアーバスに乗ること、3時間余りで、舞鶴市内に到着。

 早速お昼をいただきます。今日のメニューは、海軍カレーです。 

  松栄館は、明治37年開業の旅館「松栄館」の別館として建設されたもので、初代鎮守府長官の東郷平八郎などの海軍関係者が利用していた。

 建物のある舞鶴市東地区は、日本近代化の躍動を体験できる町として「日本遺産」に登録されている明治の面影が残っている場所でもある。


 
松栄館


 一階部分に能舞台のある大広間があり、そこがレストランになっていました。
能舞台のある広間


 カレーライスは、カレー粉を使わないで8種類のスパイスで作られているという。
海軍記念館にあったレシピ。

DSC08316


 おなかが空いていたので、写真を撮るのを忘れ食べてしまいました。これは松栄館の
HPから引用したものです。






   食事の後は、館内を見学させていただきます。資料もありますが、建物内のレトロな感じが素敵だ。

 玄関近くのドアのステンドグラス。
上がってすぐのスタンドグラス


 福助さんはガラス製です。
福助さん


 2階の和室
2階個室


 障子欄間
障子欄間


書院障子


 ガラス窓も格子が素敵だ。
2階窓


  ここからバスで少し移動して、海上自衛隊の敷地内にある「海軍記念館」を見学した。

  
海上自衛隊舞鶴地方管区 (1)

海上自衛隊舞鶴地方管区 (2)


  記念館は、大講堂の一部に設立されたものです。
海軍記念館外観


  明治34年、東郷平八郎を初代の司令長官として、舞鶴に鎮守府が置かれ、日本海に面した唯一の軍港として変遷を重ねてきた。それらの資料などが、展示されています。

  旭日旗。軍艦秋津洲のもの。昭和19年、フィリピンコロン湾にて米軍の攻撃により沈没したが、その際乗組員が持ち出したものと説明があった。
 銅像は、東郷平八郎。
旭日旗



 東郷ビールなるものもあった。
東郷ビール
DSC08302


  恩賜の短剣、という言葉は知っていたが、実物は初めて見た。
恩賜の短剣

DSC08309


  訓示棒ですって。どういう使い方をするのかわまりません。
訓示棒



 講堂。
大講堂 (1)


  昭和天皇も、戦後、ここでお話されたことがあるという。
大講堂舞台


  マスコットかな?
マスコットも



  こちらの建物内にも入れました。
別館


 ともかく暑くて、何もしなくても汗が出て来る。迎えのバスに乗るとホッとする。そのまま移動して、舞鶴港に向かいました。

このページのトップヘ