インド旅行の集合時間が、早朝だったので、地方に住む私は前泊することにして、ついでに、新装なった皇居三の丸尚蔵館に行ってみた。


 完全予約制と会ったので、ネットで申し込んだのだが、当日は、ちょっとした嵐で観覧人数が少なかったのか、当日券を求める人もいたようでした。

 皇居の中に入るのは、久しぶり。前回は、抽選で当たった雅楽を聴くために、雅楽殿に来て以来です。 



  隣の建物はまだ工事中だったので、将来的には、もう少し大きな建物になるのかもしれませんが、今回は2室だけでしたので、観覧時間は1時間未満で済んでしまった。


  カメラ撮影は可能でしたので、気にいったものをおさめてみた。


 菊花流水蒔絵歌書箪笥
  
歌書箪笥






 室町時代の箏。螺鈿の飾りが美しい。


室町時代 箏





  笙、銘 團乱旋(とらでん)


笙 銘錦楓丸





  十種香箱、香合に必要な道具をコンパクトにまとめたもの。


セット





道具




十種香箱





  鏡と鏡掛け


鏡




鏡掛け



  このようにして使います。


このようにして使う




  2室に移動。1室から見たところ。


2室から1室を見る




 建具の飾り。1室と2室で色が違っていました。


建具2




建具




  源氏物語図屏風。伝狩野永徳。桃山時代。


源氏物語図屏風 (3)




源氏物語図屏風 (2)



 若紫の場面。右に光源氏、左に紫の上。
  
源氏物語図屏風 (1)




 国宝の藤原定家が書写した更級日記。


藤原定家写本更級日記




 源氏物語図
第2展示室

  


  糸桜図簾屏風。これは珍しい気がする。茶色の部分が簾になっていて、幹の部分や枝の桜が透けて見えるように工夫されている。


糸桜簾屏風





 チェックインするには、時間があったので御苑内を少しうろついたのだが、雨が強くギブアップ。


  
皇居東御苑 (2)




皇居東御苑 (1)



 刈込の形が面白い。

屋根の形の刈込




 地下鉄に移動して、もう1つ気になっていた展覧会、大倉集古館に向かい「春」を見る。横山大観や小林古径、などを楽しんだ。

  ホテルオークラに隣接していて大倉喜八郎のコレクションを公開しています。こちらも、20年ぶりくらいの再訪でした。