好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:瀬戸内の島々 > 一泊二日で小豆島へ行ってきました


  目を覚まして外を見るとこんな天気。これは、きれいな景色は期待できないかも・・・。

雨のターミナル



 集合時間は、9時45分だったが、ちょっと早めに行って待合室の2階にある、アニメ「からかい上手の高木さん」とやらの展示物を見る。
  私は全く知らないのだが、町内にやたらとポスターが貼ってあって聖地巡礼とかあるので、のぞいてみたのだが、さっぱりわからなかった。

  
20231110_092629




20231110_092603


  時間になり、12人程の客を乗せて出発。島内を5時間45分ほどかけて回ります。

  最初の観光は、銚子渓おさるの国。ここは寒霞渓と並ぶ景勝地らしいが、紅葉にもちょっと早く、曇っているので景色はいまいちでした。
  その中に500匹余りの野生の猿が生息していて、それらを餌付けしている施設のようだ。
さるは、2つの群れに分かれていてうまく共存しているという。

  
おさるの国


 6か月ほどの子ザルと母親。
6か月


 兄弟で、母親の毛づくろい。

兄弟で母の毛づくろい


 銚子の滝も紅葉にはちょっと早かった。

銚子の滝


  次は、有名な寒霞渓。でも真っ白でこんな感じ。下りのロープウェイは、オプションで乗ることもできたが、こんな様子では、きれいな景色は望めそうもないのでパス。

寒霞渓

  
真っ白



霞んでいる



  ここから島を南下して24の瞳の映画村に向かう。映画のオープンセットだったものが観光施設として運営されているようです。映画館やギャラリー、お土産屋さん、食事処やカフェなどもある。

  入り口のところはこんな感じでポスターが
ポスターの壁


  映画で使った岬の分教場のセット。
24の瞳分教場



  中に入れます。小さな椅子に座ってみました。
教室



 海に面しているので、自分だったら授業を聞かないで外ばかり見ているだろうなあと思った。
教室の外



 建物もよくできています。

街並み


看板


瓦屋根



 コスモスの花がきれいでした。花は悪天にも負けません。
コスモス畑


 映画館。無料で見られます。
映画館


 この群像の彫刻は、土庄港の近くにある平和の群像です。大石先生と12人の子供たち。

平和の群像




 同じ道を戻って、佃煮屋さんで下車。島は佃の発祥の地でもあるらしい。
佃煮発祥の碑




 そして最後は、道の駅小豆島オリーブ公園。ここは天気のいい日に来たならば、本当にきれいだろうなあという感じ。


 魔法のほうきに乗っての撮影は人気で、みな手に手にほうきをもってギリシャ風車の周りで撮影にに夢中。ほうきは、無料で借りられます。


 
20231110_143208


 魔女の宅急便のロケセット。

20231110_142148


20231110_142241


 他にも、こんなドアも。
20231110_142029


オリーブ畑のどこでもドア


 日本におけるオリーブ栽培発祥の地としても知られていて、1908年アメリカから輸入された苗木が、三重県・鹿児島県・香川県で栽培されたのだが、成功したのは、小豆島のオリーブだけでした。

 現在約2000本のオリーブ畑に囲まれている公園です。
オリーブ畑


 オリーブの実は、熟すと真っ黒になる。
熟した実


 そしてこれが、オリーブ栽培の原木です。私はこれが見たかった。思ったより小さいなあという印象でした。
オリーブの原木


 港に戻ってきたころには雨もちょっと本格的になってきた。

  


 小豆島には、四国88か所霊場巡りと同じように、88か所霊場巡りがある。この西光寺は58番目の霊場である。 


小豆島88か所巡り西光寺



  中に入ると大きなイチョウとその向こうに多宝塔が見えた。

大イチョウと三重塔



DSC00934


  3重の塔です。

三重塔



  11月だというのに、蚊が襲ってくる。どうなっているのだろう。


  目的のエンジェルロードは、もうすぐのようだ。干潮時に砂浜が現れて、島へ渡れるようになるという。そこを手をつないで歩くと将来結ばれるそうだ。

  私は、1人で来ているし、あまり関係がないようですが・・・・。


  それでも、きれいなものは見てみたい。

  展望台から見たところ。



展望台から見たエンジェルロード


 恋人の聖地とある。1人ですみませんねえ!

恋人の聖地



  渡ってみましょうか。

歩いてみる


  奥の方にも、小さな島が隠れていてそこにもいけそうなので、回り込んでみたのですが、ちょっと無理だった。少し潮が満ちてきていたのかもしれないな。

  まるでツリーのように、願い事を書いた絵馬がぶら下がっていました。

ツリーの飾りのようだ


 港まで戻って来て、チェックインし、改めて港に行ってみる。


 石の絵手紙がたくさんありました。

 
石の絵手紙 (1)


石の絵手紙 (2)



石の絵手紙 (3)


 こちらは、コシノジュンコ氏の作品らしい。フェリーターミナルにあります。

コシノジュンコ作品



 そして、太陽の贈り物という作品。
太陽の贈り物


 オリーブの葉っぱ一枚ごとに、願いが書かれていました。

願い事が書かれている



 もうすぐ、太陽も沈みます。

日が沈む


 夕食は、ホテルにある居酒屋でいただきましたが・・・・。うーん、いまいちでした。


 部屋から見た夜の港。今のところは、晴れているが明日の天気予報は雨ですって!
  
20231109_172636




 本来なら、今月は中東のレバノンへ旅に出るはずだった。
が、イスラエルのパレスチナ攻撃により、レバノンのヒズボラの動きも活発化になってきたためか、旅行が中止になってしまった。 

  とはいえ、そうは簡単に新しい海外の旅先は探せない。というので、有名なのにまだ訪れた事の無かった小豆島へ行ってみることにした。

  とはいえ、車の運転には自信がないし、レンタサイクルで回るには、広すぎるし、1人だとタクシーも高くつくし、ホテル代もばかにならないしなあということで、2日間。
  1日目は、土庄港の辺りをうろうろ、2日目は、観光バスで島内を回ることにした。

  家を9時ころに出て、新幹線・マリンライナーと乗り継いで高松まで行き、高速船で35分、13時35分には土庄港に到着できた。

  港のすぐそばのホテルに荷物を預け、地図をもらって、早速街歩きに出発。小豆島本島は、面積は、約153㎢、周囲約126㎞の我が国では19番目の大きさ。
 人口は、2万人位。土庄町と小豆島町の2つの町がある。近世幕府の直轄地となったのは、他の瀬戸内海の島々同様、水軍利用のためといわれている。

 産業としては、古代から塩が生産されてきたところから醤油・佃煮産業。そうめん・ゴマ油・オリーブ・石材など。町を回ってみるとわかるのだが、確かに石材屋さんが多いことがわかる。大阪城築城の際には島の石が使用された。

 島の形は、動物に例えられるが、では何かと問われると人それぞれにみえるらしい。

 
小豆島の形


 古い家の軒先に「迷路のまち」と看板。
迷路の町

 
 大阪城の築城の時に使った石の残席が結構あちこちに置いてある。
大阪城築城残石


 温室のフレームみたいなものが見えてきた。世界で一番狭い海峡の上にあるようだ。
海峡公園

 
  
  この土渕海峡は、小豆島本島と前島の間を流れる全長2.5㎞の海峡だ。ちゃんと船も通れる。平成8年、世界一狭い海峡としてギネスに認定されている。


土渕海峡、幅9 (3)



土渕海峡、幅9 (2)




20231109_141416




ひなびた雰囲気の迷路の町


 なんとも気になるので、行ってみます。

  レトロな建物だ。
迷路の町の店


  海賊の侵入や戦乱に備えて路地を迷路のように入り組ませたといわれている迷路の町。
そんな場所に、古民家や使われなくなった建物を利用して、妖怪美術館なるものが出現しました。
  小豆島には、遍路や交易によってさまざまな人々が集い語らうにぎやかな場所だったという。全国から人が集まることによって、どこからともなく生まれたのが妖怪にまつわる様々な話。

  現代の小豆島でも全国から妖怪が集まってきているらしい・・・・。


  妖怪美術館1号館。
妖怪美術館1号館



  2号館。
妖怪美術館2号館



  3号館。
妖怪美術館3号館


  バーやお土産屋さんもある受付。ここで入場券を買います。私は、妖怪は好きではないのでパス。

妖怪美術館受付


  バー

妖怪美術館バー



  石を利用したこんなものも。

DSC00926



石の絵手紙



  石垣がちょっといい路地。

ちょっと素敵な路地



  

このページのトップヘ