好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ: 関東


  今日は熊谷市から、川越に向かいます。

  川越は、2度ほど行ったことがあるが、今ほど混んではいなくて、外国の方も少なかったし、買い食いのお店もそれほど多くはなかった。


 どれくらい変化したのか、興味津々。

 昨夜は遅かったので、ゆっくり10時15分に出発。1時間ほどで、川越市の喜多院近くに到着。
ここでガイド氏と合流して、散策スタートとなりました。

 重要文化財の建物も結構ある。

 山門
喜多院山門



 本堂
本堂




 多宝塔
 
多宝塔




  鐘楼門

鐘楼門




DSC01442




  慈眼堂。天海大僧正の木造が祭ってある。
慈眼堂





 江戸城の御殿を移築したという書院、客殿、庫裏‥。

  中でも、家光誕生の間は有名ですが、写真撮影は禁止されている。


  いつもなら鮮やかなモミジが、迎えてくれるのだが、今年は、何時までも暖かかったせいか、枯れてしまったような感じの色でちょっと残念でした。


  そして、五百羅漢に移動。1782年から1825年にかけて建立されたという。全部で、538体あるそうです。それらは人間の喜怒哀楽を巧みに表し、見る者の心に訴えかけて来る。

  誰でもお気に入りの一体を探すことができるのではないだろうか。



  モミジが太陽の光で透き通っていました。
きれい



  
五百羅漢


  みな自分の干支を探してうろうろ。

  こんなにこやかな羅漢様も。
楽しそう



  反対に、悲しみに暮れている羅漢様も。いや、居眠りしているかも・・・。


眠いのか悲しいのか



  街中に向かう途中、成田山川越別院にちょっと立ち寄る。

成田山川越別院



  まずは、大正浪漫夢通り。
大正ロマン通り (1)



  ハイカラな洋風建築が残っています。


洋風建築


  そして、川越といえば蔵造り。明治の大火後、耐火建築である「蔵造」が建てられ、現在も20棟の蔵造りが軒を連ねています。
  これらは、「重要伝統的建造物群保存地区」になっている。


  
蔵作の街並み (2)




  中にはこんなモダンな建物も残っていました。

モダン



 これは、一種の看板建築ですかねえ?
蔵作の街並み (1)




 とっても屋根が重そう。
重要伝統的建造物群




耐火建築




 楽しい看板。

看板




  
DSC01494




  大沢家住宅。川越の中で、最古の蔵造りで、1792年に豪商、近江屋半右衛門が呉服商いの店舗として建てたもの。


大沢家住宅、川越で一番古い蔵




  川越のシンボル。時の鐘。現在のものは、明治時代の川越の大火直後に建設されたもの。1日に、4回、時を告げますが、この日は、時間が合わなくて聞けませんでした。

時の鐘



1日4回時を告げる



 さいごは、菓子屋横丁に立ち寄りました。なんだか、ここだけは昔の方がにぎやかだった気がする。


 遅いお昼ご飯を頂き、出発地点の新宿に戻ってきたのは、午後4時少し前でした。


 今年は、相馬野馬追にも行けたし、秩父の夜祭も見ることができた。気になっていた祭りは、この2つでコンプリート。


 これからは、地元の小さな祭りを見に行こう。


 


 祭りや花火が好きだ。

 秩父の夜祭もずっといってみたかった祭りだが、なかなか機会もなく、コロナの影響もあり、今回ようやく行くことができた。

 京都の祇園祭・岐阜の高山祭と並んで、日本三大曳山祭りというらしい。ユネスコの無形文化遺産にも登録されている歴史のある祭りだ。

 2台の笠鉾と4台の屋台が祭りの主役。毎年12月の2日・3日に行われるのだが、今年は、土日に重なったので人手が多かったようです。

 2日間にわたり、屋台芝居や歌舞伎公演などが行われるのも、見どころであるし、同時開催の花火大会も冬の夜空にくっきりと見えて、とても素敵らしい。

 今回は、よくわからないのと遠方からということで、東京発のツアーを利用しました。12時半ころに、新宿を出発し、秩父市内には、3時ころに到着でした。
 
 
3時半ころの秩父駅前通り

秩父駅前はまだそれほどの人出でもなかったが、秩父神社からの巡行路は結構な人出で、中々進めない。冬の日没は早いので、とりあえず、御旅所に向かって、自分たちの観覧席を見ておくことになった。

 本町の屋台が、出ています。
秩父の屋台


 秩父神社入り口。中には入れない時間でした。
秩父神社


 御旅所までやってきました。御旅所は、秩父神社を出発した神輿や屋台、笠鉾などが集結する場所です。ここに入る手前に、だんご坂という急な坂道があり、そこを思い屋台や鉾が上っていくのを見るのが、祭りのだいご味でもある。
御旅所


 屋台がここに集まり始めるのは、夜の7時過ぎなので、時間はまだたっぷりある。

 秩父祭りの起源は、江戸時代中期頃といわれている。秩父神社の祭神の妙見様と武甲山に鎮まる竜神様が、年に一度の逢瀬の祭りで、冬版の七夕伝説とも呼べる。

 6基の屋台や笠鉾に先立ち、御神幸行列が到着すると鎮座する「亀の子石」の上に、大幣束がたてられ神輿が安置されます。

 亀の子石。
亀の子石


 さて、席を確認したところで、自由行動。慈眼寺というお寺に行ってみました。

 札所13番とある。
慈眼寺


 祭りの楽しみの1つは、辻回しで迫力もあるが、それまでじっとそこで待っているのも寒い。秩父は、寒暖の差が激しいので、日が落ちるとどんどん冷えて来るのだ。コンクリートの上で、3時間以上もじっとしているのは、つらい。

 百貨店の横で、歌舞伎が始まるというので、行ってみたのだが、これもなかなか始まらず。仕方がないので、中町通を通って秩父神社に行ってみることにした。

 

 途中、中町の屋台が止まっていた。提灯を付けて準備万端という感じ。
提灯がつけられた中町屋台

 

 白足袋に草履、着物、長半纏がかっこいい!



刺繍がかっこいい



 屋根の前面の彫刻も素晴らしい。


凝った彫刻



  秩父神社に到着。笠鉾と屋台が並んでいます。
秩父神社には屋台が3台ほど集まっていた





20231203_164122


 中近笠鉾
20231203_164229



 横から見ると、
20231203_164426


  せっかくなので、本殿にいってみよう。だんだん暗くなってきて、建物の彫刻もなんだか見にくくなってきた。

  これが、御神幸行列の神輿。
神輿




  本殿。権現作りで、鮮やかな彫刻が美しい。


20231203_164656



20231203_164702




 側面に向かうと、左甚五郎作といわれる「つなぎの龍」といわれている。つなぎの龍とは、昔、少林寺近くの天ヶ池の龍が暴れた後には、必ず、この彫刻の下に水が溜まっていた事から、この龍の彫り物を鎖で繋ぎ止めたところところ、その後、龍は現れなくなったという。


20231203_164925

  
  反対側には、お元気3猿といわれる猿の彫刻がある。日光の3猿の「見ざる・言わざる・聞かざる」に対して、ここの猿は、「よく見て、よく話し、よく聞く」お元気3猿として、親しまれているという。

DSC01365




 宮地屋台。こちらもきれいに提灯に火が入っていました。

20231203_165620




 そろそろ、戻りましょうか。
20231203_165815




  帰りは、黒門通を通る。
黒門通



 途中で、再び中町の屋台にであう。こちらも提灯に火が入っています。夜になると屋台の区別がつきにくい。
灯りの入った中町屋台




 御旅所に戻り、夕食のおにぎりを食べ、ひたすら御神幸行列がやってくるのを待つ。時々後方で、花火が打ちあげられているのを、見物。

 午後7時20分過ぎ、ようやく、行列がやってきました。
20231203_191511


20231203_191807



 花火大会も、7時半からは本格的に打ちあがり始めた。

20231203_212734


20231203_200417


 我々の席からは、花火はとてもきれいに見えるのだが、肝心の、屋台は、かなり見づらい。しかも花火と屋台をワンショットに収めることができない位置でした。よって、後ろを見て花火、前を見て行列とせわしない。

 この後中々、何もやってきません。後で知ったのですが、この時、下郷笠鉾の車輪に不具合があり、巡行をやめたので、道路のわきに寄せたり、屋台に道を譲ったりしていて、思うように巡行が進んでいなかったとのこと。


 神輿が到着してから、1時間ほどたってようやく、中近笠鉾がだんご坂を登る姿を見ることができた。

屋根の上にも人がいる



 ゆらゆらと提灯が揺れる。屋根の上に乗っている人は怖くないのだろうか?

団子坂を登ります



 ようやく登りきることができた。
登り切った


 花火も拍手!
花火もあがる


 我々は、ツアーで来ているので、ドライバーさんの労働条件もあり、遅くまでここにいることはできません。この調子だと、屋台がそろうのは、日付を超えてしまうかも・・・・。


  次の宮地屋台が姿を現したのは、1時間後の、9時20分頃。
20231203_212027


宮地屋台もやってきた

 
  ここまでですかねえ・・・。予定通りいけば、と思っても仕方ありません。

  でも花火は思ったよりずっと盛大で豪華でした。「祭りと一緒に打ち上げるのは、もったいないね」と参加者同士の話。

  今日のお泊りは、熊谷市のビジネスホテルです。


 群馬県立歴史博物館に隣接している群馬県立近代美術館は、磯崎新氏設計によるものだ。
今回は、時間が無くしかも月曜日の休館日だったので、入場することはできなかったのだが、外観は確かめることができた。 
磯崎新設計群馬県立近代美術館

 玄関横に置かれている圧倒的存在の大きな馬は、大好きな彫刻家ブルーデルによるものだ。
ブルーデルの馬


 ハラミュージアムは、渋川市の郊外にあるので、まず列車で渋川市に向かいバスに乗り換えてグリーン牧場で下車。そこから歩くこと約8分くらいで到着。田舎のバスは、料金がどんどん上がっていって、まるでタクシーのメーターの様でした。

 入り口でチケットを購入するシステムになっていて、敷地内全体が美術館となっていました。
現代アートというと、わかりにくいとかで敬遠されがちですが、どの作品も楽しむことができた。体験型の作品も多く、こういう見せ方も有るんだなと感心・感動してしまった。

 残念ながら建物内の作品は、撮影禁止なのです。

 ここも、磯崎新氏によるもので、ピラミッドを連想させる建物の形と、作品の配置が絶妙です。遠くに連なる山々も作品の様で、何だか大きく息を吸いたくなって来る。

 
カフェ


 本館
DSC04289

磯崎新設計

 
群馬県の山

 ステンレスの丸い建物は、これ自体が作品になっていて、中に入るとプリズムの変化が楽しめるようになっていました。

 オラファーエリアソンの作品で、天空を横断する太陽の軌跡を、年間を通して視覚的にとらえる観測所との事。完成には、構想から4年を費やした。
オラファーエリアソン作品

 扉を開けて入ると、
プリズム
DSC04301

  こちらから本館を見たところ。右側の小さな浮いたように見える建物は、特別展示室觀海庵で、ここには、日本画なども展示されていた。
芝庭から見た原ミュージアム

 左側の、長い部分は廊下になっていてこんな感じでした。
長廊下木製です

  正面アプローチ、赤と黒と白のコントラストが素敵。
本館入り口

  日本列島をベンチに見立てて、
日本列島のベンチ

  

DSC04310


 おなじみのスープの缶詰
作品

  


 稲荷山古墳から出土した国宝の「金錯銘鉄剣」をまず見学します。こうしたものが、東博ではなくて、地元で見られるというのはうれしい事です。 

  表側
国宝の剣表

  銘文
DSC04241

  裏
国宝の剣裏
DSC04244

  水鳥
水鳥
DSC04257

  顔を赤く塗っている、兜をかぶった男子。
顔が赤い

  鴻巣に移動して、吉見百穴を見学します。背中からじりじりと太陽が当たる。
吉見百穴

  興味があったのだが、想像していたより狭くてちょっとがっかり。

  古墳時代の末期、6世紀末から7世紀後半にかけて造られた横穴墓群である。死者が安置された主体部は、古墳時代後半の石室とほとんど同じだという。
  現在確認されているのは、219基。
集合墳墓

  ここにはヒカリゴケが生育しています。のぞいてみたが、光っているとは思えなかった。

  また昭和19年から20年にかけては、軍需工場が造られ、ここの大きな洞窟も工場の跡である。以前は、見学できたのですが、今は危険だということで外からのぞいただけです。
工場跡

  石室は、横穴墓の場合追葬を前提としているので、1つの石室に複数の死者が葬られた。
2床ある

  展望台からは、条件が良ければ富士山も見えるそうです。

  これで、古墳の旅は終了。鴻巣駅での解散となりましたが、蕨の変電所の火災の影響で、電車が止まっているとの情報あり。心配したが、高崎方面は、復旧しておりほっとする。

  近くの人は、タクシーで私鉄に向かい、新幹線に乗る人は、熊谷駅まで振り替え輸送が行われたようです。

  私は、遅れも無く6時には高崎駅前のビジネスホテルに到着。明日は、目的の「ハラミュージアム」を訪ねて渋川市に向かう予定です。

  そうそう、群馬でガイドをしていただいた方から、こんなものをいただきました。

  古墳カードだそうです。出来立てのほやほやだとか・・・。
古墳カード


 広かった! 

 良く整備されていて、感心する。これなら大人も子供も楽しめるだろうな。 

 ガイドさんと共に、まずは、丸墓山古墳へ向かう。この古墳前の道は、戦国時代に忍城を水攻めする時に築いた堤の跡と言われているそうです。
DSC04200

 国内最大級の円墳。6世紀前半の築造と考えられる。
丸墓山古墳
DSC04204


 登ると結構高さがあり、見晴らしがいい。忍城も見えるではないか。
忍城が見える

 隣の稲荷山古墳。綺麗な形をした前方後円墳だな。
隣の稲荷山古墳

 こちらは、もう少し奥に位置する将軍山古墳だ。
将軍塚古墳

 国宝の金錯銘鉄剣などの遺物が出た稲荷山古墳に登ります。
稲荷山古墳
DSC04213

 5世紀後半の築造と考えられている。

 墳頂には、埋葬施設の様子がわかるようになっています。
DSC04216
DSC04222
  
 この部分だ。
埋葬施設の有る所

  前方部から後円部をみる。
前方部から後円部を

 将軍山古墳、登れませんが、実物の石室を建物の中から見学できるようになっています。
将軍山古墳
DSC04228

 馬具が目立つ。
将軍山古墳の石室の復元

石室に使われた房州石。軽そうに見える。
将軍山の石室に使われた石


二子山古墳。武蔵の国で、最も大きな前方後円墳で、6世紀前半の築造と考えられている。
二子山古墳
DSC04238

瓦塚古墳。これまでのものと比べると小さな前方後円墳。
DSC04259

鉄砲を撃つ練習をしたので鉄砲山古墳と呼ばれている。瓦塚古墳と向かいあうようにある前方後円墳。
鉄砲山古墳

それにしても、古墳の密度が濃い。これでは、それぞれの古墳がかぶってしまうんではないかと心配してしまう程だ。
この後は、出土品を見て最後の見学地吉見百穴に向かいます。 


 古墳を求める旅も今回は今日が最後。 
ということで、見どころがいっぱいの一日になります。

 まずは、高崎市倉賀野町にある2つの古墳を紹介してもらった。ただし、どちらも民間地なので遠くから眺めるだけで、畑に運用されていました。

 まずは、浅間山古墳。全長171.5mの前方後円墳で、群馬県内においては太田天神山古墳に次いで2番目の大きさがあるそうです。築造は、4世紀末から5世紀初頭と考えられていて、当時は東日本最大の古墳だった。前方部2段、後円部3段になっています。
 名の由来は、上に富士浅間神社あったからだが、現在は姿を消した。
浅間山古墳

 続いて、大鶴巻古墳。全長123mの前方後円墳で、平坦地に土を2段に盛りあげて造っている。墳丘の周りには、盾形の周堀を巡らしていて、原型が残っている。未調査であるが、竪穴の埋葬施設が存在すると考えられていて、4世紀末から5世紀の初頭の築造と思われる。
大鶴巻古墳


 車で少し移動して、沢山の埴輪や副葬品が出土した観音山古墳に向かった。観音山古墳の周辺には、古墳が集中していて、綿貫古墳群と呼ばれている。

 観音山古墳は、6世紀後半に造られた前方後円墳です、墳丘長は、97m、葺石はない。周堀が2重に巡っていて墳丘は2段に造られている。
観音山古墳

 発掘調査は、1968年に行われ、未盗掘だった横穴石室から膨大な量の副葬品が出土した。それらは、国宝に指定され、歴史博物館に展示されています。
観音山古墳の埴輪

 石室入り口
観音山古墳石室入り口

 
DSC04155

  内部
観音山古墳の石室内部

 副葬品や埴輪を見るため、博物館に移動。限られた時間なので、企画展と国宝展示室を見学した。
群馬県立歴史博物館

  3人の童女
3人童女、
3人童女の後ろ姿

  観音山古墳の模型。埴輪列がよくわかる。
観音山古墳模型

  正座する女子
正座する女子

  飾馬と馬子
DSC04174
飾馬と馬子

  振分け髪の男子と武人
振分け髪の男子と甲冑武人

 後姿
武人の後ろ姿


 盾持人。頭の飾りが興味を引く。耳飾りに首飾りもつけている。
盾持人


  副葬品の、銅水瓶。法隆寺にも似た水瓶がある。
副葬品銅水瓶

  20個の金銅鈴がついた大帯。
金銅スズ付大帯

  馬を飾り立てる馬具。朝鮮半島に新羅に系譜が求めることができる。
金銅製の馬具

  韓国の百済の王陵から出土した鏡と同型鏡の獣帯鏡。
獣帯鏡

  柄の部分の銀象嵌が素晴らしい大刀。
象嵌

  新しい発掘品のコーナーから。高崎競馬場遺跡からの出土品。
DSC04196
高崎競馬場遺跡出土

 弥生人かも・・・。


 この後は、埼玉県に移動して埼玉古墳群を見学するので、今日のお昼は遅くなりそうです。

  


 藤岡町に到着した頃には、4時近くなっていた。古墳の見学の時間としては、少々焦る時間帯ではあるが、サービス精神の塊のようなガイド氏の話は少々長い。 

 まずは、歴史館を見学する。
首飾りをつけた埴輪
DSC04095
 
  藤岡市全体で、1511基(2017年)の古墳が確認されているが、歴史館の有る白石地区は、そのうち20%が存在する古墳の密集地であったという。

 まずは、ゴルフ場の隣に位置している白石稲荷山古墳に向かう。伸び放題の草むらの中を進んで、頂上へ。桜の大木があり、春には美しい花を咲かせる
白石稲荷山古墳

  
DSC04098

  2019年の地中レーダー調査で、左右対称である事、墳丘が3段である事などがわかった。また、この古墳は、武蔵の国の方を向いおり、墳丘より大きく見せることや、どこからでも見ることができるよう、わざと河岸段丘の急斜面に接するように作られている。斜面を石で覆い、沢山の埴輪を並べ、「他者の目」を強く意識していたことがうかがえる。

 前方部
DSC04099


  途中、古墳とはまた苦関係ない事も教えていただきました。忠臣蔵の「吉良上野介」の生誕地がここだとの事、産湯を使った井戸が残されていました。
上野介産湯
DSC04101

 6世紀に造られた古墳としては東日本最大級の七輿古墳。墳丘長約150mで、後円部には全長が約20m近い横穴石室の存在が確認されている。
DSC04104

  
DSC04105

 暗くなってきていて、何となく不気味です。ここもサクラの名所だそうで、春には賑わうとの事。登れるのですが、足元は良くない。
  途中、五百羅漢がありましたが、ほとんど首が無くなっていて、これもこわい。
五百羅漢

  後円部から前方部を見たところ。
七輿古墳の上

 そして、日が落ちた中、今日の最後の見学地伊勢塚古墳に到着。白石古墳群の中では、最北端に位置していて、6世紀末頃に造られた直径約27mの円墳です。
  横穴式石室の中に入ることができます。
伊勢塚古墳

  ガイドさんの懐中電灯を頼りに中に入って行きます。大小の川原石を組み合わせた「模様積」と呼ばれる積み方が見られ、この「模様積石室」は、藤岡市と周辺にしか見られない特殊なものだそうで、中でもこの伊勢塚の石室が最も美しいそうです。

  暗くて全体の様子は、良くわからなかったのですが、パンフレットを見るとこんな感じです。
20211019105349_p

  ズームすると、
DSC04124

  確かに美しい。

  遅くまで付き合ってくださったガイド氏、ありがとうございました。


 群馬の商都高崎市に入りました。古墳公園になっている保渡田古墳群に向かい、かみつけの里博物を見学。沢山の発掘品にワクワク! 

 5世紀末と6世紀前半、2度に渡る榛名山の火山災害に襲われたこの地には、東日本でも有数の勢力を持った王の本拠地があった。発掘調査によって、王が祭祀や政治を行った館、王族が眠る大型の前方後円墳(保渡田古墳群)、家臣たちが祀られた小古墳、水田や畑、ムラ、渡来人たちのムラなどの社会要素が発見されているという。

 常設展では、1500年前の世界を復元しているそうです。 
発掘品


DSC04030

  魚を食らう鳥。
魚をクラウ鳥

  円筒埴輪の棺。
円筒埴輪のお棺

  
DSC04028

 表情豊かな盾持ち埴輪。
表情豊か

 
耳が長い


 履けない靴と復元された靴
DSC04049

  かなりの技術があったと思われる。金メッキした4枚の銅板、透かし彫や鏨彫、ガラス玉そこにもあしらっているので、履くことができません。
復刻

 埴輪列が復元された八幡塚古墳。
八幡塚古墳
八幡塚古墳図


こんな具合に
顔の赤い人物

  5世紀後半の築造された。石と埴輪で飾られ遠くからでも目立つ構造物だった。
中島と言われる円形の島は、古墳被葬者に対する葬送儀礼が行われた場所の様だ。

出島と円筒埴輪

 後円の上で、
高低差

 後円部では、竪穴の中に入れるようになっています。残念ぼけてしまった。
竪穴式

  横にもう1つ石棺があったそうです。横穴式だと後で埋めることもできるのですが、竪穴式でどのようにしたのでしょうか?

  保渡田古墳群の配置図。
保渡田古墳群

  薬師塚古墳は、形跡が残っておらず寺の様です。
薬師塚古墳
DSC04070

  階段上には、石棺が有ります。
石棺 (2)

 最後は、3つの中では一番大きい二子山古墳。この中では、最初の5世紀第3四半期の築造です。
コスモスが綺麗に咲いていた。
コスモスが綺麗
二子山古墳模型
DSC04078

 埴輪列と埴輪の立て直しというものを初めて見ました。
DSC04088
埴輪の立て直し
   
 

このページのトップヘ