好きなもの・・・猫と旅と・・・

旅と猫が大好きです。 それに関係して、マンホールの蓋や乗り物、建築、ダムなどにも興味を持っています。

カテゴリ:関東 > 秩父の夜祭に行って来ました


  今日は熊谷市から、川越に向かいます。

  川越は、2度ほど行ったことがあるが、今ほど混んではいなくて、外国の方も少なかったし、買い食いのお店もそれほど多くはなかった。


 どれくらい変化したのか、興味津々。

 昨夜は遅かったので、ゆっくり10時15分に出発。1時間ほどで、川越市の喜多院近くに到着。
ここでガイド氏と合流して、散策スタートとなりました。

 重要文化財の建物も結構ある。

 山門
喜多院山門



 本堂
本堂




 多宝塔
 
多宝塔




  鐘楼門

鐘楼門




DSC01442




  慈眼堂。天海大僧正の木造が祭ってある。
慈眼堂





 江戸城の御殿を移築したという書院、客殿、庫裏‥。

  中でも、家光誕生の間は有名ですが、写真撮影は禁止されている。


  いつもなら鮮やかなモミジが、迎えてくれるのだが、今年は、何時までも暖かかったせいか、枯れてしまったような感じの色でちょっと残念でした。


  そして、五百羅漢に移動。1782年から1825年にかけて建立されたという。全部で、538体あるそうです。それらは人間の喜怒哀楽を巧みに表し、見る者の心に訴えかけて来る。

  誰でもお気に入りの一体を探すことができるのではないだろうか。



  モミジが太陽の光で透き通っていました。
きれい



  
五百羅漢


  みな自分の干支を探してうろうろ。

  こんなにこやかな羅漢様も。
楽しそう



  反対に、悲しみに暮れている羅漢様も。いや、居眠りしているかも・・・。


眠いのか悲しいのか



  街中に向かう途中、成田山川越別院にちょっと立ち寄る。

成田山川越別院



  まずは、大正浪漫夢通り。
大正ロマン通り (1)



  ハイカラな洋風建築が残っています。


洋風建築


  そして、川越といえば蔵造り。明治の大火後、耐火建築である「蔵造」が建てられ、現在も20棟の蔵造りが軒を連ねています。
  これらは、「重要伝統的建造物群保存地区」になっている。


  
蔵作の街並み (2)




  中にはこんなモダンな建物も残っていました。

モダン



 これは、一種の看板建築ですかねえ?
蔵作の街並み (1)




 とっても屋根が重そう。
重要伝統的建造物群




耐火建築




 楽しい看板。

看板




  
DSC01494




  大沢家住宅。川越の中で、最古の蔵造りで、1792年に豪商、近江屋半右衛門が呉服商いの店舗として建てたもの。


大沢家住宅、川越で一番古い蔵




  川越のシンボル。時の鐘。現在のものは、明治時代の川越の大火直後に建設されたもの。1日に、4回、時を告げますが、この日は、時間が合わなくて聞けませんでした。

時の鐘



1日4回時を告げる



 さいごは、菓子屋横丁に立ち寄りました。なんだか、ここだけは昔の方がにぎやかだった気がする。


 遅いお昼ご飯を頂き、出発地点の新宿に戻ってきたのは、午後4時少し前でした。


 今年は、相馬野馬追にも行けたし、秩父の夜祭も見ることができた。気になっていた祭りは、この2つでコンプリート。


 これからは、地元の小さな祭りを見に行こう。


 


 祭りや花火が好きだ。

 秩父の夜祭もずっといってみたかった祭りだが、なかなか機会もなく、コロナの影響もあり、今回ようやく行くことができた。

 京都の祇園祭・岐阜の高山祭と並んで、日本三大曳山祭りというらしい。ユネスコの無形文化遺産にも登録されている歴史のある祭りだ。

 2台の笠鉾と4台の屋台が祭りの主役。毎年12月の2日・3日に行われるのだが、今年は、土日に重なったので人手が多かったようです。

 2日間にわたり、屋台芝居や歌舞伎公演などが行われるのも、見どころであるし、同時開催の花火大会も冬の夜空にくっきりと見えて、とても素敵らしい。

 今回は、よくわからないのと遠方からということで、東京発のツアーを利用しました。12時半ころに、新宿を出発し、秩父市内には、3時ころに到着でした。
 
 
3時半ころの秩父駅前通り

秩父駅前はまだそれほどの人出でもなかったが、秩父神社からの巡行路は結構な人出で、中々進めない。冬の日没は早いので、とりあえず、御旅所に向かって、自分たちの観覧席を見ておくことになった。

 本町の屋台が、出ています。
秩父の屋台


 秩父神社入り口。中には入れない時間でした。
秩父神社


 御旅所までやってきました。御旅所は、秩父神社を出発した神輿や屋台、笠鉾などが集結する場所です。ここに入る手前に、だんご坂という急な坂道があり、そこを思い屋台や鉾が上っていくのを見るのが、祭りのだいご味でもある。
御旅所


 屋台がここに集まり始めるのは、夜の7時過ぎなので、時間はまだたっぷりある。

 秩父祭りの起源は、江戸時代中期頃といわれている。秩父神社の祭神の妙見様と武甲山に鎮まる竜神様が、年に一度の逢瀬の祭りで、冬版の七夕伝説とも呼べる。

 6基の屋台や笠鉾に先立ち、御神幸行列が到着すると鎮座する「亀の子石」の上に、大幣束がたてられ神輿が安置されます。

 亀の子石。
亀の子石


 さて、席を確認したところで、自由行動。慈眼寺というお寺に行ってみました。

 札所13番とある。
慈眼寺


 祭りの楽しみの1つは、辻回しで迫力もあるが、それまでじっとそこで待っているのも寒い。秩父は、寒暖の差が激しいので、日が落ちるとどんどん冷えて来るのだ。コンクリートの上で、3時間以上もじっとしているのは、つらい。

 百貨店の横で、歌舞伎が始まるというので、行ってみたのだが、これもなかなか始まらず。仕方がないので、中町通を通って秩父神社に行ってみることにした。

 

 途中、中町の屋台が止まっていた。提灯を付けて準備万端という感じ。
提灯がつけられた中町屋台

 

 白足袋に草履、着物、長半纏がかっこいい!



刺繍がかっこいい



 屋根の前面の彫刻も素晴らしい。


凝った彫刻



  秩父神社に到着。笠鉾と屋台が並んでいます。
秩父神社には屋台が3台ほど集まっていた





20231203_164122


 中近笠鉾
20231203_164229



 横から見ると、
20231203_164426


  せっかくなので、本殿にいってみよう。だんだん暗くなってきて、建物の彫刻もなんだか見にくくなってきた。

  これが、御神幸行列の神輿。
神輿




  本殿。権現作りで、鮮やかな彫刻が美しい。


20231203_164656



20231203_164702




 側面に向かうと、左甚五郎作といわれる「つなぎの龍」といわれている。つなぎの龍とは、昔、少林寺近くの天ヶ池の龍が暴れた後には、必ず、この彫刻の下に水が溜まっていた事から、この龍の彫り物を鎖で繋ぎ止めたところところ、その後、龍は現れなくなったという。


20231203_164925

  
  反対側には、お元気3猿といわれる猿の彫刻がある。日光の3猿の「見ざる・言わざる・聞かざる」に対して、ここの猿は、「よく見て、よく話し、よく聞く」お元気3猿として、親しまれているという。

DSC01365




 宮地屋台。こちらもきれいに提灯に火が入っていました。

20231203_165620




 そろそろ、戻りましょうか。
20231203_165815




  帰りは、黒門通を通る。
黒門通



 途中で、再び中町の屋台にであう。こちらも提灯に火が入っています。夜になると屋台の区別がつきにくい。
灯りの入った中町屋台




 御旅所に戻り、夕食のおにぎりを食べ、ひたすら御神幸行列がやってくるのを待つ。時々後方で、花火が打ちあげられているのを、見物。

 午後7時20分過ぎ、ようやく、行列がやってきました。
20231203_191511


20231203_191807



 花火大会も、7時半からは本格的に打ちあがり始めた。

20231203_212734


20231203_200417


 我々の席からは、花火はとてもきれいに見えるのだが、肝心の、屋台は、かなり見づらい。しかも花火と屋台をワンショットに収めることができない位置でした。よって、後ろを見て花火、前を見て行列とせわしない。

 この後中々、何もやってきません。後で知ったのですが、この時、下郷笠鉾の車輪に不具合があり、巡行をやめたので、道路のわきに寄せたり、屋台に道を譲ったりしていて、思うように巡行が進んでいなかったとのこと。


 神輿が到着してから、1時間ほどたってようやく、中近笠鉾がだんご坂を登る姿を見ることができた。

屋根の上にも人がいる



 ゆらゆらと提灯が揺れる。屋根の上に乗っている人は怖くないのだろうか?

団子坂を登ります



 ようやく登りきることができた。
登り切った


 花火も拍手!
花火もあがる


 我々は、ツアーで来ているので、ドライバーさんの労働条件もあり、遅くまでここにいることはできません。この調子だと、屋台がそろうのは、日付を超えてしまうかも・・・・。


  次の宮地屋台が姿を現したのは、1時間後の、9時20分頃。
20231203_212027


宮地屋台もやってきた

 
  ここまでですかねえ・・・。予定通りいけば、と思っても仕方ありません。

  でも花火は思ったよりずっと盛大で豪華でした。「祭りと一緒に打ち上げるのは、もったいないね」と参加者同士の話。

  今日のお泊りは、熊谷市のビジネスホテルです。

このページのトップヘ