好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:三重県 > お伊勢さんに行ってきました

 
 
 ようやく宇治橋まで戻ってきた。とっくにお昼は過ぎているのでおなかがぺこぺこだ。
これから向かう人もたくさんいます。
 
イメージ 1
 
 
 お祓い横町に入ってみたのだが、すごい人で歩くのもままならない。
食べ物屋さんは、どこも行列ができている。
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 どちらにしても並ばなければ食べ物にありつけないというありさまだ。コロッケ・中華まん・フランクなどを買い食いする手もあるが、このように混んでいると食べ歩きもはばかられる。
 
 結局並ぶことにした。伊勢うどんとてこね寿司を頂く。
このへんは、以前はそんなに賑わっていなかったのだが、おかげ横丁などもできて混雑スポットになってきた。
 
イメージ 4
 
 
 おなかも膨れたところで、すこし散策です。少しでもすいている道を選んで歩く。
下を向いて歩いていると、見つけました。
 
 お約束のマンホール。
 
イメージ 5
 
 
 伊勢地方は、年中お飾りが玄関に掲げてあるのだが、お正月のお飾りは生き生きしていてやはりきれいだ。
 
 
イメージ 6
 
 帰りは、宇治山田の駅からの乗車だ。大事を取って早めに駐車場を後にしたのだが思ったより早く駅に着いた。お土産に赤福餅をいただきました。
 
 久しぶりに食べるとおいしいなあ。冬の赤福ぜんざい、夏の赤福氷も大好きです。
 
 電車に乗り込むとなんだか大仕事を済ませた気がした。
 
 今年も無事に過ごせますように・・・。
 


 昨年遷宮がすみ新しくなったお伊勢さん。
今の時期は、古いお社と新しいお社が両方見られるので、混雑を覚悟で初詣に行ってきました。

 車は大渋滞が予想されるので、列車をつかったツアーでの参加だ。

 ツアー専用列車が近鉄のホームに入って来た。目指す駅は、外宮の最寄り駅である五十鈴川です。


 
イメージ 1


 2時間ほど掛かって到着。ここからはバスに乗り換えての移動となるのだが、渋滞にはまって肝心のバスが来ていないという。少々心配になってしまったが、その後は順調でした。

 外宮は、豊受大神宮というのが正式の名前で、天照大御神の食事を司る豊受大御神をお祭りしている。衣食住をはじめあらゆる産業の守り神だと言う。

 ここの混雑はそれほどでもないが、正宮以外は回っている時間は無かった。お神酒のお流れをいただきました。

 こちらは、古い建物。ぼろぼろだ・・・。

イメージ 2


 この辺りから並んで正宮に向かいます。
こちらが新しい建物です。

イメージ 3



イメージ 4


 続いて内宮に向かう。こちらは大混雑でバスも中に入ってくのはできない。ちょっと離れた場所から、歩いて行かねばならない。

 我々は、おはらい町を歩くのを避けて五十鈴川沿いを宇治橋に向かって歩いて行く。

 雰囲気があります。

イメージ 5


 宇治橋を渡る辺りからそろそろ込み始めて、正宮100m辺りからは、進んでは止まり進んでは止まりといった具合になって来た。

 
 五十鈴川

 
イメージ 6



 
イメージ 7



 正宮前の階段はこんな感じ。普段だとこの辺りは、霊気を感じる事が出来る場所なのだが・・・・・。


イメージ 8


  なんとか近づいて行けます。正面からお参りすると2時間待ちだと言うので端からのお参りになりました。

 
イメージ 9




 真新しいひのきが美しい。千木の先端は水平です。


イメージ 10


 あらゆる建物が新しく造りかえられる。


イメージ 13




イメージ 11


 別宮遙拝所

イメージ 12


 


このページのトップヘ