好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ: 静岡県


 バス停からは、少し距離が有りました。 

 この動物園は、レッサーパンダの聖地といわれているそうです。
世界のシセンレッサーパンダの飼育数の内7割が日本でい飼育されており、世界一だそうです。そんな日本の中で、「シセンレッサーパンダ」の繁殖管理を行っているのがこの動物園なのです。

 入場するとすぐ、パンダ舎は有りますが、あいにく西日があたって中の様子がわかりません。運動場も有るのですが、思うようにそこにとどまってくれない。向かいのパンダ館に行ってみたのですが、ここの2頭は高いところでお昼寝中で、姿が見えない。

 けれどここには、シロオオカミの剥製が有ります。近くで見るとオオカミの大きさがよくわかり、犬とは別物だと認識できます。
DSC07095

 こんな動物の剥製も・・・。
DSC07097

 つづいて、地元の動物園にはいなくなってしまったシロクマに会いに行きます。
この日も暑かったので、彼らはぐったり。時々頭を動かすも、お腹をコンクリートにくっつけて涼をとっている様子。ならば、水の中に入ればいいのにと思うのだが・・・・。それはしたくないらしい。

 ここでは、ロッシーとバニラの2頭が飼育されていますが、どちらがどちらかわかりません。
手前のこは、全然動いてくれない。
DSC07104
DSC07105
DSC07112
DSC07114

 ごまふあざらしなどもいて、こちらは活発に動いてくれる。ずっと見ていられる感じがするが、2階に移動して、ネコ科の動物に会いに行く。

 トラ、すごく近くで見られます。アムールトラで、一時もじっとしていない。
DSC07115
DSC07118

 反対に、全然動かないのがライオン。オスの方は、岩の上に座りっぱなし。
DSC07125

 メスの方は、もらったご飯のお肉には見向きもしないでうつらうつら。ガラスに顔を近づけてじっと見ても、何の反応もなし。
DSC07122
DSC07121

 ガラス越しに大きな肉球に触ってみた。
DSC07129

 そして、双子のジャガーが生まれたことで、ニュースになったジャガーに会いに行く。

 お父さんの小助。母親は、子供達と違う部屋にいるようで、人だかりができている。
DSC07131

 双子の赤ちゃん。名前はまだない。模様の有る子と黒い子。親に隠れてなかなか見られなかったのですが、公開時間終了直前で、姿が見えた。焦ってしまい、ピントが合わず。
DSC07133
DSC07134
DSC07137

 名前募集中だそうです。
DSC07143
 
  オオアリクイ、サイ、オランウータンやチンパンなどを見て、再びシロクマ舎に戻ってきたのだが、相変わらず眠っていた。ただし、手前の子は起きている。
DSC07147

  じっと見ていたら動くところ見られたんだな、残念!

  バイソン、象、キリンなどの大型動物を見て帰りのバスに乗りました。


  動物との距離が近い展示で楽しく、おすすめの動物園です。彼らも、観客がそれほど多く無いせいかのんびりとしていて良いな。


 早朝、5時前に目覚めた。カーテンを閉めないで寝た部屋のなかが何となく赤くなっている。 

 慌ててベランダに出る。夜明けだ。 
夜明けの富士

 海もほんのり染まっていて、そこに灯が落ち込んでいる。
夜景と朝日と富士

 しらんでくると
明け方の富士山

 富士山と太陽。
太陽と富士山

  手前に横たわっている半島みたいな所が三保の松原です。
朝日


  ざっと身支度をして、庭に出る。庭から見たホテル。
庭園から見たホテル

  霞がたなびいているようにも見える。
庭園と清水港と富士山

 サクラ越しの富士山。
富士と桜

  遠くに白くてっぺんが見えているのが、南アルプスの聖岳です。
白いのが聖岳

  朝食をいただき、少し休み、荷物を預けて日本平夢テラスまで歩いて向かう。夢テラスは、隈健吾氏の設計事務所が手掛けたものですって。

  そこからも富士を眺めてロープウェイ乗り場に移動。久能山東照宮に向かう。もうずいぶん前にいちご狩りの時に訪れた記憶が有るが、詳細は全然覚えていない。

  チケット売り場の売店に、蛇口から出るミカンジュースが売られていました。
蛇口からミカンジュース


  日本平ロープウェイは、昭和32年開通で全長1065mあり、5分ほどで東照宮に行けます。往復料金と拝観券のセットで、1人1750円也。

  海抜270mの所に有り、2代徳川家将軍秀忠によって1617年に建立された。権現造、総漆塗、極彩色の社殿は、日光東照宮より19年前に造営されている。
  家康は、晩年を駿府城で過ごし1616年死去。遺言により、その夜に久能山に葬られたという。その後、東照宮神として崇められ、全国東照宮の根本大社として知られている。

 いくつかの建物が散在しているが、どれも階段を登っていかねばならない。諸建造物は、重要文化財に指定されており、本殿・石の間・拝殿は国宝である。

 鼓楼、奥は神楽殿。
鼓楼

  青銅でできた唐灯籠と唐門。
階段下から見る唐門

 極彩色の唐門
唐門

極彩色

  本殿と石の間
拝殿

  拝殿
拝殿 (2)

  さらにこの奥の階段を登って行くと、遺体を埋葬した墓所が有る。
家康公廟

  帰りは、ロープウェイ乗り場からバスに乗ってホテルに戻って来ました。お昼ごはんは、アッパーレストランで富士山を見ながらいただきましょう。
アッパーレストランから

  こんなに、長い間富士山を見ていたのは、初めてかもしれない。

  なんだか、幸せなきぶんだ。

  そして、再びバスに乗って、日本平動物園に向かいます。


 7.8日の両日で静岡市へ行って来ました。伊豆とか熱海などの温泉地はわりと出かけるのだが 、静岡市内は、久しぶりです。

  今回の目的は、日本平ホテルに泊まること。風景美術館のキャッチフレーズが売りの、富士山と清水港の夜景が眼下に広がっているホテルです。

  少々張り込んで、コーナースイートにしました。

  せっかくなので、市内観光も入れてみた。浅間神社はまだ行ったことがなかったので、まず向かう。

  タクシーを赤門で降りて、まず大歳祖御社神社にお参り。神門を入ります。
大歳御祖社神門

 拝殿。本殿はこの背後にあり、天保7年の建設。
大歳御祖社拝殿

  浅間神社境内には、いくつものお社が有るようですが、どれも極彩色で日光の東照宮を連想させる。静岡は、家康が晩年を過ごし、亡くなった地であるので、どうしても頭がそっちを向いてしまう。

 急な階段の上には、史跡賤機山古墳跡と麓山神社神社が有りました。はやまじんじゃと読むようで、葉山姓の方の寄進した灯籠が幾つか立っていた。
麓山神社への階段

賤機山古墳跡


  麓山神社
麓山神社

 八千戈神社。浅間神社に次ぐ大きさだという。
八千戈神社

  ご本殿は、浅間神社・神戸神社の2つの神様を祀った比翼三間社流造りという建築で、楼閣建築の大拝殿の背後に有ります。

  大拝殿。ものすごく大きい。
浅間神社と神戸神社大拝殿

  文化2年起工、同11年竣工とあるから、9年かかったことになる。楼閣造りで浅間作りの代表的なものらしい。高さ25m、内部は約132畳敷きの広さとある。
  
大拝殿、楼閣造り

  拝殿の前にあるのが、舞殿。
舞殿と大拝殿

  天井は、
舞殿天井

  帰りは、楼門を通って石鳥居から帰ります。

  楼門は、修理が終わったばかり。文化12年起工、13年竣工。総漆塗りです。
楼門
楼門から見たところ

  青銅製の大きな灯籠、立派です。
青銅灯籠

  ここから、ゆっくり歩いても15分ほどで駿府城公園に行けます。

  発掘調査の現場。天正時代の天守と慶長の天守跡が発掘されていました。慶長になるとかなり大きくなっていることがわかる。
天正時代の天守跡
発掘調査ちゅう

  辰巳櫓と東御門が復元されているので、入ってみました。かなり立派なもので、現代でもこんなに大きい材が有るのだなあと感心する。
駿府城楼門南面

  竹千代時代に勉強をした部屋が、再現されています。
竹千代の学び部屋

  サクラもまだまだ残っている。辰巳櫓と。
サクラ

  中堀から見たところ。駿府城は、外堀・中堀、内堀と3つの堀があった。
駿府城辰巳櫓と東御門

  駅まで歩いて戻り、ホテルの送迎バスに乗って40分くらいで、日本平ホテルに到着。ところがあいにくの霞空で、有るはずの富士山が見えない。
清水地区

  
日本平ホテル庭園

 夜景。清水港です。ちょっとぼけてしまいましたが・・・。
清水港

  明日は、富士山が見えますように・・・・。

 少しゆっくりめの10時過ぎにチェックアウトして、昨日チェックしておいた猫博物館へ向かう。ネコ科の剥製の展示と、生きている猫にも触れあうことができるとある。

 
猫博物館
 トラは場所によって大きさが違っているようだ。
 
色んな種類の虎
 こんなにたくさんの剥製を見たのは初めてでした。
 他にもネコ科の剥製がたくさんあります。
ネコ科の剥製
 このはく製は、古代のライオンで絶滅してしまっていますが、骨格をもとに複製してありました。
何だか、迫力にかけて可愛く見える。
絶滅したライオンの骨格と復元体
 出発が遅かったので、車に戻って来たころにはお昼近くなっていた。で、スペイン料理屋さんでパエリヤをいただきました。
 
 続いて、前にも来たことのある大室山だが、登ってみたくなったので途中下車。
大室山へ
 頂上は、以前来た時よりも整備されていた綺麗なトイレもできていた。頂上にあるトイレの中では、抜群に素敵だと思った。
 御鉢回りします。噴火口の直径は300m、噴火口の円周は1000mとある。御鉢の中は、アーチェリー場になっています。
御鉢めぐり
 
溶岩の流れたあたり
 昨日は、城ヶ崎海岸で溶岩の先端に接し、今日は溶岩の流れ出たもとから麓を見るという事になる。
大室山から
てっぺん
 大室山の標高は、579.64mです。富士山も、雲の上に頭を出しています。昨日は拝むことが出来ませんでしたが・・・。
DSC08220
 頂上で御団子をいただき、降りてきました。リフトは、ちょっと寒いな。
リフト
 少し移動して、前から尋ねてみたかった池田20世紀美術館に立ち寄る。
池田20世紀美術館
 これも作品です。
作品です
 時計を見ると、3時を回っている。これから向かうステンドグラス美術館が最後の見学になりそうだ。
 ここはトラベルクーポンで支払います。
DSC08230
 館内には、セント・ミシェル教会とセント・マリーズ礼拝堂があり、それぞれパイプオルガンとオルゴールの演奏が時間を決めて行われていました。コロナの影響で、閉館時間が早まっていて、演奏を聞いて作品を楽しもうとするとかなり忙しくて、もう少し早く来ればよかったと後悔してしまいました。作品も演奏も素晴らしく楽しい時間を過ごせました。
 セント・ミシェル教会の外観。
教会外観
 内部
セント。ミシェル教会
祭壇のステンドグラス
 天使
天使
天使達
レースの様
レースみたい
 セント・マリーズ礼拝堂
オルゴールの演奏が行われた
セントマリーズ礼拝堂のステンドグラス
 祈る
祈る
 ここには、レストランもあるし庭も素敵なのでゆっくりとできますし、結婚式も挙げられます。この日もドレス姿の花嫁さんと
すれ違いました。
庭
素敵
 熱海に向かう頃には、真っ暗になっていたが、時間はまだ17時ちょっと過ぎです。営業所で、いったん支払った料金を原戻してもらい、トラベルクーポンで精算をしました。
 
 来年は、普通に旅ができるといいなあと思いながら新幹線の中でお弁当をいただきました。


 6月は、湯河原の温泉だったが、今回は伊豆の伊東市に行ってきた。GOTOの一時停止が27日からだったが、25日発の1泊2日 でした。
 新幹線で熱海まで行き、レンタカーを借りて出発。トラベルクーポンは、未だもらっていなかったので、返却の時に適用できることを確認する。

 伊豆は、何度も来ているのに、何故か城ケ崎海岸は訪れたことが無かったので、宿に向かう前に立ち寄ることにした。

 新幹線のこだまは、ガラガラで1車輌に乗客は10人未満だったが、熱海は結構にぎわっていたし、途中の道の駅マリンパークも混んでいて意外な気がする。皆、駆け込みで利用しているのかなあ・・・。
 すれ違う車の数も多くて、道路幅が狭くカーブも多いのでちょっと嫌な感じだ。

 1時間ちょっとで目的地に到着。駐車場は、8割くらい埋まっているかなという感じでした。

 城ヶ崎海岸は、大室山の噴火により、噴出した溶岩が海岸まで流れ出た先端にあたる。
溶岩の流れた様子
 本来なら灯台に登り、より遠くまでの景色を楽しみたいところだが、新型コロナの影響で、のぼることができず残念!
灯台
 門脇崎から見えた風景。
城ヶ崎海岸
門脇崎
 そして、2時間ドラマなどでよく出て来た門脇の吊り橋を渡る。
門脇の吊り橋
岩
離れている
 対面には、伊豆大島が見える。
伊豆大島です
 少し歩いて奥の方にも行ってみた。岩の色が、グレーで何かが流れた様に見えた。
ここだけグレイ
 吊り橋のベストアングルは、駐車場横の展望台かも・・。
吊り橋
 この後は、何処にも寄らずホテルにチェックインです。少し高いホテルを予約したので、そちらを楽しみたいと思ったのだ。
 エントランス
エントランス
 ロビーからの眺め
ロビーから
20201226083348_p

 部屋はすべてコテージになっていて、部屋には露天風呂がついています。
 外風呂は、少し大きめの露天風呂で、伊豆では珍しい透明なのに硫黄の匂いのする温泉でした。
朝の露天風呂
 食事は、個室で他のお客さんと別れているので、ゆっくりといただけました。
 少し消化してみます。金目のしゃぶしゃぶは、私の好物の一つです。
20201226_220809
 手の込んだ一皿。
20201225175310_p
 伊勢エビはちょっと小さかった。
20201225181813_p
 明日は、伊豆高原の方に行ってみるつもりです。

 
 初めて羽田に降りた。テレビなどでは、もっと賑やかそうにそして広く見えたのだが、実際に来てみるとそうでもない。でも成田よりは、お店などはしゃれている気がする・・・。

 屋上に向かい、しばらく飛行機や景色を楽しむ。ここからもスカイツリーが見えるんだね。

 
イメージ 1

 
 京急に乗り、泉岳寺を目指す。忠臣蔵の志士達のお墓が有る事で有名だが、まだ訪れた事は無い。
駅からは歩いても5分くらいでした。
 この辺りは、大使館や学校、宮家等もあり、歴史を感じさせる雰囲気がする。

 門の扁額の文字も右から左へ書いてある。

 
イメージ 2

 
 境内はそれほど広くなくて、ここはやはりお墓の方が有名なようです。左手に進んでいくと忠臣蔵にちなんだものが出てきます。

イメージ 3


 川上音二郎建立の文字が見える。
首洗い井戸とはちょっと気味が悪い・・・。


イメージ 4

 ここからさらに進んでいくとお墓が並んでいます。線香が売られていて、いい香りが漂っている。

イメージ 5


 ここには、志士の他に浅野長矩公夫妻のお墓もありました。

イメージ 6


こちらは、志士達のお墓です。同じ大きさの墓石が並んでいるのですが、1つだけ大石主税良のものだけは別扱いです。

イメージ 7


 
イメージ 8


海外でも、日本でもお墓を好んで訪ねている気がするな・・・・。物言わぬ人達の所に来ると何だか落ち着く気がする。

 せっかくなので住宅街の中の小道を散歩してみた。以外にも井戸が残っています。まだ使えるのかしら?

 
イメージ 9

  地下鉄で1駅移動して白金台で下車。畠山記念館を訪れます。ここはお茶に関係したもののコレクションで有名です。広い庭の奥に建物が有りました。

イメージ 10


 お茶席も複数あるようです。冬の今はお庭もさびしいのですが、芽吹きの頃にはさぞかし素敵なのだろうなあ。

 
イメージ 11


 コレクションを見せていただき東京駅に移動して、5月からはしばらく休館になってしまうブリジストン美術館へ入る。中へ入ると、沢山の人で賑わっている。ロッカーの空きがほとんどない。

 ここを訪れたのは久しぶりなのだが、こんなに良いコレクションを持っていたのだなと改めて思いました。
 さすがに、お腹がすいたので次つぎと新しいお店が出来ている東京駅の地下で山形のそばを食べる。本当に山形のそばはうまい!大好き!

 ここでやっとバスで成田へ移動するのだが、中国人の団体と一緒になってしまい席があるか少々不安になる。このバス安くて予約もいらないのでとても便利なのだ。中国人は、そのあたりもちゃんと調べているのだなあと感心する。まあ乗れなくても30分待てば次のに乗れるからいいかと列の最後尾につく。

 出国前にほぼ1日遊んだ感じだ。これからは、成田に直接行くのではなくて、東京で色々なものを見てから出国というのもいいなあと思ったのでした。

 


   


 アロエセンターまでやって来た。アロエの花がたくさん咲いている。こういう花だったんだ!食用に適するもの適さないものなどが有るという。

イメージ 1



 風は一向にやむ気配なし。気温が高いのでその割には寒くない。途中の堂が島で昼食を兼ねた休憩が入った。海の近くまで行ったのだが、吹き飛ばされそうな恐怖を感じるほどでした。

 
イメージ 2


イメージ 3


 天窓洞という物が有るらしい。天然記念物とあるので行ってみました。なるほど・・・・。天気が穏やかな日は観光船がこの穴の中を通り過ぎる様子が見えるらしいのだが、この日は強風のため欠航でした。

 こうしてのぞきこめるのは確かに珍しいよねえ。

イメージ 4


 西海岸からは、富士もきれいに見えるはずなのだが、この日はあいにくぼんやりとしか見えず、きれいに見えて来た頃には、バスの中でした。残念!
 海に白波が立っています。

イメージ 5


 三島までやって来た。お正月も過ぎて境内は人出はあまりない。
三島大社。3度目かなあ!

 唐門と本殿。本殿は、三島社流造り様式。

イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8


 有名なキンモクセイの大木。樹齢は、1200年以上は有るらしい。支えが痛々しい気もするが、巨木の持つオーラは感じられます。咲いている時期には一度も来た事が無いが、さぞかし良いにおいが境内に漂うのだろう。

 天然記念物に指定されています。

イメージ 9


 ここには鹿もいました。気がつかなかったわあ!
シカせんべいを参拝者からもらえるせいかどの子も太り気味だ。

イメージ 10


 ここが最後の観光で、後は名古屋に帰るだけです。幸い渋滞にも会わず予定より30分ほど早く帰ってきました。

 くさやのひものの焼いていあるのを買ってきたのでワインでいただきます。くさや等マンションで焼いたら大顰蹙だろうが便利なものが有ります。相方は、食べないのだ( 一一)

 


 5時半に起きて朝風呂に入る。まだ真っ暗で、露天風呂に入っても景色が判らないのが残念( 一一)

 今日はものすごく風が強い。ヤシの木も45度くらい風で傾いている。

 下田の町に出て、1時間くらい散策をする。ここは、松崎程ではないがナマコ壁が残っているので何となく情緒が感じられます。

 
イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3


 海岸の方に歩いて行くと、ペリー達がやって来た場所に出る。

イメージ 4


 銅像もありました。後ろの山が寝姿山だ。

イメージ 5


 下田市のマンホールは、船をかたどったものでした。

イメージ 6


他にも、絵タイルが道にはめ込まれていた。唐人お吉だろうか・・・。

イメージ 7


 街の中に入って行くと、朝の9時から営業している銭湯が・・・、船員さん達が漁から帰って来て暖まる為に早くから開いているのかな?


 
イメージ 8


 いかにもレトロな銭湯から先に進んでいくと、うあはりレトロな看板が沢山並んでいるお店が有った。のぞいてみると酒蔵の様です。

イメージ 9


 右に回って海に出ると、こんなものが目に飛び込んできた。今でも使われているか?初めて見ました。ざっと汚れを流して街なかに戻る様工夫したのだろうか・・・。

イメージ 10


 この辺りは、干物横町となっていて、干物が干されていました。ここで干物ではなくて、自家製の塩辛を買いました。

イメージ 11


 さらに進んで、お菓子屋さんに入ります。チラシに有った金目もなかを2つ買う。伊豆はどこへ行っても、金目、金目です。個人的には、煮つけかしゃぶしゃぶが好きなんだな(^O^)
 
イメージ 12


 喫茶店の一角に欠乏所とある。一体なんだろうと書いてあるものを読むと、寄港した船のたりなくなった水や食料などを供給した場所だという。なるほど!

イメージ 13


 今は喫茶店になっています。

イメージ 14


 バスに戻り、半島の先端を廻って松崎から堂ガ島の方に向かいます。

このページのトップヘ